バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

トライアルブルー

どの保護団体でも預かりボランティアが
不足している。
シェルターを持っている団体もあるが、
少なくとも日本では、まだまだ完ぺきなシェルターは
難しい、国の支援、市民の理解と協力が
もっともっと必要なのだ。

預かり保護の最中の世話は
イヌ好きなら別にたいしたことはない、
預かりの基本はリハビリだと思っている。
専門的な訓練は必要ない、
ストレスに満ちた過去を送ってきたイヌを
充分寝かせてやり、美味しいものを食べさせ、
楽しい散策を一緒にして、嫌がること・
不安にさせるようなことをしないだけ。
あぁ、人間て捨てたものじゃない、と
思いなおしてもらえればいい。
資格は不要だが、ただひとつ、
家庭が穏やかで安定していること、それだけだ。

預かりボラにとって、保護犬の旅立ちは
確かに辛く寂しい、だがそれより最大の山場は
トライアルの時だと思う。
「マリッジブルー」という言葉があるが、
同じような意味合いで「トライアルブルー」とでもいおうか、
イヌを相手に引き渡す直前に陥る葛藤、
「このヒトにこの子を預けて本当に正しいだろうか」
という想い、とんでもない間違いをしようとしているのではないか、
という疑いに心がかき乱される。
どんなに慎重に選び、話し合いをして、
信用できる、と決断したとしても、
イヌやネコを置いて帰る間際まで、
もしも可愛がってもらえなかったらどうしよう、
酷い扱いを受けたらどうしよう、と疑い深くなってしまう
(私だけか?)。
だからトライアル先から
元気で幸せそうな画像を送ってもらうと
本当に嬉しい、譲渡後もおりおりの近況画像を
送ってくださる方が多いが、
これは送り主が思っている以上に
里側はありがたく感謝しているものなのだ。

ということで、あくまでまだトライアル中ではあるが、
送っていただいたミニーの画像を掲載しておく:

2015-12-17ミニートライアル1
白目して爆睡のミニー(#^^#)
2015-12-17ミニートライアル5



17日の多摩川
2015-12-17多摩川1

2015-12-17多摩川5

2015-12-17多摩川2

2015-12-17多摩川3

2015-12-17多摩川4


   



  1. 2015/12/18(金) 23:20:21|
  2. ミニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明日は猫の譲渡会 | ホーム | グッドラック !ミニー >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1076-db12779b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)