バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

鳥の飼い主さん方向けセミナー


28日は友人たちと熱海一泊、
翌日は昼からバウニャウ教室で石綿美香さん主宰の
鳥の飼い主さん方向けセミナーが開催され、参加させてもらった。

最初のころは緊張していた鳥さんがどんどん場馴れしてくるのに感心。
石綿さん曰く、鳥や野生動物のトレーニングと比べると
犬への接し方はずいぶんと遅れている、とのこと。
私も鳥さんのワークショップに参加するたびに
強く感じてしまう。
野生動物、まして鳥に体罰で訓練することはほぼ不可能なうえ、
信頼関係は完全に崩壊してしまう。
だからこそ、それぞれの行動学にのっとったトレーニング法が研究され、
細心の注意を払って接していかなくてはならない。
それに比べて、人間との共生がとてつもなく長い犬は
あまりに我慢強く、人に協力しようとする傾向があるから
人間はそれに甘えすぎて、相手の野生の部分への敬意を払うことを
忘れがちだ。



2017₋1₋29鳥セミナー1 2017₋1₋29鳥セミナー2

2017₋1₋29鳥セミナー3 2017₋1₋29鳥セミナー4 2017₋1₋29鳥セミナー5 2017₋1₋29鳥セミナー6 2017₋1₋29鳥セミナー7 2017₋1₋29鳥セミナー8 2017₋1₋29鳥セミナー9 2017₋1₋29鳥セミナー10 2017₋1₋29鳥セミナー11 2017₋1₋29鳥セミナー12

  1. 2017/01/31(火) 22:33:37|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬と暮らす覚悟  ~サム、手術~

昨日バリウムを飲んで様子を見ていたが
胃腸がほどんど動かないので、深夜まで待たされ、ようやく結果が出た。
小腸の一部に異物があり、引っかかっているらしい、
なんとか手術せずにもう少し様子を見ることができないか
聞いてみたが、このままでは腸が壊死して大変なことになるというので
手術を決めた。
手術終了の知らせを受け取ったのは深夜1時半。
今日面会に行った時詳しい説明とともに
画像とボール(一緒に切除した小腸の一部)を見せてもらった。
すでに赤黒く膨張している小腸の部分を切除したそうで、
結構おおがかりな手術になった。
サムは、痛みはあるだろうが、それでも入院時の
ぐったりした状態から回復して、眼にも力が戻り、
出たくて帰りたくてジタバタしていた。
食事がとれるようになるまで、とりあえずしばらく入院することになる。

いつかこういうことになるのではと危惧していたが
やってしまったなぁ。
異物食いは、ストレス過多やボールへの過剰な執着心からとも
言われているが、それだけではないと思う。
ボール遊びは私はやらない(他のヒトが投げてくれることはあるが)し、
訓練など一切していない、のんびりした生活をしている。

慌てて飲み込んだこともあるだろうけれど、
うっとりと感触を楽しみながら咀嚼する現場を
(手の届かない場所から地団太踏みながら)目撃したこともある。
サムの場合、柔らかいゴムボールの感触に食欲を感じてしまう
異常嗜好癖ではないだろうか。
これはなんとか考えないと、このままでは
この先も同じことが起きる危険がある。

犬と暮らす、ということは、こんな可能性も起こり得る、ということだ。
他にも深刻な病気やケガをする可能性はどの子にもある、
もちろん高額な治療費がかかるし、
心配で眠れぬ夜を過ごすことにもなる。
「犬でも飼おうか」とか「なんとかなるさ」といった
安易な気持ちで犬を欲しがらないほうがいい。



26日早朝
2017-1-26多摩川2 2017-1-26多摩川3 2017-1-26多摩川4 2017-1-26多摩川5 2017-1-26多摩川6



27日・・・この朝サムはどこかでゴムボールを飲み込んだのだろう

2017-1-27多摩川3 2017-1-27多摩川1 2017-1-27多摩川2 2017-1-27多摩川4 2017-1-27多摩川7 2017-1-27多摩川8
がたいのいいラブ君。
まだ若くて遊び好き、アリーが体当たりしても弾き飛ばすくらい重量級、
アリーのパワーに負けない為にはこのくらい体格のいい先住犬のほうが
いいかもしれない。
2017-1-27多摩川5
  1. 2017/01/31(火) 22:09:48|
  2. サム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬と暮らす覚悟  ~サム入院中~

今日、30日、サムは入院中だ。
どうやら27日朝の散歩で異物を飲み込んだらしいのだが、
ボールは今までに幾つも食べてきて、
そのたびに病院で開腹手術を勧められても我慢して
様子を見ていると必ず数日後には吐いていたから
ちょっと甘く見ていた。
しかもこういう時に限ってタイトなスケジュールを組んでしまっていて
サムを病院に連れていくのが遅れた。

レントゲンでははっきりとわからず、バリウムをのませて
撮影をするとのことだったが、朝飲ませたバリウムがまだ腸まで
達していないため、一晩入院することになった。
ひどく移動が遅い、ということは胃や腸があまり動いていない
ということだ、腸にうっすらと影が見えるので、
胃ではなく腸まで異物が移動してそこでひっかかって止まっているのか、
少しずつ少しずつ移動していて、最終的に下から排出されるのか・・・
止まっていて腸の閉塞の危険があれば開腹手術になるという。

サムがご飯を食べなかったのは初めてのこと、
これほど弱っているのも初めて見た。
不安で落ち着かない時を過ごしている。

なぜ毎回苦しい思いをしてもサムはボールを食べてしまうんだろう、
学ばないのだろうか?
もうフリーで川辺を散策させないほうがいいのだろうか?
今考えても仕方ない、すべては明日。

2017-1-27多摩川6
27日早朝・・・竹藪から出てきたサム、この時何か
異物を飲み込んだと思われる

2017-1-27サム病気1 
29日夜・・・ご飯も食べず、ぐったり寝ていた


  1. 2017/01/30(月) 20:10:51|
  2. サム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬友

犬って、人が思うほどには他の犬に関心がなかったりする、
もちろん繋がれていて行動の自由がない犬は
他の犬に強い関心を持つことが多いが、
フリーで普段から沢山の犬と会う機会が多い犬では
ヒトが思っているほど他犬にしつこく執着しない。
普段からよく会う犬同士はほんの一瞬匂いを嗅ぎあって
挨拶するがそれで終わり。

ただ、たまにすごく気が合う犬がいて、
一緒に遊んだり、つるんで散策したりする、これが犬の友達。

大きさや遊び方が似ているのか、気が合う匂いがするのか、
人の身では知りようもないけれど、
私は犬にも1~2頭は気の合う友達がいるとより好ましいと思っている。
サムは保護犬に慕われる(慕われてるか?)けれど、
実はそれほど他の犬に関心がないタイプ。
それでも時々会うチャーリーとは気が合うのか、
2頭でよく遊ぶ。
メナもお気に入りが何頭かいる、

ところでアリーはといえば、どの犬とも挨拶できて
実に気さくな子なのだが、特にボルゾイのサリーちゃんとは
日ましに友情が芽生えていっているようだ。
だが、あまりに体型の違いすぎる2頭の遊びを見ていると
怪我しないかと冷や冷やすることも。
アリーが怪我しないか、ではなくて、サリーちゃんが、である。
アリーは全身筋肉でできているような頑丈なミニタンクで、
サリーちゃんの長くて細い脚がもつれたり、アリーの体当たりで
骨折しないかと心配なのだ。
それでも攻守を変幻自在に変えて疾走する姿に
つい惚れ惚れと見入ってしまう。


サリー&アリーの遊びに触発されて、シニアのグレース(ボルゾイ)も
参戦することがある。
2頭を相手にしても互角なアリー
2017-1-25多摩川4 
 2017-1-25多摩川5
2017-1-25多摩川6

それを見ていたメナが珍しく参戦
でもおばさんの参加にちょっと狼狽してるみたい
2017-1-25多摩川2 
 2017-1-25多摩川3

2017-1-25多摩川1 



昨日のトム
ハッピーとの距離、ちょっとだけ近づいてきた・・かな?
2017-1-24トム1 

夜は私の膝の上が定位置
 2017-1-25トム2
2017-1-25トム1
アホな子ほど可愛いとはよく言ったものです

















  1. 2017/01/26(木) 00:37:38|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

良い行動へのフィードバック


愛犬がヒトにとって都合の悪いことをした時は
叱る、という人が多いけれど、
よい行動をした時褒めたり肯定する人は案外少ない。
典型的なのが『静かにしている時』だ。
家の中で静かに伏せている犬に
「静かねぇ」とか「おとなしいね」と優しく声をかけているだろうか。
それでいて吠えている子にいきなり「静かにしなさいっ」と
怒っても、「静か」という状態を教えてもらっていない犬には
何一つ伝わらない。

他の犬に吠えかかられて愛犬が吠え返さなかった時
「よく我慢したねぇ」とか「偉いねぇ」といたわりの声を
かけてあげているだろうか。
嫌な経験を繰り返してしかも飼い主から何のフィードバックも
なければ、犬は他の犬に会った時先に吠えるように
なるかもしれない。

小さいころからインターホンが鳴った時吠えだす前に
穏やかに「静かにできて偉いね」と声をかけていれば
過敏反応に悩まされる可能性は低くなる。



24日早朝 
日の出に赤く染まる犬たち
2017-1-24多摩川1

まだ1歳くらいのゴールデンに挨拶
 2017-1-24多摩川2 2017-1-24多摩川3 2017-1-24多摩川4 2017-1-24多摩川8

アリーは大型犬とばかり遊んでいる毎日。
気持ちとエネルギーだけは大型犬並みなチビ。

2017-1-24多摩川5 
藪にも顔から突っ込んでいくからこんなふうになる。

2017-1-24多摩川6 2017-1-24多摩川7
悩んでいた「薄毛・ハゲ」も、ようやくきれいに生えてきた。
まだ短いけれど、光沢がある、よかった~。
  1. 2017/01/25(水) 22:30:58|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

某プロダクションでのライオン咬傷事故

私はTVで動物が出る番組はあまり見ない、
よほどたあいない飼い主とペットのものくらいなら
見れるのだが、大概は無理強いさせているのが
痛々しくて嫌なのだ。
特に酷いのは凶暴生物を狩る、といた興味本位で
動物を殺したり捕まえたりする番組。
最近最も憤ったのは昔流行った「なめネコ」の再現CMだ。

今日湘南動物プロダクションで、ライオンを洗っていて
職員が二人噛まれた、というニュースがあった。
二本の鎖で動けなくしてシャンプーしていたというが、
飼い猫でさえシャンプーではパニックになることが多いのに
ライオンはこの寒さの中(ぬるま湯で洗ったと言っているけれど)
どれほど怖い思いをしただろうと思うと、
噛まれたヒトは気の毒だがライオンのほうに同情してしまう。
うちのネコたちは多分ノビタ以外一度も洗ったことがないと思うが、
きれいなものだ。
野生動物を飼育するには、その生活水準をできるだけ
自然に近い状態に維持し、ストレスを最低限に抑える法律を
作ってほしいと思う。
動物を「物」「商品」として扱うことは野蛮なことだと思う。



22日の譲渡会で;
少しは慣れてきた感はあるけれど、相変わらず亀ネコだったトム。
私自身、もう「ウチの子」という気持ちがあるけれど、
万一我が家より素晴らしい家族が表れた時のために
そしてちょっとは度胸つけろよ、という為に
譲渡会には参加しようと思う。

2017-1-22譲渡会トム1

 2017-1-22譲渡会トム2 2017-1-22譲渡会トム3

か、かわいいじゃないかっ!



23日早朝 晴れてるけど寒い!

2017-1-23多摩川2

この寒さでも川に飛び込むおバカさんサム
家に帰ったらコタツ犬のくせに
 2017-1-23多摩川1 2017-1-23多摩川3 2017-1-23多摩川4
  1. 2017/01/24(火) 01:44:41|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mストリープのスピーチ

相変わらずのSMAPネタ。
SMAPの画像を使わせないといういやらしいやり方、
草なぎの番宣をさせない&キムタクの過剰番宣、
ゴリ押し嵐・・・
日本の芸能界は日本犬業界と同じ、
戦前からの裏世界の取り仕切るまま
今日まで発展してきてしまったんだと感じる。
ハリウッドだってきれいな世界じゃないだろうけれど、
力のあるスターはそれなりの発言と行動を
すべきだ、という風潮があるだけましだ。
メリルストリープのスピーチの中で、
特に私の腑に落ちた言葉がある。
何故私はトランプをこれほど嫌悪するのか?

『~衝動的に人を侮辱するパフォーマンスを、権力のある人間が演じれば、
あらゆる人たちの生活に影響が及び、
他の人たちも同じことをしてもいいという、ある種の許可証を与えることになるのです。
軽蔑は軽蔑を招きます。暴力は暴力を駆り立てます。
権力者が弱い者いじめをするために自分の立場を利用すると、私たちは全員負けてしまいます。~』

トランプは実は経済を立て直すだろう、という見解もあるが、
例えば、教師が勉強のできない生徒を侮蔑し、
軽んじることで、教室全体にいじめが横行した。
でも全体の成績は上がった、というのと同じではないか?
経済だけでものごとを推し量ることの愚かさは
ムヒカ元大統領の演説でも語られていることだ。

だから、もしもトランプが予想外にまともな政策をしたとしても
私は彼が嫌いだし軽蔑する。

日本のタレントにこういうコメントを求めるのは
無理なことだとは理解しているけれど。



今朝の多摩川
今日はどんよりと曇って寒い。
2017-1-19多摩川5

パティと会って一緒に散歩

会った時はこんなにきれいだったのに
2017-1-19多摩川1

サムたちと同行すると・・・
2017-1-19多摩川2

昨日も会った まりちゃんのママにたかる子たち
 2017-1-19多摩川3


最期はこんな姿に!
2017-1-19多摩川4
  1. 2017/01/19(木) 23:29:54|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KYなトム君

今朝の多摩川
2017-1-18多摩川2 2017-1-18多摩川1 2017-1-18多摩川3





食後日溜りでぬくぬくする面々
猫に枕は必要か?犬に座椅子は必要なのか??

2017-1-18アリー1 2017-1-18のび太1


トムは単純で明るい可愛い猫なんだけど、ちょっと空気を読まない所があるのよね
だからついつい大人猫たちに敬遠されて、ジュリーが去ってから
つまらなそう。

日向ぼっこしている長老に挨拶するトム?
2017-1-18トム&のび太1

のび太が舐めてあげてるのに
 2017-1-18トム&のび太2
 
すぐこうなって           そしてこんなんなって
2017-1-18トム&のび太3 2017-1-18トム&のび太4

逃げられるというわけ
困ったちゃんトム・・・

2017-1-18トム&のび太5
  1. 2017/01/18(水) 21:12:11|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

墓参り

17日早朝

凸凹コンビ 日ごとに友情が深まってきてる気がする
2017-1-17多摩川1
2017-1-17多摩川2 2017-1-17多摩川3 2017-1-17多摩川4
2017-1-17多摩川5 2017-1-17多摩川6
アンの遊び仲間だったまりちゃん、 不思議なことに、アリーはそれほど
まりちゃんと遊ばない。 犬にも個人的な好みというものがあるなぁと感じる。

2017-1-17多摩川7 
このヒトは、犬よりヒト、ヒトよりおやつ、おやつよりでっかいボール好き



散歩の後、ふと思い立って二人で静岡へお墓参りに。
毎年年末に行っていたのだが、風邪でパスしてしまい、気にかかっていた。
久しぶりの静岡、沢山の想い出がある街。
お寺も変わらない・・
2017-1-17顕光院1
 2017-1-17顕光院2
  1. 2017/01/18(水) 20:59:35|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリーについて

火の玉娘アリーの性格について。

対人では、見知らぬヒトへの警戒心はふつうにあり、
来客やインターホンには吠えが出る。

対犬では、今の環境ではだいたいどの犬にも
関心を持ち、挨拶に行って遊びに誘う、かなり社交家にみえる。
だがこれは環境によって変わるかもしれない。

家族の人間に対しては服従心が強く、
ちょっとした叱責にも固まってしまうほど。
攻撃性はまったくない。
愛情深い家庭犬になると思う。

トイレは現在庭と散歩で済ませていて、失敗は
まったくなくなった。

趣味はゴミ箱漁りと物を齧ること。

毛ぶきは今ひとつだがだいぶ落ち着いてきたので、
そろそろ募集をかけてみようかしら。

14日は主人が朝から仕事のため、近所の遊歩道へ。
アリー、1頭での散歩も落ち着いてきた。
2017-1-14鶴見川1 2017-1-14鶴見川2
続いてサムも。
サムは1頭での散歩も大好き!
おやつを独り占めできるからね。
トリーツを隠して匂いで探すゲームをしながら
のんびり歩く
2017-1-14鶴見川3 2017-1-14鶴見川4 2017-1-14鶴見川5

15日早朝
2017-1-15多摩川1 2017-1-15多摩川2 2017-1-15多摩川3  
2017-1-15多摩川4 2017-1-15多摩川5

16日早朝 寒さは厳しいが風がないので助かる
2017-1-16多摩川1  2017-1-16多摩川2 2017-1-16多摩川3
  1. 2017/01/16(月) 21:02:20|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

可愛いトム

トムももう8か月、そろそろもう少し落ち着いてもいいと思うんだけど・・
相変わらずのKYぶりで、特にハッピーに嫌われてる。

のび太とハッピーと屋上で日向ぼっこしてると
だんだんみんな集まってきて・・
結局こんな過密状態に。
メナだけは主人ラブなので、コタツで主人のそばにいるらしい。
2017-1-13のび太5 

トムに追い回されて傷心のハッピーを慰めるノビタ
2017-1-13のび太1 
トムをたしなめる?ノビタ
2017-1-13のび太2 

全然反省の色が見えないトムっち
2017-1-13のトム2 2017-1-13のトム3 2017-1-13のトム4 2017-1-13のトム5

 2017-1-13のトム6
んっ?こっち来んなってば
 2017-1-13のトム7  

2017-1-13のトム&キュー1

 2017-1-13のトム1

何をされても憎めないトム、可愛いと得だね
でも中年になっても可愛いままでいられるかな?

2017-1-13のび太3 
今の我が家を取り仕切ってるボス ノビタももう歳だね
少しやせて来たし、顔も年寄りっぽくなってきた


2017-1-13のび太&キュー1 
どうしてもお互いに好きになれない同士
キューが子供のころは面倒みてあげてたのに、
いつからか仲が悪くなってしまった二人
眼付けするキューに、なんとか威厳を保ってる老いたボス

2017-1-13のび太4 
お願いだから長生きしてね、頼りにしてるよ
  1. 2017/01/15(日) 04:19:11|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トランプが象徴するもの、そしてムヒカ大統領の演説

まさかまさかと言っているあいだに、
とうとうトランプが米大統領になってしまった。
「嘘でしょ~」と思いながら、蘇るのは
トランプが象徴する人物象と対局にいた
ウルグアイのムヒカ元大統領の演説だ。


ムヒカ大統領の演説

『持続可能な発展と世界の貧困をなくすこと』は
現在私たちが享受している便利さ、消費経済を
そのままにしては実現しえない絵空事なのだ、
本当に目指すべき世界は?とムヒカ氏は鋭く突きつけた。

その問いかけが、思いがけない形になって
トランプを大統領へと押し上げたのだと思う。
つまり、アメリカ人の過半数が、
世界人類の為なんかよりまず自分たちの生活を優先せよ!
という本音をあげたのだ。

ムヒカ氏が訴えた問いかけへのアメリカ国民の答えはこういうことだ。
「いや、私たちはこの消費経済を、便利さを、手放すつもりはない。
生活水準を下げる気などないし、世界がどうなろうと知ったことではない」

残念ながら私も同じ立場だったら、同じように答えただろう。
人間は、一度手に入れたものを手放すことができないのだ。

トランプ大統領の元で、もしかしたらアメリカ経済は
復興するかもしれない(私は結局は富裕層にだけ有利な結果になると思うけれど)。
それでもやはり、いつかアメリカ国民は彼を選んだことを
恥じる日がくると思う。
トランプだけでなく、世界のあちこちで、同じような動きが出てきている。
これから世界がどうなってゆくのか、考えたくない。



昨日の多摩川

2017-1-12多摩川5  2017-1-12多摩川6

メナの大好きなバーニーズのルーク君とご挨拶
サムはルークより年上なんだけれど、顔を舐めてご挨拶してる・・貫禄負けか。

今朝の多摩川  陽がのぼった直後、すべてが朱く染まっている
2017-1-13多摩川  2017-1-13多摩川1 2017-1-13多摩川2  2017-1-13多摩川3  2017-1-13多摩川4





  1. 2017/01/13(金) 20:41:28|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火の玉ガール アリー

アリーはテリアの血が入っているせいか
怖いもの知らず、エネルギーの塊りみたいな子だ。
相変わらず細い細いと思い込んでいたが
ゆるゆるだったハーネスがぴったりになってきたので
体重を測ってみたら・・・10.5kg!
ウチに来た時8.5㎏だったから、2㎏もしっかり増えていた。
体型からは太った感じがしなかったのだが
どうやらすべて筋肉になっていたみたい。
後ろ脚の腿なんて鋼鉄みたいだ。
この調子で毛ぶきもよくなってくれるといいのだが。

アンも足が速かったが、アリーはボルゾイにも負けない俊足、
さらに小回りが利くので、ボルゾイコンビと毎回
見事な走りっこを魅せてくれる。
犬に対しては物怖じしないで積極的に接触しようとするし、
遊び方が激しい。
サムやメナはもちろん、
「あ、こいつは怒らないな」と見切った相手には
体当たりしたり、噛みついたり(本気ではない)と
もう傍若無人、火の玉ガールと犬たちに恐れられている(多分)。

ヒトのいいボルゾイに体当たりをかましたり、追いかけまわしたり・・
2017-1-12多摩川1  2017-1-12多摩川2

押され気味のボルゾイ二人組が2頭一緒に反撃に(#^^#) 自業自得
2017-1-12多摩川3

2017-1-12多摩川4 2017-1-13多摩川5
遊び方とスピードがボルゾイと妙に似ているのか、この2頭とは
特に仲がいい。エネルギッシュさと持久力では彼らを越えているかも。
アリー、譲渡先探しの条件に『優しいボルゾイが近所にいるお家」って掲載しようか?


家でも、退屈すると、サムに絡む。
穏やかに日向ぼっこしてるサムにいきなりガブっ・・・
2017-1-13アリー2  2017-1-13アリー1    

 2017-1-13アリー3 2017-1-13アリー4

注意すると、いじけて私の指をしゃぶる・・・うう、可愛いじゃない♡
 2017-1-13アリー5  

何度も言っているが、私は個人的に、口を上手に使う子が好きだ。
そういう犬はヒトの皮膚がいかに脆弱かわかっている。
口の器用な犬に育てるためには、子犬のころから少年期にかけての
『甘噛み』に上手に付き合ってあげることが大切だと思う。
甘噛みは犬の成長過程で現れる、正常な、そして重要な行動なのに、
「子犬が噛んできたらこぶしを口に突っ込んでやめさせましょう」
などというバカな訓練士の言うことを真に受けてしまう飼い主さんが
未だに沢山いる。実際に教室にくる「噛み癖(こちらはマジなほう)」相談の
飼い主さんのかなりが、そういった情報や忠告を真に受けて実行しているのだ。
(それからついでに、ペットショップの店員の言うことは
聞き流してほしい、ほとんどろくなことを言っていないから)

そんなアリーはどんなご家族に向いているんだろう。
インターホンや来客には結構吠えるので、集合住宅には向いていない。
エネルギッシュで寂しがりやなので、毎日時間をかけて
散策に同行してくれる、お留守番のない、時間的にゆとりのあるお家がいいな。
小さい子には、火の玉ガールは激しすぎて向いていない、
仲間がいると安心する小心者でもあるので、
優しい穏やかな先住犬がいると最高だ。
そして、純血種にこだわらないおおらかな家族。
・・・・そんなお家を見つけるのは大変だ、せめてもう少し
アリーの毛がフサフサになって見栄えがよくなってくれたらなぁ
  1. 2017/01/13(金) 19:46:00|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みんな元気そうでなによりです




7日にメロ(ジュリ)君のお宅にケージを引き取りに伺った。
でも私のことなどすっかり忘れたようで、メロ、顔を見せてくれず。

2017-1-7メロ(ジュリ)1
こんな画像しか撮れなかったので、メロママさんが
後で可愛いのを送ってくださった。
*おみやげに持っていった猫じゃらしで遊んでるメロ

2017₋1₋7ジュリー1 


 2017₋1₋7ジュリー2 2017₋1₋7ジュリー3

2017₋1₋1メロ(ジュリー)2 

 2017₋1₋1メロ(ジュリー)3
メロ、今ではママさんと一緒に寝てるんだって♡



アンも元気に新年を迎えたそうです。
退院されてきたお母様にもすぐに懐いてこんな状態♪
相変わらず甘ったれさん

2017-1-3アン1

ピノ(ミニー)のお家からも、可愛い画像が。

2017-1-3ピノ1 2017-1-3ピノ3 2017-1-3ピノ4  2017-1-3ピノ5


そしてピータンのお家からも
同居のめぐちゃんともども、もう9歳になるんだって・・
ほんの2~3年前だと思ってたのに。
時が過ぎるのがどんどん早くなってる

2017-1-3ピータン1 2017-1-3ピータン2 2017-1-3ピータン3
  1. 2017/01/12(木) 00:56:14|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SMAP報道でマスメディアが教えてくれたこと

年末にSMAPが解散した。
今回のことで改めてわかったことがある。
それは、マスメディアがいかにいい加減で、時として
「愚かな大衆」への情報操作さえしているという現実だった。
たかがタレントのこと、と軽く流されてしまいがちだが
よく考えてみると、とても怖い話なのだ。
戦時中の情報操作、そして終戦と同時に手のひらを返した
教師や役人を見て騙されていたことを知った、という話を
聞いたことがあるが、新聞や記者を信用していた私には
同じような衝撃だった。
例えば自分には関係ないことでも
こういった権力におもねった報道は日常的にあったのかと
思うと、つくづく私たち大衆は真実を知らないまま
過ごしていることが多々あるのだろうなぁ、と思う。
最近の例でもとても面白いニュースがあった。
SMAP元マネが事務所を懲戒解雇 リベート要求の不正行為で

えぇ~?スマップの元マネっていうと、飯島女史??
と思わせる見出しだが、
25年ほど前の一時期にスマップの1人にマネージャーとして
ついたことがあるっていうだけ、その後は
逆に(?!)主にメリーの娘のジュリー傘下にいた男だった。
しかも昨年秋、刑事告発されず懲戒免職処分だったという地味な事件、
どう考えても見出ししか見ないヒトに誤解を与えるためだけの
悪意ある記事だ。 伝えたいのはただ「元SMAPマネージャーが汚職」
という一言。 
もしもメリーさんが亡くなって、圧力がなくなったら
どれほどのコメンテーターが、アナウンサーが、手のひら返しのしたり顔で
「あれは酷かった」と言い出すだろうと思う。


今朝の多摩川

瑞々しいサラダバーを堪能
2017-1-11多摩川1 

 2017-1-11多摩川2
2017-1-11多摩川3  2017-1-11多摩川4  

寒波という予報だったが、日中は暖かくて穏やかだったね
我が家の親分、ノビタ、お互い歳とったね
 2017-1-11多摩川5
  1. 2017/01/12(木) 00:34:44|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネコと暮らす覚悟

トムは相変わらず悪戯ばかり、落ち着きのない少年である。
そのくせ譲渡会では緊張して固まってしまう、
まさに内弁慶の外シジミという典型。
少年猫ってこんなに悪戯ばかりしてたっけ??
思い返してみても、ピータンもハニーもハッピーも
もう少し落ち着いていたような気が・・
だが、トムには一緒に遊ぶ兄弟も、
パルのような子守り爺やもいないのだ、
人間にまとわりついてなんにでも手を出すのは
仕方ないことだね。


ネコ先輩に相手にされなくて、犬軍団に入れてもらってるトム
2016-12-28トム1   2016-12-28トム3 2016-12-28トム5
キッチン周りは恰好の遊び場
2016-12-28トム2 

鏡モチの下の裏白をおもちゃにして、教室いっぱいに散らかした時も
やれやれ・・・くらいに構えていられたのだが
2017-1-3トム1 2017-1-3トム2

そんなふうに悟ったようなことを言っていた私も
年末、元旦の花を飾るために出した母の形見の花器を
割られた時には一瞬凍り付いた。

2016-12-30トム悪戯1 





私は日ごろ、「犬より猫のほうが飼いやすいですよ、
希少動物を飼い殺しにするよりペットとして
最良の友、猫を飼いましょう」なんて言っているのだが、
それでもやはり、ネコを迎えるには
「猫と暮らす覚悟」というものが必要なのは当然である。
・美しく繊細なインテリアや美術品をあきらめてでも猫と暮らしたいか?
・ソファやベッド、カーテンに粗相されてもあきらめられるか?
・花や観葉植物より猫を優先できるか?
・どんなことをされても、ネコに暴力をふるったり、猫をケージに閉じ込めるなんて
何があっても絶対にできない自分でいられるか?

花器を壊された時はさすがに怒りが湧き出て
トムのお尻を叩いてしまったが、そう、
割れるようなものを出した私が悪いのだ、
ちょっと考えればその可能性はあったのだもの。
というわけで、正月の花は現在こんなものに活けてあります。
今度金属製の花器探しにいこう。

2016-12-30トム悪戯2 
趣きのある鍋ですこと

お説教を聞き流すトム
馬耳東風っていうけど、ビョウ(猫)耳東風だね、こりゃダメだ
この寄り目を見ると怒る気が失せるのよ
2017-1-3トム4  2017-1-3トム3



  1. 2017/01/11(水) 00:45:59|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

年明け画像

続けて2017年年明けの画像まとめ

2日朝 パティとパティパパさんとあけおめ♡
2017-1-2多摩川2

2017-1-2多摩川4 2017-1-2多摩川5

3日 大きい子に混じってチビが1頭・・
2017-1-3多摩川1 

4日
2017-1-4アリー1 2017-1-4多摩川1

5日
2017-1-5多摩川1 2017-1-5多摩川2 2017-1-5多摩川3

6日
身体は大きいけどアリーより年下のテオ君をあしらう
2017-1-6多摩川1 2017-1-6多摩川2
2017-1-6多摩川3

7日、近くの遊歩道散歩もだいぶ落ち着いて歩けるようになってきたアリー
2017-1-7アリー1 2017-1-7アリー2 2017-1-7アリー3

8日
2017-1-8多摩川1 2017-1-8多摩川2 2017-1-8多摩川3

・・・ふう~、やっと現在に追いついてきた
  1. 2017/01/10(火) 23:45:24|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まとめて画像

まとめて年末までの画像をアップ:

12月21日早朝  
2016-12-21多摩川1 2016-12-21多摩川6
23日 この朝は気温が高くてアブのような虫が大量発生!
 2016-12-23多摩川2暖か 2016-12-23多摩川5あぶ

24日
2016-12-24アリー1 
 2016-12-24多摩川1 
25日クリスマスの朝
2016-12-25多摩川1 2016-12-25多摩川3 

28日
2016-12-28多摩川1 2016-12-28多摩川2 

2016-12-28多摩川3 2016-12-28多摩川4 2016-12-28多摩川5
アリーのいい遊び相手、でこぼこコンビのサリーちゃん♡
本当に仲がいいなら、こうやって一方的でなく攻守交替して
デッカイ子をチビ犬が追いかけたりする

 2016-12-28多摩川6 2016-12-28多摩川7 
 29日
2016-12-29多摩川1 2016-12-29多摩川2 2016-12-29多摩川3

30日
2016-12-30多摩川1 2016-12-30多摩川2 2016-12-30多摩川3
いつもはオンリードの柴犬君が乱入!
アリーはすぐに挨拶に行って遊び始めた!結構社交上手か?

31日大晦日も行きました
2016-12-31多摩川1 2016-12-31多摩川2
  1. 2017/01/10(火) 23:17:54|
  2. アリー&トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく新年ブログ開始

新年あけましておめでとうございます

・・・・って、ずいぶん遅い挨拶だけれど、
何か大変なことが起きていたわけでもない。
ただ忙しさと風邪のせいで、そしてコタツのせいで
怠惰になりさがっていただけの2週間だった。
昨年と同じ時期に同じような風邪にやられるというのは
どういうことだろう、咳だけが酷くて横になって
寝られないほど、なので自分を甘やかして
コタツに入りびたりになり、ついには年賀状も
パスしてしまった。
それでも大掃除とおせちの準備だけはちゃんとやったからね。
もちろん毎朝の多摩川への散歩も頑張ったし。(☚叔母への言い訳)


というわけで、遅きに失しているが
元旦早朝の「初日の出」 おめでたい画像をどうぞ

2017-1-1初日の出1 からの

2017-1-1初日の出2 
日の出前から沢山のヒトが河原に出ていて、サムたちをオフリードに
できずに遠慮していたが、
晴れ渡って壮麗な初日が上がると途端に全員がいなくなった!
誰もいない川辺を「初散歩」


   
 2017-1-1初日の出4

今年も無事穏やかに日々を過ごせますように♡
  1. 2017/01/10(火) 18:56:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0