バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

トム預かり日記


3か月齢になったトム、2回目のワクチン接種も無事終え、
24日の譲渡会には満を持して参加の予定
・・・なのだが、7月8月は譲渡会は振るわないのが常、
しかも今回は子猫が多数参加するので、どうなることやら。


2016-7-16トム1 2016-7-16トム2

2016-7-16トム3 2016-7-16トム4
                      「テヘ♪」

先住猫さんがいるご家庭では、タフな猫さんでないとトムの相手は大変かも?


2016-7-16トム5 キッチンにも登るし


2016-7-18トム2 2016-7-18トム3
ハッピーのこんな般若顔見たことない。
ホントにイヤなのねぇ

2016-7-18トム4 2016-7-18トム5 2016-7-18トム6 ありあまる体力はヒトが相手してあげないとね


2016-7-20トム1 2016-7-20トム2
やんちゃだけど可愛いから許すっ!と言ってくれるお家、ないかな?




初めてのきゅうり収穫♪

2016-7-20きゅうり1 2016-7-20きゅうり2


玄関の出入りで蚊が入ってくるのだが、殺虫剤は使えない、
蚊取り線香は即効性がないので、今は蚊よけスプレーを
出入りのたびに噴霧している。
以前はヒバオイルをスプレーしていたのだが、多少べたつくので。

2016-7-18トム1 



                 


  1. 2016/07/21(木) 05:50:41|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異物誤飲・・・ボール喰い

つい先ほど明け方3時すぎ、サムが
「トイレ緊急サイン」を出したので庭出し、
だが続けて3回めのサインでどうもおかしいと思い、
一緒に外に出た途端、嘔吐。
それがこれ!

2016-7-20飲み込んだボール1 汚くてすみません

2016-7-20飲み込んだボール2 本人もぐったり

実は3~4日前に他の子のソフトタイプボールを
飲み込んでいたのだが、経過観察していたのだ。
病院では吐しゃ剤でダメだったので、内視鏡を勧められ、
もしそれで取り出せなければ開腹手術になるといわれ、
迷った挙句、様子をみる決断をした。
サムはまだ4才だがすでに3回身体にメスを入れている。
(後ろ脚膝関節手術2回、鼻の良性腫瘍除去手術)
もうこれ以上できるだけメスを入れたくなかった。
ソフトタイプのボールを食べたのも4回(知る限り)、
2回は嘔吐で出し、1回は内視鏡で取り出している。
今回も、いつ突然倒れるかと心配しながらも
見守っていたのだが、嘔吐してくれて本当によかった!

犬の異物誤飲はストレスによるという意見もあり、
また取り上げようと追いかけることが引き金になる、とも
言われている。
確かに、メナや雑種の保護犬では、口にするものに対して
慎重だったし、彼らなら、よほどのストレスがかからない限り
異物喰いはしないだろう・・・空腹に耐えかねて
哀しい異物喰いした子は見たことがあるが。
だが、犬種によってはそういった危機回避本能がいびつになっている
犬もいるのではないか、と疑っている。
大喰らい、健啖家、と言われる犬種(例えばレトリバー)では
異物喰い(ボールなど)をよく耳にする。

もう一つ、最近のボールには、犬の好む匂いつけが
してあるのが多い、多分「持ってこい」の訓練のために
ボールに興味を持たせる目的なのだろうか。
だが、上記のような犬種では、「美味しそうな匂いのするボール」
は食べ物と認識してしまうのでは?
サムの場合、柔らかくて小さいボールを飲み込む、というより
ゆっくり咀嚼して味わいながら食べている。

そういった犬(サムみたいな)は、ヒトが管理してあげないと
繰り返す可能性がある。
ソフトタイプのボール、小さなボールでは遊ばないだけでなく、
そういったボールで遊んでいる犬の傍から素早く立ち去ること。
4日前も、そうしなければいけなかったのだが
みんなで楽しく遊んでいたので
つい立ち去るのが遅れてしまった、反省。

だから、といっては何だが、
猫の糞を食べた、とか、ミミズや死んだ魚を食べた、くらいでは
まったく動じなくなってきた。
眼にすれば「やめて!」とは言うが、食べちゃったものは仕方ない。
拾い食い、異物喰いの予防のために
短いリードで整備された道路だけを散歩させる、
というのは、『得るものより失うもののほうがあまりに大きすぎる』
というものだろう。

サムはこれから一生の間にどれくらいこんな心配をかけるのだろう・・・



18日早朝
久しぶりの快晴

2016-7-18多摩川1 2016-7-18多摩川2 2016-7-18多摩川3
メナ、なんて美しい・・・
2016-7-18多摩川4 2016-7-18多摩川5 
サムとの最近の水遊びは、水中格闘水球(#^^#)
私も腰まで水に浸かって遊ぶのだが、水中でのサムの「ちょうだい」が可愛い♡


20日早朝

2016-7-20多摩川1  2016-7-20多摩川3 2016-7-20多摩川2
小雨が降っていたのだが、着いた途端に晴れ間が・・晴れオトコの面目躍如

2016-7-20多摩川4 2016-7-20多摩川5
  1. 2016/07/21(木) 02:59:02|
  2. サム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動物取扱業

先日、動物取扱業の5年ごとの点検があったのだが
3年前に建て替えしたのを申請し忘れていたことが
発覚! 改めて申請し直しすることに。
申請用紙をチェックしていたら、
「犬猫等の繁殖を行うかどうかの別、
及び犬猫等健康安全計画」とか
「動物の死体の一時保管場所」といった項目が眼に入った。
そう、動物取扱業という職種においては
まったく相いれない、時には対立する立場の人々も
私もみな一緒くたなのだと改めて実感。

不衛生なペット店、訓練所などにもこうして
5年ごとに点検しているのだろうが、
その成果は現れているんだろうか?
提案だが、事前に訪問の連絡をしないで
突然の立ち入り調査にしてはどうだろう?
動物たちの待遇が少しでも改善されるなら
私は喜んで受け入れる。


14日の早朝

2016-7-14多摩川1 2016-7-14多摩川2

今日の生首
  2016-7-14多摩川3 2016-7-14多摩川4

高性能のカメラがほしい~
2016-7-14多摩川6 2016-7-14多摩川7

 2016-7-14多摩川8 2016-7-14多摩川9
2016-7-14多摩川10 

16日早朝

2016-7-16多摩川1エース 2016-7-16多摩川2エース 2016-7-16多摩川3エース 2016-7-16多摩川4エース
2016-7-16多摩川5


17日早朝
2016-7-17多摩川1 2016-7-17多摩川2 2016-7-17多摩川3 2016-7-17多摩川5 2016-7-17多摩川6


梅雨明けは未だ、曇ってはいても蒸し暑いので
毎日水辺でたむろしている。
帰りには犬もヒトもずぶ濡れ💦

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/21(木) 02:43:54|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トム預かり日記


トムは相変わらず元気です。
子猫も2か月を過ぎると放っておいても
(言い過ぎ?)どんどん育ってくれて楽ちん。

2016-7-11トム2 2016-7-11トム3
サークルは無用の長物となったので撤去、
そしたらトムのベッドにメナが・・・無理があると思うのだが。
トムは好きなところで寝ている、最近はベッドの上。


ヒト懐こい、というか、寂しがりやでヒトにまとわりついて寝てることも多い
でも、無理に抱っこされるのは好きじゃないの

2016-7-11トム4 2016-7-11トム5 2016-7-11トム6 お尻にぴったりくっついてたり・・

2016-7-12トム5 2016-7-12トム7
隣りのイスで見つめてくる          やっぱり猫だから?マウスが好き


 2016-7-12トム6  2016-7-11トム1
  座ってる椅子の足にくっついて寝たりするから
  うっかり椅子も動かせない💦

2016-7-12トム4  2016-7-12キュー1


2016-7-12トム1  2016-7-12トム2 2016-7-12トム3
自分のご飯は食べ終わって、犬たちのご飯(からヨーグルトと卵黄と肉)をおすそ分けしてもらって
食べるのがもう習慣に。
獣医さんはキャットフード以外食べさせないように、とみな言うけれど、
猫は犬よりもっと食に関して保守的、子猫の時食べたもの以外
あまり積極的に受け付けないので、子猫の時にできるだけ色々な食材を与えるようにしている。
いざという時なんでも食べられる子になるように。

サムはトムの食べ残しを頂戴したくてひたすら待っていて
トムが食べ終えると、「ねぇ、いいでしょ?」という顔をする。
「いいよ」というと一目散!


メナバージョン:

2016-7-13トム1  2016-7-13トム2 2016-7-13トム3

これだけくっついて食べても決して喧嘩にならないふたり
仲がいいというより、「家族」だから。


  1. 2016/07/15(金) 04:12:39|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ローラのフェイクファー宣言に♡

偶然からこのところローラのインスタグラムに嵌っている。
元から可愛くて魅力的なローラが好きだったけれど、
知れば知るほど、ヒト並外れた努力家なところ、
溢れる才能と不思議な魅力に惹きつけられてしまう。
もしかしたら本当に海外で活躍しちゃうんじゃないかしら、
頑張れローラ、おばさん応援しちゃうぞ。

そのインスタグラムの中で彼女が

I don't wear real fur

 とさりげなくコメントしてるのを発見!!
リアルファー(毛皮)を着ない宣言をしていた。
何て素敵な子なんだろう。
これだけ若者の人気を集めるスターが発言してくれたことは
どれだけの効果があることか。
カッコいい ローラ♪
ついでに毛皮着ない宣言をしている有名人一覧、というのを
ググってみたら、エグザイルのあつしも挙がっていた。
もちろん杉本彩さんも。
私個人は、理屈からも毛皮反対(極寒の地に生きる人々は別)、
だがそれ以上に生きたまま毛皮をはぎ取られるトラの映像を
見て以来毛皮のコートに身体に拒否反応が出てしまう。
以来、残酷な毛皮剥ぎ取りの画像は一切見ない。

どうか冬にダウンのフード縁取りに毛皮をつけた
貧乏くさいファッションがもう流行りませんように。



11日の多摩川 快晴

ちょっと寝坊して6時過ぎに到着したら、いつもの犬仲間と会えた。

2016-7-11多摩川3 2016-7-11多摩川2 2016-7-11多摩川1

ワイマラナーのMちゃん、最高の笑顔が撮れました

2016-7-11多摩川4 2016-7-11多摩川5
泳ぎながら笑ってはる?

2016-7-11多摩川6 2016-7-11多摩川7

12日 5時台なのにテディ&アリスちゃんと遭遇

2016-7-12多摩川1早朝

 2016-7-12多摩川2早朝 2016-7-12多摩川3 2016-7-12多摩川4 2016-7-12多摩川7


2016-7-12多摩川5 2016-7-12多摩川6 
変顔アリスちゃん



2016-7-12多摩川8 2016-7-12多摩川9
犬なのにバタフライ!? 水大好き、だけど泳ぎが変



2016-7-12多摩川10 2016-7-12多摩川11
泳ぐの好きじゃない、傍観者タイプの2頭      なのに泳ぎが上手

好きと上手が一致しないのはヒトも犬も同じね(#^^#) 


13日早朝                      
新しいボールにくぎ付け
2016-7-13多摩川1 2016-7-13多摩川2 2016-7-13多摩川3
 

2016-7-13多摩川4まりちゃん 2016-7-13多摩川5まりちゃん
短足に映ってしまったまりちゃん     実物はこんなに美人
まりちゃんはアンのいい遊び相手だった
ありがとうね
 
  1. 2016/07/15(金) 03:36:17|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達の相性

日中の暑さにPCの前に座る気にもなれず
更新が滞ってしまったが、変わらず
毎朝川辺に行っている。
暑さを避けて最近は6時前には着いて
7時過ぎには帰ってくるという超健全、
というか年寄り生活。


8日
早すぎて誰にも会わなかった
2016-7-8多摩川1 2016-7-8多摩川2 2016-7-8多摩川3 なぁに?



10日
前の日の雨で水かさが増して、歩いて渡れた場所も湿原状態

2016-7-10多摩川1 2016-7-10多摩川2
前日散歩に来れなかったから?嬉しさ表現?        変な怪物みたい

2016-7-10多摩川3 2016-7-10多摩川4


2016-7-10多摩川5 2016-7-10多摩川6 2016-7-10多摩川7 2016-7-10多摩川8



水遊びにチャーリー君乱入♪

2016-7-10多摩川9 2016-7-10多摩川10 2016-7-10多摩川11

2016-7-10多摩川12 

2016-7-10多摩川13 2016-7-10多摩川14チャーリー

この2頭を見ていると、『永遠の少年』という印象を受ける。
お互いが持ってるボールが欲しくて見つめあったり、
取りあいっこしたり・・・でも喧嘩にはならない。
単純で明るくて素直、気のいいレトリバー気質を
そのまんな体現してる、見てるだけで頬がゆるんでくる。
遊び方も思考回路?も似ているせいか、最高の遊び仲間。

でも、メナは、あんまりレトリバーと遊ばない。

犬にだって相性というものがあるのだろう。
遊び方や挨拶の仕方、考え方?が似ている2頭が
仲良くなる、というケースはわかりやすいが、
他方で、全然共通点がなさそうに(人間には)みえる同士が
妙に気が合ったりするから、犬ならぬ身には犬の相性が
わからない。
どの子とも仲良くさせたい、とか、この子と仲良くしなさい、
と愛犬に強制するのはだから難しい。
友達は犬自身に選ばせてあげたほうがうまくいく。

メナ、帰り際に何かを見つけた様子
2016-7-10多摩川15 2016-7-10多摩川16 2016-7-10多摩川17

メナのお気に入り、ルーク君の元に走り寄る♪
かなりの年下男子、大きさも違うのに、不思議~
それでもほんの数十秒挨拶したらもう気が済んでバイバイ、となる。
メナの交友は淡泊なの。

  1. 2016/07/15(金) 00:51:08|
  2. 犬友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トムの検査結果


トムの生年月日は不明なのだが、6月3日預かり時に
生後30~40日と診断されたので
とりあえず『4月25日』バースディと
しても今や2か月半過ぎ、
もはや赤ちゃんの時期を脱して
成長期真っ盛り、ひょろひょろのウナギ猫になりつつある。

2016-7-4トム3 2016-7-2トム6 2016-7-4トム2 2016-7-7トム1


カプり癖は相変わらずだが、「痛い~」というと
加減してくれるようになってきた。
代わりに先輩猫たちが頻繁に相手をさせられていて
みんなの顰蹙を買っている。

 2016-7-2トム2 2016-7-2トム3 2016-7-2トム4 2016-7-2トム5
2016-7-4トム1 2016-7-5トム1
2016-7-5トム2 2016-7-5トム3 2016-7-5トム4 2016-7-5トム6 2016-7-5トム9 2016-7-5トム10 八つ当たりはやめて~~

キッチンカウンターにも上れるようになってしまったので
台所のガスレンジのロックは必ずかけるように
気を付けないと。
2016-7-2トム7


ところで、最近では募集中の子猫にも猫エイズFIVや白血病FeLV
の検査を実践している団体が増えているらしい。
子猫では偽陽性が出たり、不確かだということで
今までは譲渡前に希望された時だけ検査することが多かったが
それだけ要望が増えてきたということだろうか。
大人猫で検査結果が陽性だった場合、
発症していないキャリアであっても途端に
譲渡の道は険しくなる、保護活動する者にとっては
辛い現実を突きつけられることになる、恐怖の検査だ。

トムも、譲渡会参加を逃してどうやら滞在が少し長引きそうだし、
風邪の治りに時間がかかったのも気になったので
思い切って検査を受けることにした。
その矢先、もう譲渡がほぼ決まっていた会の子猫が
白血病検査で陽性と出てしまったので、
検査前日は心配で寝られなかったくらい。

で、結果は・・・
ご安心ください、陰性でした。

2016-7-5トム検査結果

先生のお話では最近白血病陽性の仔が増えているとのこと、
キャリアであっても普通の生活が可能な場合が多いし、
治療法も日々進化している。
どうかみんなに新しい家族が見つかりますようにと願う。


色々困ったちゃんではあるがキューの子猫あしらいには感心する。
動じないこの貫禄!

2016-7-7トム2  2016-7-7トム3 2016-7-7トム4
  1. 2016/07/07(木) 18:10:44|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水遊びの季節

5日6日と早朝は曇り空で涼しくて快適だった・・・

2016-7-5多摩川1 2016-7-5多摩川2
 2016-7-5多摩川4 2016-7-5多摩川6

のだが、7日は早くから太陽がギラギラと照り付けて
6時台ですでに暑い!
こういう日はみんな川に入って身体を冷やそうとする

2016-7-7多摩川1 2016-7-7多摩川2 2016-7-7多摩川3
今日も泡に夢中なバブルラッセルのベル君(#^^#)


2016-7-7多摩川4 
3色レトリバー

2016-7-7多摩川52016-7-7多摩川6

ジャックラッセルが溺れてる??
いや、水が好きすぎて興奮してるA君
リードつけてないといつまでもず~っと泳いでるんですって

  2016-7-7多摩川7

レトリバーズには彼が溺れてるように見えてるのかも
「あいつは何してるの?」

夏場は散策のほとんどを水辺ですごす。
それぞれがそれぞれのやり方で水遊びを楽しむ季節になったね。
私も、本来ならもう水遊びなんてする歳じゃないけれど
犬たちがいるから童心に返ることができる。
「犬の散歩」だと思うと義務のように負担に感じてしまうヒトも
いるかもしれない、でも「犬との散歩」だと捉えられるヒトは
ほんのひと時 犬と同化して楽しい時間を共有できるだろう。
  1. 2016/07/07(木) 16:46:22|
  2. 犬友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リーダーではなく、善き母になろう!!



3日4日と、バウニャウの教室で鳥さんのためのセミナーが開催された。
犬のトレーニングの中でも
ニワトリのクリッカートレーニングの体験から学ぼう、という
方法がある、つまり、犬のようにはヒトに従順で協力的でない
動物との関係を通して、「犬」という動物を知ろう、というわけだ。


今回私も見学させてもらったのだが、
実際に触れてみて、インコたちの可愛らしさを実感した。

2016-7-3鳥セミナー1 2016-7-4鳥セミナー6 2016-7-4鳥セミナー5 2016-7-4鳥セミナー2

だが同時に
「どうしてヒトは、犬にだけ厳しく傲慢な態度をとるのだろう」という
今更ながらの思いを強くした。

少なくとも鳥の幸せな生活を考える鳥飼いの人は
犬の良きパートナーになれると思う。
猫を飼うヒトたちも(自己中な飼い主は除いて)
犬に優しい飼い主になるはずだ。
なぜなら鳥も猫も、強制的に従わせながら愛されることは無理だということを
飼い主はわかっている。
彼らに力をふるえば彼らの愛情は決して得ることができないということ。
だから彼らが犬を飼った時、なんて犬はヒトに寛容で協力的なんだろう!
とびっくりするはずだ。

セミナーの中で石綿インストラクターの言っていた言葉が
強く印象に残っている。


「鳥の飼い主さんは、鳥に噛まれると、『ごめんね~、イヤだった?』と謝るの」

犬がトレーニング中に飼い主を噛んだらどうだろう?
強制訓練をする飼い主だったら「徹底的に叩きのめす」なんてことを
主張しかねない、「私が悪かったね」なんてありえない。

犬のトレーニングの世界で「強いリーダーになること」という呪文は
世の中にまん延してしまっているが、このリーダーという言葉が
解釈のしようでゆがめられ、支配者、と捕らえられると
犬にとっての受難が始まる。

犬のしつけの変遷について、簡単でわかりやすい記事を見つけたので
ご覧あれ


 アルファ論からポジティブ論。そしてアルファ論。【家庭犬のしつけの始まり 

より誤解の少ない、犬の飼い主への説明として私は
『善き母親になろう』と伝えるようにしている。
経験豊富で子育て上手な母犬を見習えば大きな失敗はない。
ただ、ず~っと母親でいるべきか、と言われれば、否、である。
大人になった犬とあなたの関係は、特別のものであり、
恋人のようであったり、パートナーであったり、それぞれでいいと思う。
私は犬が真のパートナーになるのに、だいたい5~7年かかると
考えている。
夫婦も、DVや一方だけが忍耐やストレスを強いられる
ことなどがなく、共に年月を乗り越えて30年もたてば、
深い愛着で結ばれるようになってゆく、それと同じだ。

愛犬家もぜひこういった異種動物との接し方のセミナーに
参加されることをお勧めしたい。

次回の鳥のセミナーは8月7日(日)の予定




3日の多摩川

2016-7-3多摩川0樹に登るイヌ

2016-7-3多摩川1  2016-7-3多摩川2 2016-7-3多摩川3 2016-7-3多摩川4

2016-7-3多摩川5 2016-7-3多摩川7 2016-7-3多摩川6   2016-7-3多摩川8


4日

2016-7-4多摩川12016-7-4多摩川2

  2016-7-4多摩川3
 激減して心配していたトンボの群が!!!
 数は少ないけれど、少しは環境が変わってきたのだろうか?
(新農薬がヤゴを全滅にしていた)
 2016-7-4多摩川4
久しぶりに会った「バブルジャックラッセル君」
泡を立ててあげると喜んでくれた

  1. 2016/07/05(火) 22:56:04|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野生児なのに病弱?

2日、メナとキューを病院へ
メナは後ろ脚じん帯の経過チェック、
キューはというと、持病の尿路結石、ではなくて
肛門腺腫脹のためだ。
同じ物を食べて同じ環境で暮らしているのに
なぜかキューは病院にお世話になることが多い、
野生児のくせに!

これって生まれつきの遺伝的なものだとは思うが、
ストレス感受性の差もあるだろう。
のび太もハッピーも、それなりに室内飼いに
適応しているが、キューは拾った時から
終始一貫、外への希求が強く、尿路結石の発端も
もしかしたら仮家での完全室内閉じ込めだったのでは
ないかと疑っている。
「猫の完全室内飼い」は、突き詰めれば人間の都合であって
本来の猫の生活からすればストレスになりうる、
だからこそ室内でのQOLを配慮しなければいけない。


メナのほうは順調に回復しているとのことだったが
歳もあるし、散歩中なるべく無理させないように
川辺でもいつもより更にゆっくり歩くように心がける。

キューは、患部を舐めないようにエリザベスカラー装着の刑。
トイレの入り口につかえるので、トイレをひとつふたを外してあげるが
情けない声でずっと鳴いている。
この声に負けないように・・・とは思っていても
自分だってエリザベスカラーなんかつけられたら
嫌だろうなぁ、と思ってしまうので、
いつまで耐えられるか、心元ない飼い主だ。


2016-7-2メナ病院1

混みあった待合室で落ち着いて待つメナ
訓練など一切していないのに、歳と共に
落ち着きが出てきた。
それにしてもなんてきれいな子だこと♡



 2016-7-2メナ病院2
去年1年フィラリア予防薬なしで過ごしてみたが
血液検査はマイナス、よかった~
とりあえず予防薬もらった。


2016-7-2キュー病院1 
カラーであちこちぶつかって歩く



2日の多摩川

2016-7-2多摩川1 2016-7-2多摩川2 2016-7-2多摩川3 見つめ合う♡
  1. 2016/07/05(火) 20:44:24|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛犬クラブバウニャウ案内地図

*この記事は4日までトップに掲載いたします






明日明後日、愛犬クラブにて

           2016-7-2石綿さん著書1

ALETTA 代表 石綿 美香 さん主催

鳥の飼い主さん方向けセミナー 

犬の飼い主さん方向けワークショップ  
が開催されます。
初めての方は、場所がわかりにくいかもしれませんので地図を掲載いたします。

 JR鶴見駅西口から徒歩5分


       譲渡会地図小1


  1. 2016/07/04(月) 13:36:11|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トム日記


2か月を過ぎたトム、思惑どおり、キューが相手をしてくれてる
(イヤイヤだけどね)

2016-7-1トム1 2016-7-1トム2 2016-7-1トム3 何度でも挑戦するア・トム

屋上デビュー!
外の空気に触れてちょっぴり緊張気味
2016-7-1トム4 2016-7-1トム5 2016-7-1トム6 2016-7-1トム8 2016-7-1トム7

今日いよいよ里親募集に登録しました!
良いご縁が見つかるといいな



2週間ぶりの庭出し
猫草買わなくていい、庭がみんな猫草状態

2016-7-1庭猫1 2016-7-1庭猫3 2016-7-1庭猫2 2016-7-1庭猫4


ア・トムは大切な預かりにゃんこだからお外はダメ!
2016-7-1庭猫5 2016-7-1トム9



久しぶりの多摩川
メナの後ろ脚につい眼が行く。
無理しないようにね

2016-7-1多摩川2 2016-7-1多摩川4 2016-7-1多摩川1


2016-7-1多摩川3 2016-7-1多摩川5
  1. 2016/07/01(金) 20:27:37|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン、祝♡譲渡決定!


今日30日、アンの正式譲渡手続きに伺ってきた。
環境が変わってトイレの混乱がまた始まり
心配していたのだが、おおらかに受け入れてくださっていて
安心した。

それより、せっかく馴染んできたところで
また私と会ったら、里心がついてしまわないかと案じていたのだが
・・・・アン、なんと私をシカトした!
寄ってもこないでご主人の傍らにぴったり身を寄せているではないか。
もう~(#^^#) すっかり他所のウチの子になっているゎ~

この変わり身の早さに呆れると同時に
心の底から嬉しかった。
アンにとって、今の生活が過去最高なんだということ、
それは預かりボランティアにとっても最高の名誉だ。
つまり、アンにぴったりの素晴らしい赤い糸を見つけることができた、
と犬に認めてもらえたわけだもの。

そんなわけで、アンも無事卒業しました♡
(後はトム、じゃないア・トムだな)


今日のアン  「どちらさまでしたっけ?」
2016-6-30アン譲渡決定1 



送っていただいた「日々のアン」
2016₋6₋27アン1 2016₋6₋27アン2 2016₋6₋27アン3 2016-6-30アン譲渡決定2 2016-6-30アン譲渡決定3 グッドラック!!


  1. 2016/07/01(金) 02:04:02|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トム、アトムに改名?!

トム、完全復活中♪
とはいえ前回は投薬が終わった途端に風邪をひきなおしたので、
今回も投薬終了後にどうなるかを見ないと
手放しでは喜べない。
でも体重もおかげさまで1kgを突破したし、
行動は日々やんちゃになってゆく。

体調をご心配くださった方から、トム改め「アトム」にしては?
との助言をいただいたのだが、
清く正しく純真な少年アトム、というよりは
ゴルゴ13とでも名付けたい気がする日々
・・・「俺の後ろに立つな」  後ろにトムが立ったら要注意、
背中を駆けあがるからだ、もうお風呂に入るたびに
滲みるの。
でも、よく考えたら、毎日「あっ!トム!」 「アッ!トム!」「あ~っ!トムッ!!」
と叫んでるので、「アトム」もいいかもしれない。
仕切りなおして良いご縁を見つけるためにも
改名してみよう。
ということで、今日から正式名を「アトム」とします。
呼び名は「トム」(または「あっ!トム!」)ですが。



2016-6-30トム1 2016-6-30トム2
トイレ清掃時は邪魔ばかりするので幽閉・・・「出せ~、フニャァ」

自分のご飯を食べた後も、サムたちの肉のご相伴

2016-6-30トム3 
可愛いアピールもしなくちゃね

2016-6-30トム4 近い、近い💦
2016-6-30トム5 結局カプるのね


誰彼かまわず挑戦するやさぐれにゃんこ ア・トム
2016-6-30トム6 2016-6-30トム7
  1. 2016/07/01(金) 00:25:33|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0