バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

キューちゃん、また尿路結石悪化


木曜日早朝、キューちゃんの金切り声で起こされる。
また結石が悪化したのだ、トイレをあちこち渡り歩いては
痛みで悲鳴をあげながら血尿していた。
朝晩猫砂の掃除をしているので、昨夜までは何ともなかったのは確か。
だが今はトイレばかりかあちこちに鮮血が。

2016-10-27キュー結石1 2016-10-27キュー結石2


いつもお願いしている病院は人気のため2時間3時間待ちは当たり前、
なので最近保護猫をお願いするようになった近くの病院が
開くのを待って出かけたが、実は完全予約制だった。
先生は出かけていて留守!
慌てていつもの病院へ行くが、10時について診てもらったのが1時、
さらに入院施設が満員で、入院はできないという。
ウチで完全隔離安静は自信がない、困った~と思っていたら
最初に行った病院の先生からわざわざ電話をいただいた。
事情を話したらすぐ連れてきて、と言ってくださって
また病院をはしご。
無事入院させていただいて帰宅したのが3時過ぎ。
なんと6時間も病院周りをしていたというわけだ。

可哀想なのはキューちゃんだが、もう一人、
ついでにウン〇を診てもらおうと、ジュリーも連れていったので、
ジュリーもキャリーで6時間も、可哀想なことだった。

キューちゃん、この数日よく寝てばかりいるなぁ、と
思ってはいたのに、気が付かなかった。
ご飯も、彼だけは療養食なのだが、トムやジュリー、アリーの
食事にかまけて、他の子のご飯を食べないよう監視するのを
怠っていた、深く反省。ごめんね。

2016-10-27キュー結石3
  1. 2016/10/28(金) 22:37:36|
  2. わが家の猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリー日記

アリー日記の続き:



26日早朝


新旧サム大好き娘対決?
2016-10-26パティ1 2016-10-26パティ2 2016-10-26多摩川1 2016-10-26多摩川2
預かり犬に好かれるのは素敵、だけどガウガウされて噛み噛みされてって・・・
尊敬はされてないみたいね、サム
同い歳なのにこのテディの貫禄、どうよ
2016-10-26多摩川3 

2016-10-26多摩川4

そして今朝、
主人が朝から出かけるから散歩はパス!というので
仕方なく一人で3頭を連れて出かける。
決して人には勧められない3頭引き、事故があってはいけないので
早朝出発、中洲に渡る



案外大人しく一人で助手席に
2016-10-28多摩川1

曇り空の秋の川辺もまた野趣に富んでいて素晴らしい
 
 2016-10-28多摩川2 2016-10-28多摩川3 2016-10-28多摩川4 2016-10-28多摩川5  2016-10-28多摩川6

んで、帰りは後部座席でサムたちと一緒がいいそうです
2016-10-28多摩川7 



家でまでべったり・・サム、ご苦労さん
2016-10-28アリー1

  1. 2016/10/28(金) 22:21:25|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリー日記


アリーは相変わらず元気。
トイレはウン〇だけいまだに迷走中だが
先日、階段をしきりに上り下りして何かを
アピールするので庭に出したらすぐにウン〇!
そう、「トイレに行きたい!」と伝えてくれたのだ。
もう~感激のあまり抱きしめてしまった。
・・・ただしその後もベッドでの粗相は続いてるけどね。
トイレトレーニングは一歩進んで二歩下がる、だゎ。



ご飯はアリーだけサークルであげていたのだが
犬たちの関係が安定してきたので、試しに
一緒にあげてみた。
だがどうしてもアリーが早食いで、メナがゆっくり食べられないので
やはりアリーはサークルで食事してもらうことに
2016-10-21アリー 

21日早朝

いい面構えになってきたねぇ・・・女の子だけど
2016-10-21多摩川1

サム、かわいそ
 2016-10-21多摩川2 2016-10-21多摩川3 2016-10-21多摩川4

22日
2016-10-22多摩川1  2016-10-22多摩川2 2016-10-22多摩川3 2016-10-22多摩川4 2016-10-22多摩川5
サムは犬にあまり関心がない
サムが積極的に遊ぶ数少ない友達?チャーリーとの間に割って入ってくるアリー



24日早朝
青空がどんどん雲に覆われてゆく様を360度パノラマで観覧する
2016-10-24多摩川5  2016-10-24多摩川6
 

2016-10-24多摩川7 2016-10-24多摩川1



浅いのに「渡れないよ~」アピール         甘いおやじが結局助けに行く
 2016-10-24多摩川2 2016-10-24多摩川3 2016-10-24多摩川4

25日 寝坊した!
2016-10-25多摩川6  2016-10-25多摩川5
可哀想なサム
2016-10-25多摩川1 2016-10-25多摩川2 2016-10-25多摩川3 2016-10-25多摩川4 2016-10-25多摩川7  2016-10-25多摩川8  

はしゃぎすぎて帰りはいつもこんななってます
2016-10-25多摩川9 2016-10-25多摩川10


  1. 2016/10/28(金) 22:05:23|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トム、トライアル中止の顛末


トムも譲渡会に参加したのだが、
直接のお申込みはやっぱりなかった。
ひいき目でなくてもかなりのハンサムだと
思うのだが、どうして?
子猫の時にすぐにでも家族が見つかると
高を括っていたのだが、困った。

だが、譲渡会で他の子にお申込みされた方が
第二希望としてトムを指名してくださったとのことで
本命は他の方に決まったのでお話がまわってきた。
とてもよいご家族だと勧められたので
ようやくこれでトムも旅立つのか、と感慨深く
また寂しく切なくなっていた。



美しいネコだと思う・・
2016-10-20トム1



だが、お電話でお話をしてみるとどうも
お話が食い違う、よく確認してみると
先住猫さんはいない、とのこと。
どういうことかというと、お留守番が長時間あるが
先住猫さんがいるから大丈夫と聞いていたのに、
「ご実家でネコを飼っている」というのが
間違って「先住猫がいる」と伝わってしまったらしい。
書類をよ~く確認すると、「先住猫」の欄に
「いる」となっているがその下に「実家で飼っている」と
但し書きがあったのを勘違いしたらしい。

わかった途端にはっと目が醒めた。
ご辞退したい旨を伝えて、了解いただいた。
先方様には落ち度はない、ネコが来るのを
楽しみにしていらしたのに、申し訳ないことをしてしまった。

だが、トライアルが決まってからの数日の
モヤモヤした気持ちがすっきりした。
私は焦っていたのだ。
トムがなかなかご縁が繋がらないのは
私のせいかもしれない、という想いがあった。
これは前から「●●さん(私)は条件が厳しいから」と
言われていたのが引っかかっていて、
そのせいでトムが縁遠いのではないかと悩んでいたのだ。
だからいつもなら9時間留守があるという段階で
少なくともトムには難しいとご辞退するはずのところを
先住猫がいるのだからなんとかなるかも、と
妥協してしまった。



アホだけどそこが魅力にゃ
2016-10-21トム1


先週ある動物保護団体スタッフさんからのご相談で、
「条件が厳しすぎると非難されることもある」
と仰ったのを、私は
「条件が安易で誰にでも渡してしまう」と言われるより
ずっとましなこと、誇りに思っていいのでは?と
アドバイスしたばかりなのに、自分は何を悩んでいたのだろう。
さぁ、また募集掲示板にトムとジュリーとアリーを
アップしなくっちゃ。
動物保護のボランティアは
「優しくなければ資格はない、
    だがタフでなければ続けられない」です。

2016-10-23トム1

 KYだけど、シャァッて言ったことがないニャ
 
 2016-10-21トム2 2016-10-25ジュリー2

トムは独りぼっちがあまり得意ではないようです。
お留守番のないご家族を探しています。
先住犬猫歓迎(先方さんは歓迎してくれるかどうか?)

*大人の猫では日中お留守番があっても
 あまり気にしない子もいますが、
 それでも帰宅後充分なケアは必要です


















  1. 2016/10/28(金) 21:13:55|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュリー日記

23日の譲渡会では案の定固まってしまったジュリー。
トムと一緒にケージで参加したのだが
もういっぱいいっぱいだったのだろう、
午後になると脱走して会場じゅうを駆け巡り、
パニックになったので2階に返してあげた。
パニックになりながらも抱っこできたし
噛んだりひっかいたりがなかったのはえらかったね。
ということでお話は一件もなし・・・そりゃそうだよね(T_T)

ジュリーはまだイエネコ修行が必要だものね。

そんなジュリーだけど、日々変化している。
3階の小部屋にが落ち着くのか、しょっちゅう隠れてたが
最近は小さな椅子の上で寝ていたりして
探しにいってもそのままで落ち着いている。
撫でても舐めてもゴロゴロいってくれて可愛い♡
あとは居間の仏壇の戸棚に隠れるのもブームのようだ。
不謹慎だとは思うが、それでも居間に来てくれたのは
すごい進歩。

缶詰を開ける音でキッチンまで来るの
相変わらずの食欲だ
2016-10-22ジュリー1 2016-10-22ジュリー2


2016-10-22ジュリー3 

居間の仏壇にまで遠征してくるようになった
2016-10-23ジュリー1 2016-10-23ジュリー2
2016-10-24ジュリー12016-10-25ジュリー1  2016-10-25ジュリー2
ジュリーにとって、トムの存在は心強いようだ。
トムもジュリーのケージに結構入りびたりだし・・・2頭一緒に
飼ってもらえたらいいのにね。

ということで、11月4日、去勢予定です。
  1. 2016/10/28(金) 20:31:54|
  2. ジュリーケンヂ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュリ君日記~20日

23日の譲渡会の準備でドタバタして
またも更新渋滞に。
子供の時からギリギリになるまで行動しない
夏休み宿題31日タイプだったので、
譲渡会のたびにこういう事態になる。

ジュリ君は日々少しずつ行動が変化している。
しばらくの間でもお外で過酷な状況を生きてきた子としては
頑張っているんじゃないだろうか。
トムの存在が大きな助けになっていることも確かだ。
ジュリーのベッドに一緒に寝ていることも多いし、
ご飯もトムに誘われて(トムに取られないためにか?)
キッチンまで食べにこれるようになったし。
トムのほうも、大人猫犬ばかりで仲間がいなかったのが
自分より小さい子分ができたみたいでちょっと嬉しいかも。

14日のジュリー

2016-10-14ジュリー12016-10-14ジュリー2

下の段に湯たんぽを入れたけど、全然使ってくれない・
 2016-10-14ジュリー4
2016-10-14ジュリー5 2016-10-14ジュリー6
ジュリーの部屋に入り浸りのトム
2016-10-14ジュリー7 

15日のジュリー

ジュリーの部屋は西向きなので、居間に連れてきて日光浴させてみる
トムに比べてどこか大人びた顔つきだな
2016-10-15ジュリー2 2016-10-15ジュリー3

まだまだ犬は怖い、らしいけど、柵越しならすぐには逃げなくなってきたね
2016-10-15ジュリー4 

初めてスリスリゴロゴロ言ってくれた日!
 2016-10-15ジュリー6


16日のジュリー
「ジュリー!」とキッチンから呼ぶと、自分から
ご飯を食べに(勇気を振り絞って)やってくる💛
トムは自分の分は食べたのにぃ
2016-10-16ジュリー1 2016-10-16ジュリー2

17日
2016-10-17ジュリー22016-10-17ジュリー4

  2016-10-17ジュリー5

18日
茹で鶏(犬の)も好きみたい。昼のおやつにあげてみたら完食
2016-10-18ジュリー2 2016-10-18ジュリー3
20日
キッチンでご飯を食べたあと、自分の部屋に戻らず、冒険の旅に出ることが
多くなってきた。
だいたい3階の小部屋、箪笥の上のカーペット置き場の裏にいる
ノビタにもばれてるよ
2016-10-20ジュリー1 2016-10-20ジュリー2


2016-10-20ジュリー3 2016-10-20ジュリー4

「あ~あ、見つかっちゃった~(ため息)」
でもって大人しく抱っこされて部屋に戻る
2016-10-20ジュリー5 

ジュリーは抱っこが好きなわけじゃないが、簡単に捕まえられるし
抱っこしても我慢してくれるので、基本、ケージの扉は開けっ放し。
自分のペースで家の中を探検してくれるのを見守っている。
気が付いたら探して「回収」。トイレや水飲みまで我慢してしまうと
いけないのでね。
留守にするときはケージのドアを閉めてます。

  1. 2016/10/25(火) 18:24:58|
  2. ジュリーケンヂ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリー日記   ~犬の寛容性~

16日夕食       17日        18日
2016-10-16アリー夕食 2016-10-17アリー朝食 2016-10-18アリー朝食 2016-10-18アリー夕食

20日
2016-10-20アリー朝食 2016-10-20アリー夕食

アリーは散歩でも家の中でも、サムとメナに容赦なく絡む。
どこに行くにも2頭の後をついてまわる。
それでも怒ることもなく、相手をしてやってくれている。
サムとメナがいなかったら、私の保護活動は成り立たなかっただろう。
それはレディの時も同じだった。
レディは外では他の犬を嫌っていたが
家の中では犬であれ猫であれ面倒見よく頼りにされていたっけ。
サムは根っからの平和主義だが、メナは受け入れるまでに
一定の時間がかかる。
新参者が無遠慮に寄ってくれば唸り、威嚇するが
その動作が攻撃にまでいったことはない。
そしてある日突然その犬のすべてを受け入れてくれる。
「すべて」というと大げさに聞こえるかもしれないが
文字通り、すべて、なのだ。
じゃれて時に嚙み方が強すぎると「キャンッ」と鳴いて
「痛いじゃないの」と伝えるが、本気で反撃など一切しない。
あまりに鬱陶しいと逃げ出して隅に隠れるくらい。
不思議なことに相手にもその「ある日」がわかっているようで、
その日を境に傍若無人に振る舞いだす子が多い。
いったん群れの一員として受け入れたら、
そのすべてを許すという、人間には到底できないような
犬の寛容さが私を魅了する。


かつて狼の群れの観察結果から、
狼とその子孫と言われる犬は、厳しい序列があり
鉄の掟からなる階級行動で群れが成り立っている、といわれた。
だからヒトも、犬の序列の上位者にならなくては
犬になめられ、尊敬されない、などという理屈から
強制訓練が組み立てられたのだが、実は
その観察対象の狼の群、が人工的な「寄せ集めの血縁関係のない狼の群れ」で、
自然では家族単位で行動する(血縁の濃い群れ)狼の行動とは
異なる点が多々あったということがわかったのだ。
現在でも犬に関する研究と称して、日々多くの発表がされているが
それが正しいものかどうかは、しっかり見極めないと
こんなふうにとんでもないことになる。

犬の群れではさらに緩いつながりが観察されている、
これは腐肉やゴミ漁り、といった、狼のように
生死を賭けた狩りの必要がない食生活の影響もあるのではないかと
言われるが、30年以上犬という生き物と生活してきて、
保護動物を家に入れる際の犬たちの行動を見ていると
確かに、「鉄の掟」とか「序列、階級」といった
恐ろしいものに、犬たちは縛られていないように思えるのだ。
その点、ヒトは犬に対して「家族」とはいいながら
ちょっとしたことで叱る、体罰を与える。
メナたちと比べると、寛容性に大いに欠けている。

ただし! 先住犬の性格や体格などを充分考慮して
保護犬を迎えることは重要だと思っている。
気の弱い大人しい犬にとって、自分よりかなり大きくて
攻撃的な犬を受け入れることはかなりのストレスになる。
また先住犬の日常が穏やかでストレスのないものでないと、
新たなストレスを受け入れる素地がない。





19日早朝
2016-10-9多摩川1 2016-10-9多摩川2 2016-10-9多摩川3 2016-10-9多摩川5 2016-10-9多摩川4 2016-10-9多摩川6 2016-10-9多摩川7

2016-10-9多摩川8 

2016-10-9多摩川9 

 2016-10-9多摩川10

20日早朝
2016-10-20多摩川2


 2016-10-20多摩川3 2016-10-20多摩川4
  1. 2016/10/22(土) 00:07:38|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬から見たトイレ事情

アリーがウチに来て1か月が過ぎた。
当初からペットシーツにしかトイレをしないという
優等生だったのだが、実は今ちょっと迷走中(#^^#)
庭でも散歩中でもできるようになってきて、
逆に室内で迷いが出ているようだ。
特にベッドの上でしてしまうのが困りもの。
ベッドルームを日中封鎖することも考えてみたが、
サムやメナにとっての憩いの場を締め出すのは
申し訳ないので、ビニールを敷いてその上に
メナの毛布をかけてしのいでいる。

なぜ、できていたトイレマナーが崩れるのだろう?

犬のトレーニングで「般化」というものがある、
簡単にいうと、家でできたことを、いつでも
どこでもできるようにしていく、といった意味。
ウチでは「お座り」と言えば座れるのに
外ではできない、ということはみんな経験しているだろう。
犬はその時の環境・相手・イントネーション・etcすべてを
「座れ」と共に覚えているので、違う環境・相手などでは
「座れ」の意味を成さない、というわけだ。
だからいろいろな環境、相手などで練習して
犬にとって「座れ」の般化、つまり一般化を
進めていくのだ。

トイレについても同じで、まして保護犬の場合は
過去を知ることができないので、
その犬が室内でのトイレについて
どう考えているか、知ることができない。

アリーの場合、来た当初は外ではトイレをしなかった、
シーツに大小をしていたのが、最近
庭でも散歩でもできるようになった、
代わりに室内でのトイレで迷走が始まった。
ほとんどの場合シーツでできるのだが
たまにベッドの上でしてしまう。
そこで、シーツカバーを出してみた。
室内トイレに馴れていない子の場合は
シーツカバーは最初は使わずに
シーツだけを敷いてトレーニングを始めるのだが
アリーの場合、もしかしたら以前から室内シーツで
していたのかもしれない、だとしたらシーツカバーも
使っていたのではないか?ということで
やってみたのだが、案の定カバーの上でちゃんとできた。
それから時々してしまう廊下の猫トイレ横にも
シーツを敷いてみた。
そこでも時々してくれる。
庭でした時は褒めている。
この数日「失敗」させないことに「成功」している。
アリーは、我が家でのトイレをどう考えているのだろう。
犬の考えを知ることができたら楽になるな、とつくづく思う。

メナやまるおのように絶対に室内ではトイレをしない、
という犬もいる。
人間からすればとても助かるのだが、こういう子を集合住宅で
飼うとしたら、頻繁に外に出してあげなければ
トイレを我慢してしまい、腎臓にもよくないと思う。
こういった犬は多分、巣を汚さないという
「本能」に従って行動しているので、どの家に行っても
トイレ迷走はしないだろう。
逆にいえば、室内でもトイレをするという行為は
犬の適応力、学習能力を頼りにしているのだ。
トイレの失敗は犬が人間の期待に応えようと
試行錯誤しているわけで、できるだけ人間のほうも
犬にわかりやすく説明しなければフェアではない、と思う。


廊下の猫トイレ横のアリー用トイレ
2016-10-14アリー2
 
シーツカバーをセット
2016-10-20アリー1 

2016-10-14アリー3

  1. 2016/10/19(水) 02:38:28|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリー日記

13日
2016-10-13アリー朝食 2016-10-13アリー夕食
14日
2016-10-14アリー朝食 2016-10-14アリー夕食
15日
2016-10-15アリー朝食 2016-10-15アリー夕食
13日早朝のアリー
2016-10-13多摩川3 2016-10-13多摩川2 2016-10-13アリー1
サムにくっついて頭から藪に突っ込むからこうなる・・・

14日早朝
2016-10-14多摩川1 2016-10-14多摩川2 2016-10-14アリー1

15日
2016-10-15多摩川1  2016-10-15多摩川2 2016-10-15多摩川4  2016-10-15多摩川5 2016-10-15多摩川6

サムは帰宅後種を落とすのに時間がかかるが、アリーは毛質が粗いので
お手入れが簡単!です

16日快晴♡
2016-10-16多摩川1  2016-10-16多摩川2

秋冬の光景
2016-10-16多摩川3

2016-10-16多摩川4 2016-10-16多摩川5 2016-10-16多摩川6  2016-10-16多摩川7
「藪を漕ぐ」というフラット魂を発揮するサム

  1. 2016/10/19(水) 01:27:42|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュリー日記

さて、新入りのジュリーについて:

ある遊歩道で最近頻繁に目撃されていて
飢えていたのかヒトの脚元に縋り付いてきた
という話もあった子猫。
親猫らしき猫と兄弟1頭もいた、ということだったが
私たちが行った時はまだ若い茶トラのオス猫と
行動を共にしていた。
その時は保護できなかったが後日支援者の方が
素手で捕まえてくれた。
どうしてウチに来たかというと、その遊歩道は
トムが行き倒れていた場所だったから、
何か縁を感じてしまったのだ。

3か月過ぎくらいの男の子
白地に濃いグレーの斑、カギしっぽ。
病院でのチェックでは、特に風邪も病気もなく
ノミや怪我もなかった・・・ということは
捨てられてあまり日が経っていないのかも。
捕獲時噛みついたということだったので用心していたが
我が家に来てから一度もフーシャー、噛みつきはない。
3日に来てからしばらくは固まっていたが
食欲はあり、1日4回の食事はすべて完食。
ジュリーにしたら、頼りにしていた茶トラもいなくなり
独りぼっちで不安で怖くてたまらなかっただろう、
可哀想で仕方ないが、フリーにするのはまだ
心配なので、三段ケージでしばらく我慢してもらう。

5日のジュリー
2016-10-5ジュリー1

6日からはドアを開き、犬は入れないが姿は互いに見れるようにした。
トムたち猫は柵を飛び越えて入ることができる
 2016-10-6ジュリー2 2016-10-6ジュリー3

抱っこしても大人しくしているが、心臓がドキドキしてるのがわかる
まだまだ緊張してる
2016-10-6ジュリー4  2016-10-7ジュリー1 2016-10-6ジュリー5

7日  1日のうち何度かケージのドアを開けてみる
(3日にワクチン接種済)
他の猫に対しては結構落ち着いている
2016-10-7ジュリー2 2016-10-7ジュリー3

9日のジュリー
部屋を閉め切ってフリーにすると、結構動き回る
お気に入りは窓のさんの上
2016-10-9ジュリー1 

 2016-10-9ジュリー2 2016-10-9ジュリー3 2016-10-9ジュリー4

可哀想だけれど、毎回食事の後「顔まわりを拭く」ようにしている、
抱っこに馴れてもらいたいから。
「赤ちゃんのお尻拭き」で、母猫が舐めるような感じで
口まわりや目、耳、背中などを拭いてあげると
結構気持ちいい時もあるらしい。
抱っこが好きなわけではないけれど、毎回の事だ、仕方ないなぁ、
というふうに変化してきた。表情にも少し余裕が出て来た。

10日のジュリー
2016-10-9ジュリー5 2016-10-10ジュリー1 2016-10-10ジュリー2
部屋のドアを開けておいても、様子を見に訪れるのはトムとノビタだけ。
トムはジュリーを新しいおもちゃだと思っているみたい。



2016-10-10ジュリー3 2016-10-10ジュリー4
案外将来は大物?

2016-10-10ジュリー5 
これはトム。寒くなってきたので冬用のベッドを入れたら
早速自分が入ってみてる

11日のジュリー
2016-10-10ジュリー6 2016-10-10ジュリー7 2016-10-10ジュリー8 2016-10-10ジュリー9
ケージのドアを開けたらトムが早速乱入
だが、トムが絡んでも、ジュリーは受け流しているように見える。
精神年齢はジュリーの方が上なんじゃないかと思えるよ。
(トム、傷つけるような噛み方はしていません)

2016-10-11ジュリー1 2016-10-11ジュリー2 2016-10-11ジュリー3 2016-10-11ジュリー5

2016-10-12ジュリー1  2016-10-12ジュリー2


12日、初めて朝ご飯を残したので心配になる。
ようやく慣れてきたのに病院に連れていくとまた怖い思いをさせることになる、
とりあえず様子をみたが、昼はちゃんと食べたので、
朝は缶詰が気に入らなかったのかもしれない。
好き嫌いできるほどになったとしたら嬉しい。
初めて撫でている時にゴロゴロ言ってくれた!
この夜初湯たんぽ投入、だがいつも寝ている三段目のベッドには
重くておけないので、一番下にもベッドを入れて湯たんぽを設置。
寒かったら入ってくれるだろう。
2016-10-12ジュリー3 2016-10-12ジュリー4

できるだけフリータイムを増やしてあげたいので、結果ジュリーの部屋に
いる時間が増える(見ていられる間だけフリーのため)。
ジュリーの部屋でトムがしつこくしないように監視しながら
胸の上にノビタを乗せて本を読む、だからパソコンに向かっている暇がないの。




  1. 2016/10/13(木) 23:52:22|
  2. ジュリーケンヂ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリー日記   プレミアカラーと動物行動学的な研究の危うさ

アリー用に頼んでいたネーム入りプレミアカラーが
ようやく届いた。
ついでにサム用のも古くなったので一緒に。

2016-10-12アリープレミアカラー

プレミアカラーというのは、俗にハーフチョークタイプと
言われるが、「チョーク」とは真逆の物で、
完全に締まっても普通の首輪と同じにしか締まらない、
普段は緩めてネックレスのような状態になっている。
ウチでは首輪にリードはつけないが、
保護犬には脱走に備えてウチの姓と携帯番号を刺繍した
プレミアカラーを付けている。
家で首輪をつけることには意見が色々ある、
留守時の事故(首輪が引っかかって宙づりになるなど)も
怖いが、万一脱走や災害などで飼い主とはぐれても
名前つきの首輪があれば探し出せる、というメリットが。
過去に実際譲渡した犬で、雷にパニックになって飛び上がり、
首輪が何かに引っかかって縊死した子がいたこともあり、
我が家では室内では基本首輪はつけていない。
メナにはマイクロチップを入れてあるが、
サムにはまだ迷っているところ。

ところで先日、いつも見ている「dog actually』の記事で
『首輪かハーネスか~散歩で犬が感じるストレスに差はあるのか?』
というのが掲載されていた。
首輪でもハーネスでも犬が感じるストレスに
有意差は見られなかったという研究結果が出ていたのだが、
こういった「研究」ははたして本当に意義があるのだろうか?
というのも、対象が30頭の家庭犬って、どうなんだ?
行動学と銘打つからには膨大な対象数を調査すべきだし、
さらにこの犬の飼い主が自ら希望して参加したのだとすれば
かなり意識の高い飼い主であることは想像がつくし、
犬との関係もそれなりに順調なのではないか。
首輪が主に問題になるのは、犬が興奮してリードを
ぐいぐい引っ張る、あるいは飼い主が犬をけん制して
リードで犬を強く引く、といった「うまくいっていないペア」
であって、そういう巷の飼い主は研究に自ら参加は
あまりしないだろう、と思われるのだ。

犬でも猫でもペットへの関心が高まるにつれて
こういった「ペットに関する研究」が安易に発表されているのが目につくが、
膨大な対象と年月をかけたもの以外では
結果が必ずしもあてにならないことを忘れないようにしたい。


2016-10-7アリー3 
無心に草を食べる犬たち
犬は思っている以上に草を食べる生き物だ

2016-10-7アリー1 悪戯っ子同士

2016-10-7メナ2 2016-10-7メナ1 2016-10-7メナ3 2016-10-7メナ4
退屈したアリーがちょっかいを出すのでおちおち寝ていられない・・・メナ
  1. 2016/10/13(木) 22:43:33|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況② アリー

9日朝食&夕食             10日
2016-10-9アリー朝食 2016-10-9アリー夕食 2016-10-10アリー朝食 2016-10-10アリー夕食

11日                   12日
2016-10-11アリー朝食 2016-10-11アリー夕食 2016-10-12アリー朝食 2016-10-12アリー夕食
10日もどんよりした寒空
2016-10-10多摩川1 

サムたちにはちょうどいい気候なのか、元気だ~
2016-10-10多摩川2 2016-10-10多摩川3
2016-10-10多摩川4 



11日早朝もうす曇り、でもアリーの勢いは止まらない!
サムもメナもいい迷惑だね
2016-10-11多摩川1 2016-10-11多摩川2
2016-10-11多摩川3 2016-10-11多摩川4
2016-10-11多摩川6 

12日早朝、ようやくおひさまが♪
2016-10-12多摩川1 2016-10-12多摩川2 2016-10-12多摩川3 2016-10-12多摩川4 2016-10-12多摩川5 2016-10-12多摩川6


不思議なことがあった。
帰路、駐車場に向かう途中ガソリンスタンドの前を通る時、
アリーが突然パニックに近い状態になり、後じさりしたのだ。
ここはアンも同じように嫌がり、結局他の道を通るようにしたのだが
サムもメナも、他の預かり犬も無反応だった。
アンとアリーにとってはとてもイヤな何かが感じられたのだろうか?

  1. 2016/10/13(木) 19:32:58|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況① ~アリー

この1週間、ホントに手が空かなくて
更新がまたも渋滞。
なぜなら預かりっ子が3頭も滞在中だから。
日常をこなしながら、3頭それぞれのリハビリに
留意し、なおかつ家族(犬猫)サービスも
しなければならないと、時間がいくらあっても足りない。
さらに、席を立つときはパソコンをいちいち終了し、
ビニールカバーをかけないと、誰かがモニターに
オシッコをかけるし、(多分トムが)パソコンの裏にまわって
倒してしまうので、倒れてもいいように
パソコンの前をきれいに片付けないといけない。
(パソコンの前にマウスなど置きっぱなして
すでに画面が2か所割れている)
一旦終了したのを立ち上げるのが面倒で、こうして
どんどん渋滞にはまってしまうという毎日。
まとめてどんどん更新するぞ。


5日朝食         夕食         6日朝食      夕食
2016-10-5アリー朝食 2016-10-5アリー夕食 2016-10-6アリー朝食 2016-10-6アリー夕食
7日朝食        夕食        8日朝食       夕食
2016-10-7アリー朝食 2016₋10₋7アリー夕食 2016₋10₋8アリー朝食 2016₋10₋8アリー夕食

6日
2016-10-6多摩川1 2016-10-6多摩川2
2016-10-6多摩川3 2016-10-6多摩川4 2016-10-6多摩川5
種だらけの顔、でもこの表情最高に可愛い♡

2016-10-6多摩川6  2016-10-6多摩川8 2016-10-6多摩川7
不思議な光の玉が映った

7日
2016-10-7多摩川1 2016-10-7多摩川2
もうすっかり秋の空

2016-10-7多摩川3 2016-10-7多摩川4

8日は肌寒い朝 もう衣替えの季節だ
2016₋10₋8多摩川1  2016₋10₋8多摩川2 2016₋10₋8多摩川3
  1. 2016/10/13(木) 19:09:41|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリー日記



3日夕食        4日朝食           4日夕食
2016-10-3アリー夕食
 2016-10-4アリー朝食 2016-10-4アリー夕食


今朝は川が濁っているので岸辺を散策。
初めて中洲以外でロングリードをつけてフリーにしてみる。
リードは敢えて重い布製。
2016-10-4多摩川6

初めて中洲でフリーになった時と同じく
興奮して疾走するが、今回はすぐに落ち着いてくれた。
同じ歳のサリーちゃんと追いかけっこをしても
もう相手をわかっているので不安はない様子、
 この2頭に関しては、興奮しすぎて
狩猟本能にスイッチが入る可能性が低いので
見守るが、アリー、ちょっと走ってすぐフリーズして
終了させるテクニックを見せ、感心する。
2016-10-4多摩川3
遊びに誘うアリー
メナはちょっと警戒して介入しようとしてる
野生の群れでは、個体の無駄な争いは群れの存続を危うくするので
回避しようとする本能が働くのだろう 

 2016-10-4多摩川4
2016-10-4多摩川2
大丈夫、この二人は(おつむが)幼いだけだよ
 
アリーを観察していると、ぼんやりと見えてくる過去がある。
少なくとも子犬の頃、他の犬、母親か兄弟、または他の犬と
接触して育っているのではないか。
シグナルの出し方、見知らぬ犬への対応力、
恐怖心より好奇心のほうが勝っていることなどから、
ペットショップで孤独に育った犬よりずっと
良い環境で育ったように思える。

2016-10-4多摩川1 2016-10-4多摩川7 2016-10-4多摩川5
いい季節になってきたが、同時にこれ!種に悩まされる季節に・・



帰宅後、のんびり日向ぼっこするみんな。
2016-10-4アリー&トム1  2016-10-4アリー&トム2 2016-10-4アリー&トム3  2016-10-4キュー1  2016-10-4アリー&トム4



新しい子、たれ目が個性的なのでジュリーって名前にしたんだけど
沢田研二を知らない世代が多くなってきてるので
正式名称はジュリーケンヂってした。
男の子、3か月過ぎての保護なので、まだ緊張してる。
別室で隔離、ケージからはじめているところ。
撫でても固まっているだけ。
2016-10-4ジュリーケンジ1 2016-10-4ジュリーケンジ2


Y!mobileのなめネコCMに抗議しよう

 

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

  1. 2016/10/05(水) 04:52:50|
  2. アリー&トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トム日記  ~多頭飼いのストレス~

7年前に我が家から巣立っていったピータンのママさんから
久しぶりに近況お知らせをいただいた。
トムのことを気にかけてくださり、ありがたい。

 2016₋9₋30ピータン2 2016₋9₋30ピータン3 2016₋9₋30ピータン4
そう、ピータンも半年までなかなかご縁が見つからず、
このままウチの子になってしまうのかと思っていたのだ。
だがピータンは我が家の先住犬猫に上手に溶け込み、
受け入れられてた。
それは兄弟猫と、同月齢の子犬の3頭で育ったからかと
思っていた、トムは1頭だけで幼いうちに保護されたので
そのせいで付き合い方が下手なのかと。
だがピータンのことを思い出して当時のブログを
見返してみたら、そこにパル爺さんの姿があった。

 パルとピータン


パルは子猫のころから家庭内野良状態で
人馴れもネコ馴れもあまりしないまま、
ひっそりと生活していた。
だが老齢になり、動きが鈍くなってくると、
抱っこも好きになり、子猫の相手もしてくれるように
なってきたのだった。
多分逃げ出したりするのが億劫だったんじゃないかとは
思うが、それでもピータンがいつもくっついてきて
じゃれても平然としていたので、子猫にとっては
母親のぬくもり代わりになって、安心できたのではないかと思う。
あぁ、パル、おまえは本当にいい奴だったね、懐かしいよ。
今おまえがいてくれたらトムももう少し落ち着いた子に
なっていたかもしれないな。

2016-10-1トム1 2016-10-2トム1
 
2016-10-2トム2 2016-10-2トム4 2016-10-2トム5
トム、そういうふうにいきなり絡むからハッピーに嫌われるんだよ

2016-10-3ハッピー12016-10-3ハッピー2
 
ハッピーを膝にのせてブラッシング
気持ちいいかい?こんなことでちょっとでもストレスが減るといいんだけどね

2016-10-3ジュリー1 

え~っと、この子についてはまた今度



この3日間、ベッドの上で粗相する子がいる。
ベッドカバーを取り換えても取り換えても、
見ていない間に誰かがオシッコするのだ。
容疑者はアリー、トム、ハッピー・・・
もちろんマーキング合戦常習者のノビタとキューも
疑わしいが、この2頭が居間にいる間に
されているような気がするのだ。

今までしなかった行動が急に出る、ということは
ストレスにさらされている子がいる、ということで
トムはストレスを受けている側というより
ストレスを与えているほうなので、
わたし的にはハッピーかアリーかな?と
疑っているのだが、立証できない時は無罪、なので
今の所対処のしようがない。
とりあえずゴミ袋をベッドに敷いて、メナの毛布を乗せて
しのいでいる。
今日はついにウン〇がベッドの上にしてあったので
明日、病院に持参して「犬のブツか猫のか」調べてもらおうと思う。

ハッピーが犯人だった場合、これはあきらかにトムという存在が
過重なストレスになっているので、
今日はハッピーに頻繁に手をかけ、声をかけ、
大好きなブラッシングを沢山してあげている。


多頭飼いの難しさは、やはり犬猫にも相性がある、ということだ。
1頭で可哀想だからもう1頭、とか
2頭でうまくいっているから、じゃぁもう1頭増えてもいいか、
と安易に考えていると、手痛いしっぺ返しにあうことがある。
特に猫の場合、犬のように外に出かける息抜きが
現代の飼い猫では許されていないので、家の中だけが
世界のすべて、である。
その狭い閉じられた空間は、人間が思うより多分
猫のテリトリー意識としてはかなり手狭なので、
気の合わない相手から充分な距離をとることができないから
それがマーキング、粗相などになって表れるのだと思う。
大人しい、女の子らしいハッピーが、粗相するほど
ストレスを抱えてしまったとしたら、とても申し訳ない
気持ちになる、もっとハッピーに時間をとってあげよう。
ただし、まだアリーの疑惑も晴れていないけれどね。



テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

  1. 2016/10/03(月) 23:14:23|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリー日記


アリー食事
9月30日夕食           10月1日朝食     
2016-9-30アリー夕食 2016-10-1アリー朝食
1日夕食             2日朝食
2016-10-1アリー夕食 2016-10-2アリー朝食 
2日夕食    
2016-10-2アリー夕食

2日早朝

2016-10-2多摩川1  2016-10-2多摩川4 2016-10-2多摩川5 2016-10-2多摩川7 2016-10-2多摩川8  
レックスちゃん乱入!
アリーはとっくに気づいている、これも立派なシグナル
・・・見知らぬ犬への不安をちゃんと処理しようとしている

2016-10-2多摩川9  2016-10-2多摩川6
3頭並んだ奇跡のスリーショット♡

帰宅後のアリー
2016-10-2アリー1


3日早朝

ハイテンションのスタプーコンビと中洲へ


2016-10-3多摩川1 
 2016-10-3多摩川2
2016-10-3多摩川3 
2016-10-3多摩川4 帰宅中車内で爆睡



  1. 2016/10/03(月) 22:19:29|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トム日記

トムの画像が少ないけれど、仕方ない。
家の中でフラッシュを使わずに撮影すると
どうしてもピンボケばかりになってしまい
使えない、というのと、
可愛いor面白い瞬間、カメラが手元にないのだ。
もっといいカメラ欲しいよう・・
でも毎朝の散歩に持参するには
泥や水をかけられても惜しくない
安いのでないとね。

イリオモテヤモリネコ
2016-9-30トム2 2016-9-30トム1 2016-9-30トム3

もうすぐ6か月になろうというのに、いまだに網戸登りする
・・・というかできるのってある意味凄い!
反省する気全くないね、この寄り目ネコは



2016-9-29アリー&トム1 2016-9-29アリー&トム3
 2016-9-29アリー&トム2 
大人ばかりで遊び相手のいないトムにとって
アリーは案外いい友達になるかも?
 
2016-9-29トム1 
ハッピーはすごくトムを嫌ってる
以前は子猫の相手をしてくれてたのだが
どこが気に入らないのか・・・しつこいからだね。
ハッピーに飛びかかって「シャーッ」されて
この顔!反省しなさいよ少しは。
 2016-9-29トム2

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

  1. 2016/10/01(土) 17:14:54|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0