バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

他の犬におやつ、あげる?あげない?

今年は天中殺か?!
年末からの悪性風邪がようやく峠を越えたところで
またもや病気をもらってしまった。
火曜日に静岡に行った帰り、
主人が熱を出して寝込んだ。
2日ほどしたら今度は私が8度の熱で寝込み、
その挙句、木曜日の夜からぎっくり腰で動けなくなって
2日間飲まず食わずで寝込んだ。
もう~、まだ1月なのに、このつきの無さはなんだろう?
今年はよもやの天中殺なのか?
普段占いなんて、良いことしか信じないのに、
ついにネットで調べてみようという気になったくらい。
でも、調べた限りではそんな悪い1年でもないみたいだし・・・
ようするに、まとめて身体にガタがくる歳になってきたということか。
4日も散歩に行けなくて相当ストレスが溜まっているはずなのに
文句もいわずひたすら寝ているサムとメナが健気で可哀想。
古いコルセットを引っ張り出して着用したら
なんとか歩けるようになった、明日こそは散歩いくからね。



外で会う犬におやつはあげないで、という話はよく聞くし、
ある意味正しいともいえる。
見知らぬ他人が、いくらおやつを持っていても
いきなり手を差し出したら、怖がりの子は嫌な思いをする、
そっとしておいてほしい犬は結構多いのだ。
だが、顔見知りになった犬、特にフリーの状態で
むこう(犬)から近寄ってきたら、
さらに飼い主さんに了解を得たら、
私はおやつは、犬と友達になるかなり強力なアイテムだと思っている。
(必ず飼い主に確認するのは、アレルギーがあったり
食事療法をしている最中だったりする場合があるから。
「しつけ」のためにNGの飼い主さんもいるし)

おやつに頼りすぎるな、という意見もあるだろうが、
本人の魅力だけで犬の友達ができるような
ムツゴロウ体質のヒトは残念ながらそんなにいない。
また、他人からおやつをもらうことを覚えると
誰彼なしに飛びつくようになる、というもっともらしい話もあるが、
フリーになっていて、つまりストレスのあまりない犬たちが
おやつをくれるヒトとただの見知らぬ他人とを
しっかり判別している様子を私はずっと見て来た。
見知らぬ他人、自分たちに関心を持たない人間に対して
彼らは見事に無視をする。
一方で、一度でもおやつをもらったヒトのことは
しっかり覚えていて飛んでくるのも確かだが、
おやつをあげたからにはあとはそのヒトの責任なのだ。
つまり、その後その犬と友達になりたい、という気持ちが
ないならおやつはあげないほうがいいともいえる。

それから、おやつをあげたからといって
即友達になれるわけでもない。
その段階では「気前のいいおばさんおじさん」程度の
認識だ、人間世界のように、簡単に「友達申請」できる
わけではない。
その後は、いかに犬の気持ちを読み取り、
してほしいこと、してほしくないことを理解できるか、
といった個人の手腕にかかってくる。
掻いてほしいところを適度に掻いてあげる:
舐めたい時は喜んで顔を舐めさせる:
安易に頭を撫でない:
会えて嬉しい、という表情をする:
単純にそれだけでもずいぶんと犬たちは見直してくれるはず。

ただし、繰り返すが、リードで繋がれた犬には
気を付けて対処したほうがいい。
逃げ場がない、リードのストレスを抱えている、
そういう犬の場合は、様子をよく観察して
怖がっていたり、警戒したりしている場合、
ストレスで興奮しすぎている場合などは、
直接あげるのは事故につながるリスクがある。
噛まれたヒトも傷つくが、それ以上に
犬に「ヒトを噛む」という不名誉な肩書がついてしまうし、
悪い経験をさせてしまうことになるからだ。
リードで繋がれた子にはおやつはあげないほうが
無難かと思うが、それでもちょっと心惹かれる子の場合
私は犬が見ている前で、飼い主さんにおやつを手渡して
「この子にあげてください」とお願いしている。
犬は見ていないようでこういうやりとりを見ている、
こういう小さな一歩から、顔見知りのおやつをくれるおばさんと
受け入れてくれるようになった子もいる、という話。

なんだ、なんだ?
2016-1-27多摩川1

お~、可愛いスズちゃん
2016-1-27多摩川2
黒い弾丸娘も8か月か、これからが大変だね
それでも、飼い主さんはとても上手に
呼び戻しをしている、戻った時に叱らないでおおらかに受け入れるって
結構難しいことなのに。
そういうのは先天的なセンスなのかも
2016-1-27多摩川3
このヒトは「おやつあげすぎおじさん」
2016-1-27多摩川4
サムはなぜか年下の子にもてる、なにされても怒らないから?
優柔不断なのか、ただ怒りかたがわからないだけなのか?
2016-1-27多摩川5

2016-1-27多摩川6

メナはその点礼儀作法に厳しい、犬らしい犬だ
無遠慮に飛びついてきたスズちゃんを一喝した瞬間の画像。
メナも滅多に怒らないが、後輩への指導効果はサムよりあるみたい、
叱り方が犬の世界で理にかなっていれば
叱られた犬は一瞬「ごめんなさい」をしても
その後なんのわだかまりもなく先輩に接触してくる。
2016-1-27多摩川7

  1. 2016/01/31(日) 20:47:28|
  2. 犬友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ピノ(ミニ=)近況+ピノ(サビー)&ニコ(タビー)近況+アイシャ紹介 | ホーム | 静岡に帰る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1109-9bad0b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)