バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ミニーについて  手作り食

トライアルまで、ミニーの日常や習慣、性格などを
中心にアップしておきたい。

2015-12-10ミニー3


ミニーは基本的に、一緒に暮らしやすい子だと思う、
ただ、下痢になった時のトイレ事情だけが
心残りになっている。
完全に克服できないままだからだ。
ということで、トライアル前に、
思い切って『療養食』ドライフードに切り替えて
みようかと考えた。
トライアルの間はヒトも犬も、環境の激変で
ストレスが溜まりやすい、
せめてお腹の調子だけでも安定させておきたい、
トライアル前からトライアル期間中は
療法食で乗り切り、生活が安定してから
徐々にその家なりの手作り食にしていったほうが
うまくいくかと思ったのだ。

だが、ミニー、食に関しては予想外に頑固だった。
10日夜;11日朝;そして11日夜、と3食とも
フードに手をつけない!
2015-12-10ミニー1


サムとメナだけ手作りというわけにもいかないので
2頭もドッグフードにしたのだが、このヒトたちは
滅多に食べられないフードに大喜び、
手作りのかいがない、ホントにがっかりな2頭だ。

ミニー、多頭飼い現場では酷い食事だったはずだし、
その後も我が家に来るまではフードだけだったらしいのに、
こっちはもう、身体がフードを受け付けなくなっているんだろうか?

どうしようかと思案しながら、ふと、療法食の成分を
調べてみた。
成分では、どんな肉や野菜を使っているかは不明、
製造元を信頼するしかないが、
保存料にソルビン酸カリウム、酸化防止剤にBHA・没食子酸プロピルを
使っている、これってあんまり身体にいいとはいえないかも。
特に、他の食材との併用によっては変化してより有害性が
出ることもあるとか(だから「これ以外は与えてはいけない」
といわれているのかも)。

やはり私的にはドッグフードは手作り食にかなわない、
という印象がある、もうこうなったら、トライアル時に
いつも食べている肉を小分けして預けるしかないね。
2015-12-10ミニー4



*もしもお腹の調子が悪くなったら、ゆる~いおかゆに
柔らかく茹でた鶏肉を少し混ぜたものを
少なめに2~3日与えてみてください。

手作りに戻したらすごい勢いで完食
2015-12-10ミニー2



おまけ
やっぱりハピは我が家のお姫様、可愛いねぇ
2015-12-10ハピ1

のび太は普段ボスづらしてる癖に
一番の甘ったれ。
近すぎる~
2015-12-10ノビタ1

2015-12-10ノビタ2


コタツ犬メナ、昼間からコタツに潜り込む
(でも、こたつ、点いてないよ)
2015-12-10メナ1
2015-12-10メナ2


  1. 2015/12/13(日) 00:31:50|
  2. ミニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミニーについて | ホーム | ミニー、トライアル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1072-dee34cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)