バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

頭の中に地図がない

昨日は久々に長距離(私にとっては)運転した。
10時過ぎに家を出て、往復5時間超は車の中。
246号線でしきりに東名から降りてくる車の流れで
ず~っと渋滞、帰りは16号線を(カーナビの言うがまま)
利用したら、行きに2時間半かかったところが
1時間ちょっとで済んだ。
おかしいなぁ、神奈川の津久井とか厚木とか、
以前保護活動で何度も運転してきた馴染みの場所なのに
まったく土地勘が生かされてない。
男の頭の中には地図があるとよく言われるが
男女の差というより、小さいころからの習性か
もっと言えば遺伝的な脳の機能の問題じゃないだろうか。
つまりあれほど走り回りながら私の頭の中には
それらを生かして地図を創り上げる能力が
欠けていたということだと思う。
こんな私が、埼玉から千葉の外房、神奈川の奥まで
よく事故を起こさずにあれほど走り回れたものだと
感心する。
代わりに何度も交通違反で点を引かれたけど。

猫に散歩は必要か、と昨日書いたけれど、
外に一度も出たことのない子が
もしも迷子になったらどうなんだろう?
3・11の地震のような災害で、
飼い主とはぐれたりすることがないとは言えない。
そういう意味で私はやはり、家の周辺、せめて庭だけでも
猫に散策させることは必要だと思っている。
猫の頭の中に、家周辺の地図を作る手伝いを
しておく、そんなこともペットの災害対策として
考えてみてはどうだろう?




昨日の多摩川
どんよりした曇り空の上に、強風で寒さが増した早朝。
2016-2-24多摩川1

2016-2-24多摩川5

2016-2-24多摩川6


カラスは風を利用して遊ぶ
2016-2-24多摩川7

2016-2-24多摩川3

2016-2-24多摩川4


2016-2-24多摩川2

サムが草むらから出てきたが、口から枯草がはみ出していたので
それを手で引き抜いてやったら・・・・
ウン〇つきの枯草だった!!
ウン〇つきの手を高く掲げて水場まで歩く、
情けない・・・・
2016-2-24多摩川8


サムとメナが反応するのはだいたいヒトの落とし物だ。
結構これがあちこちに落ちている、
川辺に『住んでいる』ひとたちの仕業ではないかと
言う話もあるが、私はそうは思えない。
そういう人たちが自分の住み家周辺を汚すだろうか?
先日、少年サッカーチームの男の子が
木陰に来て、私と眼があい、もじもじしていた。
思い当ることがあって「トイレ探してるの?」と
尋ねると、「はい」。
「あっちのほうにトイレがあるわよ」というと、
「遠いからその辺でしてこいと言われました」という。
この男の子、素直で可愛い、そして受け答えからも
わかるように品があるのだ。
顔というより全体の雰囲気が可愛くて
強く言えず、「そうなの~」とその場を去ったのだが
時間がもったいないから「その辺でしてこい」と
コーチたちが言っているらしい。
毎日沢山のスポーツ少年チームが利用している、
そのほとんどが野ぐ〇を奨励していれば
そりゃぁあちこちに落ちているよね。
あんな可愛らしい男の子のブツなら
まだ我慢できる(?)が、これがおっさんの物だったら
やっぱり嫌だ・・・どうか公設トイレを皆さん
利用してください、お願いします
犬の糞だったら他の子のでも拾うようにしているが
さすがに人間のは躊躇われる、
自然乾燥してサムたちが興味を失くすのを
ひたすら待つしかないんです。
  1. 2016/02/25(木) 17:57:03|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猫の譲渡会開催2月28日 | ホーム | 蒼斗クン(パックン)近況お便り >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1132-386ac3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)