FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

サムのリハビリ


このところ三ツ池公園の散歩が多い。
オンリードでできるだけゆっくり歩かせて
筋力をつけようとしているのだけれど、
一昨日少し長めに歩いたら
帰宅後、また左前脚をかばって歩いている!
少しずつリハビリしなければいけないのだが
難しい・・・はぁ~

21日
2017-12-21三ッ池公園1 2017-12-21三ッ池公園2 2017-12-21三ッ池公園3



23日
2017-12-23三ッ池公園1 2017-12-23三ッ池公園3 2017-12-23三ッ池公園2
この日少し長く歩きすぎたせい?

昨日は1日外出禁止だよ 
2017-12-23サム1 


2017-12-23キュー1 2017-12-24ハピー&ノビタ



  1. 2017/12/25(月) 00:55:33|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メリクリ

メリークリスマス♪


2017-12-24メナ2


こういうコスプレはいつもはサムの役なのだが
サム、足をまた痛めているので安静ちう

このところだいぶよくなってきたので安心していたが
昨日三ツ池公園を少し長めに散策したあと
また左前足びっこをひくようになってしまった・・・
走らせないようにしていたのに、距離が長すぎたのか?
暗中模索は続く 


ロクがいない我が家では
チャーシューが暇を持て余している。
とりあえず遊んでくれるのはキュー
2017-12-24チャーシュー1 2017-12-24チャーシュー2

2017-12-23チャーシュー2

わかったよ、遊んであげるよ♡
 2017-12-23チャーシュー1

トイレの砂をホリホリ掻き出してしまうので
ネットで竪穴式のトイレを探してみた

2017-12-24猫トイレ1 2017-12-24猫トイレ2

チャーシューがさっそく入ってくれたけれど
・・・・しばらく遊んだら、いつものトイレで用を足してた💦
他は誰も使ってくれない、失敗だったか?



  1. 2017/12/25(月) 00:31:17|
  2. チャーシュー日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちいちゃん近況お便り♪

ロクが行ってから静かな日が続いているところに、
ちいちゃんの新しいおうちから
近況報告をいただいた。

『~ちいちゃん冬毛でモフモフになり
食欲も旺盛で体もしっかりしてきました。
今の体重は2.7キロです。
ペットボトルのキャップやアルミホイルを丸めたボールに
激しくジャレて、一瞬でソファーの下に入れてしまい
『新しいオモチャをちょうだいな!キキキキッ♪』と甲高い声で鳴いています(^-^)

先日友人が泊まりに来た時も、
人間は大好きなようで、撫でろと甘えてみたり(^ー^)帰り際には
『また来てね(=^ェ^=)キキキキッ♪♪』とお見送りしていました。
とても可愛いですq(^-^q)
外出から帰ってくると玄関で出迎えてくれて
『キキキキッ♪キキーキキキー♪』と留守中の出来事を沢山話してくれます。

モジャに対しては相変わらず素っ気ないですが、
モジャはちいちゃんに優しくて、
オモチャをくわえてきてポトリとちいちゃんにプレゼントしたり、
ドアの開け方を教えてあげたりしています(^-^)
猫って本当に可愛いですね。
無表情の中にも表情があり、
鳴き声に想いがあり、感情も心もあって。
この世の猫達、動物達がみんな幸せだと良いのになと心底思います。~』

2017₋12-19ちーちゃん近況3

2017₋12-19ちーちゃん近況6  2017₋12-19ちーちゃん近況4

ちいちゃん、ウチにいた時と目つきが全然ちがう!
活き活きしていて表情が明るい。
チンチラって無表情だとばかり思っていたけれど
我が家の大所帯では緊張していただけだったのね。
体重もあっというまに700gも増えて、
本当に幸せそうで、よかった~

ちいちゃんも可愛いけれど、先住のモジャちゃんが
よくできた子みたいで優しくておとな、
私的にどストライクな子です。

2017₋12-19ちーちゃん近況5

 2017₋12-19ちーちゃん近況2 2017₋12-19ちーちゃん近況1

友達に抱っこされるちいちゃん
2017₋12-19ちーちゃん近況7

ご主人のチューを拒否するちーちゃん(#^^#)
なんだか柴犬と飼い主さんのコンビの動画で
こんな芸がありましたね~(笑)
 2017₋12-19ちーちゃん近況8

  1. 2017/12/21(木) 18:13:27|
  2. ちいちゃん預かり日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロク、グッドラック!( ;∀;)


悪戯が過ぎて、拘束ちうのロク(反省の色なし)
2017-12-15ロク2



そんな中、今年最後の譲渡会が17日
バウニャウで開催された

チャーシューは相変わらず譲渡会では仏頂面、飽きてくると切れて
「2階に行く~、きーっ」ってなるが
それでも大人しくスタッフに抱っこされてた
開催中は不機嫌なくせに、開場前のバタバタと忙しい準備中に限って
チャーシュー、入り込んで邪魔ばかりする
みんなに追い出されても追い出されても入ってくるの

2017-12-17譲渡会1 2017-12-17譲渡会チャーシュー1

ロクは、受付助手としてきれいなお姉さんのアシスタントをした
2017-12-17譲渡会ロク1 

・・・ということで、不思議なくらいスムーズにロク、
突然お婿入りが決まってしまいました!
募集掲示板でお問い合わせいただき、譲渡会に会いにきて
くださった親子さん・・・といってもご子息は大学生
(すごく穏やかで優しそう、猫に好かれる男のタイプ)
エネルギッシュで若々しいお母さんは猫の大ベテランで
庭にくる外猫の手術や世話もしていて、今は先住猫さんが1頭。

話がトントンと進んで、昨日トライアルに行ってきた。
そしたらとんでもなく広い庭と、猫が好きそうな広~い日本家屋、
ガラス越しに日差しの降り注ぐ長い縁側、
適度に雑然としていて、多少の悪戯は許してくれそうな温かい雰囲気。
なんで何も良いこと(ロクがね)してないのに
こんな幸運をゲットしたのか不明。

あとは先住猫さんとうまくやれるかどうか、お前次第だからね

2017-12-19ロクトライアル3 
居間の戸を開けてのぞき込む先住猫さんでした

とんでもなく悪戯っこで、ダメと言われたことはやるオトコ、
そしてとんでもなく甘ったれな黒い子がいなくなって寂しくて
寂しくてたまらない、でもどうか幸せになってほしいと
心から思ってる
2017-12-19チャーシュー1 
タフじゃないと保護はできない





 
  1. 2017/12/20(水) 08:00:12|
  2. チャーシュー&ロク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロク&チャーシュー日記

出番の少なかったロク&チャーシュー、
変わらず悪戯三昧な日々は続いていたよ

嫌われてると知ってるのに、わざわざハピにちょっかいを出す
悪ガキ
2017-12-12ロク&チャーシュー1 2017-12-12ロク&チャーシュー3 2017-12-12ロク&チャーシュー2



1日じゅうつるんでるふたり
2017-12-12ロク&チャーシュー4 2017-12-12ロク&チャーシュー5 2017-12-12ロク&チャーシュー6 
2017-12-18チャーシュー1 2017-12-18ロク1

女の子は大人になると性格が変わるって言われたけど
ほんとかもしれない
すねる、新しい子を嫌う、独占欲が強くなる、
もう~、可愛いから許すけどさ
「ここはアタシの場所!」
 2017-12-18ハッピー1 2017-12-18ハッピー2  
  1. 2017/12/20(水) 07:37:25|
  2. チャーシュー&ロク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サムのリハビリ事情 続き

多摩川での昼のリードつき散歩、時々フリー 、
というのは、早朝に比べて道路が混んでいて
散歩に出かけてから帰るまで3時間近くかかってしまう。
それにいつもの川辺だとついついサムがリードを
強く引いて後ろ足に負担がかかる→膝蓋骨が外れやすくなる
というリスクが。
15日昼

小さな空き地でフリーに
2017-12-15多摩川3 2017-12-15多摩川4 2017-12-15多摩川2

かといって、近所の川辺は、メナにとって寛げない、
ストレスになる。
ということで、車で10分の三ッ池公園に行ってみた。

ヒトも少なく、車も入らない、静かで広大な公園散歩は
とりあえず2頭も落ち着いて楽しんでくれた。
リードを引っ張ることもなく、匂い嗅ぎに夢中
また来よう♪
2017-12-16三ッ池公園1

 2017-12-16三ッ池公園2

2017-12-16三ッ池公園3 
2017-12-16三ッ池公園4 

まだ無理はさせられないが、かといって衰えた筋力も
つけなければならないし・・・
メナのように自分でコントロール、リハビリできると
いいんだけれど、サムはちょっと、あれだからねぇ
試行錯誤は続く
  1. 2017/12/20(水) 07:14:33|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

一線を越える、ということの重大さ

深夜にブログをかくと、つい過激になりがちだ、
翌朝には後悔することもしばしば。
ブログは日記代わりとはいえ、
客観性を失わないように気を付けてはいる。
だが過激になってしまったついでに
変質者の動物虐待犯罪に対する法律の不備を
考えてみた。

母は猫が嫌いだった、大切にしていた庭の草木に
ウン〇やオシッコをして枯らされたりと
いわゆる天敵同志といってもいいくらい。
だから庭を通る猫を追い払うのに時々
水をかけたりもしていたようだ。
だが、決して熱湯はかけなかった。
それが常識的な対応だと思う。
殺したりひどい傷を負わせたりはしたくない、
という無意識なブレーキがかかるのだ。

私たちも生きていく中で、「あいつ、死ねばいいのに」
といった妄想にかられた経験が何度かあるはず。
怒り、義憤、復讐心、嫉妬、恐怖・・・
生まれついての人格者、聖人でないかぎり、
何かしらの感情に駆られて頭の中で、
口にできないような酷い想像をした経験はあるだろう。

でもこういった妄想は、健全なストレスのはけ口であり、
安全弁であり、実際に行動に移そうなどとは
思わない。

趣味嗜好の点でも、例えば性的な興奮のために
変態的な妄想をしたりすることだって
多くの人が経験しているはず、これも
頭の中だけでのことで、実際には絶対にしない人が
ほとんどだ、それが本当の変態者と一般との違いだと思う。

完全に妄想と現実との明確な意識区別ができている限り
それは個人の自由だ、けれど、
どんな小さなことであれ、現実に行動を起こしてしまうとき、
ヒトは『一線を越える』。
加虐行為に興奮を覚える変質者と健全者の違いは
行動へと駆り立てられるほどの異常な興奮だ。
それが金魚であろうと、ハムスターであろうと、
殺したとき、その人は戻れない一線を越えたのだ。

この一線を越えるまでに、正常な脳の部分、理性というもの、
社会的制約、などいくつもの厳しい制御が働いているわけで、
それらを突破して行動するということは、
マグマのような異常な加虐性欲(と言っていいと思う)に
負けたのだ。
その対象が犬や猫になると、その反応も得られる快楽も
さらに大きくなる、ここまできたら対象が人間になるのも
もうそれほど遠くない。
動物虐待犯全員が殺人を犯すわけではない、
という意見もある、だが私が言いたいのは、
そういう奴らにあなたの大事な幼子や孫、大切な高齢の母親を
二人きりで人里離れた山奥に住まわせることができますか?
ということだ。
彼らはたまたまそういた機会、社会的制裁を受けない、
絶対に捕まらないシチュエーションがないままだったにすぎない、
と私は思うのだが。



口直しの動画です
https://youtu.be/9yAwsH8m2Kw

  1. 2017/12/14(木) 06:37:12|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣り具メーカー殿、溶ける釣り針を開発してください


猫の虐殺行為をネットで流し続けていた元税理士の大矢誠被告(52)の
判決が、やはり『執行猶予』という結末となった。
裁判官ってやはり保守的で官僚的なのだ。
できるだけ過去の判例から逸脱したくないという考えが
根底にあるから、動物愛護法違反で実刑を出したくないのだろう。
だが、証拠として大矢がネットに挙げていた虐殺画面が
提出されなかったというのはどうしてだろう?
猫にひっかかれたから『報復として』という言い訳が
まったくのウソであること、彼の心に渦巻く暗い
加虐本能が猫に向けられただけであることが
ネットを見ればわかるはずだし、
見知らぬ猫に「ひっかかれる」というのは
すなわち、猫が恐怖のあまりひっかくほど残虐な行為をしたという
ことを暴露していることも気が付かないほど
裁判官は鈍感なのだ。
「社会的制裁をすでに受けている」という裁判官の
執行猶予の言い訳もおかしい。
はっきりいうが、これは精神的に狂った人間の起こした「おぞましい事件」だ、
治療が必要である可能性が高いので、
そういったケアも含めて実刑にしなければ
本人だけでは更生のしようがない、たまたま周囲の目があるうちは
我慢するだろうが、治療、カウンセリングを続けなければ
いつか必ずまた事件を起こすだろう。
殺される直前の猫の凍り付いた表情を映した1枚の画像を
見ただけで、一生脳裏から消すことができない。
飢え死にする直前のシロクマの画像とともに
わたしがボケ老人になったとき、幻覚で
そういった画像の恐怖が蘇ったらどうしてくれるんだ!と思う。

悲観的な考えを突き詰めていくと、結局人類が地球から消えるのが
一番、という結論になってしまうが、
正しい感情と熱意と行動で戦う人たちもたくさんいることを
思い、安易な悲観論に走るのを踏みとどまる。

だが、またもや頭に血がのぼるできごとが。
昨日の中州でみつけた川鵜の死骸
2017-12-11多摩川7カワウ死骸2

メナたちが熱心に匂いを嗅いでいたので近寄ってみたら
川鵜の死骸が。
近寄ってみると、喉に大きな浮きのついた針がひっかかっていた!

 2017-12-11多摩川7カワウ死骸1
瞬間、頭に血がのぼった!
「てめえら、趣味で釣りなんかすんじゃねぇ」
釣りをなりわいとする人間以外の趣味で釣りをするひとたちの
マナーの悪さを目にするたび、怒りがこみあげてくる。
弁当、たばこ、中には排泄物まで置き去りにするのは
日常茶飯事。
それでもそれらは回収できるだけましだ。
釣り針、釣り糸でどれだけの生き物が苦しみ死んでいることか。
「釣りでもするか」レベルの人間ほどマナーが悪い(偏見です)。

同じ日、中州に網も捨ててあった。
これが海に流れていけばどんなことになるかわかっているのか?
2017-12-11多摩川7カワウ死骸3 

ペットショップとそこで生き物を安易に買う人の
『鶏が先か卵が先か』の論でいけば、
まずは釣り具メーカーさんよ、
早急に、水で数日で溶ける釣り針と釣り糸を開発してください。
ただでさえ、陸海空から生き物がものすごい速さで消えている現代、
自然環境、生物環境の保全は、自然にかかわる商売をするものにとって
最重要課題です。

楽しくなるような、幸せになるようなニュースはないのか?
トランプのバカ息子たちはアフリカまで動物を殺しに行くし、
サムのリハビリは進まないし、
ロクとチャーシューは未だに家族が見つからないし、
なんだか八方塞がりな年末だ。
  1. 2017/12/14(木) 03:21:10|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サムのリハビリ 続き

いろいろ考えて、
早朝ではなく昼前くらいに多摩川に、サムとメナ2頭と二人で
行ってみることに。
オンリードなら昼であっても迷惑をかけないし、
犬仲間やおやつをくれる人に会うこともない。
(犬仲間や好きな人に会えばサムが興奮してしまうので)
サムはオンリードで、走ったり跳んだりしないように
制御して(できるか?)歩く。



10日昼
ひっさしぶりの川辺に嬉しさを隠せないサム

2017-12-10多摩川サム復帰1 2017-12-10多摩川サム復帰2

下流にむかってぶらぶら歩く
1頭だと行きたがらなかった区域だが、サムと主人が一緒だと
全然平気なメナ
2017-12-10多摩川サム復帰3 2017-12-10多摩川サム復帰4



11日昼は水位が下がっていたので久しぶりの中州へ
2017-12-11多摩川12017-12-11多摩川2

さっさと主人と川を渡って、向こう岸から「早く来て」というメナ
現金な子だ。
みんなと一緒だということは群れと一緒、安心している
  2017-12-11多摩川3

今年秋の台風のせいで、すっかり様相が変わってしまった中州
これほどの変化をみると、改めて自然の力の凄さを感じる

メナは珍しくはしゃいでいる。
サムを制御するのが大変だ。

2017-12-11多摩川4 2017-12-11多摩川5 2017-12-11多摩川6

13日昼

2017-12-13多摩川1 2017-12-13多摩川2

リードで走らせないように制御しているが、
引っ張るとどうしても後ろ足に力が入ってしまう、
今日も2回膝が外れた・・・溜息。
誰もいない場所でオフにしてみる。
勝手に遠くまでいかないように呼び戻しながら
少し自由運動をさせて筋力アップをはかる。

2017-12-13多摩川3
 
メナの晴れやかな笑み
2017-12-13多摩川4
  1. 2017/12/14(木) 02:38:51|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サムリハビリ

サムのリハビリの日々は続く
痛めた前足はもう回復しているようだが
怖いのは右後ろ脚の膝蓋骨脱臼後遺症だ
一度外れる癖がつくと、かなり慎重に経過観察して
いかないと、最悪手術ということになってしまう

一方のメナは、1頭だけでの散歩に相変わらず消極的
常に警戒態勢のようにみえる
2017-12-4多摩川メナ0 2017-12-4多摩川メナ1 2017-12-4多摩川メナ2

そこで4日、5日、1頭だけでの早朝散歩をやめて
サムの鶴見川散歩にメナも同行してみた

2017-12-4鶴見川サム12017-12-4鶴見川サム3
カモメもよ~く見ると可愛い顔してるの
 2017-12-4鶴見川サム2

メナには近くの鉄橋を渡る電車の騒音が気になるらしい
くつろげていない様子
  2017-12-5鶴見川1
2017-12-5鶴見川2 2017-12-5鶴見川3
9日も同行
2017-12-9鶴見川2頭1 2017-12-9鶴見川2頭2 2017-12-9鶴見川2頭3
8日早朝 多摩川にてメナだけの散歩
狭い領域を行ったり来たり・・・安心できる縄張りっていうのが
あるのかな?
2017-12-8多摩川メナ1 2017-12-8多摩川メナ2 2017-12-8多摩川メナ3
  1. 2017/12/14(木) 02:06:18|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自業自得・駆け抜けた3日間

歳と共に記憶力が劇的に低下している、
普段はそれでもまぁ、固有名詞が出てこないくらいしか
困ってはいないが、たまぁにそのせいで
のっぴきならないはめに陥ることがある。
今回はスケジュールの勘違いから
旅行とイベントが重なってしまった。
金土が旅行だと勘違いして日曜日にイベントを受けたら
旅行が土日だったのだ。
そのイベントがクリスマスイベントだったので
金曜日からその準備に追われ、土曜朝から熱海へ、
大騒ぎして楽しんだ翌日みんながまだ寝ているうちに
一人帰宅して準備、昼からイベントという
日ごろ怠惰な生活をしている人間としては
まさに全力疾走の3日間を過ごした。
これも記憶力が衰えているくせにちゃんとスケジュールを
確認しない自分のせい、自業自得だ。

金曜日、クリスマスの準備、できるとこまで

2017-12-3鳥セミナークリスマス1 

土曜日、友人たちと熱海へ♡

翌朝早くに帰る私のために、早めに集合してくれた、感謝。
昼は何度か来ている定食屋さん。
汚いし、トイレをず~っと直してないし、おかみさんは愛想ないけど
なんといっても安くて美味しいんです。
2017-12-2熱海1
隣家の猫さん 美人
 2017-12-2熱海2

熱海城
コンクリでできたお城もどき。
春画や秘宝館、なんとも昭和の匂いの強い
ちょっと場末感の漂う熱海城でこれだけ長時間遊べる私たちって
大人だ・・・
2017-12-2熱海7 
美味しいもの食べて、くだらない話で盛り上がって夜中3時ころまで・・
2017-12-2熱海3 2017-12-2熱海4 2017-12-2熱海5 2017-12-2熱海6

そして早朝6時にひとり温泉に入って(前日結局入らずじまい)
朝食、爆睡するみんなを後に帰宅。
そして鳥さんのセミナーのクリスマス会、間に合った~
2017-12-3鳥セミナークリスマス2 
寝不足だけど、とても楽しいひと時でした

そして今朝は6時からメナと多摩川、帰宅後
サムとリハビリ散策・・・その後コタツで爆睡しました。
  1. 2017/12/04(月) 17:33:05|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0