バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

犬にとっての距離について

11日は成人の日。
ニュースで各地の成人式を取り上げていたが、
地域によってずいぶんと違うものだと感心?
お祭り騒ぎも、大人のしかつめらしい説話を邪魔するのも、
まぁ若気の至り、と見ることもできる。
だが、被災地周辺では、一緒に成人の日を迎えられなかった
幼馴染の写真同伴で出席する若者、
被災地で成人式に参加できたことを喜ぶお嬢さん、
など、ヒトは苦難を経て精神的に大人になるのだと身につまされた。


朝の太陽が雲に隠れて寒々しい多摩川
2016-1-11多摩川1

メナが動きを止め、前方を注視しているので、
その視線の先を見ると、はるか遠くにパティらしき姿が。
2016-1-11多摩川2


風上にいたのか、パティがこちらを見つけるのが遅れたが、
私たちだとわかると猛スピードで飛んできた。
2016-1-11多摩川5

まったく、可愛い奴♡
それでも最近は「じゃぁバイバイ」と別れる時、
あきらめがよくなってきて、大人になったなぁ、と感心する。

メナがパティの存在に気が付いた画像、
かなりの距離があるのがわかると思う。
この時点で、もしも相手が見知らぬ犬だった場合、
メナはだいたい地面の匂いを嗅いだり、身体を横向きにしたりと
サインを出し始める。
犬の視力はそれほど良いわけでもないが、
今回は風下にいたせいで、パティの匂いがかなり早くから
伝わってきていたのだと思う、
だからすぐに遊びモードに移ったのだろう。
2016-1-11多摩川4

2016-1-11多摩川3

初対面の犬同士では、これくらいの距離から
すでに相手を観察し、匂いを嗅ぎ、
どう対処したらいいかを考えるので、
本来、カーミングシグナルの解説をする場合
かなり広い場所が必要になる。
だが、犬をオフリードにできるそれほど広い場所を
確保することが難しいこと;
更に、実際に撮影すると、この距離では
上手に双方をとらえることが難しいこと;
などから、カーミングシグナル解説DVDでは
ぐっと狭い場所での遭遇になってしまう。
参考にするのはいいが、実際にはもっと距離が
必要だということを頭に入れておいてほしい。
犬を観察しようと思ったら、自分の犬を常に
目の隅に(注視してはいけない)、もう一方では
かなり広い範囲を見渡しながら歩くようにしよう。
おしゃべりしたり、スマホに気を取られていては
難しいよ。
  1. 2016/01/12(火) 23:01:14|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<驕ったジャニーズ帝国・・・SMAP解散 | ホーム | 黒ラブって・・(#^^#)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1097-20fd6a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)