バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

黒ラブって・・(#^^#)

9日の多摩川
霜がきつく、まだ野原一面白い世界。
2016-1-9多摩川2

2016-1-9多摩川1

2016-1-9多摩川4


この寒さでも川に入るって、サム、「どうかしてるぜ!」

2016-1-9多摩川3


久しぶりに8か月になるスズちゃん(黒ラブ)に会う。
2016-1-9多摩川5


ラブラドールって、だいたいが陽気な性格だが、
イエローに比べて黒ラブのほうがハチャメチャ元気な子が多い気がする。
「盲導犬クイールの一生」だったか、
ラブの出てくる映画が流行った時、その少し後から
ラブの遺棄が増えた時期がある。
ラブラドールレトリバーは素晴らしい犬種だ、
私はイエローもブラックもチョコも大好きだが、
その活発で特にハチャメチャな成長期を上手に
大らかに育てることができるヒトはあまり多くはないのではないかと
案じている。
盲導犬は血統もすでに一般のラブとは違ってきているようで、
さらに特殊な育て方をする(私には賛成できないが)、
その中から更に選抜されて大人しい、犬らしくない犬が出来上がっているので、
99%のラブは、盲導犬とは全く違う犬だということが
理解されていないのではないだろうか。

溢れるほどのエネルギーと知力、
それを持て余してしまいには困った挙句、
強制訓練に放り込む、それで大人しくなる犬もいるから
困ったことだが、元来天真爛漫な犬が噛み犬になるまで
歪ませておいて、捨てる、ということになる。
ラブだって、あの大人しいゴールデンだって、
噛み犬を何頭も見て来た。
そこまで酷い仕打ちをしてから捨てるくらいなら
どうか子犬のうちにギブアップしてほしい、と思う。

2016-1-9多摩川6

話がそれてしまったが、スズちゃんは今ややんちゃ盛り、
サムを見つけると弾丸となって体当たりして喜んでいる。
全身で素直に喜びを表す彼女を見ると、
こちらも嬉しくなってしまう。
サムはこういう女の子に好かれるのだが、
不思議なことに一度も唸ったり、乱暴に扱ったりしない、
変なところで紳士なんだろうか、それとも弱男と見くびられているんだろうか?
そんなところも好きだよ、サム。


  1. 2016/01/10(日) 23:32:47|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<犬にとっての距離について | ホーム | 現代社会で携帯を落とすということ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1096-bccbb979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)