バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

アン日記3月31日

31日朝食

茹でた豚と鶏、納豆、粉砕野菜、ヨーグルト+牛乳
2016-3-31アン朝食
夕食
2016-3-31アン夕食
どちらも完食。

3頭の関係が安定したので
初めて後部座席に3頭一緒に。
行き
2016-3-31アン1
帰り
2016-3-31アン2
行きはまだ緊張、帰りは疲れたせいか
横になっていたが、中洲で食べたおやつを少し吐いてしまった、

・アンの変な癖、石を齧ること。
河原では比較的大きな石をしつこく咥えて遊んでいたが、
まぁ飲み込むこともないので静観。
自宅でも、サムたちのトイレコーナーに敷かれた
小さな小石を咥えて遊ぶ、これは飲み込みそうで
ちょっと心配だったが、無理に取り上げず観察していると
飲み込むわけではないのでひと安心。
たまに放浪が長かったり、食事もろくに与えられず飢餓経験が
あったりした犬の中には、小石を食べてしまう子のいると
いうので、ケースバイケースだが、
ほとんどの場合、生活が楽しく余裕ができてくると
そういった悪食はなくなるのではないかと思う。
   *過去の経験では、道に落ちているティッシュやマスクなど
    食べてしまうという犬も、無理に取り上げず
    ストレス管理をすると、すぐにそういった物への関心を失くしていった
2016-3-31アン4

そして、本日最大のニュース!
散歩中に初めてウン〇をしてくれたこと!!

散歩ではトイレをせず我慢して、帰宅後
ケージに入れるとしてしまう、ということだったが、
これは多分典型的なトイレのしつけの失敗。
トイレに関して、犬には理解できないことで叱られたり
不機嫌になられると、犬はどうしたらよいのかわからなくなり、
とりあえず自分なりの学習をしてしまう:
「ヒトの前ではトイレをしないようにしよう」
「散歩中トイレをして怒られたから散歩中はしないようにしよう」
「トイレをすると散歩が終わってしまい、またケージに
閉じ込められてしまうからできるだけ我慢しよう」
トイレのトレーニングは「絶対に叱らない」が鉄則。
目の前でトイレをしてくれたら、それはある意味信頼の証しだと
思う、そこからがスタートだ。
祝♡初ウンチ
2016-3-31アン3
  1. 2016/04/01(金) 23:31:30|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コイのコイ(恋)の季節? | ホーム | 『リーダー』という呪縛>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1175-1da569ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)