FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

サイコパス

一昨日メナとハテナを病院へ。
メナは先日の肝臓検査結果、去年より減少してきてるが
まだ正常値よりずっと高いスコア、引き続き2種類のサプリ服用。
今日は健康チェックのための血液検査、結果は後日。

ハテナの蓄膿症?は、ネットで色々検索したが、
手術しても予後はあまりよくないらしく、そもそも
手術するまで酷くはないし、他には免疫向上のサプリが
効果があるとのことで、お高い機能性ミルクを試してみることに。
(会から医療費が出るので助かってるけど、犬猫の病気は費用がかかる〉
2018-11-27サプリ1 2018-11-26ハテナ1
    治るといいねぇ

2018-11-27ハテナ1 2018-11-27ハニー1
2018-11-27食事時1 お食事待ち・・みんな人相わるっ
それにしても猫多すぎだ、今までも一腹の子猫はいたが、大人猫がこんなに多いのは初めて。
理想は犬1猫2なんだよね~(遠い目)

しかも、甘えん坊の抱っこ好きが2頭(ノビタ爺さんとハッピー)、
頭数が増えたことでストレスを感じているのか、ますます甘えん坊になってきて
機嫌を取るのが大変。 
2018-11-28のび太1 
抱っこしてると動けないので、服の中に入れてバタバタ動き回る、
それでもいいんだって、可愛いな♡
犬も猫も、歳とっても最後まで可愛いのって、羨ましい。
この秘密を解いてヒトでも応用できないものだろうか?



保護猫の譲渡条件で、「男性単身者に厳しい」とよく言われている。
ウチの会でも原則、男性単身者には譲渡しない。

たまにネットの世界で、こういった状況を叩かれたりしていることがあるし、
逆差別だという意見もわかる。
わかるけれど・・・実際に動物を虐待して殺す(こう書いただけで心拍数があがるわ)
事件のほとんどが単身男性の所業だったりするのも事実。
(税理士大矢被告のような家族持ちもいるけど)

最近も、保護猫をそういった奴に引き渡してしまった人が
ネットで心情を吐露していた  https://twitter.com/zippohide

自分が救ったつもりで、そういう奴に猫を手渡してしまったとしたら・・・
チャーシューやハテナがそういう奴の手にかかったら・・・
心のどこかが壊れてしまうだろうと思う。

安易な譲渡をするからだ、と言ってしまうのは簡単だし、
実際に誰にでも猫をあげてしまうとんでもない人もいる。
でも、動物虐殺常習犯の中にはサイコパスと呼ばれる人間が多く存在し、
こういうタイプは、見破りにくいといわれている。

また経済的にも社会的地位も高い人間にもサイコパス傾向がある比率が
かなりあるとも言われていて、
最近ニュースになった韓国のIT企業会長の壮絶なパワハラと
ニワトリを矢でいったり、切り殺すよう強要したりしたというのも
典型的なサイコパスだろう。

だから、きちんとした団体では単身男性への譲渡に慎重になるのだ。
会ったばかりの見知らぬ人を信じるという賭けをするには
担保が命、というのが危険すぎるということだ。

サイコパス・・・この理解不能の人間をだけど、もっと正確に知りたいという
気持ちがあって、先日こんな本を買ってしまった。

2018-11-28サイコパス本

薄くて、内容も素人むけにわかりやすい。
敵を知る、というのも大事だからね。

  1. 2018/11/29(木) 00:16:08|
  2. わが家の猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川辺

26日早朝
日の出が遅くなって、6時半すぎてようやく・・
2018-11-26多摩川0 
川面から靄が立ち上るのも冬の風景
2018-11-26多摩川1 2018-11-26多摩川2

テオ君、そろそろトリミングの時期だね(#^^#)
2018-11-26多摩川3 2018-11-26多摩川4
メナが背中を向けて座ってるのは、テオの若いエネルギーに辟易して
「あたしはあんたと遊ばないわよ」といった意思表示ですか?
このサインも時と場所で色々な意味があるけれど、だいたいは
興奮した相手や場面に向けられることが多いようだ


28日早朝    さすがレトリバーのパティ
2018-11-28多摩川1 2018-11-28多摩川3 2018-11-28多摩川4パティ 2018-11-28多摩川5

テオのボディアタックをもろに受けるパティW
2018-11-28多摩川6テディ 

2018-11-28多摩川7 
保護施設からきてまだ2~3か月のきいちゃん、
パパが「帰るよ~」というと
遊んでても後を追っかけて帰ってゆく。
強制訓練や体罰などまったくなしで、だよ。
  1. 2018/11/28(水) 16:04:26|
  2. メナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハニー

24日早朝
2018-11-24多摩川1 2018-11-24多摩川2 2018-11-24多摩川4 2018-11-24多摩川3ライカ

多摩川ではメナは、ヒトにも犬にも礼儀をわきまえた信頼できる相棒、
でも、実は家の近くでオンリードで歩くとき、
意外なことに、彼女は他の犬に過敏に反応するのだ。
これはテリトリーの問題なのか、リードのせいなのか?
多分両方だと思うけれど、さらには、川辺は川に沿ってどこまでも続いていて
逃げることが可能であることも関係していると思う。
相手からいくらでも好きなだけ距離を置くことができる、ということだ。
*ドッグランは一見同じ環境に見えるけれど、ボクシングのリングのようなもの。
 犬にとってはあまりに狭すぎる。


保護時からずっと病院がよい、世話がかかったハテナに比べて
健康で手がかからなかったハニー。
今になってみると、もっどハテナみたいに抱っこ癖をつけておけば
よかったかな、と反省。
甘々の兄に比べるとあまり甘えてこないし、抱っこも
それほど好きじゃない、気ままな女の子。

それでもたまに、こうやって大人しく抱っこ(というか腹の上に乗る)
されてゴロゴロしてくれます~ カワイ(#^^#)

2018-11-24ハニー1 どうしたの?

2018-11-24ハニー2お腹の上に来る?

 2018-11-24ハニー3 可愛いねぇ2018-11-24ハニー4 美人さん♡
  1. 2018/11/25(日) 21:38:49|
  2. ハテナ&ハニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミーティングメンバー?

今日は猫の会のミーティング。
それぞれ忙しい中、朝から集まって溜まってた事務作業や
様々な課題について検討した。

なんか議長っぽい(#^^#)
偉そうだね
2018-11-23ミーティングとハテナ1 2018-11-23ミーティングとハテナ2

まぁ、邪魔しかしてなかったけど、ムードメーカーということで
 2018-11-23ミーティングとハテナ3
拡大しても可愛いなぁおい
2018-11-23ミーティングとハテナ4 2018-11-23ミーティングとハテナ5


今朝の可愛いふたりを見て!
2018-11-23ハテナメナ1 2018-11-23ハテナメナ2 2018-11-23ハテナメナ3 2018-11-23ハテナメナ4 2018-11-23ハテナメナ5

  1. 2018/11/23(金) 23:29:48|
  2. ハテナ&ハニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルテット

我が家の預かりっ子たちはどうやら
最強軍団になりつつあるみたいだ。
新興勢力、カルテット結成。
ウチの子3頭は元々頻繁に出入りする保護猫保護犬の存在に
馴れていて、攻撃したりはしないのだが、
まぁ歳も歳だし、居候はそのうちいなくなるだろうし
とそれほどの関心を持っていないみたい、
子猫のうちは可愛がってくれもするが、相手が大人になるにつれて
適度な距離を置くようになる。
保護猫たちも、3頭に愛想を使ってなんとか仲間入りしようと
努力してた、けなげな子がほとんどだった。

ところが今回は
赤ちゃんで来たチャーシュー、ハテナ、ハニー、
そして5か月令できたポポ、
4頭揃いも揃ってなかなか婿にいかないまま
けっこう大きくなってしまった。
しかも4頭すごく仲がいい。
だから古株に媚びる必要もない、
古株と新興勢力と、立場が逆転して、
いまやベッドにはカルテットが寝て、
のび太たちは猫ベッドに・・・
だったら3頭で団結すればいいのに、
これがまたノビタとキューはず~~っと仲が悪いまま、
ハッピーは好みがうるさい女の子だから
カルテットを毛嫌いしてシャーシャー文句を言うから
カルテットにからかわれて追っかけられるという始末。

カルテットの頭はチャーシュー、
若頭はポポ、
いまのところハテナハニーは三下、っていう感じです。

実は・・・カルテットの中で最強なのは
ポポじゃないかと私は思ってる、
外で生き抜いてきた彼は、本気を出したら
喧嘩上等、体力、運動神経ともにかなり強い男じゃないだろうか。
あとの3頭、特にチャーシューとハテナは
苦労など一切したことのないボンボン、
運動神経ないし、頭にお花が咲いてるポンコツだ。
これはもう新選組とおんなじだわ、
実は近藤勇の影の土方歳三最強説。
ポポが、初めから優しく受け入れてくれたチャーシューを
慕って、勝手にボスに祭り上げちゃった感。

2018-11-19チャシュ&ポポ1 2018-11-19チャシュ1
どうみても、ポポのほうが賢そうだし、オトコっぽいよ
チャシュの頭の中は食い物のことだけ

2018-11-19ハテナ1 三下のくせに偉そうだな

もちろん、古株へのケアに気を遣っている。
私の膝は最優先でノビタたちのものだし、
ご飯時も3頭のわがまま放題、
いつも食べ残してしまうハッピーは
みんなが食べ終わった後にもう一度食べていただいてるし、
お庭に頻繁に出してあげるのもハッピーだけ(監視つき)。

2018-11-19ハッピー1
みんなが食べ終わった後の2度目のご飯


1階の教室は普段猫たちに開放してるんだけど、
人間が1階に降りていくとカルテットが一斉に階段を駆け下りてくる、
じゃらしで遊べ!という圧力をかけてくるので
もちろん・・・遊びます。
運動能力、瞬発力など、ネコとしての能力は
1位ハニー
2位ポポ・・・ポポ少し太ってジャンプ力が落ちたため
3位ハテナ
ダントツびりがチャーシュー
2018-11-19ハテナ2 2018-11-19ハテナ3 2018-11-19ハニー1 2018-11-19ハニー2
2018-11-19ポポ1 2018-11-19ポポ2 2018-11-19ポポ3



ポポは自分の能力に気が付いてない、今のところ
小心者の怖がりさん。
このまま気が付かないままでいさせるためには
のんびり穏やかな生活を続けさせること、
追い詰めないことだと思うので、
もうしばらくは譲渡会には参加させない。

ポポのトイレ事情紹介:
2018-11-21ポポトイレ1 2018-11-21ポポトイレ2 2018-11-21ポポトイレ3 猫のトイレちうって生真面目な顔が大好き

ポポはウンPだけじゃなく、オシッコも洗面台でします。
いいウン〇なのでティッシュで処理してトイレに流して、
キッチン泡ハイターシュシュっとしておしまい。
見方を変えれば、重い砂を処理する必要もないから
楽だわ~・・・と思ってくださる方がいるかな?
  1. 2018/11/23(金) 08:32:58|
  2. ハテナハニーチャーシューポポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆっくりと・・

メナの脂肪腫が大きくなった気がするので病院へ。
脇のリンパやお腹、左腰など、数も増えて、
サムの時の悪夢がよみがえる。
だが検査では脂肪腫とのことでとりあえず一安心。
年齢によるものだろうが、あまり大きくなると
神経を圧迫することもあるし、悪性に変わることも
あるので、定期的に検査しないとね。
メナは小肝症と判明したが、麻酔のリスクがあるそうで
できれば切除もしない方向で。

あ、あと体重19kgだって!
おっかしいなぁ、ダイエットしてるつもりなんだけどな~
私と同じで、年齢と共に代謝が落ちてくるのかな?
主人がこっそりおやつを分けてるのもあるし。

メナは5月で11歳になったが、11歳なんてまだまだ壮年、と思ってた。
でも、ベッドから降りる時、足がすべって転んだり、
もっと悪いことには、そのことに動転してしばらく固まってしまったり
そんな姿を見るようになって、「あぁ、もう老年期にさしかかってるんだな」
と実感させられることが多くなってきた。(慌てて寝室にもカーペットを敷いた)
犬の年齢は単純に×4とかで換算できないと思っている。
11歳はまだまだ50代という子もいるが、メナは老犬の階段を
下り始めたのだろう。
散歩でも、時間も距離も短く切り上げるようになってきて
楽といえば楽だ、ただし、散歩の質は落とせないので
30分の川辺の散策のために往復1時間以上かけて運転してる、
自分も楽しみだから苦にならないが、昔を思うと寂しい気も。

メナ、願わくはどうか、できるだけゆっくりゆっくり階段を下りていってね。
20歳まで、とはいわないから、できれば15歳までは一緒にいてほしいな。
どうかお願いします


16日早朝
きこりちゃんは短足のため下半身が露でビショビショ(#^^#)
2018-11-16多摩川2 2018-11-16多摩川3きこり

コーギーコンビとボルゾイコンビ、この凸凹組は古くからのなじみで仲がいいの
外見からは水と油みたいだけど。
メナのお気に入りは右端のコーギー男の子
左の女の子はメナがからかうのがイヤそうな顔してるW
2018-11-16多摩川4 2018-11-16多摩川5
今朝
2018-11-21多摩川1 2018-11-21多摩川4ライカ
犬たちの一挙手一投足が、どんな意味や関係性を表しているのか
見ているのが楽しい
メナ、まだきこりちゃんをちょっと胡散臭そうに見てるな、
とか、きこりちゃん、少し身体を引いてるけど、怖いというのとは違うな、とか
2018-11-21多摩川5

ニューフェイスのきこりちゃん、7か月で譲渡されたんだけど、不妊手術しようとしたら
間に合わなくてシーズンが来てしまった。
もうそろそろ終わりかけ、つまり一番ピークらしくて、
私にまで猛烈アピールしてきてくれる。
大事な時期にトラブルが起きるのを避けたいので
まだきこりちゃんにはおやつをあげないようにしているのに、
まとわりついてヒンヒンゆうの可愛くてたまらないけど、本犬は切ないのか?
 2018-11-21多摩川6きこり 2018-11-21多摩川7きこり

能天気でムードメーカーなお兄ちゃん、チャーリー
2018-11-21多摩川8チャーリー 2018-11-21多摩川9チャーリー

この秋、スタプーコンビとホロちゃんが転居のため川辺から去った

年々歳々花相似たり、歳歳年年犬同じからず

メナもいつか、レディやサムのようにこの川辺から去ってしまうんだろう
そういう私もね
2018-11-21多摩川2
 2018-11-21多摩川3 でも、今は今を精一杯楽しんでいこうぜ
  1. 2018/11/21(水) 15:33:56|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

譲渡会再考

18日の譲渡会、先月に引き続き来場者が少なくて
お話があった子も4頭だけ、
来場数は先月に引き続き、昨年同月の半分ちょっと。

50回以上続いている譲渡会、元は
いくつか参加した「譲渡会」の雰囲気がどうも苦手で
(ブルーシートを敷いた会場にケージを積み上げた
悲壮感?というか場末的な感じが)
もっと清潔感があって猫のストレスをできるだけ考慮した
和やかな雰囲気の譲渡会をどうせなら作ってしまおう、と
始めたのだった。
でも、そういった形の譲渡会も増え、同じ日に
大きな譲渡会が人気の場所(銀座とか自由が丘とか)で
いくつも開催されるようになってきた。
それはとても喜ばしいことなんだけれど、
宣伝力もなく、場所もよくない無名のちっさな会では
とてもたちうちできないのも事実。

周辺地域のニッチな需要(潜在優良飼い主)をあてにしてきたのが
もうすでに飽和状態に近いのかもしれない。

参加猫より来場者が少なくては、期待して参加する人たちに
申し訳ないし、もう一度、見直す時期なのかと思う。
開催を隔月にする;ポスターをもっと広域に貼ってまわる;
譲渡会の内容を変える:ヒトの集まりやすい場所に会場を借りる;
くらいしか今のところ思いつかないけど。

チャシュたちにお話しは・・・結論としてはなかった。
どういうことかというと、
あまりに私が心配ばかりしているので、スタッフのひとりが
ハテナを迎えてもいいと言ってくれたのと、
さらに、かつての保護犬の譲渡先様が心配してチャーシューを迎えようかと
声をかけてくださったのだ。
(色々考えて今回は感謝と共にご辞退することに)

身内に心配させてしまうなんて、ちょっとくよくよ悩みすぎていたと反省。
今は健康で日々を暮らしているのだから、もっと鷹揚にかまえよう、
きっといつかぴったりの家族が見つかるさ(多分)。

スタッフに子守りしてもらうチャシュ
2018-11-18譲渡会9 2018-11-18譲渡会2 2018-11-18譲渡会3 福々しい・・

遊んでくれるなら誰でもかまわないハテナ
2018-11-18譲渡会1 2018-11-18譲渡会4 2018-11-18譲渡会6 2018-11-18譲渡会7


一方のハニーは相変わらず。
ドアは開いているのにケージから出てこない。固まっているんじゃなくて
敢えてリスクは侵さない賢い女の子
2018-11-18譲渡会5 2018-11-18譲渡会8 2018-11-18譲渡会10
ポポはまた3階で立てこもっていました
言葉が通じたら「あなたは当分参加させないからビビらなくていいよ」って
言ってあげるんだけど。
  1. 2018/11/20(火) 17:57:27|
  2. ハテナハニーチャーシューポポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハテナハニーチャシュ(+ポポ)の「待つ」日々


ポポはまだイエネコ修行中のため、18日譲渡会には参加しない・・・けど
近々ですごく可愛いのが撮れたので(#^^#)
2018-11-8ポポ1 2018-11-8ハテナハニー12018-11-11多ハニー1 2018-11-11多ポポ1 2018-11-11多ポポ他1
 2018-10-22チャーシュー1 2018-10-22チャーシュー2
快晴の昼下がり、3階でチャシュと一緒に寝転がって日向ぼっこ

 2018-10-22チャーシュー4

ハテナはホントに申し分ない人懐こくて穏やかな子なのに、
点眼薬と点鼻薬が多分一生手放せないというハンデが。
どうしてあげられるのか・・
 2018-10-22ハテナ&ハニー1 

下の画像、ハテナが危ないっ・・っていうわけではない。
メナに果敢にちょっかい出してからかってるハテナ。
メナのすごい顔の割にハテナは全然緊張してないし
かすり傷ひとつ受けてない。
2018-11-10メナ&ハテナ1 2018-11-10メナ&ハテナ2

ケージに閉じ込められた悪戯トリオ、どうしてかというと
2018-11-10閉じ込め1
 2018-11-10閉じ込め2
3頭でかわるがわる、トンネルの修理で針仕事ちうの主人の邪魔をして危ないから(#^^#)

4頭本当の兄弟のように仲がいい、だからといって
このままウチにいて幸せな一生を保証することができるとは限らないので
せめてハニーとチャーシューだけでも、素敵な家族が見つかるといいのだけど。

  1. 2018/11/16(金) 18:08:40|
  2. ハテナ&ハニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外旅行では野良犬に近づかないこと・・・そのとおり!

ピノママからの画像が面白かった 可愛いのでアップ♪


川辺で散歩するピノ ・・・なんだか常に地面に足が着いてないみたいね
              不思議の国の黒ウサギか!
2018-11-13ピノ近況3 2018-11-13ピノ近況4
 2018-11-13ピノ近況5

そして帰宅後は・・・
2018-11-13ピノ近況1 2018-11-13ピノ近況2
腹出し、白目で爆睡だそうです(#^^#)



もとからツイッターやインスタには手を出さないのだが
お気に入りで毎日覗いているものはいくつもある。
最近嵌っているSNSは:
Kuniko Norman-Taylor

尻尾のない犬

上は、動物愛護に関したツイッターで、楽しいというより
勇気をもらえる。
そして「尻尾のない犬」は、主にアジアを中心とした「イヌ」たちの
素晴らしい画像とお茶が中心の女性カメラマンのツイッター(タイ在住)。

なんで今まで知らなかったんだろ、という衝撃だった。
そう、世界の「イエイヌ」の過半数はこういった犬たちだと
言っていたとおりの犬の日常が映し出されている。
私たちの周りにいて、つい「イヌとはこういうものだ」と
思い込んでしまいがちな純血種はごく少数の創作された変種なのだ。
野良犬といわれる彼らのほとんどは穏やかで、争いを避け、
表情豊かで人間と緩やかな交流を持ちつつ暮らしている。

これが『イヌ』の原型なのだ。
もう、毎日覗くのが楽しみ♪
カメラマンは街で、旅先で、こういった犬たちとさりげなく交流しながら
素晴らしい写真を撮り続けている。

ただ!
これを見て、彼らに興味を持って旅先で接触しようとしてはならない。
旅のアドバイスに掲載されている「野良犬はいきなり噛むので避けるように」
といった注意はある意味正しい。

それは、常にリードでつながれ、ヒトに辛抱強く従うよう改良された犬たちとしか
暮らしたことのない「先進国」の人間は
イヌの表情やサインを読み取る能力が未発達だからだ。
・カメラのレンズは犬からみれば一つ目の怪物だったり、銃のように
 みえることがあるかも、といった気遣いや想像力がない:
・いきなり頭を撫でようとする
・大声を上げ騒ぎながらまっすぐ近寄っていく
・正面から覆いかぶさっていく
・強い視線を当て続ける
・相手(犬)が今どんな気持ちか、周囲の状況がどうかなど慮らない
こういったマナー無視オンパレードの人間が
イヌの「あんたは信用できない、近寄らないでくれ」というたくさんの警告を
無視した挙句、軽く噛まれたりしたら、
イヌたちは殺処分されかねないからだ。
イヌたちのために、旅行者は彼らに近寄らないこと、正しいアドバイスだね。


  1. 2018/11/15(木) 08:52:15|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬支度

ついに炬燵、始めました♪
2018-11-3こたつ1
ギリギリのところで踏みとどまり、電気コードはまだ外したままなんだけど、
それでも猫たちには大好評みたい
入り浸っている。
 2018-11-3こたつ2
メナがベッドに上がるようになると、冬がきたな~って思う。
歳のせいか、年々大胆な寝相になってきた。
私はどこに寝れば?
2018-10-30メナ1 2018-10-21メナ

大き目のビニール袋を放っておくと必ず誰か勝手に絡まる、猫あるある。
チャーシューは自分で努力せず、すぐあきらめて寝ちゃうおバカさん♡可愛い
2018-11-5チャーシュー1 2018-11-5チャーシュー2

話題になったヒグマ親子の崖登りの動画
いつもはTV画面に反応しないチビたちが興奮してる、なんでだろう?
すごく可愛くてほほえましい・・・けど

2018-11-7親子ぐまに反応1 2018-11-7親子ぐまに反応2
この動画はドローンで撮影したものだそうで、
ナショナルジオグラフィックhttps://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/110900487/
でも記事になっていたが、動画へのコメントでも
「感動」「素晴らしい」といった賛辞が多かったが、一部で
ドローンに驚いて逃げ出したのでは、といった批判があったそう。
そう言われて見直すと、子熊がもう少しで登り切ろうとした瞬間
雪面にドローンの影がくっきり浮かんでいてかなり子熊の背後に
接近していた様子が伺われ、母ぐまが子熊を掬おうとして
空振りしたように見えたのは、背後のドローンを振り払おうとしたのかと思えてきた。
そもそもなぜ急に子供を連れて急斜面を登りだしたのか、
ドローンが気がかりで逃げ出さなければ、わざわざ危険な登攀など
しなかったのではないか?

指摘されて初めて気が付くことってあるなぁ、と今更ながら思う。
こんな動画がもてはやされてしまうと、
これからもっとドローンを使って野生動物を追い回す輩が
増えるだろうと思うと気が重い。

  1. 2018/11/14(水) 00:13:34|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川辺

8日早朝
2018-11-8多摩川1 2018-11-8多摩川2
パティとゆったり歩く
2018-11-8多摩川3 
いつもはイケメンのパパのジョギング伴走してるテオ、
ゴールデンドゥードゥル’(ゴールデン×スタプー)でどんどん巨大化してるけど
まだまだおこちゃまで気のいい男の子、
この日はスレンダー美女のママ(東欧系?)と。
このご夫婦は呼び戻しをする時二人ともおんなじことをする、
テオが無視して他の子と遊んでても決して怒らない、
「レロレロバー!」?と奇声を発して、テオの注意を引くのだ。
美しいうえに優しい、無敵の夫婦だな。
パティは私のことを大好き(サムの次くらいには)、
他のヒトにはあまり積極的に媚をうったりするのを見たことがなかったんだけど、
テオのママには何か心惹かれるようで、ご覧のようについて歩いていた。

こういうヒトを見ると、つい「やっぱり欧州のほうが動物の扱いがうまいわ」
なんて括ってしまいそうになるが、
同じ川辺で外国男性が犬に酷い扱いをしているのを
見たことがある、どんな国でもいい奴も悪い奴もいるんだよね、当たりまえだけど。

2018-11-8多摩川4 
帰り道、たまたまテオたちと一緒に歩いたんだけど、
テオとメナの姿がそのまま人間の容姿と相似だった(#^^#)

2018-11-8多摩川5 
10日早朝
2018-11-10多摩川1 2018-11-10多摩川2
  1. 2018/11/13(火) 23:44:32|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

可愛いまりこちゃん  そして可哀そうな犬

レディの親友だったちりこちゃんが儚くなって、
チリママが次に迎えたのがビーグル犬。
なかなか会えないまま半年以上がすぎた先日、
チリママからお誘いがあって、多摩川で会うことに。
昔だったら、レディとちりこのコンビで
西湖やら城ヶ島やら果ては北海道まであちこち旅したものだったが
メナ1頭の今は、歳でもあるし、遠出を好まない子なので
いつもの早朝川辺で待ち合わせにしてもらったのだ。


家から歩いてくるチリママたちを、川辺を散歩して待つ
2018-11-4まりこちゃん1 2018-11-4まりこちゃん2

ビーグルの名前ははまり子ちゃんだって、可愛いネーミング♡
とっても愛らしくてメナにも私にもフレンドリー、
小柄だけど怖がりではないし、元気いっぱいだけど
ハイパー過ぎない。
ちりこといい、まりこといい、トレーニングしていないのに
飼い主の性格が犬にも投影されるんだろうね
(トレーニングしてないからかも)。

ただ、まだ1歳にもならないのに、エリザベスカラーをつけてた。
片目を手術したばかりとのこと、チェリーアイだった。
ちりこは遠方のブリーダーから手に入れたのだが、
まりこちゃんはつい入ってしまったコジマ!!で一目ぼれしたそう。
若くてこんな目の疾患が出るなんて、遺伝的要因だと思う、
まりこちゃんの母親の眼がどんなことになっているか想像したくない。
コジマのパピーミル(子犬生産工場)の檻の中で
一生(生産能力が落ちてより暗黒の場所に転売されるまで)過ごすだろう母犬、
眼が飛び出ようと皮膚が爛れようと、生めればいいのだから
治療などされないままだろう・・・
でも、目の前にいるまりこちゃんに罪はない、
可愛い子がもう病気などしないで幸せに長生きしてくれますように。
2018-11-4まりこちゃん3 2018-11-4まりこちゃん4 2018-11-4まりこちゃん5
また遊ぼうね♡


河原でまりこちゃんを待っていると、土手の上から犬を叱責する男性の声が聞こえた。
「来い」と呼んでも犬が来ないらしい、段々イライラした声になってゆく。
多分あの子だろうな~
嫌だな~
犬が叩かれたり小突かれたり暴力に晒されるのを見せられる苦痛、
というものをもっと理解してほしいと思うよ。
それは黒柴、まだ若いし、柴としては珍しいくらい他のヒトや犬に
関心があって、ついてこようとする子だった。
先輩の柴の女の子が亡くなって、飼い主と二人になってからは
少しは優しい「風」になってきた飼い主だが、
たまに、読んでも(ロングリードで放している)来ないと
たちまち馬脚を現して、声に怒りと不満がこもってくる。
犬は野原の真ん中で立ち尽くして動かない・・・いや、動けないのだ。

2018-10-25多摩川4 

飼い主はたぶん「俺が優しく言ってるうちに言うことをきけよ」と
思っているかもしれないが、散々体罰をしてきておいて、
それをすぐに忘れて許してもらえると考えるのは尊大で浅はかだ。
1年体罰を続けたなら、それを封印して10年、優しく接し続けて
ようやく信頼してもらえるようになる。

相手が犬だから、わかりにくいかもしれない。
例えば、DV夫が何かというと散々妻をなぐり、罵ってきておいて
「もう改心しました、今後一切暴力はふるいません」と言って
妻はすぐ信用するだろうか?
まして「もうしないって言ってるだろうがっ!!」と
段々口調が荒くなってきたら、DV後遺症で妻は震え、動けなくなってしまう。
わかってもらえるだろうか?
暴力をふるったら、それを受けた者は忘れることはできない、
ひたすら暴力から遠ざかり、許してもらうしかないのだ。

黒柴は、以前会うとよくサムやメナについてきてしまい、
私にも関心を持ってくれた。
でもそれが原因で呼ばれても帰っていかず、叱られたあげく、
私が見ていると気が付かない飼い主に腹立ちまぎれに蹴られたりするのが
辛くて辛くて、もうできるだけ接触しないようにしている。

いじめと同じ、暴力をした側(人間)はすぐに忘れてしまえるが
受けた側(動物)は、一生忘れることができないほど心が傷つくのだ。



  1. 2018/11/10(土) 21:21:30|
  2. 問題行動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川辺の日々

16日は、久しぶり~のお気に入りルーク(バーニーズ)に会ってテンションアゲアゲのメナ
夏場は暑くて川辺までこれなかったらしい
2018-10-16多摩川14ルーク
2018-10-16多摩川15ルーク 2018-10-16多摩川16ルーク 2018-10-16多摩川18ルーク

10月22日早朝 
2018-10-21多摩川1
 2018-10-21多摩川2   
 2018-10-22多摩川3
25日早朝
2018-10-25多摩川1  2018-10-25多摩川3 2018-10-25多摩川5 2018-10-25多摩川6 2018-10-25多摩川7
 
10月30日早朝
2018-10-30多摩川1 2018-10-30多摩川2 
11月1日早朝
2018-11-1多摩川1 2018-11-1多摩川2 2018-11-1多摩川3
11月2日早朝  悩ましい種の季節到来・・
2018-11-2多摩川1 2018-11-2多摩川2
  1. 2018/11/10(土) 17:44:45|
  2. メナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新人

早朝の多摩川散歩も滞っていた分ズラっと:
16日
2018-10-16多摩川1 2018-10-16多摩川3グレース

この後ろ姿は、新人(犬)きこりちゃん!今日が初お目見えで緊張してましゅ
2018-10-16多摩川4キコリ 2018-10-16多摩川5キコリ
気のいいチャーリー君の妹として迎えられた元保護犬(7か月令)
ちょっと胴長が可愛い女の子
初日は緊張してビビりまくっていました

2018-10-16多摩川6キコリ 2018-10-16多摩川7キコリ
気配を消してマス
2018-10-16多摩川8キコリ 
たまに会うホワイトシェパードたち すごく落ち着いていて明るい子
2018-10-22多摩川1 

それが、11月2日には・・・
もうすっかり馴染んではっちゃけまくりのきこりちゃん♡
2018-11-2多摩川4 

気の弱いパティは逃げ回ってます(#^^#) 
犬が白目を見せるのは色々な意味があるけど、この場合は
「嫌だって言ってるでしょ」って感じ?
2018-11-2多摩川5パティ&きこり 

先輩メナがお尻の匂いを嗅ごうとしたら・・ガウッだって
なかなか気が強いのねん
2018-11-2多摩川6きこり 

安定した群れ、というかグループだと、1頭くらい新入りがあっても
短時間で受け入れてくれる
できるだけもめごとを避けたい、という危機管理意識が
最小の摩擦で受け入れをたやすくするんだと思う。
ストレスまみれの犬の群れではこうはいかない。
新人のキャラクターも様々だが、預かりっ子だったアリー(テリアミックス)は
群れに入り込むのがとても上手だったっけ。
挨拶の仕方(お尻の嗅がせ方とか、プレイバウとか)がうまかったし
どことなくユーモアがあって、人が見ても「笑いかけてるな」って
わかる顔で対応してた、これは生まれつきなのか、後天的獲得気質なのか?
2017-6-20多摩川3アリー

気の弱い小さい子にわざと追いかけさせて遊びに誘う
これってなかなかの高等技術
不器用な犬だとただただ追いかけまわして怖がらせてしまう、
自分よりずっと小さい臆病な子を上手に遊びに誘うのは
すごいなぁ、と感心したものだ
 2017-4-3多摩川10アリー
  1. 2018/11/07(水) 07:57:40|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名もなき毒

また更新が滞ってしまった。
28日の譲渡会が、来場者が少なく
また、話のあった子が2頭という散々な結果だったことで
ちょっとテンション下がり気味、というのもあるが、
実は担当している会のブログのほうに
嫌なコメントがきて、これが案外なボディブローに
なっていたみたい。

「譲渡会参加者として二度は行かない、初めての方対しては態度悪いです👎!」
(匿名だから返事のしようがない)

『二度と』じゃないの? とか
『初めての方に』 に、が抜けてるし、「方」って自分に言わないよ、
とか突っ込みを入れて軽く流したつもりだったんだけど
たかがこれだけのことでも人を落ち込ませることができる、
ということに唖然としている。

5年前に小泉孝太郎主演で『名もなき毒』というドラマが放映された。
(『ペテロの葬列』という続編もあり)
個人的にとても面白くて大好きだった、
小泉孝太郎の代表作になるんじゃないかと思ったのだが
その後このドラマ枠が終了してしまって制作されないのが残念。
「悪意は伝染する」 たった一人の悪意が波紋を広げてゆくのを
透明な水に一滴滴り落ちる黒い液体で象徴されるオープニング。

有名人がコメントに傷つついてインスタを閉鎖した、と話題になったが、
私がひそかに楽しみにしていたインスタやツイッターの中にも
心ないコメントに疲れて辞めてしまったり休止するものがある。

ネット上は「匿名」という武器をかさに、悪意が横行する。
こちらのブログは未来の私が読み返して懐かしむために
書いているので、できるだけ目立たぬよう、
知らない人が覗かぬようにしているが、
会のブログは反対にたくさんの人に見てもらえるように
しなければならないので、こうして「匿名の悪意」が
入り込むというわけだ。

名もなき毒、とは、つまり私の中で、無視したつもりの短いコメントが
「これは誰が書いたのか?」という疑問となって
広がっていった様子が、ドラマと似ているな、というわけ。
日本語がたどたどしかったあの人?
具合が悪そうな猫を参加させ、ケージから出さないようにという注意も無視してたっけ。
二度ときませんって帰ってったよな・・
いやいや、他にも心当たりがあるし・・
待てよ、もしかしたらあの人?  

昔は譲渡会で頻繁に病気が伝染したりしたらしい、
だから、参加猫すべてを守ることが最優先で
どれほど除菌に気を使っているか、
高い消毒薬を使い床だけでなく壁も消毒、スチームクリーナーを
タイルカーペット1枚1枚に長時間当てて高温消毒したうえで
裸足も厳禁(ヒトの足の裏って汚いし雑菌がいっぱい、
水虫が子猫の真菌ハゲの一因にもなるとあまり知られていない)
参加する人にたくさんの約束事を強いている。
不快に思う人間もいるだろうし、
私の注意の仕方も悪かったかも・・・

とこんなふうに反応を引き起こすことが
できるのが「匿名コメント」の怖さだな。

ただ、いつまでも考え続けていられないのがB型の短所であり長所でもある。
「匿名じゃなく堂々と文句いってこいや~」
「おまえのかあちゃん〇〇〇~」と捨て台詞を吐いて
区切りをつけることにした。

石田ゆりこちゃん、はなももさん、他の方も、どうかコメントは私のように
一切無視して名もなき毒に汚されないでツイッターインスタ続けてください。
水は一滴の毒に汚染されるけど、氷ならけがされない、洗い流せばいいんだからね。

もちろんウチの預かりっ子たちに譲渡会でご縁はなかった💦

身内の親戚すじに猫飼えるのがいないか
新人の保険外交員みたいなこともしてる自分。

こんなに可愛いのよ、どうよ?

2018-10-28譲渡会1ハテナ 2018-10-28譲渡会2ハテナ
個性的な顔立ち、鼻たれ付き 口元のゆるさが性格の緩さを表してるねぇ

2018-10-28譲渡会6ハテナ 


2018-10-28譲渡会3チャーシュー 2018-10-28譲渡会4チャーシュー

知らない人とも猫ともおしゃべりさん
帽子をかぶるとさらにずんぐりむっくりな体型が倍率ドンッ


2018-10-28譲渡会5チャーシュー2018-10-28譲渡会8チャーシュー 2018-10-28譲渡会7チャーシュー 

ハニーは賢いので、開いたケージから出てこないで寝てました
「出てってあたしになんのメリットが??」
賢すぎる子は扱いづらいわ

2018-10-28譲渡会9ハニー 2018-10-28譲渡会10ハニー 2018-10-28譲渡会11ハニー
  1. 2018/11/07(水) 06:07:46|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0