バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ペット飼育数猫が犬を逆転へ

ちょっと古いニュースになるが、
『ペット飼育数猫が犬を逆転へ、なるか?』
という記事があった。
犬の飼育頭数が頭打ちになっているのに比べて
猫の飼育数が増えているということだが、
実際の飼育数は、隠れ犬飼育より
隠れ猫飼育数のほうが多いと思われるので
もう実際には猫の飼育頭数が犬を抜いているのではないだろうか。

分析は色々推測されているが、
人口の高齢化で、「もう責任を持って犬を飼うのは難しい」と
考える世代が増えているからではないか、というのが
正しいとすれば、それはとても良識ある考えのヒトが
増えてきたということで、喜ばしいことだ。
でも、最近の猫の人気は少し異常な気がする、
ネットでもTVでも、猫の動画や画像が氾濫している。
猫好きとしてはこういったものを見れば
頬が緩んでしまうが、これが今度は
猫の安易な飼育につながってしまわないかと
少し心配になってくる。
犬は散歩やしつけなど、飼うのが大変だが
猫なら「なんにもしなくてもいい」から楽だ、
というのは間違いだ。
確かに散歩は基本的に犬のようにしなくても
いいかもしれない、だが、本来は家に閉じ込めて飼うべき
動物ではない。
・現代の都会事情(事故、他人への迷惑など)
・減少し続ける野生動物をさらに圧迫することの回避
 から、仕方なく閉じ込めて飼わざるを得ないだけだ。
飼い主は、外の世界を諦めてもらう代わりに
色々工夫してあげる義務がある。
さらに、子猫の社会化もほぼ完全に忘れられているが、
とても重要な飼い主の責任である。
度々書いているが
バウニャウの基本理念は
『不慮の事態でペットと別れなくてはならなくなった時、
どこでも「愛され、生きていける」
犬・猫に育てることこそが飼い主の最低責任である』
このために犬・猫の社会化は最重要課題だ。
猫は素晴らしい伴侶だ、が、
毎日ある程度の時間と手間を必要とすることは
もっと世間に伝えていかないと
・・・・猫が犬と違うもう一つの側面;
猫は犬に比べて『安易に捨てやすい』という事実から
将来益々捨て猫が増えてしまうことになるだろう。

2016-2-19ノビ&キュー8

この記事に関してもう一つ、
世代的に、「もう最後まで責任を持って犬を飼えないかもしれないから」
次の犬を迎えるのをあきらめるような良識あるシニアのご家庭に:
ぜひ、保護犬の預かりボランティアに関心を持っていただきたい。



昨日の多摩川
東半分の空
2016-2-19多摩川東空2
同じ時の西の空
2016-2-19多摩川西空1

2016-2-19多摩川3

2016-2-19多摩川4

2016-2-19多摩川5
川辺で一休みしていたら、エサをもらえると勘違いしたのか
カモメが二羽、頭上を旋回しだした。
野鳥の卵やひなを盗んだりするので
あまり好きにはなれないが、
その翼の優美な動きに見惚れてしまう
2016-2-19多摩川7

2016-2-19多摩川6




  1. 2016/02/20(土) 17:19:21|
  2. 犬と猫について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春間近 | ホーム | 流行犬種の行く末は?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1127-666ab696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)