FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ポポのランキング急上昇?


譲渡会でご縁は見つからなかったが、そんなこと
知ったこっちゃないキッズ。

今まではチャーシューを「ママ~」(色々間違ってるけど)と
慕っている一方でポポにはほとんど無関心だったのに
どういうわけか、最近よくポポにくっついて歩いてたり
一緒に寝てたりするようになった。

2018-6-23ハテナ&チャーシュー12018-6-25ハニー1 2018-6-23ハニー&ポポ1 

そこで、キッズを観察しててわかったのだが
どうやらキッズ、そろそろ保育園卒業し、
少年期に入りつつあるみたい、
そうなると、ただ優しいだけの鈍いぽっちゃり坊ちゃんのチャーシューより
運動神経抜群のポポ兄貴を尊敬の念で見つめるように
なってきた(んじゃないかな?)
2018-6-23ハニー1 毎日こんなん

ポポ兄貴によるキッズ特訓風景

「獲物をよく見て~」「はいっ!」
2018-6-27ポポ&キッズ1


「よし、行け!」  「あい、ハニー行きます!」
 2018-6-27ポポ&キッズ2 2018-6-27ポポ&キッズ3

「よく見るんだ」 「あいっ!」
  2018-6-27ポポ&キッズ5
  飛び掛かる一瞬前のふたり
2018-6-27ポポ&キッズ4 

一方のぽっちゃり坊やはというと・・・

2018-6-27チャーシュー3片手でチョイチョイ・・してみる

「よっこらしょっと」
 2018-6-27チャーシュー1 2018-6-27チャーシュー2
鈍い、鈍すぎる! これじゃ生意気盛りのキッズに尊敬されないよ~
目つきに真剣さが微塵もない


2018-6-28ポポ&キッズ1 
結果、ポポ兄貴の株が急上昇したらしい



ぽっちゃり坊ちゃんはさぞや傷心かと思ったが
全然平気、「これでのんびり寝られるわ」とか?
チャーシューは「来るもの否まず、去る者追わず」
達観してるのね、見習います、私は尊敬してるよ
2018-6-28チャーシュー1 







  1. 2018/06/29(金) 20:42:49|
  2. ハテナ&ハニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハクビシン見た~

たった今、深夜1時ごろ、メナをトイレのために
庭に出して、ぼ~っと家の前の路地を見ていたら
・・・んっ?見慣れない猫?がこちらに歩いてくる、
この辺はもうあまり外猫を見かけないが、
新顔かな?・・・でも、なんか動きが変。
もしやでっかいドブネズミか!
それにしても大きすぎてこれがネズミだったら恐怖だゎ・・・
イヤイヤイヤイヤ違う違う、鼻筋が白くて、毛におおわれたしっぽが長い、
なんか身体も平べったい感じ・・・これがハクビシンか?

こんなのに襲われたら猫なんて瞬殺だ、
一昨日庭にドブネズミの死骸があって、毒餌で死んだのかと
思っていたのだが、もしかしてこれの仕業かも。

きゃつは顔をあげてこちらを見たあと、ゆっくり隣家の門をくぐって消えた。
こういうのって放っておいていいものだろうか。
彼らがゴミを漁ったり、庭を荒らしたりしたのが
猫のせいにされたりしないだろうか・・・とりあえずあした
お隣さんと町会にお知らせしておかなくちゃ。


画像拝借   そうそうこんなんだった!
2018-6-27ハクビシン1 

うちのハナタレコゾウ
2018-6-26ハテナ1

ポポなら勝てるかも? チャーシューなんか食べられちゃいそう
 2018-6-26チャーシュー&ポポ1
  1. 2018/06/29(金) 01:34:45|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傍観する


相変わらず晴れた日は多摩川に行っている。
メナは元々犬らしい犬だし、歳で関節炎にも
罹りかけているから、今はゆったりのんびり
短い距離を歩くか、顔なじみの子たちが
走り回るのを見ながら、お気にいりのオスと会えば
ちょっと遊んだり。

ゴールデンが1頭、虹の橋を渡ったり、新顔さんと出会ったりもする、
みんな変わらないようでいて、ここでも少しずつ変化はある。

最近何度か会ったペア、おじさんとミックス和犬(去勢済)の男の子。
大人になって、他の犬、特にオスだとケンカするようになってしまった、
と嘆いていた。
先日も、未去勢でメナのお気に入りのコーギーの男の子に
突然襲い掛かってしまった。
なじみの子何頭か(ほとんどメスでコーギー1頭だけオス)とメナと出会った所に
その男の子も近づいてきた。
大人しく匂い嗅ぎをしていたので安心したのか、おじさん、その子を
オフリードにしたら、いきなりコーギーに挑みかかって組み伏せたのだ。
すぐに叱ってリードをつけてあやまりながら去っていった。
昨日も会ったのでゆっくり一緒に歩いていたのだが
おじさんがその子とメナにおやつをあげようとした途端
メナに飛び掛かった。

その子はフリスビーやボールキャッチを教えているようで
また、丸太に乗ってお座りする、などもできるのだが
そのたびにおやつをあげている。

私はプライベートではできるだけ犬の接し方などに
口出ししないようにしているのだが、
おじさんがどうやら「他の犬と仲良くできるようになってほしい」
と悩んでいるのがわかったので、
ちょっと一言話したくなってしまった。

先日のコーギーへの攻撃について;
未去勢の犬に特に過剰反応する、ということがわかっているなら、
上手に穏やかに同じ空間にいられた最初の数分で
すぐにその場を立ち去ったほうが良い。
その時、優しい口調で「上手だねぇ」「仲良くできたねぇ」など
褒めて肯定してあげることだ。
・良い経験、何事もおきなかった経験を積み重ねていくこと
・諍い、攻撃的行動を経験させればさせるほど、その行動が
 定着していくし、攻撃したほうもされたほうも、相手の印象は悪化する
・叱っても、犬は他の犬と会うと叱られる、と理解してしまう危険があり
 ますます他の犬と出会うと緊張するようになる
そういったことを簡単にお話したのだが、理解されたかはわからない。

おやつも、食べ物を守ろうとする気持ちが強い子には
他の犬がいる時に使わないほうが無難だ。
さらに言ってしまえば、こういった「何かさせてご褒美におやつ」というのは
飼い主に集中させるということで勧められることが多いけれど、
私は今ではあまりお勧めしていない。
犬にもよるけれど、飼い主と犬と芸とおやつ、という閉ざされた関係に
他の犬が入り込むことを嫌がるようになる危険があるのだ。
フリスビードッグに仕立てたいなら別だ、もしそうなら
他の犬とのんびり穏やかに遊べる犬にするのはあきらめるべきだし、
穏やかで誰とでも挨拶できる社会化された犬がほしいなら
何よりまず「ストレス管理」を優先して、下手に訓練などで
ストレスまみれにしないほうがいい。

おじさんとさらに話していて驚いたのだが、この子が落ち着くようにと
もう1頭、女の子を手に入れた、だがこの2頭が仲が悪くて
さらに困っているという。
あぁ、なぜ1頭でも困っているのにもう1頭ふえれば問題が解決すると
思うヒトが絶えないのだろう。

今のままでは、この子ももう1頭も、おじさんの望む方向とは
逆のほうへ進んでしまうと思うのだけれどなぁ・・・・

こういったケースが世の中には多いのだと思う、
そして攻撃が身についてしまって、手に負えなくなってから
捨てられた犬は、誰も引き取らない、引き取れない。

それでも傍観するしかないのが哀しい。



夏はもうすぐそこ、
一緒に川に飛び込んで遊んだ相棒がいない初めての夏、
どうやってこの哀しみをやりすごそう

2018-6-26多摩川1 2018-6-26多摩川2 2018-6-26多摩川3

2018-6-27多摩川1 2018-6-27多摩川2 2018-6-27多摩川3


  1. 2018/06/28(木) 23:26:31|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハテナハニー日記 ~譲渡会~

24日の譲渡会は子猫がたくさん参加、
来場者も多く、大賑わいだった。
ハテナハニーは・・・赤い糸は見つからなかった。
というかハテナは参加もできず。

くしゃみ、眼のふちの赤み、そして右鼻の茶色の鼻水が治らなかったので
自粛したのだが、昨日病院で再度相談したところ、
風邪はもう治っているので抗生物質投与は終了、
くしゃみと鼻水は、涙が鼻を通って出ているもので
慢性鼻炎では、とのことだった。
ダメ元で「風邪ではないよ」と証明書書いてもらえませんか?
と聞いたが、「それはない」そうだよね~
来月にはよくなっているかしらん。
主催者として参加猫の健康状態を厳しくチェックしてきたからには
自分とこだけ、というわけにもいかないし・・・

ポポは今回は参加見合わせ、チャーシューとハニーだけ参加。
それでも大人猫5頭にお話しがあったのは嬉しい。

終了後恒例のミーティング。
会の保護子猫たちはハテナも混ぜて教室で遊ばせておいた。
この子たちは健康チェックも終えているし、
ちょうど月例が同じなので、即席の『パピー保育園』
可愛かった~♡
たっぷりごらんください

2018-6-24キッズ1 2018-6-24キッズ2 2018-6-24キッズ3
黒サビのこまちちゃんはとってもオープンハート
2018-6-24キッズ4 2018-6-24キッズ5 2018-6-24キッズ6 2018-6-24キッズ7
末っ子のかぐやちゃん
2018-6-24キッズ8 2018-6-24キッズ26
2018-6-24キッズ12 2018-6-24キッズ13 2018-6-24キッズ14
茶トラーズはミーティング中のママの腕の中で休憩
2018-6-24キッズ15 
2018-6-24キッズ9 2018-6-24キッズ10
「あんた誰っ?」「ボ、ボクはふうたっていいましゅ」「ふんっ」「・・・しゅきっ♡」とか
2018-6-24キッズ11 

 2018-6-24キッズ20 2018-6-24キッズ21 2018-6-24キッズ192018-6-24キッズ22 2018-6-24キッズ23
2018-6-24キッズ24

撮影スタッフの撮った画像やっぱりピントがきれいだゎ
2018-6-24ハテナ2 2018-6-24ハテナ3 2018-6-24ハニー3

ハテナ、ミーティング中のスタッフのバストの上でナンパちう??
長いことじーっと見つめてたよ(#^^#) サイキックテレパシーで会話してたん? 
それにしても居心地よさそう、猫だから許される所業ですな 
2018-6-24キッズ16 2018-6-24キッズ17 2018-6-24キッズ18

また機会があったら6頭遊ばせてあげたいけど、もうできないね。
というのも、他の4頭はみんなトライアルが決まって、新しい家族のもとへ
旅立っていくから。
ハテナハニーもめげずに赤い糸ゲットに頑張ろう!



会場でのチャーシュー
2018-6-24チャーシュー1 2018-6-24チャーシュー2 2018-6-24チャーシュー3
2018-6-24チャーシュー4 たそがれる?男の背中・・・
嬉しいことに、毎回、チャーシューを可愛いといってくださる方がいる。
この日も、ブログでチャーシューを見ていた、という方も♪
ただ、やっぱり「お留守番がほとんどないこと」という条件がネックに。
もう大人なんだから、とは思うが、チャシュの甘えん坊な性格から、
お留守番がないか、相性ぴったりの先住さんがいることは
最低条件なの。
私が手放したくないせいじゃないか、と言われるが、
それはない。 あと20年近く生きる子の生涯を
守ってあげられるという自信はないから、
どうかホントの家族と幸せになってほしいと願っているのだ。

2018-6-24ハニー2 
ハーネスが可愛いハテナ
2018-6-24ハテナ1
スタッフの撮ったこの画像、宣材写真にしよう・・ただ、右の鼻横のハナクソがねぇ
  1. 2018/06/27(水) 19:09:41|
  2. ハテナ&ハニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きびちゃん

さっき、サムの同胎犬、きびちゃんの訃報メールが届いた。
昨日儚くなったとのこと。
サムと前後して癌が発見され、闘病中だったのだけれど
やっぱりダメだった。
北海道に住んでおられるので、きびちゃんに会ったのは
子犬のころだけだったが、ブログで成長を見守っていた。

同胎犬は8頭、どうか他の兄弟が長命でありますように。

サムのことを書いておこうと思ったけれど
まだ早すぎるみたい・・・まだ辛い。
ただ、膝蓋骨脱臼症という辛いスタートではあったが
サムと出会えたことは最高のできごとだった。
膝蓋骨脱臼も、今となっては必然だったと思う。
2度の手術の前後、「お座り」さえ教えられなかったことが
~お座りするたびに膝関節が不気味な音をたてて簡単に外れたから~
犬との関係のまったく新しい世界へと導いてくれたのだ。
このことはいずれ気持ちが落ち着いたら記録しておこう。

きびちゃん、サムと会えたかしら、またね

2018-6-22多摩川2

 2018-6-22多摩川3
  1. 2018/06/23(土) 21:04:07|
  2. サム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハテナ&ハニー日誌

24日の譲渡会は30頭以上が参加する、
久々の大所帯になりそうで、準備に追われて更新停滞。
32頭ちゅう20頭近くが子猫という異常事態で
とにかく子猫のうちに新しい家族を見つけてあげたいものだが
困ったことに、ハテナハニーより見た目可愛い子がいっぱい!
ハテナたちは急に「うなぎ期」(細長くニュルっとした体型になる)に
入ったので、モコモコの赤ちゃんたちに人気を奪われそう・・・
どうかどうか、素敵なご縁が見つかりますように。


ハテナ、すっかり家族になじんでいるね

2018-6-16ハテナ&のび太 2018-6-16ハテナ&メナ 2018-6-17ハテナ&ハッピー

当初大人しい男の子だと思っていたのは
酷い風邪のせいだったようで、いまや元気いっぱい!
男の子らしいアホっぽさが可愛い
 2018-6-17ハテナ1 2018-6-17ハテナ2

ハニーは利発でおきゃんな女の子
色白できれいな姿だけど、うなぎ期に入って細長くなってきた
2018-6-17ハニー1 2018-6-17ハテナ 2018-6-19チャーシューキッズ3 
子守りのチャーシューに容赦ない攻撃
 2018-6-19チャーシューキッズ1 2018-6-19チャーシューキッズ2

もはや家じゅうを制覇、ベッドで眠り、
大人猫の食べ残しを漁り
3階の急な階段も、1階の広い教室も駆け回っています
2018-6-19ハテナ&ハニー1 2018-6-19ハテナ&ハニー2
 2018-6-21ハテナ&ハニー1

宣材写真♡
2018-6-21ハテナ&ハニー2 2018-6-21ハテナ&ハニー3
  1. 2018/06/22(金) 21:59:30|
  2. ハテナ&ハニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャーシューポポ預かり日記


チャーシューとポポの近況画像の続き:

ポポ
2018-6-8ポポ1 2018-6-8ポポ2 2018-6-8ポポ3

  2018-6-11チャーシュー&ポポ1
チャーシュー、子猫とポポの相手をして大変♡
2018-6-11ハニー3 2018-6-11ハニー4
2018-6-13チャーシュー1 2018-6-13ポポ1

背後から急に飛び掛かられて慌てるポポ
キッズたちにとってポポは仮想悪玉なのか?
 2018-6-13ポポ2

チャーシューは仮お母さんみたいね
2018-6-14ハテナハニーチャーシュー1
  1. 2018/06/15(金) 22:01:10|
  2. チャーシュー&ポポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャーシューポポ預かり日記

子猫シーズン到来、ということで
チャーシューとポポはひとまず置いておいて、
とにかくハテナハニーにまず良いお家を探さないと。
チャーシューたちはもうほぼ大人体型なので
1か月や2か月遅れてもあまり問題ないしさ。
でも二人とも元気にしています的な近況報告は
しておこう。

二人のいちゃいちゃ画像
2018-6-6チャーシューポポ1 2018-6-8チャーシュー&ポポ1

2018-6-8チャーシュー1
2018-6-8チャーシュー2
チャーシューにべったりなポポ
チャーシューがいなかったらもっと私に甘えてたかな?と
やきもち混じりに思うが、チャシュがいたからポポ、人馴れも進んだのよね

このもちもちのお腹の触り心地のいいこと、みんなに知ってほしい
2018-6-8チャーシュー3 2018-6-8チャーシュー4
可愛い子猫が齧っているものは・・
2018-6-8ハテナ&チャーシュー1 2018-6-8ハテナ&チャーシュー3
我慢強い保父チャシュのしっぽです
子猫の齧りは結構痛いのよ、なぜか怒らないチャシュ
2018-6-8ハテナ&チャーシュー2



我慢できない時はひたすら逃げ出す・・・「ああん、マッテ~」
2018-6-8ハテナ&チャーシュー4 2018-6-8ハテナ&チャーシュー5 2018-6-8ハテナ&チャーシュー6 2018-6-8ハテナ&チャーシュー7


チャシュはホントにおっとりしている。
子猫の面倒をこれほど見てくれる彼だが、これが一生続くかというと
そうとも言い切れない、性格は少しずつ変わっていく。
若い猫は比較的子猫や後輩の面倒見がいい気がする。
ハッピーも若いうちは保母さんをしてくれたのだが
大人になるにつれて、保守的になり、気に食わない子は
徹底的に嫌い!と言う。
のび太は多分歳のせいで子猫がうざいんだろう、避けているが
若い頃は子犬も、預かった大型犬までも面倒を見てくれたっけ。
2018-6-15若いころののび太1 2018-6-15若いころののび太2
人間だって歳とともに保守的になる傾向がある、
猫や犬のこういった素敵な性格を無理ない範囲で残したいと思うなら
やはり折ある事に褒める、ねぎらうことではないだろうか。
調教師がやるような「よしよし」「よくやった」といった上から目線ではなく
心から褒めることだ、夫婦円満の秘訣と同じね。


  1. 2018/06/15(金) 21:51:43|
  2. チャーシュー&ポポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハテナハニー預かり日記


譲渡会は24日、あと1週間ちょっと。
人間にとってはあっという間だが
子猫にとってはこの7日は大きい、
ハテナハニーもあっという間に大きくなってしまう、
ということは子猫シーズンでの熾烈な良家ゲット争いに
不利になるということだ・・・・

なるほどね、だから生後8週令規制にペット業界が
これほど必死の抵抗をしているということだったのよね。
8週令で競り市にかけられて、市場に出るころには
「可愛い盛り」を過ぎてしまうから、なんとしても潰したいわけだ。

8週令規制は動物愛護の出発点にすぎない、
だって『8週令までは母親と一緒にいる』ことができても
その母親が一生(使い物にならなくなるまで)ケージに閉じ込められて
糞尿にまみれて地獄にいるのでは、子供にとって何の改善にも
ならないどころか病気が蔓延してしまう危険がある、
8週令規制の次が、「パピーミル工場の改善」なのだけれど
スタートとなる「8週令規制」が5年間も先送りされた挙句
今期もまた業界の抵抗と根回しで先送りにされようとしている。
三原じゅん子がやり玉に挙がっているが、彼女ばかりではない、
多分多くの議員が賄賂や献金集めのために
この動物愛護法をつぶそうと動いているんだろう。
私たちは愛護法改正の署名をするだけでも意思表示できる。



ということで、ハテナハニーの宣材写真をアップしようと
思ったのだが、今朝の二人の顔がいまいち・・

昨日うっかりケージに戻さずに寝てしまったら、今朝ベッドの上で寝てた。
あきらかに寝起きのホゲ~っとした顔の二人です

2018-6-15ハテナ1 2018-6-15ハニー1 2018-6-15ハニー3


ちょっと良くなってきた・・かな?

2018-6-15ハテナ2 2018-6-15ハテナ3 2018-6-15ハニー2


2018-6-13ハテナ&1 2018-6-13ハテナ&ハニー1
おじいちゃんにちょっかい出すと怒られるよ

2018-6-13ハニー1 

ハニー、どこで昼寝してるかというと
2018-6-14ハテナ2 2018-6-14ハテナ3

ひとり、ベッドにちんまり
2018-6-14ハテナ1 
  1. 2018/06/15(金) 21:01:25|
  2. ハテナ&ハニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハテナハニー預かり日記

ハテナハニーの近況続き


おきゃんなハニー♡
 2018-6-8ハニー1 2018-6-8ハニー2


デコッパチハテナ
2018-6-10ハテナ1 2018-6-10ハテナ2 2018-6-10ハテナ3


保父チャーシュー人気衰えず、ポポは順番待ちちう
2018-6-10ハテナチャーシュー1 2018-6-10ハテナチャーシュー2 2018-6-10ハテナチャーシュー3

土日、楽しみしている恒例の熱海旅行
予想がずれて、土曜日は快晴♪
2018-6-9熱海1


ジャンガリアの花が真っ盛りだった
 2018-6-9熱海2
 旅先でも猫につい目が行ってしまう。 親子かな?
2018-6-9熱海3 
大人たちは主人にお願いしたけど、チビたちは心配なので
スタッフ宅にお泊りさせてもらった。
いい子にしてたかな?
2日見なかっただけで大きくなったような気が・・
2018-6-10帰宅後のハテナハニー 




そろそろ子猫のシーズン
新たに4頭の子猫を会で保護、
しかもこの子たちは捨てられた可能性大。
餌やりさんがいるから大丈夫だろうって考えて
捨てるんだろうけど、一晩雨に打たれただけで子猫たちの
死亡率ははねあがるんですよ。
カラスにつつかれて死んでいく子猫も多い。
愚かな自分の過ちを優しい人になすりつけるのはやめて。

サビ子猫は特に人懐こくて可愛い・・ガリガリで風邪っぴきだけど
2018-6-5こまちたち1 2018-6-5こまち5

譲渡会も子猫が溢れる時期
ハテナハニーの赤い糸をぜひ見つけなきゃ
  1. 2018/06/15(金) 20:14:07|
  2. ハテナ&ハニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハテナハニー預かり日記

旅行やら捕獲、保護で更新が滞ってしまった。
譲渡会も近いので、ハテナハニーチャーシューポポの近況を
続けて掲載しなくちゃ💦

まずはハテナハニー 
2018-6-6ハテナハニー1 2018-6-6ハテナハニー2 2018-6-6ハテナハニー3 2018-6-6ハテナハニー4

ハニーに続いてハテナも網戸登り成功・・・なんかヤモリ感が半端ない
2018-6-6ハテナハニー5 2018-6-6ハテナハニー6 2018-6-6ハテナハニー7 2018-6-6ハテナハニー8
2018-6-6ハテナハニー9 2018-6-6ハテナハニー10

ハテナたちの食事
メナの食材、まぐろ血合とか鶏肉を茹でたのをお湯で温めて、市販の子猫フーズ(湯で温める)と
まぜてあげている。 離乳時期に、食べ方が下手なハテナのために
(吸ってばっかりだったから)肉や魚を混ぜてあげてた。
美味しいかたまりが混じっていると「噛んで咀嚼する」ようになる。
2018-6-8食事1 2018-6-8食事2
2018-6-8食事5 2018-6-8食事6
2018-6-8食事7 2018-6-8食事10
ちなみにメナの食事:
魚や肉を茹でて油を落とし、カボチャやブロッコリー、キャベツなど茹でたものと
プロセッサーにかけた生野菜、ヨーグルトに牛乳少 +オメガ3オイル
これに今は関節と小肝症のサプリ
2018-6-8食事8 2018-6-8食事9
サムがいたころに比べると、これでも量が激減した。
サム、少なくとも美味しいものを10歳分は食べたよね

少しだけ、少しだけサムのことを苦痛なしにたまに思い出せるようになってきた。
たかが犬1頭がこんなに恋しいとはね
チビたちがいてくれて救われてるのはわたし
  1. 2018/06/15(金) 18:55:05|
  2. ハテナ&ハニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハテナハニー預かり日記


ハニーガブリエル
白の多い黒斑の活発な女の子


2018-6-3ハテナハニー2
 2018-6-3ハテナハニー3 2018-6-3ハテナハニー4 2018-6-3ハテナハニー5

2018-6-3ハテナハニー6 2018-6-3ハテナハニー7 2018-6-3ハテナハニー8 2018-6-3ハテナハニー9 2018-6-3ハテナハニー11 2018-6-3ポポ1



ハテナデコッパチ、もうすっかりおメメきれいに。
2018-6-3ハテナハニー10 2018-6-3ハテナハニー12 2018-6-3ハテナハニー13 ハテナは黒斑じゃなくてどうやらキジシロみたいね

2018-6-4ハテナハニー3 2018-6-4ハテナハニー4 2018-6-4ハテナハニー5
 
ハテナデコッパチ君
2018-6-4ハテナハニー6 2018-6-4ハテナハニー7 2018-6-4ハテナハニー8
  1. 2018/06/07(木) 19:41:35|
  2. ハテナ&ハニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハテナハニー預かり日記

6月1~2日のハテナハニー


私の隣りの椅子を完全占拠、 横を見ればこんなん顔、かわええ~♡
2018-6-1ハテナハニー1 2018-6-1ハテナハニー2              2018-6-2ハテナハニー1

件のドブネズミおもちゃ、もう完全に使い方違ってきてる
2018-6-2ハテナハニー2 2018-6-2ハテナハニー3



ケージ2段目も制覇、あとは階段だけ・・・
2018-6-2ハテナハニー4 2018-6-2ハテナハニー5 2018-6-2ハテナハニー6 2018-6-2ハテナハニー8

ハテナがちょっと鼻かぜひいたけど、点眼点鼻で治療中、大事なし。
ハニーはほっそりしてて、子猫のムクムク感がないけど、
成長したらスラリとした美人でおきゃんな女の子になる。
可愛い今のうちに家族を見つけてあげたい。


  1. 2018/06/07(木) 19:26:59|
  2. ハテナ&ハニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「寄付」の責任

アメリカのペット早期不妊手術の先駆者
『DR.JEFFからの大切なメッセージ』


彼の主張に賛否はあるかもしれないが、
そのメッセージには深くうなづける、
シェルターの在り方、不妊手術の徹底、そして今までの獣医師の在り方。
(アメリカは特に動物医療が高額で、貧しい飼い主には
厳しい現状であることは日本以上のようだ)

中でも、よく考えもせずに「寄付」することの是非について、
以前から腹に据えかねていたので、よくぞ言ってくれた、という気持ち。
盲導犬、聴導犬に寄付する愛犬家は、何を思って寄付しているんだろう?
例えば、引退して飼い主から引き離された盲導犬の救済のため、
というのならわかるのだが・・
聴導犬については、かつては盲導犬よりは犬のストレスが少ないし
犬本来の行動をねじ伏せることもないだろう、と
楽観していたのだが、ある聴導犬支部の噂、そして
実際にその支部で犬の散歩などもほとんどしていないのを目撃してからは
疑いの眼をむけるようになった。

そして、ピースワンコの問題。
いまだに本当の善意から始めたのか、最初からお金目当てなのか
判断がつかないので迷っているが、少なくとも
数千頭の未去勢の犬を収容して、一部非公開にしている現状は
想像するだけで、まさに多頭飼い崩壊現場ではないかと思ってしまう。
公開できないような状態の犬ほど、1頭1頭に丁寧なケアが必要だが
それができているとは思えない、その上での「殺処分0」だろう。
命を救う、ということを最優先にするのも、
そのQOL(生活の質の維持)を最優先するという考えも
両方わかるので、最低限「金のため」という詐欺でなければ
いいのだが、と思う。
でもね、スタートがどんなに志が高くても、
大金が絡んでくると、人間は弱いので、そういうお金の流れは
厳しくチェックしていかなければ。

「世間で良いといわれていること」に流れで寄付するのは
お金の無駄、というだけでなく、寄付のために犠牲になる存在が
増えるかもしれない、ということをよく考えてみよう。
よく調べて、よく考えて、本当に賛成できることに寄付しようと思う。


5月30,31日のハテナハニー

ハテナデコッパチもガブリエルに。痛い、痛いよ~
 2018-5-30ハテナハニー1 
キューちゃん、赤ちゃんには関わらないけど、子猫らしくなってくると
結構遊んでくれるの
2018-5-30ハテナハニー3 2018-5-30ハテナハニー4

大人猫のご飯を試しにあげてみたら、食べた!ようやくカリカリデビューね
(でもまだ主食はウエット)
2018-5-311ハテナハニー1

ガブリエルハニーガンコ、弟を齧る
 2018-5-311ハテナハニー2 2018-5-311ハテナハニー3 2018-5-311ハテナハニー4

ハニーガンコガブリエル、網戸登り成功(困った)
2018-5-311ハテナハニー5

私の机の隣はのび太の指定席だったのに、チビたちに侵略されつつある

2018-5-311ハテナハニー6 

寄付、といえば、カト改めこたろうのママさんから
ハテナたちにとフードが届いた。
ありがとうございます~
2018-5-30寄付 
カトちゃんたち、6ブラザーズの時は毎日がワチャワチャだったなぁ・・
2017-8-9シックスブラザーズ7




  1. 2018/06/07(木) 18:12:15|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

或る犬の一生

ちょうど10年前の5月、犬の多頭飼い崩壊レスキューに入りました。
犬小屋はレスキューに入ってから設置したもので
それまでは野ざらしの中で暮らしていた数十頭の雑種犬たち


2018-5-29初夏ちゃん思い出0
 2018-5-29初夏ちゃん思い出1
  2018-5-29初夏ちゃん思い出3 2018-5-29初夏ちゃん思い出2
若い、比較的健康な犬から譲渡開始、
この黒い子もその中の1頭でした
2018-5-29初夏ちゃん思い出4

・・・・・・10年、家族に溺愛され、苦手だった散歩も喜びとなり、
ヒトや犬の友達がたくさんできた
2018-5-29初夏ちゃん思い出6 2018-5-29初夏ちゃん思い出5 2018-5-29初夏ちゃん思い出8 2018-5-29初夏ちゃん思い出9 2018-5-29初夏ちゃん思い出10 2018-5-29初夏ちゃん思い出11  2018-5-29初夏ちゃん思い出14 2018-5-29初夏ちゃん思い出16 2018-5-29初夏ちゃん思い出132018-5-29初夏ちゃん思い出18 2018-5-29初夏ちゃん思い出222018-5-29初夏ちゃん思い出20  2018-5-29初夏ちゃん思い出23 2018-5-29初夏ちゃん思い出24
12歳(推定)のある日、広い庭で遊んでいて突然倒れてそのまま逝ってしまった。

2018-5-29初夏ちゃん思い出25 2018-5-29初夏ちゃん思い出26

こんな犬の一生をどう思いますか?
私はとても幸せだったと思います。
過酷な環境で 愛どころか必要な屋根も、最低限の世話もされずに
人知れず死んでゆく多くの動物の中で、
彼女の幸運は宝くじにあたったようなものだと思うのです。
どうかママさん、もう嘆き悲しまないでください。
初夏ちゃん、さようなら


大規模な多頭飼い崩壊現場のレスキューには3回
参加しているが、この子たちはまだ
外につながれていただけまし、だった。
身動きできない狭いケージで何年も垂れ流し、
食事もろくに与えられなかった現場には
片隅に犬の骨がうずたかく積み上げられていた。
その上を蛇が這っていた光景は
終生忘れられない、
もうあの体力と気力はない。
若くてエネルギー溢れる保護活動家が次々に
現れてくれるのが頼もしく思えるロートル。
  1. 2018/06/01(金) 18:28:59|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0