バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ヒトと犬のロマン

いつも見ているサイトで
dog actuallyというのがある。
中でも史嶋桂氏の記事が好きで、
今回の『人はなぜ犬を大切にすべきなのか』1~4
は特に惹きつけられた。

最近まで、私は
「犬はヒトの群落周辺のゴミ漁りからヒトに接近するようになっていった」
という説が有力だと思っていたのだが、
史嶋桂氏の説にもなるほど、と頷かせる説得力があり
どんどん引き込まれていく。

その中に、人類の「オーバーキル」という問題が提起されていて、
あぁ、ヒトははるか遠い時代から
殺戮しつくす動物だったのだな、と改めて考える。
以前から、ヒトは、道具を作り出すことで
実際の能力以上の殺戮が可能になったゆえに
他の動物が進化と共に身に着けた
「制御能力」を置き忘れてきた、と言われていたが、
では現代に生きる我々は、その制御ができるように
なっているだろうか。
戦争、紛争、テロ、略奪・・・
そういったことだけでなく、
平凡な日常の中でも、「オーバーキル」は
満ちている;
「もっとうまいものを食いたい」
「もっと豪華な暮らしをしたい」
「珍しいものを手に入れたい」
「もっときれいになりたい」
「いつまでも若くいたい」
・・・そういった欲望は留まることを知らない。
ミンクや野生動物の毛皮コート、
フカヒレ、珍奇な動物の飼育、
残酷な動物実験から送り出される化粧品・・
そのために消費される命は私たちからは見えない、
見えないから心も痛まない。
自分たちの派閥以外は消滅させてもかまわない、
という心理は、だから本来人間が持つ暗部なのか。

共に長い歴史を歩んできた犬は、こんな人間を
どう思っているんだろう。



2015-11-21多摩川4

2015-11-21多摩川6

2015-11-21多摩川1

2015-11-21多摩川2

2015-11-21多摩川3





  1. 2015/11/22(日) 19:18:31|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミニー、落ちる | ホーム | パリのテロに思う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1057-7c8cbc44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)