バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

危険犬種、危険飼い主

逃走した紀州犬が飼い主を襲い、警官に射殺された事件。
昨日ネットに犬が飼い主と遭遇した場面が
流れたのを、うっかり見てしまった。
なんで飼い主のところに戻ったのだろう、
なぜさっさと逃げ出さなかったのだろう、と思う。
ネグレクト虐待を受けていて
どうしてしっぽを振って戻るのか、
そちらのほうが私にとっては不思議だ。
犬はバカだ、どんなに酷いことをされても
つい人間の甘い言葉に惑わされる生き物なのだから。
見ていると、しっぽを振りながら
飼い主の所まで戻った後、
首輪を触られたのか、リードをつけられたのかした瞬間、
忌まわしい記憶が戻って噛みついたようにみえる。
この犬にとって、いや、すべての犬にとって
どんなヒトに飼われるかで未来は完全に決定されてしまうのだ、
だが、十数発も撃たれて死ぬとは・・・


危険犬種指定について、この事件でまた
賛否両論が出ているが、私としては
危険犬種指定は今のところ賛成だ。
危険なのではなく、特殊な目的で選択育種されただけ
なのだが、「危険」という言葉は
インパクトがある、だから使う、それだけのことだし、
確かにいい加減な気持ちで飼うべきでない犬も
実際にいる。

紀州犬などの獣猟犬や闘犬の出自の犬は
危険犬種として扱い、飼い主の資質をチェックしなければ
飼ってはいけないことにしたほうがいい。
ただし、飼い主検定は、従来の闇の日本犬業界の「重鎮」が
取り仕切るのではなく、世界レベルの
犬の行動学、生態学にのっとった優良飼い主を
選定する機関であるべきだと思う。
『「危険犬種」は檻に入れて飼う』などという
バカな条令は、無知なお役所仕事の典型だ、
そんなことをしたら、もし脱走した時
心を病んだ犬の攻撃性は最大になってしまうだろう。
絶対にそんな飼い方をさせてはならない。

ずっと繰り返し訴えてきていることだが
俗にいう「危険犬種」ほど、絶対に体罰など強制訓練で
押さえつけてはいけない、危険が増すばかりだ。
攻撃性を育てない、高い社会性を育てなければ
「競技訓練」や「品評会」には優勝しました、
でもヒトや犬を噛みます、ということになってしまう。

こんな悲惨な事件と犬死にした犬に意味を与えるとするなら、
危険犬種と同じく、「危険飼い主」も選定しようではないか。
ネグレクトも含めて虐待が明らかになった飼い主は
「危険飼い主」として処罰を受けるべきだ。
それはお金ではなく、「飼ってはいけない」という違反切符を
切ることだ。
どうしてもまた犬を飼いたければ
一定期間優良保護団体などにボランティア奉仕し、
犬の扱いについて勉強、優良飼い主試験に
合格しなければならない。
違反したら即実刑だ。

つい熱くなってしまったが、
こんな酷い飼い殺しの犬たちは
実はそこいらじゅうにいるのだ。
犬に関わる仕事をしている者として
絶望するのは本当に簡単だ。
でも絶望しないぞ。



気分を変えて、昨日の多摩川

2015-9-14多摩川1

2015-9-14多摩川2

2015-9-14多摩川3

2015-9-14多摩川4

2015-9-14多摩川5






  1. 2015/09/16(水) 16:51:09|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<理想と現実 | ホーム | ようやくの多摩川♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1008-16ea8a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)