バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ヨーヨー、ティガのところに逝きました

22日譲渡会当日の午前3時すぎ、
ヨーヨーは逝ってしまった。

75gの未熟児が、よく飲み、眠り、330gに体重が増えていた。
メリメリと成長して、眼が開き、焦点を必死で合わせて
私の顔をまじまじと見つめていた。
指先でお腹をくすぐると、笑っているように手足をバタバタさせていたヨーヨ、
ようやく可愛い子猫になろうという時に
あまりにあっけなく、私の手の中で死んでしまった。

私が何か重大なミスをしたことは間違いないのだ。
十中八九、死因は誤飲。
2週令をクリアし、病院でも、育児書でも
飲みたいだけ飲ませてあげよう、1日5回くらいに分けて授乳;
というアドバイスをいいことに、気を抜いたのだ。
今まで2時間おきで10ccだったのに、
20cc作って、飲むだけあげるようになった、時間間隔も
3~4時間間隔になり、もう大丈夫という気の緩みが出たのだ。
私があの無垢な頼り切りの命を奪ってしまったという後悔が
ずっとしこりになって残っている。


何がいけなかったのだろう、と毎日思い返している。
うつ伏せにして授乳;
哺乳瓶はあまり角度をつけないように:
飲み終わったら立て抱きしてゲップが出るのを待つ:
排尿は授乳の前と後しっかりと:
考えられることは、時間をあけるようになって
吸い付きが前より強くなった、20cc近くを
一気に飲もうとして気管に入ってしまったんじゃないか、ということ。
なんでもう少し大きくなるまで10cc2時間おきにしておかなかったんだろう。
自分が少しでも楽になると思ったからだ。
右足の麻痺のことも、このまま麻痺が残ったら
貰い手がいないかも、我が家で引き取るのは大変だなぁ・・・
なんて考えてしまったことまで後悔の種になる。

冗談を言っている時も、ふつうに会話していても、
今も、何の感情の先触れもなく涙があふれる。
哀れな、かわいそうなかわいそうなかわいそうなヨーヨー。
成長して可愛い子猫になり、ふてぶてしい大人になり
色々な経験をするはずだったヨーヨーは
今、庭の隅の土の中にいる、もう成長することもない。

いつかこの苦しみも記憶のかなたに消えていくことは
わかっているが、それでも今はまだ哀しく辛い。
後悔が大きいだけ辛い。

 2016-5-22ヨーヨーさよなら
  1. 2016/05/26(木) 00:30:52|
  2. ティガ&ヨーヨ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虐待はなくならない


里親募集で引き取った猫を虐待して殺していた男が
書類送検された(名古屋)
フジ系列のネットニュースを見つけて添付しようとしたら
数分後には削除されていた!なぜ???
今回は男の氏名は公表されていないのもなぜ??
仕方ないので他から引っ張ってきた。

【社会】「ペット里親サイト」で譲り受けた猫を殴り死なせる 40代男を書類送検 名古屋

不思議なのはなぜ「無職・単身男性・アパート住まい」に猫を渡してしまうヒトがいるのか?
ということだ。
申し訳ないが、まともな団体なら絶対に渡さない条件、
殺されずに済んだはずの猫たちが哀れだ。
閉じ込められ、逃げ出すこともできずに犬死させるくらいなら安易に保護しないで、と憤ってしまう。

ヨーヨーを育てるのにこれほど心配し、手をかけていると、
本当に「命を育てることの大変さに比べて、消し去ることがあまりに簡単すぎる」ことの
理不尽さに思い至る。
ヨーヨーもアンも、どうかごく常識的な穏やかな家族に巡り合うことができますようにと願う。

18日のヨーヨ  まだまだひ弱で心配
2016-5-18ヨーヨー1 2016-5-18ヨーヨー2


庭散策中の猫ズ

2016-5-18猫ズ1 2016-5-18猫ズ2

2016-5-18猫ズ3 2016-5-18猫ズ4

2016-5-18猫ズ5 
ハッピーも、元は保護子猫。 この地味な模様のせいか、結局赤い糸は半年たっても見つからず
結局我が家の子になった。
だが、社会性抜群、穏やかで人懐こく、来客の膝に乗ったり。
何より、このしっぽを見よ!!
歳経ればいつか猫又になる可能性を秘めた二股の尾の先、期待しちゃうぞ。
2016-5-18猫ズ6
  1. 2016/05/20(金) 19:55:34|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬友達

穏やかな天気が続く早朝散歩
爽やかな気候に、犬たちも気持ち良さそう

18日
2016-5-18多摩川3 2016-5-18多摩川2
新顔のボルゾイちゃん、すぐにみんなに馴染んでヒトも大好き♪
今まで色々大変だったみたいだけど、いいお家にもらわれてよかったねぇ・・アン、ちっさ(#^^#)

2016-5-18多摩川1 2016-5-18多摩川5 ベロ出しっぱなしサムリン

2016-5-18多摩川6 2016-5-18多摩川7
変わった鳥!?と思ったらゴミを咥えたカラスだった



19日も快晴
2016-5-18多摩川8 2016-5-19多摩川10 

2016-5-19多摩川1 2016-5-19多摩川2 
阿佐ヶ谷姉妹、なんてね♡          可愛らしい「ちょうだい♡」にメロメロ
                      おばさん、あげちゃうよ~
                       「犬のしつけ」?んなもん、どうだっていい


2016-5-19多摩川6 

2016-5-19多摩川7 2016-5-19多摩川8 
ボールで遊ぶレトリバーズ
ヒトと犬のボール遊び(ひたすら投げて、取ってくる)より
ボールで遊ぶ犬たちのほうが見ていて飽きない
ラグビーみたいなもの?
取りあってもけして喧嘩にならない、自分たちのルールがあるのだろうね。
で、このまま川に飛び込んで身体を冷やすわけ

2016-5-19多摩川9 


 2016-5-19多摩川4 楽しかったデスカ?


  1. 2016/05/20(金) 19:07:34|
  2. 犬友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン日記~5月19日

アン日記:

17日夕食             18日朝食        18日夕食       
2016-5-17アン夕食 2016-5-18アン朝食 2016-5-18アン夕食

  19日朝食
2016-5-19アン朝食 

2016-5-18アン1 掲載後すぐに1件問い合わせが!でも集合住宅だったので残念。
                      犬とヒト、双方が幸せになれる組み合わせを探したい

2016-5-19多摩川3 
アンは川辺にくる犬たちと上手に接することができる、
これはなかなか得難い長所だと思う。
子犬のころの社会化が(偶然にせよ)うまくできていたからだろうと思う。
ヒトにも馴れていて、何度か会ったヒトには
自分から挨拶にいく、飼われていた証拠だ。
ちょっとだけビビリなのは、危機回避本能がしっかり働いているから。
気のいいチャーリー、川辺で会う子たちは基本
みんな性格が穏やかで新参者のアンにも親切、
なかでもチャーリーには特にサムと同じ「匂」を感じるのか
遠慮がないアン。
大きくて力の差がある犬は、こうして伏せて
脅威を与えないように誘ってくれたりする、犬って素敵♡  

 2016-5-18多摩川10 2016-5-18多摩川9
すわ、喧嘩か!?
いえいえ、アンが今の所一番遠慮なく遊べるまりちゃんと会った瞬間だ。
アン、大喜びで迎え撃つ・・・はずが、まりちゃんはまず
私たちのところまで飛んできて、おやつをねだったんだった(#^^#)

2頭は同じくらいの大きさ、同じく日本犬の血が入った雑種、
年齢も近くて、だから遊び方も共通したところがあるらしい。
前にも書いたが、追いかけたり、追いかけられたりと立場が
瞬時に入れ替わる2頭は、本当に遊びを楽しんでいる証拠。
そして、いつまでも遊んでいない点も、常識家な2頭。




  1. 2016/05/20(金) 18:36:21|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨーヨー発育中

ティガを死なせてしまってから、半ば強迫観念にかられて
2時間ごとの授乳を続けること2週間、
ベッドに寝たら起きれないのではという恐怖で
ずっと座椅子で寝ていた。
ようやくヨーヨー君がしばらくこちらの世界に逗留してくれそうだと
思えるようになった、ので改めてヨーヨーのご紹介:

5月8日              11日 眼が開きだした
 2016-5-8ヨーヨー1   2016-5-11ヨーヨ1 2016-5-11ヨーヨ3

2016-5-11ヨーヨ2

75gの超未熟児だった彼も、現在は260g。
本来の2週令児より小さいが、順調に増えている。
ミルクも10ccほどを一気に飲み干し、3~4日に一度大量のウンチをして
手がかからない子に育っている。


16日
2016-5-16ヨーヨー1 2016-5-16ヨーヨー2

2016-5-16ヨーヨー3


ティガも本当ならここにいて、兄弟でコチョコチョしあったりして可愛かっただろうな、
助けてあげられなくてごめんね。未熟なおばさんでごめんね。


授乳間隔も少し長くあけることができるようになって、容体も安定しているので
足をのばして、いつもお願いしている病院に検診に連れていった。
右足をひきずるのが心配だったのだが、これまでは命をつなぎとめるほうが
最優先だったので後回しにしていたのだ。
結果は、軽度の神経麻痺。
だが、強く押すと痛がるので、完全な麻痺ではないだろう、
これくらい小さいと、発育段階で、神経の迂回回路ができて正常に動けるように
なることも多いし、多少麻痺が残っても、日常生活に支障はないだろう、とのこと。
余談だが、検診し、検便して整腸剤を出してもらって、会計は65円!整腸剤代金のみ。
ティガとヨーヨーの危険な状態の間、緊急のために近くの立派な病院に通って
かかった費用は・・・
腕もいいし保護活動への理解も協力もある、こんな病院がもっと近くにもあればいいのに。


2016-5-16ヨーヨー4 右後ろ脚をひきずる

ヨーヨーたちは状況からどうやら産み捨てられたようで、
初乳を飲んでいない可能性が高い、こういう子の場合は60日くらいでワクチンを打ち、
それも計3回必要だろうとのこと。
のび太たちとの接触も気を付けなくてはならない、社会化は制限されるだろうが
その代りヒトにべったりの子になるらしい。

まだまだ気を緩められないが、とりあえずはヨーヨー、こんな子です。
*茶トラなので多分男の子だろうと思っているが、
 もし女の子なら、貰い手は結構いるかも。茶トラの女の子は遺伝子的に少ないらしい。


  1. 2016/05/17(火) 21:19:52|
  2. ティガ&ヨーヨ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「犬の引取り屋」

羽田空港の犬がニュースになっているが、みんな白っぽい、
似ている4頭だった。
まさかね・・・・メナが他の成犬数十頭と共に
捕獲されたのは羽田空港脇の緩衝地帯、もう9年も前のことだ。
付近のゴミ船で生活していた男性が世話していた犬たちが
増えすぎて問題になり、最終的に保健所が出動したのだが、
みんな白っぽい同じような犬たちだった。
あの犬たちの残党だろうか? というかまた同じようなことを
していたのでは? 

メナの親類 kapone34.jpg メナとカポネ

同じくネットニュースから:

「犬の引き取り屋で生き、死んでいく犬たち」

悲惨で眼をそむけたくなる、これが生体販売の現実だ。
どんなに『良心的な』ペットショップであろうと、生体販売を商売としている限り、
「不良品」「売れ残り」商品は出る、それが品物なら「廃棄」もやむなしだが
命を扱うかぎり、生体販売には恐ろしい闇が必ずついてまわる。
だから、私はすべての生体販売に反対する。
「ブリーダー」と名乗る者の大半も、実態は同じだったりする。

動物の福祉、愛護に関して、世界は良いほうに向かっていると私は信じている。
昔は動物には魂などないと信じられていたし、虐待も今とは比べ物にならないくらい
多かっただろう。今では動物虐待は法で取り締まられている(まだまだ甘いが)し
動物愛護を叫んでも「変人」とは言われない。
だが、動物を商売とする世界だけは未だに中世のままのような有様だ。
「ペット人気」が高まったために、昔より虐待の規模が大きくなっているようにさえ
思える。
(*昔より悪くなったと思う点もう一つは「係留の義務の徹底」だが
 この点についてはいつも書いているのでまた別の時に )
猫の異常人気で先日も紹介したように
業者の集まりでは「照明を当てることで、年2回の出産を3回まで向上させることができる」
と説明があったらしい、ペットショップの裏側にあるのはそんな世界なのだ。




12日の多摩川
2016-5-12多摩川1 2016-5-12多摩川2ミーシャ

2016-5-12多摩川3 2016-5-12多摩川4ミーシャ 2016-5-12多摩川5

2016-5-12多摩川6 2016-5-12多摩川7 2016-5-12多摩川8

13日、16日
2016-5-13多摩川1 2016-5-13多摩川6

2016-5-13多摩川2 2016-5-13多摩川3

2016-5-13多摩川4 2016-5-13多摩川5

向う岸に先日のホワイトシェパードちゃん。
やっぱり川を渡りきれずにこちらに来ることはできなかった、またね
2016-5-13多摩川7 2016-5-13多摩川8

2016-5-13多摩川10 2016-5-16多摩川2
続きを読む
  1. 2016/05/17(火) 20:41:53|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン日記 ~5月17日

更新が滞ってしまった。
アン日記:

9日夕食         10日朝食      11日朝食        11日夕食
2016-5-9アン夕食 2016-5-10アン朝食 2016-5-11アン朝食 2016-5-11アン夕食
12日朝食        12日夕食      13日朝食      16日朝食
2016-5-12アン朝食 2016-5-12アン夕食 2016-5-13アン朝食 2016-5-16アン朝食
16日夕食
2016-5-16アン夕食 

14日~15日、旅行のためペットホテルに3頭を預かってもらった。
3頭とも初めての経験、アンとメナは大人しくしていたらしいが
サムは1歳の時の2度の入院生活から、ケージに閉じ込められるのが
トラウマになっていた、案じたとおり、ずっと泣いていたらしい💦
ご迷惑おかけしました。
メナはトイレを我慢してしまい、アンはケージの中で大小してしまったとのこと。
潔癖症と、ケージ暮らし後遺症・・・それぞれ大変だったね、ごめんね


いつも会う散歩仲間の男性に「撫でれ~」と       キャッチザトリーツの瞬間!
おねだり中のアン                   アンは眼も鼻もいいから上手だ
2016-5-12アン12016-5-12アン2


たまには失敗もする・・・おでこにトリーツが当たった瞬間!
情けない顔になってる
2016-5-12アン3                     

2016-5-16アン1 
雨の日、外でもできるようになったが、いつのまにか玄関のシーツにも!
メナもサムもシーツにはしないので、多分アン。
もう~その瞬間褒めてあげたかったのに。

ということで、ゴールデンウィーク明けの週末、
いよいよ里親募集を掲示板に出しました。
ゆっくりそろりと赤い糸を探していこうね、アン。
  1. 2016/05/17(火) 19:15:31|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごめんね


4日にやってきたティガとヨーヨ、
5日に早々とティガが旅立っていった。
助からないかもと案じていたヨーヨだけが
今手元に残されている。
せっかく助かった命だったのに、
後悔と哀れさでいっぱいだ。
急変してあっという間だった、
まだ眼の開かないうちに、世界を見ることもなく逝ってしまった。
ハンカチの小さな箱に庭の小さな花を入れて
庭に葬った。
泣いている暇はない、ヨーヨをなんとか無事に育てること。
とても可愛い顔をしてるティガ
2016-5-6ティガと花1 


保護活動の最前線で頑張っているヒトたちは日々
こんな思いをしているのだろうな


  1. 2016/05/09(月) 21:22:39|
  2. ティガ&ヨーヨ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々の記録


6日
2016-5-6多摩川1 2016-5-6多摩川4
2016-5-6多摩川2 2016-5-6多摩川3

7日   風の強い朝だった
2016-5-6多摩川5 2016-5-7多摩川1

2016-5-7多摩川2 2016-5-7多摩川4


8日   久しぶりのロッタちゃん、優しいお口だね
2016-5-8多摩川1 2016-5-8多摩川2
 

2016-5-8多摩川3ロッタ 2016-5-8多摩川4ロッタ


9日
2016-5-9多摩川1 2016-5-9多摩川2
アンと同じく、保護犬出身のまりちゃん。
アンと同じ年頃大きさで恰好の遊び相手

2016-5-9多摩川3 2016-5-9多摩川4


  1. 2016/05/09(月) 21:09:16|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン日記  ~5月9日


アン日記:

5日夕食       6日朝食      6日夕食        7日朝食
2016-5-5アン夕食 2016-5-6アン朝食 2016-5-6アン夕食 2016-5-7アン朝食

7日夕食         8日朝食      8日夕食    9日朝食
2016-5-7アン夕食 2016-5-8アン朝食 2016-5-8アン夕食 2016-5-9アン朝食 

 
2016-5-6アン1 2016-5-9アン2
メナよりずっとヒトに社交的だ、と思う


2016-5-9アン1 
キャッチ・ザトリーツの証拠写真
もうおやつを投げても逃げ出さなくなった。
それどころか、すごく上手だということがわかった。

2016-5-9アン3 
2~3日前から再び後部座席に挑戦中。
もう吐かないし、ほとんどよだれも出ない、すごい適応力だと思う。
ただし、乱暴な運転だと(アンでなくても)酔うかもしれないけれど。

アンはホントに柔軟性があると感心する。
初めてのことにはビビるけれど、少しずつ少しずつ馴れていっている。

  1. 2016/05/09(月) 20:57:04|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しばらく逗留

実はアンの他に昨日から我が家に来客が。

地域猫の関係で子猫の預かり依頼を(喜んで)引き受けたのだが
生後3週間くらい?という伝聞が、実際は生後3日も経ってないのでは
と思うほどの小ささ、1頭はまだへその緒がついたまま、
だが問題はその子ではなく、もう1頭小さいほう。
保護された当日は元気だったそうだが、急激に体調悪化して
病院では「もたないかもしれない」と言われたそうだ。
預かってすぐ最寄りの病院に寄ったが、「体温が低くなっており、今夜が峠」
と宣告されてしまった、のでブログにアップする気持ちになれなかったのだ。

体重は大きいほうでも100g、弱っているほうは75gしかない。
新生児でも110g平均というから、虚弱で母猫に見捨てられたのか
心ないヒトに捨てられたのか・・


ウエストポーチのティガ&ヨーヨ   
2016-5-4ティガ&ヨーヨ1 2016-5-4ティガ&ヨーヨ2

ティガ             反応のほとんどないヨーヨ 危ない
2016-5-4ティガ1 2016-5-4ヨーヨ1
ねずみみたいにしか見えない
2016-5-4ヨーヨ2 

へその緒つきの新生児は10数年前ののび太以来なのに
その上弱り切ってるなんて、どうしたらいいのかパニック。
体温をあげるためにセーターを着て懐に子猫を突っ込む。
直接身体で暖める作戦。だがこれでは私がまったく動けない、ので次に
ウエストポーチに(暖かいペットボトルを敷いて)入れて
身に着けて世話をした。
少し体温が戻ったように感じてから、子猫用キャリーに入れて
湯たんぽとペットボトルでガンガンに暖めてみた。
もう~、衰弱して死ぬか、茹でられて死ぬかわからないくらい暖めてしまったが
今日の昼くらいから状態がよくなってきて、つい先ほど
ついに小さいほうが哺乳瓶に吸い付いてくれた!!!
体重もわずかながら増えた(大 110g;小 80g)。
ので、医師の言っていた「峠」はとりあえず越えたみたい。
やっとブログに紹介する気になったというわけ。


で、大きいほうは『ティガ』 チビすけのほうは『ヨーヨ』です。
(クマのぷーさんから借用した)
ヨーヨは前途洋々の意味もあるし、「たべよーよ」「生きよーよ」のよーよ、の意味も(#^^#)
これからしばらく恐怖の3~4時間置き授乳が始まる、でも元気になってくれたらそれでよし!



へその緒はいつ切ればいいの? ティガ爆睡中    お帰り、ヨーヨ
2016-5-5ティガ1  2016-5-5ヨーヨ1

2016-5-5ティガ&ヨーヨ1



  1. 2016/05/05(木) 22:00:35|
  2. ティガ&ヨーヨ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピータンとピノ(旧ミニー)からお便り♡


久しぶりにピータンのお家から近況お知らせをいただいた♪


『 ~昨日家を留守にし、猫達のお世話をシッターさんに頼みました。
その折、報告で届いたピータンの写真がよく撮れていたので、お送ります。
自分では、なかなかこのようには撮れません。
男前に写っているかと思うのですが、いかがでしょうか?
ドスコイかな...』

2016₋5₋4ピータン近況1 


2016₋5₋4ピータン近況2


懐かしいピータン!
すっかり貫禄がついて、男前になったね。こんなんだったのにね
2016-1-4ピータン子猫時代1 


ミニー改めピノのお家からも近況画像


2016₋5₋4ピノミニ近況2 2016₋5₋4ピノミニ近況3


2016₋5₋4ピノミニ近況4 
『~ピノちゃんは賢くて元気です、
多摩川お散歩も大好きでお尻フリフリでルンルンで歩きます♪可愛いです
そして本当に賢いです
お留守番していて私が帰宅するともう大騒ぎでグルグル回転
動作が仔犬みたいで可愛くて可愛くて
お口の回りを少しカットしました、
来週トリミングします♪
本当に人間の都合で殺されかけ、仲間が順番に居なくなって何時自分かと、
どんな思いで居たかと思うと本当に心が痛みます~』


画像は多少粗くても、元気で幸せそうなのが伝わってくれば
もうそれだけで心が和むもの

ピータンもピノも、ずっと一生幸せに過ごしてね


ウチの無愛想な子(当社比較)
2016-5-4キュー


  1. 2016/05/05(木) 22:00:19|
  2. ピータン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題


3日の多摩川にて
寝坊して遅くなったが、ヒトが少なくてラッキー
パティに会う♪
2016-5-3多摩川1 2016-5-3多摩川5
パティとホロちゃんとみんなでゆったりそぞろ歩き

2016-5-3多摩川3 水球を楽しむサム(面白かったので動画もとってある)



5日、快晴の多摩川
2016-5-5多摩川2 ゴールデン率高い
パティ、すごい顔!
2016-5-5多摩川3 2016-5-5多摩川4

サムも変な顔W
2016-5-5多摩川6 2016-5-5多摩川7


2016-5-5多摩川8 2016-5-5多摩川11


2016-5-5多摩川12 2016-5-5多摩川13


2016-5-5多摩川9 まっすぐに見つめる眼



  1. 2016/05/05(木) 21:32:15|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン日記5月5日

アン日記:

3日朝食            夕食          4日朝食
2016-5-3アン朝食 2016-5-3アン夕食 2016-5-4アン朝食 
4日夕食            5日朝食
2016-5-4アン夕食 2016-5-5アン朝食 
4日、初めて骨付き肉をあげてみたら、必死の形相で食いついてきた。
まだ手から食べるのが下手だけど、ちゃんと噛み砕いて食べられた。


 4日の大雨の時、外でしぶしぶオシッコはしてくれたが、
気が付いたら玄関マットにウン〇が!
雨さえ降っていなければ粗相はないんだけど・・
よほど雨に濡れるのが嫌いな様子。
前回の失敗以来玄関にシーツも置いてあるのだが、シーツより
マットのほうがトイレの感触がいいからねぇ・・。

2016-5-3アン1 2016-5-5アン5
のびのび、のポーズ♡

2016-5-3アン2 2016-5-3アン3
アンの最大の愛情表現のひとつ、手を咥える:
             髪の毛を齧る:
ハタ迷惑な愛情表現だけど、決して傷つけないようにやるのはさすが。
口を上手に使える子が好き、加減をわかっているからだ。
子犬時代の甘噛みの頃から厳しく禁止させてしまうと、
口が不器用で何かのハプニングでとっさに噛んだりしたとき
加減がわからず大怪我につながると私は思っている。

2016-5-5アン1 2016-5-5アン3
サムの影響、水遊び好き

2016-5-5アン2 2016-5-5アン4
散歩の時もだいぶしかめっ面が消えて優しい顔になってきた


アンの長所は色々あるが、どんな犬ともさりげなく
圧迫感なしに挨拶ができるのもひとつ。
深追いもしないし、新しい家庭に行ってもお友達が
沢山できるといいね。

  1. 2016/05/05(木) 21:18:03|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「サム」命名の由来がゆらぐ?


2日の多摩川


だからボルゾイを正面から撮っちゃダメだってばw   アホ面はどこから撮っても同じ
 2016-5-2多摩川1       2016-5-2多摩川2


ブチ柄3頭  遠くからだと見分けがつかない
2016-5-2多摩川3   2016-5-2多摩川4

たそがれてる男と気遣う愛犬の図
2016-5-2多摩川5 

最近知り合ったポインター(?)見つけて飛んできてくれた♡
2016-5-2多摩川6   2016-5-2多摩川7
もちろんおやつ目当てだけどね
近くで見ると、アンと面立ちや体型が少し似ている・・・アン、ポインターミックスということで。


2016-5-2多摩川8
ポインターと一緒の黒い子(右)
初めて会った時、フラットだと思って尋ねたら、ゴールデンとラブのミックスとのこと
飼い主さんが外国の女性だったので、詳しく聞けなかったがだいたいそんなこと言っていた。
15歳とか言ってた(ような気がする)が、この子、誰かに似てると思い続けていて
ようやく思い当った! フラットコーテッドレトリバーとして最高長寿犬の本家『サム』にそっくりだった。


Sam's Life 』 このブログが大好きで、優しく静謐な画面からしあわせな犬と芸術一家の生活が
浮かびあがってくる。 このサムの長寿にあやかってサムという名前をつけたのだが
当時から、この犬は純粋のフラットコーテッドなんかなぁ?という一抹の不安はあったのだ。
純血種かどうか、この場合はとても重要になってくる、だって純血種のフラットはとても短命で
だから20歳まで幸せに過ごしたフラットがいるということで勇気づけられたのだから。
サム、名前負けしないで、せめてこの子と同じくらい長生きしてね



  1. 2016/05/03(火) 19:31:10|
  2. サム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫ズの日々


春になり、毎日ではないが庭散歩を再開した我が家の猫ズ。
ウチのお姫さま、ハッピーは侍従つき(監視つきともいう)散歩で
庭だけ、のび太は近くをぐるっと回って10~15分くらいで帰宅、
半野生児のキューは迷子札鈴つき首輪をつけてフリーに。



花の似合う女の子
2016-4-30猫ズ1  2016-4-30猫ズ3
脱走を企んでいる時の緊張した目つきが丸わかりすぎる(#^^#)
しっぽはゆっくり左右に振っている。
猫の侍従をやってみると、忍耐力、観察力が研ぎ澄まされてくるし
「犬」がいかに扱いやすい動物かよ~くわかる

門の下の隙間から脱走するには太りすぎ、残念
2016-5-2猫ズ1   2016-5-2猫ズ3
使わなくなって数十年の井戸の上でしばし休憩中
この井戸、邪魔だけど「貞子」が怖くて潰すことができなかった(#^^#)



庭でオシッコ 他所ではしないでね     野生児キュー
2016-4-30猫ズ2  2016-5-2猫ズ2


キューは数年にわたって完全室内にチャレンジしてきたが
兄弟猫が外にいたせいか、窓のカギを開けて脱走を繰り返し、
新居になってカギが開けられないようになり脱走不可能になったあたりから
尿路結石を発症した。
因果関係などないのだろう、それでもやはり、私のほうが折れて
良く晴れた穏やかな昼間だけ、外出させることにした。
鳥を狩れないよう鈴をつけて出しているのだが、どうしているのやら。
野良猫だったキューの兄弟はとっくに姿を消し、
キューも歳のせいか1時間くらいで見回りから戻ってくるようになった。
猫にとってのQOL(生活水準)ってなんだろう。
イエネコにとってはまず衣食住の保証、ヒトに庇護されて安寧な日々が
保障されることが最低限の水準となるのだろうか。
自由への希求はどうなんだろう。
永遠のバイブルであるコンラーとローレンツの本の中に
『(散歩に連れ出してもらえる)犬にとっては家は単なる犬小屋にすぎないが
猫にとっては家に閉じ込められることは牢獄になる』とかいったようなことが
書かれていた(ような気がする)。
あまりに奇形的に歪曲された新種でないかぎり、たいていの正常な猫には
まだまだ野生の本能が残されているようにみえる、
そんな素晴らしい動物のQOLはどうやって都会の人間社会と
折り合いをつけていくか、悩みはつきない。



夏場毎日のように食べる大葉を今年は庭の隅で育ててみようとチャレンジ
2016-5-2猫ズ4 
左は種を撒いた所  右は保険のため?苗から育ててる
育ってくれるかな? 土が合わないと溶けてしまったことがあるから・・



不審者や行き倒れではなく、私に勧められて
3階のバルコニーに毛布を敷いて昼寝にトライの主人、と群がる犬たち
2016-4-30屋上1 

暑いのに忠実に傍に付き添う黒いの
2016-4-30屋上2  2016-4-30猫ズ4



  1. 2016/05/03(火) 18:58:38|
  2. わが家の猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼差しに♡


4月30日、5月1日の多摩川

おやつのデフレおじさん
犬は「扱いやすい人間」を見分けて群がってくる      サギの足って大きいのね!
2016-4-30多摩川1  2016-5-1多摩川1 

2016-4-30多摩川3 2016-4-30多摩川4




5月1日は用があり、いつもよりさらに早朝
まだ太陽が顔を出したばかり、誰もいない
2016-5-1多摩川2早朝  2016-5-1多摩川4


2016-5-1多摩川5  2016-5-1多摩川3


ときおり振り向いて私をじっと見つめる瞳にくらくらする
実はなぁんにも考えていない、のかもしれないが
深く、澄んでいて
見つめられただけで眼をそらせなくなるほど美しい。
おやつをちょうだい、とか、遊ぼう、といった
要求でもなく、ただ愛情に満ちた(と勝手に思ってるが)
その眼差しは、「アイコンタクト」とはまったく別の次元の宝物


  1. 2016/05/03(火) 18:07:10|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン日記5月2日

アン食事


29日夕食     30日朝食    夕食     5月1日朝食
2016-4-29アン夕食 2016-4-30アン朝食 2016-4-30アン夕食 2016-5-1アン朝食

2日朝食     夕食
2016-5-2アン朝食  2016-5-2アン夕食

2016-4-30アン1  2016-4-30アン2


今は3頭一緒に食事しても何の問題もない、が、
それはサムとメナが食べ物を巡って諍いをしない犬たちだから、
彼らに拠るところが大きい。
せっかくのこの長所を守る為にも、アンが彼らのご飯に手を出さないよう
ヒト(私)が見守ってあげなければならない。

飼い主は自分の愛犬の「問題行動」や欠点にはすぐ気が付くが、
長所は見過ごしていることがあまりに多いと思う。
そういった美点は、飼い主が認めて心から褒めてあげると
さらに磨きがかかるが、当たり前と無視され続けると
段々消えていくことがある。

アン、最近は早く食べ終わると立ち上がって
キッチンカウンターの上をチェックするように♪
「なんだか段々お行儀が悪くなってない?」と言われてしまいそうだが
私は 犬がおどおどしているのが大嫌いなのだ。
ビクビクおどおどしていた子が、段々のびのびとして
悪戯したり、お茶目になったりするのを見るのは喜びだ。
こうなってきたら「ダメよ」というだけで止めてくれることが多い、
手で払い落す必要などない、それでいいと思ってしまう。

2016-4-30アン3 
「トイレの小路」で用を足すようになったアン
でもまだなんだか縮こまって変な恰好でオシッコする

トイレは順調だが、雨の日、外で用を足さずに戻り、
後で玄関マットにしてしまったことがある。
雨に濡れるのが嫌いなんだね。
雨でも外でトイレできるようになるといいね。

2016-4-30アン4 2016-4-30アン5

サムにはやりたい放題のアン。
口から直接ボールを奪い取ることもできる仲。
メナも一度もアンを叱ったことがないが
それでもアンの尊敬を受けているふしがある。
威厳の問題か??

アン、昨日初めて投げたトリーツを逃げることなく
口でキャッチできた。
びっくりしてすごく褒めたらそれから何度か成功!
アンの未来の飼い主さん、
この子は叱るとたちまち萎縮してしまいます、
褒めれば褒めるだけ喜び成長しますので
そこのところ、よろしく♡
  1. 2016/05/03(火) 17:34:18|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初対面でも溶け込める子


29日の多摩川:
早朝から強風に煽られながら散歩
樹々も草原も風に揺れて、ざわざわと音をたてている中を歩くと
気持ちも興奮してくる。
犬たちもやはり興奮しているようだ。
                                 草むらの中に可愛いヘビイチゴ?
 
2016-4-29多摩川4 2016-4-29多摩川5


2016-4-29多摩川1  2016-4-29多摩川2
   ゴロスリがブーム、らしいアン(#^^#)
2016-4-29多摩川3 


サム、後ろ後ろ!(マネだけです)
2016-4-29多摩川6 2016-4-29多摩川7 

2016-4-29多摩川8 背景の樹々の、風にしなっているのがわかるだろうか


 

  2016-4-29多摩川9


今日初めて会った黒ラブちゃん。
12歳ということだったが若々しく元気いっぱいだ。

2016-4-29多摩川10 2016-4-29多摩川11

いつもの犬仲間数頭に囲まれて匂いを嗅がれても落ち着いていて
すうっと群れに溶け込める、社交上手な子だった、
普通は、初めて会う犬の群れに囲まれたら緊張してしまうはずなのに。
そしてたちまち他の子と一緒になって、飼い主たちの所を回って
おやつをねだっていた。
つまり、こういう犬に育ててほしい、と私は思っているのだ。
色々な経験と学習をしてきているので、自信があり、
自分でものごとに対処できる犬、犬にもヒトにも社交的で仲間にすっと入れる子。
訓練では身に着けられないものを総じて「社会化」と呼んでいるわけなのだ。



  1. 2016/05/01(日) 00:14:31|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0