バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

先住動物のストレスを考慮する

金曜日は久しぶりに晴れた朝♪
2016-3-25多摩川8

同じ歳くらいのルークやパックンたちと会ったアン、
犬には馴れている様子、
でも新参者だからちょっと腰がひけてるかな。
みんなさりげなく接してくれるので助かる。
2016-3-25多摩川1

2016-3-25多摩川2

でもまだアンの負担が軽くなるように中洲に渡る。
天気がいいせいか、昨日より足取りが軽いかんじ。
2016-3-25多摩川3

2016-3-25多摩川4

2016-3-25多摩川5

2016-3-25多摩川6

2016-3-25多摩川9

2016-3-25多摩川10



今朝の散歩中、中洲に渡る前に岸辺で小型犬(フリー)とすれ違った。
メナは普段小型犬に興味がない、
それが突然小型犬のお尻の匂いを嗅ぎ出した。
小型犬は大人しくしていたが、途中で逃げ出してしまった。
メナが匂い嗅ぎをしようとした時点ですぐにきつめにメナを呼んだ、
普段ならその声の調子ですぐ戻るか、最低限、匂い嗅ぎをやめるはずなのに
メナが無視し続けた、そして逃げ出した小型犬を追いかけて押さえつけた!
すぐに割って入り、「いけないっ!」と言うと、止めたが、
こんなこと、メナがするなんて・・・がっかりしながら飼い主さんに謝ったが
気にしないで、と言ってくださって本当にありがたかった。
普段ならしない行動を突然とったこと;
ほぼ100%応えてくれていた私の真剣な呼び声を無視したこと;
これは明らかに異常行動だ。

シニアになってきたメナにとって、預かり犬アンの存在は
かなりのス脅威なのかもしれない。
ジャキー、ミニーのように小型犬で、犬よりヒトが好き、というタイプは
煩くなかったが、アンは室内ではまだまだ落ち着いていられる時間が少ない。
じゃれて絡んでくるし、動作も大きい、身体もメナより一回りしか違わない、
ということで、かなりうざい存在なのだと思う。
メナはじゃれついてくるアンを、礼儀知らずで無礼な子と思っているようで
その都度、「ゔ~っ」と小さく唸って追い払っている。
居間ではコタツに逃げこんで出てこないか、ベッドルームに避難している
(アンはまだベッドルームに自分から入ってこないので)。

猫たちも、表面上は平静に振る舞っているが、
ハッピーはアンを刺激しないように
できるだけ走ったり急激に動かないように気を使っている。
のび太は威厳を保つために平常どおり振る舞って、
機会があればアンに平手打ちをしているが、もう歳だ、
ストレスは感じてるだろう。
サムだっていつもいつも相手をしてくれてるので
ついつい見過ごしてしまうが、彼なりに疲れてるだろうと思う。

家族である先住犬猫が安定した心でお互いの関係も
良好だからこそ、預かり犬猫を迎えることができるし、
彼らが、傷ついた保護動物に沢山の良い影響を与えていることは確かだ。
だからこそ、先住動物のストレスマネジメントをより丁寧に
していかないと、大事な家族から信頼されなくなってしまう。
そういう意味でもアンが興奮しすぎないように、家の中では落ち着いていられるように、
猫に無関心でいられるように、細心の注意を払って導いていく責任がある。







  1. 2016/03/26(土) 19:57:29|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4日目アン日記 | ホーム | 3日目アン日記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1163-bd291fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)