バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

進化する猫、キュー

我が家の歴代の猫の中で、もしかしたらキューはずば抜けた知能の持ち主かもしれない。
高貴で男らしく、愛情に満ちた最愛のグレタも、キューの頭脳には敵わなかったかも?
初めに拾った時はどこにでもいる黒虎で地味な子猫、「仕方なく」保護したのだけれど、
キューはひょっとしたら近くの秘密脳科学研究所から逃げ出してきた実験動物なのではないか、
と思わせる悪知恵の持ち主だ。しかも日々進化し続けている。

大型犬を飼っている方からのご相談で、よく「ゴミ箱をひっくり返す」「食べ物の盗み食い」
というのがあるが、そういう時、「いけない事、という認識を犬が理解できるまでは
飼い主さんが管理しなくては。手の届かない所にまずしまうようにしましょうよ」などと
お応えしているが、我が家のように悪魔的な知能の猫と行動力のある犬が手を組んだ場合は
どうしたらいいというのだろう。
キューが来る前は(グレタからノビタまでの20年近く)必要のなかったガムテープが
今は我が家のあちこちに貼られて、いっそうのボロ屋感をかもし出している。
まずは;
玄関・・・古い重いガラスの引き戸をこじ開ける(これはノビタもマスターしてしまった)
茶箪笥・・・最近ここにお菓子を保管するようにしていたら、おととい引き戸をあけて
      中のお菓子類全滅・・
古い冷蔵庫・・・犬たちが生食のため、我が家には冷蔵庫が3つあり、古いタイプの2つは
     キューが開けてしまう。2度ほど中の食べ物を全て犬ネコに食べつくされた。
猫缶収納ボックス・・・中の缶詰を落とし、犬が缶詰ごと噛み砕いて10個ほど食われた
縦型窓・・・これこそキューの天才たる所以!ドアを開ける猫というのは話題になるけれど
      この窓の鍵は上に押し上げなければいけないタイプ、しかも力いっぱい押しても
      下の部分がほんの少ししか開かない。内側には網戸まである。
       手順としては、①網戸を手前に引いて開け、②取っ手を上に押し上げ
        ③ガラス窓の下の部分だけを押して隙間を作り④ほんの小さな隙間から・・・
kyuu6.jpg
kyu5.jpg
kyuu5.jpg


多分犬たちも学習して、留守中にキューが何か始めたら期待して集まるように
なっているのではないだろうか・・・キューが陰のボス、そして荒くれ者の手下たち、という構図が
想像できてしまうのが恐い。
しかも部類の愛想の良さ!初めてのお客様にも動じずスリスリ攻撃、犬にまで愛想を使い、
媚びる様子はまさに高田純次。 
・・・・・そしてこの悪知恵の天才ぶりに益々惚れこんでしまう私は唯の猫馬鹿です。
「ウチの猫は天才だ~」
maruo261.jpg

  1. 2009/05/07(木) 17:26:03|
  2. わが家の猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恵比寿ガレージセール | ホーム | 老猫に想う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/106-f247f944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)