バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

TV、2件の犬関係にムッ

TVを見ていて、2件の犬についての話題が
気になったので:

『世界の怖い夜、春休み絶叫SP』(TBS9時)
恐怖特集の中で、家で心霊現象に悩まされているという男性、
妻を若くして亡くしてから家は荒れ放題、
半ばゴミ屋敷化しているようだった。
結局、屋根裏で死んでいたヘビの祟り、とかいうオチだったが
私には、乱雑で荒んだ雰囲気の部屋の隅に
小さなケージにハスキー犬が閉じ込められているほうが
よっぽどの恐怖映像だった。
ちゃんと世話されているんだろうか?
気楽に流し見していたのに、後味がすごく悪い。

『中居正広のミになる図書館』(昨日テレビ朝日 11時15分)
八木亜希子の愛犬について、某インストラクターとかが
・甘やかしすぎ
・何より重要なのは「上下関係」
・犬に舐められている
・飼い主の大事にしているものに「ウンチしてやれ」と
 自分のほうが上だとアピールしている

なんだこれ???目が点!
というか、このヒト、こんなこと、どこで教わったんだろう。
こういった間違えをテレビで堂々と言うと、
また勘違い飼い主が増えてしまう。
ストレスまみれの犬がこれ以上増えないことを祈る。
どうやらここの訓練所ではいまだに「服従のポーズ」を
犬にさせているらしい。
八木さん、あなたに犬が懐かずご主人にばかり懐いているのは
ご主人が素直に優しく接してくれるからだと思いますよ。

この『インストラクター』の所属する店、
ちょっと気になったので調べてみたら、
一等地にビルを建て、ショー用の子犬の繁殖もしている
なるほど、の会社だった。
きれいな包装紙に包まれた業者、ということか。
腹立つわ~



今朝の多摩川
知り合いのわんこたちに囲まれても
結構平気そうなアンコ。
少しずつ仲間に入れてもらおうね、
でも今はロングリードが絡まったりして他の子を
傷つけては申し訳ないので、ちょっと挨拶だけして中洲へ渡る。

パティはアンよりサムにだけ関心があるのよね
2016-3-30多摩川2

「また新顔ですか?」エース君、
アンをよろしく♡
2016-3-30多摩川3
ボ、ボクたちはアンよりおやつのほうが・・
2016-3-30多摩川4

2016-3-30多摩川6

2016-3-30多摩川9

2016-3-30多摩川10

2016-3-30多摩川11
帰りの車中で
よだれ、垂らさなくなりましたっ
2016-3-30多摩川12

  1. 2016/03/30(水) 23:59:24|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月30日アン日記


29日夕食
生鶏肉もOK、これに牛乳を少し加えているが
アンコは最初から牛乳耐性があるみたいで、お腹を下さない
2016₋3₋29アン夕食

30日朝食
粉砕野菜をまた少し足してみる
今度は完食!
2016-3-30アン朝食

30日夕食
茹で肉なしで生鶏肉だけあげてみる、好きみたいで完食
納豆もOK,これでほぼすべての食材が大丈夫な感じ
2016-3-30アン夕食

食事時、待機中の面々
メナはキッチンの奥、サムは入口というのが定位置らしい

2016-3-30アン夕食サム
2016-3-30アン夕食メナ

で、喰った後はすぐに座椅子占領して寝るふたり
2016₋3₋29アン


アンのトイレ事情
今日までほぼ3~4時間ごとに庭に出して、
失敗させないことを最優先にしてきたのだが、
募集を開始するためには、もう少しトイレ間隔が
長くならないと、と思っていたが、
今日は昼間、居眠りしてしまい、気が付いたら
6時間も庭に出していなかった・・・のに!
失敗していなかった、偉いね♪
5~6時間おきに庭に出してトイレ、なら
普通の家庭でも可能だと思うので
募集開始が考えていたより早めにできるかもしれない。

  1. 2016/03/30(水) 23:53:02|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン日記1週間目 &猫ズ

アン、日ごとに生き生きとしてきている。
トイレの失敗は1度きり、庭でちゃんとできる。
ご飯も食べっぷりがよくなってきたし
遠慮しいもなくなってきて、適応力の速さに
驚かされる毎日、2歳というがまだ若い感じがする。

たまにまだ猫を追いかけることがあるが
(本気じゃなくてもウチでは禁止)
安心していられるようになってきた。

猫とのツーショットではまだ顔が緊張してるね
「猫を追いかけちゃダメ」と言われてるから?
2016-3-29アン&キュー1

2016-3-29アン&ハッピー11


昨日28日、居間での添い寝も限界で
深夜ベッドに移ったのだが、ベッドルームに
おずおずと入ってきて鼻鳴きしていたが
最後は居間の座椅子の上で寝た様子、
やれやれ、ベッドに来てもいいんだけれど
もう定員オーバーだから、好きな所で寝てください。


28日夕食
2016-3-28アン夕食
29日朝食
2016-3-29アン朝食



晴れやかな昼、猫ズを庭に出す。
キューはやはり1時間くらいで戻ってきてくれた。
のび太とハッピーは庭だけフリー。

2016-3-29キュー1

2016-3-29のび太ハッピー1

2016-3-29のび太1

2016-3-29ハッピー2

2016-3-29ハッピー1


  1. 2016/03/30(水) 02:52:05|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬の日

今日は快晴、特に差し迫った用事もない1日、
すがすがしく光り輝く早朝をのんびり犬たちと楽しんだ。

2016-3-29多摩川4

2016-3-29多摩川1

中洲に渡る
走ってくる途中で深みに嵌ったメナ(#^^#)
2016-3-29多摩川22016-3-29多摩川3
「えへへ」濡れちゃった
2016-3-29多摩川8

2016-3-29多摩川9

2016-3-29多摩川10

2016-3-29多摩川11


2016-3-29多摩川5

2016-3-29多摩川6

2016-3-29多摩川7

オーマイゴッド(;O;)
2016-3-29多摩川12
2016-3-29多摩川13
オーマイゴッド2!
2016-3-29多摩川17
2016-3-29多摩川14

2016-3-29多摩川15

2016-3-29多摩川18

2016-3-29多摩川20

2016-3-29多摩川19

2016-3-29多摩川21
アンのお見合い写真に使えそう♡
2016-3-29多摩川16


  1. 2016/03/30(水) 02:39:38|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月曜日の多摩川:
小雨が降っていたが、日曜日に散歩に行けなかったので
濡れるのを覚悟で出かけた。
一旦濡れてしまえばなんていうことはない、はず。

川面を見るとk結構降ってるのがわかる
2016-3-28多摩川3

2016-3-28多摩川2

2016-3-28多摩川5

雨の中でも泳いだ子
2016-3-28多摩川6
さすがに中洲には渡れないから今日はオンリードで
2016-3-28多摩川4
よく似た二人
2016-3-28多摩川1




先日の dog actually に面白い記事があった。

間違っていると伝えるほうがいい?犬に新しいことを教えるとき

DINGOでも、このno-reword markerについては
教えてもらっていたのだが、
特にクリッカーを使ったトレーニングでは
こういったサポートでさえかえって学習能力の
妨げになっているかもしれない、ということだった。

常々、犬の行動を対象とした研究は
あまりにも安易に行われている気がしているのだが
(対象頭数が少ない:研究環境が充分配慮されていない:
対象に偏りがある:etc)
今回の記事は「やっぱり!」と頷けた。
クリッカーに限らず、子犬や、迎えたばかりの保護犬に
家庭でのマナーを教えなくてはいけない時、
「できた時に褒める」だけに絞ったほうが
「失敗した時に注意する、叱る」という方法を
併用するより、犬にとって学習しやすい、と常々思っている。
信頼関係がまだできていない段階で
叱ったり注意したりすると、犬は混乱し意欲をうしない、萎縮してしまうからだ。
実験では、人間の声ではなくピアノの音をno-reword markerに
使っていた(ヒトの声では声自体に無意識に意味を込めてしまう
可能性があるからだろう)が、それでも犬の学習能力は下がった。
まして日常生活で飼い主が「注意する」時は
気を付けていてもつい怒りや叱責する気持ちが
声に出てしまいがちだ。
ますます犬は混乱してしまうことになる。

それから、迎えたばかりの犬に
いちどに沢山のマナーを教えようとするのは
酷だということも忘れないようにしよう。
一度に沢山のことを要求しないことだ。

ちなみに我が家で保護犬を預かった時、
たった一つだけ最初から守らせるのは
トイレマナーでも足拭きでもなく
「猫を追いかけまわさないこと」だけ。



  1. 2016/03/30(水) 01:59:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン日記7日

26日夕食(右)
生牛肉、一番最初に食べた、
生食OKみたい(骨はまだ)
2016-3-26アン夕食

27日朝食
納豆も大丈夫
2016-3-27アン朝食
しかめっつらが段々優しい眼になってきた
緊張や不安は、顔に出る。
皮膚が張りつめていたり、眉間に皺がよってたり。
脱力して穏やかになってくると、みんな段々たれ目になる
2016-3-27アン1

今日も散歩から帰ってひと眠りすると・・

2016-3-28アン1
「ひ~っ」
2016-3-28アン2

2016-3-28アン3

2016-3-28アン4

2016-3-28アン5

もう~メナもサムもアンコの相手をするの、疲れるってサ
あまりに興奮してなかなか終わらない時は:
短時間サークルに入れて「反省タイム」(1~2分)か、

2016-3-28アン6
抱っこ拘束の刑!
抱きしめていると、早かった鼓動が
段々ゆっくりになってくる。
そして、
2016-3-28アン7
そのまま、落ち着いてくれることが多いんだが、
問題が一つ、アンコ、抱っこされるのもしかしたら
好きかもしれない。刑になってない?

*大ニュース!
今日目の前でアンコ、きれいなウン〇をした!
何日かぶりだったし、目の前で得意げにしてくれたのが
嬉しかったのでカメラを取りにいって撮影。
     2016-3-28アンウンチ
  1. 2016/03/28(月) 22:11:10|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン日記5日目

土曜日、大事件二つ。

その1:
アン、室内で初粗相!
これは私が悪い、そろそろ3時間経ったから
オシッコだね、と思いながら、先に自分が
トイレを済ませてしまった、そのちょっとした遅れが
粗相をさせてしまったのだ。
「そろそろ庭に出ようか」という私の気持ちを察して
「おトイレ気分」になったのに、庭に出るのが遅れたために
我慢できなくなってしまったのだと思う。
犬は人間の感情や、次の行動を敏感に察知するのだ、
気を付けよう。
1回失敗させたらそれだけ「外でだけする」という
習慣づけが遅れるのだ。

・その2:
メナがアンと遊んでくれた!
サムのようにすぐには受け入れないメナ、
それでも共に暮らすうちに、結局は受け入れてくれる。
それが昨日だった。
拒否られてもしつこくじゃれるアンに、
いつもは警告して他の部屋かコタツに逃げ込むメナが
突然応戦したのだ。
2頭とも口を使っての遊びだから、一見恐ろしいが
完全に遊びモードだとわかる。
メナ、ありがとうね。
2016-3-26アン1

2016-3-26アン2

2016-3-26アン3

コタツの中に避難したキューとハッピー
2016-3-26アン4
サークルに避難して昼寝のサム
2016-3-26アン5

2016-3-26アン6


それからもう一つ、散歩の時にアンが
初めておやつを口にした。
今まではおやつどころではなかったのだろう、
少しずつ環境に馴れてきたということかな。

2016-3-26多摩川アン3


昨日の朝ご飯(夕食は撮り忘れ)
2016-3-26朝食アン



ところで、金曜日の散歩の帰り、横断歩道を渡ってすぐ
アンがパニックを起こしたことを書いたのだが、
土曜の帰り道、今度はガソリンスタンド前の信号を渡らず
来た時と同じルートで道を渡ってみた。
するとアン、まったく臆せずにサムたちと一緒に
スムーズに歩いてくれたのだ。
土曜なので車の量が少なかったせいかもしれないが
考えられるのはやはりガソリンスタンドの匂いか音、
だったのではないかと思う。
  1. 2016/03/27(日) 23:11:00|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仲間から学ぶ

土曜日、雲行きが怪しかったが
眠気を振り払って多摩川へ。
(連日アンに付き添ってコタツで寝ていて寝不足気味)
2016-3-26多摩川1

2016-3-26多摩川4

2016-3-26多摩川アン1

メナ、ちょっと太りすぎか・・・でもやっぱり私には最高に美しい犬に見える
2016-3-26多摩川3



中洲へ渡って、ちょっとの間だけアンをオフリードにしてみる。
(ロングリードを垂らした状態でフリーにしていたのだが
どうも足取りが重いので)
やっぱりリードをひきずっていないと身軽みたい、
動きが違う。
2016-3-26多摩川アン2


散歩のたびに、ちょっとずつゴミ拾いをするようにしているが、
中洲はゴミの散乱が酷い。
多分その多くは上流から流れてきたものだと思うが、
それにしても、川はゴミ捨て場だと勘違いしているヒトが
沢山いるわけだ。
本格的にゴミ拾いしなくても、水鳥や海で暮らす生き物を
守るために、簡単にできるゴミ拾いがある。
・何よりもまず、釣り針・釣糸だけでもみつけたら必ず拾う
・長い糸や紐も、足に巻きついて水鳥を殺すので拾おう
こういったものは嵩張らないからティッシュでくるんで
バッグにいれて持ち帰れる
もし小さなビニール袋があるなら、
・ビニール袋も拾ってほしい
川や海の生物の死骸の内臓からビニール袋が見つかることが
頻繁にあるという、クラゲと間違えて飲み込んでしまうのかもしれないらしい。

2016-3-26多摩川2

2016-3-25多摩川7




帰り際、いつもの散歩仲間数頭に出会い、囲まれて
アン、ちょっとびっくり(#^^#)
そこに以前サムがビビらされたイケイケのハスキー君がやってきた。
私はサムとメナが嫌な思いをしないように少し離れていたのだが、
このハスキー君をスタプーコンビが吠えながら追いかけ始めたのだ。
すわ、喧嘩が始まるか?と心配したが、
ハスキーは楽しそうに逃げ回っている。
するとそれにメナまでが加わって、ハスキーを追い立て始めた。
メナが本気ではないことが分かったので見守っていたのだが、
なんだか彼女、ちょっと楽しそうにさえ見えて来た。
ハスキーは、弱っちい臆病なサムや大人しい子には
えばる癖に、強気で追いかける子には
一目置いて、遊びに誘う、といったタイプだった、
サムも、仲間が沢山いたせいもあってか、しつこくされると
唸って「やめて」と抗議する余裕が出て来た。
すぐ傍に頼りになるエースもいたからね。

これは、困ったちゃんをあしらう方法を、
仲間の行動から学んだ、という見方もできるんじゃないだろうか。
沢山の犬と親しくしていると、それぞれの得意分野があり、
必要に応じてそれらを学ぶ機会も増えるのかもしれない、
そういう意味でも犬社会での自由な交流って
犬には貴重なのだなぁ、と思えてくる。



  1. 2016/03/27(日) 22:27:17|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4日目アン日記

トイレ事情
金曜日、アン、散歩中に初めてオシッコした。
ウン〇はまだ庭でも一度だけしかしていないようだが
もしかしたら?という小さなウン〇が庭の隅にあったので
そうだとしたら嬉しいのだけれど、お腹も張っていないので
もう少し様子をみる。
3~4時間ごとの庭出しで、まだ失敗なし。
確実に「室内ではなく外でする」という習慣がついたら
できればサムたちと同じ決まった場所でしてほしいけれど
まだ時間がかかるだろう、今年は芝張りはあきらめよう。


・ご飯
生野菜はやめて、茹でた大根と卵黄をヨーグルトと牛乳、
茹で鶏肉+鶏レバーに加えてみたら、これは完食。
2016-3-25アン朝食

夕食は茹で大根の代わりにリンゴを擦ってだしたら
これも完食。
段々手作り食やヨーグルトに馴れてきたのかもしれない。
2016-3-25アン夕食


ご飯はまだアンをサークルに入れてあげている。
アンは食い意地が張っていないので
まず喧嘩は起きないように思えるが、予防にこしたことはない。
サークルに閉じ込められないということはすぐ理解したが、
時々興奮を鎮めるためや、用事が入った時に入れられることがあるのに、
朝夕の食事時はサークルにご飯を入れるとすぐに自分から入る、
食事中の数分だけのこととわかっているのだろう、賢いね。
2016-3-24アン夕食


・突然のパニック、「固まってしまう」
河川敷に行くために道路を渡らなければならないのだが
それほど広い道路ではなく、行く時は平気でサムたちと
一緒に歩いていくアン、だが帰りには行きと違う所から
道路を渡った。帰りの時刻には車の往来も増えるので
信号のある横断歩道を選んだのだ。
だが、渡ってすぐにアンがいきなり後じさりし、固まってしまった!
表情はパニック寸前だ。
車が通り危険なので、仕方なくリードで引っ張るが動かない。
最後は抱きあげて駐車場へ。
何が行きの横断と違ったのか?
何がアンには「危険!」と映ったのか?
推論でしかないが、渡った目の前が小さなガソリンスタンドだった、
そのガソリンの匂いが原因かもしれない。
明日、検証してみようと思う。
アンがあまりに適応力があるので、ついつい見過ごしてしまうことが
あるかもしれない。
だが、まだケージ生活から放たれて4日目の子なのだ。
ルート一つとっても、アンのストレス度合いをよく観察して
気を配ってあげるべきだった。
行きの車内で、昨日よりさらに落ち着いた顔に。
でもよだれは出てる(#^^#)
2016-3-25アン1

アンの相手に疲れたのか、サークルで昼寝するサム
2016-3-25アン2


  1. 2016/03/26(土) 20:14:58|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先住動物のストレスを考慮する

金曜日は久しぶりに晴れた朝♪
2016-3-25多摩川8

同じ歳くらいのルークやパックンたちと会ったアン、
犬には馴れている様子、
でも新参者だからちょっと腰がひけてるかな。
みんなさりげなく接してくれるので助かる。
2016-3-25多摩川1

2016-3-25多摩川2

でもまだアンの負担が軽くなるように中洲に渡る。
天気がいいせいか、昨日より足取りが軽いかんじ。
2016-3-25多摩川3

2016-3-25多摩川4

2016-3-25多摩川5

2016-3-25多摩川6

2016-3-25多摩川9

2016-3-25多摩川10



今朝の散歩中、中洲に渡る前に岸辺で小型犬(フリー)とすれ違った。
メナは普段小型犬に興味がない、
それが突然小型犬のお尻の匂いを嗅ぎ出した。
小型犬は大人しくしていたが、途中で逃げ出してしまった。
メナが匂い嗅ぎをしようとした時点ですぐにきつめにメナを呼んだ、
普段ならその声の調子ですぐ戻るか、最低限、匂い嗅ぎをやめるはずなのに
メナが無視し続けた、そして逃げ出した小型犬を追いかけて押さえつけた!
すぐに割って入り、「いけないっ!」と言うと、止めたが、
こんなこと、メナがするなんて・・・がっかりしながら飼い主さんに謝ったが
気にしないで、と言ってくださって本当にありがたかった。
普段ならしない行動を突然とったこと;
ほぼ100%応えてくれていた私の真剣な呼び声を無視したこと;
これは明らかに異常行動だ。

シニアになってきたメナにとって、預かり犬アンの存在は
かなりのス脅威なのかもしれない。
ジャキー、ミニーのように小型犬で、犬よりヒトが好き、というタイプは
煩くなかったが、アンは室内ではまだまだ落ち着いていられる時間が少ない。
じゃれて絡んでくるし、動作も大きい、身体もメナより一回りしか違わない、
ということで、かなりうざい存在なのだと思う。
メナはじゃれついてくるアンを、礼儀知らずで無礼な子と思っているようで
その都度、「ゔ~っ」と小さく唸って追い払っている。
居間ではコタツに逃げこんで出てこないか、ベッドルームに避難している
(アンはまだベッドルームに自分から入ってこないので)。

猫たちも、表面上は平静に振る舞っているが、
ハッピーはアンを刺激しないように
できるだけ走ったり急激に動かないように気を使っている。
のび太は威厳を保つために平常どおり振る舞って、
機会があればアンに平手打ちをしているが、もう歳だ、
ストレスは感じてるだろう。
サムだっていつもいつも相手をしてくれてるので
ついつい見過ごしてしまうが、彼なりに疲れてるだろうと思う。

家族である先住犬猫が安定した心でお互いの関係も
良好だからこそ、預かり犬猫を迎えることができるし、
彼らが、傷ついた保護動物に沢山の良い影響を与えていることは確かだ。
だからこそ、先住動物のストレスマネジメントをより丁寧に
していかないと、大事な家族から信頼されなくなってしまう。
そういう意味でもアンが興奮しすぎないように、家の中では落ち着いていられるように、
猫に無関心でいられるように、細心の注意を払って導いていく責任がある。







  1. 2016/03/26(土) 19:57:29|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3日目アン日記

今朝のご飯、撮り忘れていて
食べてる途中で撮影、
2016-3-24アン3

で、やっぱり粉砕野菜だけきれいに残す
2016-3-24アン4



・激しい遊び
昼過ぎまでは散歩の疲れかぐっすり寝てくれたが
午後には元気回復?サムがずっと相手をさせられる。
2016-3-24アン7

2016-3-24アン5



多分、環境が激変してそれなりにストレスが溜まっているのだろう、
それが、サムへの過激な掛け合いになっている部分が
あるようにも思える。
ウチでの生活が安定してくれば、こういった
いつまでも続くようなはしゃぎ方は減ってくるだろう、
今は適当なところで間に入り、
抱っこして寝かしつけたり、短い時間サークルに
入れたりして落ち着かせている。
2016-3-24アン9


興奮してはしゃいでしまう犬を叱っても効果はない。
具体的に落ち着かせる方法を考えよう。
一方で、相手をしてくれるサムに
「いつも苦労かけてすまないねぇ」と
ねぎらいの言葉と愛撫をすると
お人よしの彼はまんざらでもないようす、嬉しそう。
2016-3-24アン6


・甘噛み
どんなに興奮している最中でも
手をアンの口先に持っていくと、注意深く咥える。
とても口が器用で優しい子だと思う。
犬の愛情表現のひとつに、優しく口で手を咥えるという
ものがあることを知らないヒトがいる。
これを治すために「口の奥に手を突っ込みなさい」
とか「マズルを掴め」とかいう方法をとることは
犬の気持ちを拒絶しているのだと知るべきだ。
犬は身体の構造上、抱きしめたり
撫でたりという表現ができない、
手の代わりに口を使うことが案外多いのだ。
2016-3-24アン8



・トイレ現状
3~4時間ごとに庭に出して一緒に少し歩き回る。
未だに室内粗相が一度もない、できすぎだ。
ペットシーツでトイレをしてもらうトレーニングは
もっと難しいが、逆にいえば、
小さくていいからお庭があって、庭でトイレを
させてもらえるなら、シーツ代もかからないし
犬も楽だと思う。
今ちょっと心配なのは、
*ウン〇が水曜日にした1度だけ、ということ。
*昨日今日の散歩でもウン〇はもちろんオシッコもしない。
なんとか毎日ちゃんと排泄してもらえるようにしたい。









  1. 2016/03/25(金) 00:20:59|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

小雨の川辺

今朝早く、曇り空の中出かけたが、途中で小雨に。
雨の中を中洲に渡る。
寒い!けどサムたちは楽しそう。
2016-3-24多摩川1

2016-3-24多摩川2

2016-3-24多摩川3

2016-3-24多摩川4

預かり犬 アンは水が苦手なので
中洲には抱いて渡る。
島では長いリードつきでフリーにしてみた。
家の中で時々エネルギーを持て余しているように
みえる時があるので、さぞかし走り回るだろうと
思っていたのだが、意に反して
ゆっくりと歩き回るだけ、匂い嗅ぎにいそしんでいた。
すべてが目新しく、新鮮な匂いに満ちているんだろう。
私たちが浅瀬に入ると、なんとアン、
頑張って後を追いかけてきた!
勇気がいっただろう、すごいね。


浅いところは自分から歩いてくれた、すごい
2016-3-24多摩川アン1

2016-3-24多摩川アン2

2016-3-24多摩川アン3
恐る恐るみんなのいる川の中へ
2016-3-24多摩川アン5
褒めたらこんな顔に
2016-3-24多摩川アン4

車中、行きのアン
昨日よりは落ち着いてきてる、
でもまだ不安そう
2016-3-24アン1
で、帰りは疲れてウトウト(#^^#)
2016-3-24アン2





  1. 2016/03/24(木) 23:41:58|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン日記

昨日の夕方:
庭でトイレができるようになったアン、
3時間ごとに出して、失敗なし。
今は庭のどこでしてもOKにしているが、
サムたちには北側の砂利をトイレにしてもらっている。
夕方アンと庭を歩いていて砂利に誘ったら
そこでトイレをしてくれた!
2016-3-22アン1


すごい!グレート!と褒めて撫でたら
「?」怪訝な顔をしている、
まだなんで褒められたのかよくわかってないよね(#^^#)
2016-3-22アン2


昨日の夕食
時間をかけて食べる
2016-3-22アン3


足元で熟睡中
まだ幼い印象
2016-3-22アン4


夜寝る時だけはサークルへ、
私もかたわらのコタツで添い寝




今日の朝食
初めて野菜の粉砕したものを入れてみるが
そこだけ残してた。
ドッグフード食べてたアンにまだ野菜は早かったかな。
2016-3-23アン2


庭で。
アン、実はボール好き?
2016-3-23アン3


早めに帰宅した主人を歓迎する
ヒトが好き、という犬のリハビリは楽だ。
2016-3-23アン4


初めての多摩川散歩で疲れて
昼過ぎまで爆睡してたのに、
起きたら早速サムに絡みだす。
サムってホント、女の子に甘いな(#^^#)
2016-3-23アン5

サム、噛まれ放題
でも本気ではありません
2016-3-23アン6



サムへのお詫びに、サークルに(サムのほうを)隔離して
自家製ペースト詰めコングをプレゼント
なんだか内と外が逆だね。
2016-3-23アン7
  1. 2016/03/23(水) 19:32:08|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3頭で初散策

預かり犬は数日は散歩に連れ出さず
近所を歩くだけにしているのだが
アンちゃん、予想外に適応が早く
体力が有り余っているようなので、
今朝早くに一緒に多摩川へ、
二人で3頭はきつい、気を付けないと。

ウチに来る時車中で吐いたとのことだが、
距離が短かったせいか、大丈夫だった。

「笑って」いるように見えるが
緊張のあまりひきつって呼吸が早くなってる、
目も飛び出してるから、見るヒトがみればすぐわかるね。
2016-3-23アン1


案外平気そう、怖がりという感じじゃない
2016-3-23多摩川アン1


初日なので他のヒトや犬に会わないよう中洲へ。
水はダメそうなので、抱っこして渡る
2016-3-23多摩川アン2


家ではサム兄ちゃんに金魚の糞のくせに、
多摩川ではメナを頼りに、後をついて行く。
確かにサムの後を追ってたら、川に入らなくちゃならなくなるからね
2016-3-23多摩川アン3

2016-3-23多摩川アン4



こんなふうに遊ぶから全身砂だらけ
2016-3-23多摩川6

2016-3-23多摩川9

2016-3-23多摩川7

家ではまだ迷惑顔のメナ、でも外だと
アンを遊びに誘ってくれたりして
2016-3-23多摩川10


帰りがけに、パティやエース、他のいつもの仲間に会う。
沢山のヒトや犬に囲まれて少し落ち着かなかったが、
犬自体は平気そう、すぐに馴染む予感がする。
エースやみんな(犬)に、
「アンをどうかよろしくね」と袖の下(おやつ)を渡しておく。
こういうのって案外効き目があるような気がする。
『親しくしている人間の連れている犬には手加減して受け入れてくれる』
という意見は、以前インストラクター仲間からは笑われたが、
私は犬はそのくらいの関係把握が可能だと今でも信じている。

帰りの車中では疲れたのか、こんなになっていた(#^^#)
2016-3-23多摩川アン11
  1. 2016/03/23(水) 18:45:59|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンについて③

預かり初日にしてずいぶんと我が家に
溶け込み始めたアン。
昨夜からまだ一度も吠え声を聞いていない。
(クールダウンのためにちょっとの間サークルに入れると
鼻鳴きはするが、吠えない)

2016-3-22アン24


トイレも、失敗させない;
2~3時間ごとに庭に出す;
庭でトイレしたらわかるように褒める:
これだけで今のところ失敗がない、優等生だ。
7か月かけてヒトが「ケージでトイレする」と学習させてしまったなら、
やり直しにも7か月かけるつもりでいるべきで、
それより早く修正してくれたらラッキーだと思おう。
元来、室内のペットシーツでトイレをする、なんて習慣は
犬の本能にはインプットされていない。
一説のように10万年ヒトと共進化してきたとして、
9万9900年以上は、犬たちは拘束されず
外で用を足してきたのだ。
ヒトの都合で室内でトイレをしてほしいなら
本能ではなく学習してもらわなければならない。
それより庭で日に数回トイレをしてもらったほうが
犬も楽だと思うが。

アンを見ていると、子供の時からヒトと接触して
育った飼い犬だったと思われるし、
口を使った遊びが上手なので
兄弟母犬と共に育ったのではないかと思う。
(退屈すると私の手を咥えて遊びに誘うが
ソフトなので全然痛くない)
猫への反応もあまりないので見慣れているのかしらん?

対猫、室内では合格マナー
念のためリードをつけて外をハッピーと歩いてみる
2016-3-22アン&ハッピー1

2016-3-22アン&ハッピー2

お疲れ様、ハッピー
2016-3-22ハッピー1


これは案外な拾い物(ごめん)のような気がする、
じっくり里親探しして最高の家族を見つけてあげたいね。

2016-3-22アン13

  1. 2016/03/23(水) 00:06:07|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンについて②

昨夜来たばかりとは思えない適応力をみせてくれるアン。
しかめっつらが少し緩んで、段々ノビノビとしてきた。
それと同時に、サムとの関係も進展、
すっかりサムという男の子に気を許したようで
なんでもマネをする。
サムも、ハスキーにお尻の匂いを嗅がれた時は
硬直していたが、小柄な女の子アンは脅威ではないらしく
されるがまま、第二のパティになりそうな予感がする。
舐められる定めだね、ホントにいい奴で助かった。

私の膝をサムと取りあってるところ
2016-3-22アン3

まだちょっと口元に緊張がある、初めのうち
2016-3-22アン4

2016-3-22アン7

2016-3-22アン8

2016-3-22アン10

2016-3-22アン11

2016-3-22アン12

2016-3-22アン14

2016-3-22アン15

2016-3-22アン16

2016-3-22アン18



ところが、メナがすっかりふさぎ込んでしまった。
ミニーは女の子でもチビ犬だったから
メナのストレスにはあまりならなかったようだが。
サムとアンが遊んでいても、ひたすら主人の出かけた門を
見つめ続けてる・・・申し訳ない気持ちになってしまう、ごめんね。

2016-3-22アン5

2016-3-22アン17


この顔を見ると、申し訳ない気持ちになる
2016-3-22アン9

続く
  1. 2016/03/22(火) 23:47:27|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンについて①

昨夜到着したアン。
2016-3-22アン1-1


実は久しぶりの雑種犬。
写真でみると、ほっそりしてはいるが
結構大きいみたいだし、
トイレができないというので少し心配していた。
臆病なところがあるとも聞いていたし、
ドット柄は雑種の中ではあまり人気がない。
(いかにも雑種、ポチっぽいからか?)
これはまぁ長期戦になりそうだわ、とあきらめていたのだが
実際は、ヒト大好き、一切攻撃的なところもなく明るい、
まだ若いほっそりした女の子だった。
昨夜出した手作り食は戸惑っていたが、時間をかけて完食。
(今まではどうもドッグフードだったらしい)
今朝の食事
2016-3-22アン1-2

2016-3-22アン2



*トイレ事情
トイレマナーについては、応募に影響しかねないので
アンの為に黙っていようとも思ったが、
アンの経歴があまりに「よくある失敗ケース」だし、
成功(する予定だけど)までの道のりを記録することで
同じようなケースで悩む人になんらかのヒントに
なるかもと思う。
アンは譲渡時、
・ケージに閉じ込めて飼わない
・手作り食を
などの条件を確認してお嫁入りしたのだが
粗相が何度かあり、困ったあげくケージ飼いに
なってしまったらしい。
また散歩時にトイレを我慢して、ケージでトイレをしてしまう;とのこと。

そんな状態で7か月後に我が家に来たというわけだが
犬を迎えた最初の試練が「トイレのしつけ」だったという
お家も多いのではないだろうか。

来た早々に、サークルに入れたクッションにオシッコ(T_T)
だが庭に出してみるとサムたちと一緒に
ちゃんとトイレができた!偉いね~
心から褒める。
今日は2~3時間ごとに庭に出してトイレを促したが、
いまのところまだ、来た早々のクッション以外
失敗がない。
2016-3-22アン6


*ケージのトラウマ?
最初のうちはリードをつけて庭出ししたのだが
猫たちへの干渉もほとんどなく、
パニックの心配もなさそうだったので
庭ではリードを外して過ごしてみた。
ところが家に入ろうとしたら・・・
入ってこないのだ。
恐る恐るのぞき込むが、家に入れようとすると逃げる!
思い当ったのは、7か月間ケージに閉じ込められた生活から
我が家でも室内は(トイレ失敗させないために)サークルに
入れていた、それが嫌で家の中に入ってこれないのではないか・・

トイレの失敗をさせないことも大事だけれど、
それよりもっと、家の中に喜んで飛び込んでほしい。
ということで、急きょ室内フリーにすることにした。
2~3時間ごとに外に出していると、
室内では落ち着いてトイレの失敗もなく(今の所)過ごしていられる。
なにより感心したのは、室内フリーにした途端、
庭から家の中に入るのに何の躊躇もなくなったことだ。
適応力がすごい!賢い犬だと思う。

2016-3-22アン19

2016-3-22アン20

2016-3-22アン21

2016-3-22アン22

2016-3-22アン23


続く



  1. 2016/03/22(火) 20:33:33|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンです

月曜日の多摩川
天気が不安定だが中洲に渡る。
2016-3-21多摩川1

2016-3-21多摩川3


2016-3-21多摩川5

2016-3-21多摩川4


一見同じアブラナ?のようだが
葉の形も、よく見ると花のつき方も違う、
隣り合わせに咲いてるけど、不思議~
2016-3-21多摩川2




午後、主人の友人が愛犬連れで打合せに。
こなつちゃん、前に来たことがあるんだけど
今回はパパのそばを離れず、写真撮れなかった。
何かが違うんだろうね、人間には感じられない
小さな原因があったのかな、今度は純粋に遊びにきてね。
以前の画像です
2014-12-15こなつ3





そして夜、ついにやってきた、保護預かり犬。
仮名は『アン』にしました。
呼びやすくて愛らしい、それに
色々な呼び方ができるし・・・あんこ;アニー;アンポン etc
一度譲渡になったのだが、色々あって
戻ってきたという女の子。
トイレがまだできない、というのでとりあえず
リビングに置いたサークルへ。
今夜はコタツで添い寝。

アン、保護当時の画像です
2016-3-22アン保護当時

  1. 2016/03/22(火) 19:47:34|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日来訪予定

今朝は予報では暖かくなると言っていたので
思い切ってダウンを脱いで春仕様で多摩川へ
・・・・が、寒いっ!!風が冷たいっ!!
二人して震えながらなぜか笑ってしまう。
2016-3-20多摩川1



中洲へは主人一人が2頭を引き連れて渡ったが
私は遠慮させてもらった、寒いから(#^^#)
2016-3-20多摩川2

2016-3-20多摩川3

2016-3-20多摩川4

2016-3-20多摩川5




帰宅後、春の慰霊祭ミサへ。
両親が属していた教会には今では
春と秋の慰霊祭にしか行かない、お墓詣りみたいな感じか。
霊安堂
2016-3-20霊安堂



ところでこの子・・・
どうでしょう、久しぶりの雑種犬、
中型でしかも不人気のドット柄。
長逗留になりそうな気がする、
どんな子かしらん。
2016-3-19アン2




  1. 2016/03/20(日) 18:07:01|
  2. 里親募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬猫の「しあわせなお買い物」で笑うのは誰か

タレントの杉本彩さんのことは
前にも書いたかと思う、
大好きな芸能人なのだが
それはその容姿や演技力のせいではなく
その生き方がカッコイイと思えるからだ。
犬好き、猫好きを宣伝する芸能人は数多いるが
ただの『可愛いから好き』からより深くペットの現状まで知り、
何かしようと行動する人はあきれるほど少ない。
しかも芸能活動と愛護活動をまぜこぜにせず
画面では独特のキャラを通している潔さも魅力だ。
愛犬家を自認しながら、
切り取られた動物の尾をぶら下げて流行させたり
毛皮のコートを着たりという人がいるが、
彼女は何も言わず、毛皮を一切着ない。
芸能活動で声高に動物愛護を叫ばない
(聞かれればきちんと答えるというスタンスも好ましい)彼女が
最近表立って行動をするようになってきた。
生体販売業界の惨状が改善されないばかりか
最近の猫ブームの過熱に、
より悲惨な状態に拍車がかかるのではと危惧したのではないかと思える。

この記事を読まれた方も多いとは思うが、
まだのヒトはぜひご覧ください。

犬猫の「しあわせなお買い物」で笑うのは誰か』(クリックして参照)




昨日の多摩川にて
すごくいい笑顔が撮れたので

2016-3-18多摩川1

2016-3-18多摩川2




昨日はポカポカ陽気だったので
今年初めてネコ’ズを庭に出した。
キューは首輪をつけてフリーに;
  それでも30分~1時間くらいで戻ってきて玄関で呼ぶ、
  歳と共に遠出は諦めてくれるようになってホッとしている。
のび太はフリーにしても家の周りを一周して5~10分ほどで
戻ってくる。
面倒なのはハッピー、まだ若いし、お姫さまなので
フリーにしたくない。ピッタリくっついて歩いて
庭から出ないよう監視。
彼女の目つきや動きを敏感に察知して
壁や柵を乗り越えないように気を配る。
おかげでネコの動きが読めるようになってきた。
今の所脱走成功率0%、すべてブロックしてる。

2016-3-18キュー1

2016-3-18のび太2

2016-3-18のび太1

家の中では仲の悪い2頭だが、外では仲間意識のほうが勝るようだ
2016-3-18キューのび太1

芝が荒れて雑草だらけだがネコには好評みたい
2016-3-18ハッピー2

この目つきは要注意
壁の高さを目測してる悪い子の目つきだ(#^^#)
2016-3-18ハッピー3
「はい、ダメ~」あきらめのいい子で助かる
2016-3-18ハッピー1


快晴の日限定、たまの束の間のお外だが
それでも庭の雑草を齧ったり、春の匂いを嗅いだりと
多少のストレス解消にはなっているんじゃないかと思う。
ネコ用のハーネスとリードも売っているので
脱走の完全防止にはリードを装着するほうが安全。
  1. 2016/03/19(土) 21:26:06|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホントのパティ

昨日の多摩川
暖かくて気持ちのいい朝;
草も樹も日ごとに緑濃く勢いを増している。
桜のつぼみも膨らんできた。
2016-3-17多摩川3


今朝もパティに会えて一緒に散策。
パティはサムに絡んで離れない、
なんでもマネするし、興奮してくると
サムの耳元で吠えたてるのだが、
自分でもどうしていいのかわからないらしい。
保護当時は他の犬が怖かったパティも
今では沢山の仲間ができたのだが
初めての犬の友達?がサムだったせいか
未だにサムには特別な感情があるようだ。
いつもハイテンションなパティ、
お転婆さんだねぇ・・・

2016-3-17多摩川4

2016-3-17多摩川5

2016-3-17多摩川6



だが、実は私は数日前に目撃してしまったのだ。
中洲で遊んでいて岸辺に眼をやると、
パティとパパさんが他の犬たちと散歩しているのが見えた。
他の3頭も偶然ゴールデンで、ゴールデン軍団みたいに
見えたのだが、パティはその中でも
素晴らしく落ち着いてゆったりとパパさんに寄り添って歩いていた!
昨日パパさんから聞いた話では
パティはご近所では「なんて大人しい良い子」と思われているとか(#^^#)
そうか・・・いつまでも落ち着かないのを
心配していたけれど、実はパティはとっくに
大人になって、おしとやかな淑女になっていたのねぇ。
おばさん、嬉しいわ。

そういえば、メナと連れだって歩いている時は
落ち着いているね
2016-3-17多摩川7

  1. 2016/03/18(金) 19:51:01|
  2. パティ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴方はオス派?メス派?

昨日の多摩川

2016-3-16多摩川1

2016-3-16多摩川4

2016-3-16多摩川5


いつもの水鳥たちが岸に避難して不安そうにしていた
彼らのテリトリーをラジコンボートが
派手な音をたてて疾走しているからだ。
鳥たちはサムやパティが傍で泳がせてもらっても
たいして気にしないくせにおもちゃのボートは
恐ろしいらしい、可哀想なのですぐ撤退する。
一見のんきな水鳥たちも、生来の生存競争以外に
釣り針や釣糸の被害だとか、ラジコンボートだとか
色々と苦労が多いね。頑張って生き抜いて
来年もやってきてね。
2016-3-16多摩川2

2016-3-16多摩川3




今日のウチの猫ズ

2016-3-12のび太&ハッピー1

2016-3-12のび太&ハッピー2


保護活動している身で大きな声ではいえないのだが
ネコに関しては、断然女の子のほうが飼いやすい!
・・・と思う。
もっとも、ネコ歴は長いのだが女の子を飼ったのは
ハッピーが初めてなので、単なる個人的感想でしかない。
30有余年、なぜか拾うのはオスばかり、
たまに女の子を保護しても貰い手が見つかって卒業していった。
だから「ネコとはこういう生き物」という私の考えの元は
すべて男の子だったのだ。
だが、ハッピーがご覧のようにちょっと残念な模様だったせいか
貰い手がなく我が家の子になってから、
改めてメス猫はなんて柔らかくて穏やかで世話がかからないんだ!
と初めて知った。
まず動作が「おしとやか」;
平和主義;
噛んだり引っかいたりといった乱暴な遊びをしかけてこない;
そしてそして、かけションをしない!
他の項目には疑問を持つメス猫飼いの人もいるかもしれない
(なんせたった1頭の女の子しか飼ってないのでデータ不足)
だが最後の「かけションしない」というのは確かだと思う。
我が家は初代のグレタこそかけションしなかったが
その後は複数のオス猫が常にいて
ず~っとかけション被害に遭い続けてきた、
ネコとはそういうものというあきらめで
そこはかとなくオシッコ臭い家で生活してきたのだ、
現に今ものび太とキューの関係があまり友好的とはいえないため
しょっちゅうかけションされている。
ただ、ひとつだけ言えることは、
面白くて単純なのは男の子、だということだ。
愛情表現もストレートで情が深い。
1頭で飼うか、仲のいいオス同士でストレスのない生活をしているなら
オス猫は日々笑いと愛を提供してくれるだろう。
あとはヒトそれぞれの好みの問題だ。
私は・・・・・どっちも大好き(ズルい)♪

2016-3-17ハッピー1

2016-3-17のび太1

2016-3-17キュー1
  1. 2016/03/17(木) 23:54:47|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被曝の森 ~素朴な疑問~

昨日の多摩川
夜半まで降っていた雨のせいで
草原のあちこちに池のような水たまりができていた。
ぬかるみ状態で、その為か
晴れているのに人影もまったくない。
犬が泥んこになるのが難点だが
まるで人里離れた山野にいる気分♪

2016-3-15多摩川1

2016-3-15多摩川3

2016-3-15多摩川4

2016-3-15多摩川2




NHKで放送していた「被曝の森」という番組、
録画しておいたのだが見るのがちょっと怖かった。
動物たちが苦しんでいる姿や
増えた動物を殺戮する様子が映っているのでは?と
思ったからだが、実際は内容はそれほど強烈なものではなく
ひと安心。
人のいなくなった避難地域はいまや動物たちの暮らしの場になっている。
今のままでは避難している人たちが帰宅しても
野生動物が出て行かないだろうと専門家?が言っていて
その為か増えたイノシシなどの野生動物を
ハンターが『駆除』しているという。
確かに、周辺地域への帰宅予定が数年後に設定されているのだが
本当に安全なのだろうか?
チェルノブイリとよく比較されるが
かの地は30年経ってもいまだに無人のままだし、
周辺に住む人たち、事故後生まれた子供たちの
癌罹患の実態を見るたびに不安になる。

人々の望郷の念は切ないだろう、
だが、安全を第一に考えるなら
被曝中心地とその周辺は今後半世紀は
住むことは控えたほうがいいのではないの?
そして特に中心地帯は自然に返す、
人の愚行の記念として、戒めとして
記念自然公園とし、継続的に観察研究していく。
事故を知らない次世代にも公園の意義を
伝えて行く・・・奇形植物動物の姿のありのままを魅せる。
そうしないのはなし崩しに人々が
忘れていくのを期待している誰かがいるのかと
思ってしまうのだが、どうなんだろう?
素人の素朴な疑問。


  1. 2016/03/17(木) 00:38:11|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今できることは何?

13日日曜日の多摩川。
日曜日なのに少し寝坊してしまった、
人出をさけて中洲にわたる。
水位が下がって川底だった部分が干上がっているのだが
そういう所は泥のぬかるみになっていて
歩くともう~犬の足も長靴もぐちゃぐちゃ状態。
帰り際に川でだいたいの汚れは落としているのだが
車内も家の中も、そこはかとなく泥くさい、春だなぁ・・・

2016-3-14多摩川1

2016-3-14多摩川2

2016-3-14多摩川3

2016-3-14多摩川4

2016-3-14多摩川5

2016-3-14多摩川6





ご相談などで、たまに「ペット禁止の賃貸で犬を飼っている」という方がいる。
もちろんまずペット禁止物件で犬を飼うことを避けるのが当たり前、
飼うべきでないのだが、
では実際に飼ってしまっているヒトにできるアドバイスはないのだろうか?
私がまず確認するのは
・ペット可の物件に引っ越しできないか
・愛犬の為に新しい飼い主を探す気はないか
(そうであれば里親探しのお手伝いはさせてもらう)

だが、両方ともに無理だと言われることがある。
そういう場合、せめてお願いするのは;
・ヒトや犬への社会化に気を配る
・身内や知り合いでいざという時に
 緊急避難できそうな家庭を探しておき、
 子犬の時からできるだけ遊びに行って
 馴れさせておく(お泊り経験なども)
・こういったケースではまた、お留守番が長かったりもするのだが
 せめて子犬の間だけでも、留守中シッターに来てもらうか
 まともな保育園に預けるなどする

といったことだ。
これらはかなりの手間や費用がかかる。
引っ越しもしたくないヒトがこれらを実行してくれるかどうかは
そのヒトを信じて祈るしかない。
(上記のことはすべて『ネコ』にも当てはまることだ)
あまり大きな声では言えないが(以前から言ってるけど)
ペットがまだ若いうちに手放してもらえたほうが
なんぼかありがたいと思っている。
若くて性格さえよければ、貴方よりず~っと素晴らしい家族に
出会える可能性が高いのだ。
シニア犬猫だって実際に沢山の子たちが
素晴らしい家族を得てセカンドライフを楽しんでいる。
つくづく犬猫は、巡り合う人間次第で命運が決まってしまうなぁ、
と思う。 





  1. 2016/03/15(火) 23:22:50|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呼び戻しとその重要性の相関関係(?)

ちょっと遅れたけど12日の多摩川:
2016-3-12多摩川8

2016-3-12多摩川2

2016-3-12多摩川3

2016-3-12多摩川9

2016-3-12多摩川10

中洲で遊んでいたら
サムと仲のいいC君が川を渡って飛んできてくれた。
赤いボールを咥えてサムに見せびらかしたりして
遊びに誘うのが可愛い♪
2016-3-12多摩川4

2016-3-12多摩川5

2016-3-12多摩川6

2016-3-12多摩川7

2016-3-12多摩川1





先日、呼び戻しと距離の相関関係について書いたが、
犬も成熟して色々経験を積んでくると
もうひとつ呼び戻しの反応に関わってくる要素がある。
それはその呼び戻しの『重要性』だ。
つまり「おいでって言ってるけど、それってホントに重要なの~?」
と犬が判断することがあるというわけ(#^^#)
最近どうもそんな気がしてならない。

岸辺を歩いていて、ちょっとメナと距離が開きすぎたな、と
思った時に、とりあえず「おいで~」と呼ぶと、
すぐに飛んできてくれることもあるが
たまに、とっても重要な(犬にとって)匂いを嗅いでいる時など
反応してくれないことがある。
これは私の声の感じから、たいして大切じゃないと
判断しているのかしらん?

なるべくヒトと会わないコースを選んで歩いていても
早朝からジョギングするヒトもたまにいて
メナを呼んで道を変えようとした時など、
「おいで」と言ってもこない時がある。
そしてちょっとだけ道から外れて草むらで
匂い嗅ぎしてジョガーをやり過ごすのだ。
これは何度も同じシチュエーションを経験して
知らないヒトがきたらわざわざ私のところに
戻らなくても、道から外れればいいと思っているんじゃないか?
(かなり親バカなのかもしれないけど)。

おわかりのように、「おいで」の重要性を推測して
行動するのはおもにメナ、
サムはだいたい「おいで」に反応してくれるが
藪の中でボールを探している時などは
なかなか帰ってこないことがある。

強制訓練で呼び戻しをトレーニングすれば
ほぼ完ぺきに反応するようになるかもしれない、
でも私は今のほうが面白い。
犬がその状況ごとに自分で判断する、
その様子を観察することが面白いのだ。
メナがパニックになって道路を渡ろうとした時、
距離からすれば彼女が目指す駐車場は目の前
(道路を渡ったすぐ)で、私ははるか遠くから呼んでいたのだが
パニックの最中でも彼女はハッと我に返って
戻ってきてくれた、あの時の感動を忘れない。

ちなみに呼び戻しの訓練時に
犬が段々反応が遅くなったり、
聞こえないふり?をして地面の匂い嗅ぎしたりするのは
・やりすぎで嫌気がさしているか、
・知らぬまに訓練に興奮してしまっている飼い主を
 なだめるためのシグナルだったりする
私は今のところ「訓練」の必要性をあまり感じないのだが
もしどうしてもそういった「訓練」をしたいのなら
せめてそういう愛犬からのシグナルを読み取ってあげて
「ごめん、やりすぎたね」と中止してあげては
どうだろうか?
そういうことをすると犬がつけあがる、という意見は
却下させてもらう。

  1. 2016/03/14(月) 17:07:06|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仲間を助ける犬

昨日の多摩川で:

小雨がまだぱらついていたが
晴れオトコがいるからなんとかなるだろうと
出かけたら、悪天候の中 予想外に顔見知りの犬たちが
集まっていて驚いた。

中に初めて会うハスキー君がいたのだが、
これが大きくてちょっと傍若無人な男の子だったので
群れに緊張があった。
攻撃的というわけではなく、本人は悪気?はないのだろうが
しつこく匂いを嗅ぐ、走る子を追いかけまわす、という感じで
特に後から来たサムには腰に手をかけて乗ろうとしたり、
メナを追い回したりと、やりたい放題。
サムは情けないことに、お尻嗅ぎされると固まってしまう、
メナには好意を持ったようだがしつこい犬が嫌いな彼女は
勇敢にも逃げながらも「ガウッ」と拒否して追い払おうとしていた。
飼い主さんに呼び戻しできますかと聞いたら
「ハスキーだからできないんですよ」とのこと。
(あの、ハスキーで呼び戻しちゃんとできる子
いくらでもいましたけど??)

メナとサムの信頼を得るために、私がハスキーとの間に入って彼に
「ダメ」と必死でマナーを教えようとしていると
突然唸り声と共に茶色い犬が飛び込んできて
ハスキーとサムの間に(文字通り)割って入り、ハスキーに体当たりした。
ムッとしたハスキーも応戦してちょっとした臨戦状態になった!
私も制止して、すぐその場は収まったのだが
その茶色い犬は、いつも遊んでもらうエースというゴールデンだった。
普段はヘラヘラ(ごめん)笑っていて、
他の犬にも怒ったことなど
一度も見たことのない穏やかな犬の代表エースが
こんなふうに荒々しい行動に出るなんて信じられなかったが、
もうこの一瞬で犬ながら惚れてしまった。
*彼の名誉のため言っておくが、子犬にも小型犬にも
 もちろん初めて会う子にも普段はあきれるほど優しい
 ウエルカム体質な犬だ

険悪なムードや加熱興奮しすぎの2頭の間の仲裁にはいる犬は
何度も見たことがあるが、
今回の場合は仲裁というより仲間を助けるために
相手に挑む、という要素が強く、「なんて恰好いいんだろう」と
感心したのだ。
普段はそんな情熱的な片鱗も見せたことのない
のんびり上機嫌な犬が、いざという時に見せてくれたので
なおさらだ。
体格的にはハスキーのほうがずっと大きくて
2歳の気力充実盛り、エースはちょっと太り気味の中年。
つくづく真のリーダーって体格より『気力』がキーになるんだと思う。
サムは気力体力共に絶対リーダー気質じゃないな、残念。

これが「惚れてまうやろ~」のエース君
2016-3-6多摩川6


気分直しにパティと川に入るサム
2016-3-11多摩川1

2016-3-11多摩川4

川辺までメナについてきたハスキー君
メナに邪険にされてもめげない子(でかいでしょ)
2016-3-11多摩川2

不快そう
2016-3-11多摩川3

緊張したのか、帰宅後熟睡中
2016-3-11多摩川5

サムとメナが、これでハスキーを苦手にならないでほしい。
ハスキーで穏やかでマナーのいい犬も沢山いるしね。
それに、ああいったちょっとぐいぐい来てしまう子にも
上手に対処できるようになってくれると嬉しいんだけど。


  1. 2016/03/12(土) 23:11:14|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピエロはどっち?

5回目の3月11日。
TVやラジオで震災のニュースを流していた。
もうあの日から5年が過ぎたのか、と思う。
でも、家族を失い、家を追われた被災者にとって
時はまだ流れ出してはいないかもしれない。

ラジオでキャスターが
小泉前首相のことを「ピエロ」と言っていた、
それは多分原子炉廃止を訴えていることが
非現実的な運動だと皮肉ったのだろう。
だが、日本の国土の一部が半永久的に立ち入り禁止となった
それは明らかに原子炉事故のせいであり、
安全対策を改善したといっても、緊急時確実早急に
原子炉を安全に停止するすべを人間が持っていないのに、
何故「大丈夫」といえるのだろう。
原子炉を廃止すれば、今の暮らしは保障できませんよ、
と脅されることで、私たち大衆はつい及び腰になってしまうが、
選択肢が他にないはずはない、と思う。

相馬市の市長がインタビューで、
建造中の防波堤について
人間の命も大事だが、そのために地球上の他の命を
犠牲にしてしまってもいいのだろうか、
他に対策はないのか、と訴えていたのが心に残った。
従来の防波堤は決壊した、だからもっと高く頑丈な
防波堤を海岸線全体に建造する・・・
力には力を、という方法以外ないのだろうか?

いつか、はるか未来かもしれないが、
今やっていること、やらなかったことを
「ピエロ」のようだ、と評する日がくるかもしれない。
国土を喪い、ヒトも生き物も汚染されても
現在の生活にしがみつこうとした私たちのことも。

   2016-3-11イメージ


  1. 2016/03/11(金) 22:04:44|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『呼び戻し』 と 『距離』の相関関係

今朝の多摩川:
3月は気候の変動が激しい月だ、
どんよりした空模様だったが雨が降っていなければ
とりあえずは散歩に出ないと、明朝は雨かもしれないからね、サム。
2016-3-10多摩川1

2016-3-10多摩川7


同じキジバトかわからないけれどいつもこの辺で会うから
同じ子だと思うことにする、おはよう!
2016-3-10多摩川2



最近いつも同じ岸辺にいる水鳥の群れ、
人見知りをあまりしない、愛嬌のある顔をしている
2016-3-10多摩川3

2016-3-10多摩川4


久しぶりにスズちゃんに会う♪
2016-3-10多摩川6

2016-3-10多摩川5

2016-3-10多摩川8

2016-3-10多摩川9








いつも言っていることだが
トレーニングで本当に必要なのは呼び戻し、
つまり「おいで」だと思う。
サムには本格的なトレーニングは一切していないが
一緒に暮らしていく中で、いつのまにか
「おすわり」 や「待って」などはできるようになった。
呼び戻しについては
犬育ての基本、「ピラミッド構築」を頭に描いて
徐々に精度をあげていく方法を採ってあげたい。
つまりはゆる~い基準からスタートするのだ。
ところで呼び戻しの時気を付けなければいけないのは
犬とヒトの「距離」だろう。
周囲に、犬にとって興味を惹く対象が特になければ
ヒトと犬との距離が開いていても「おいで」は
成功することが多い。
だが、他の犬やボール、犬によっては水場(サムがそう)などが
先にある時は、ヒトと犬の距離が開いているほど
「おいで」への反応は鈍くなってしまう。
例えば;
  飛び込むのに最適な岸辺が犬の20m先にある時、
  ある犬は飼い主から5mしか離れていなければ
  「おいで」に反応して戻ってくるが
  10m離れていれば、無視して飛び込んでしまうかもしれない。
  
この『距離』は個体ごとに違うし、
また同じ犬でも成長と共に変わってくる。
犬を誘惑する対象によっても違ってくる、
スマホやおしゃべりに夢中になっていないで
いつも周囲全体を見て誘惑対象を確認し、
愛犬との距離を測って歩くようにしよう。
フリーの時だけでなくロングリードを使っている時も、
できるだけリードに頼らないで済むためにも。

  1. 2016/03/11(金) 00:17:50|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピノ(ミニ)近況

ピノ(ミニー)ちゃんの近況♪

2016-3-8ピノミニー1

2016-3-8ピノミニー3

2016-3-2ピノ4

2016-3-2ピノ6

2016-3-2ピノ13

ピノちゃん、生き生きキラキラしてるね♡



ミニーが卒業してから
我が家は目下お泊りさんも預かり犬猫もいない
平穏な日が続いている。
気楽だが、ちょっぴりまたあの刺激多き日が
恋しくなってもいる。
ヒトは『中毒』になりやすい生き物である。
酒やたばこ、買い物依存に賭博依存、
それこそ薬物中毒、DVオトコから離れられない共依存、
昨今ではスマホ中毒なんてのも激増してるらしい。
生きて行く限り、どうせ何かしら中毒になるのなら
保護犬猫預かり中毒なんてのは
罪のない部類になるんじゃないかと思う。
*ただし、これがこじれると多頭飼い症候群になりかねないので
注意が必要だけれど。

  1. 2016/03/09(水) 23:31:43|
  2. ミニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やはり野におけ れんげ草

昨日はピンチヒッターでサムと一緒に
授業のお手伝いをしたのだが、
まぁ、他の犬たちに比べて
サムは見事になぁ~んもできない子だった。
何も教えていないのだから当たり前だが
無芸な我が子?を目の当たりにしてみると、さすがに
インストラクターの愛犬としてどうなの?
とちょっと恥ずかしい・・・
今サムとインストラクターのテストを受けたら
確実に落ちてるだろう。
少しは芸のひとつも教えようかな、と思いかけたのだが
サムと乗り越えてきた辛かった時期を想い出した。

子犬を迎えたらドッグダンスやアジリティ、競技会などにも
チャレンジしようと妄想を膨らませていたが、
両後ろ脚膝関節の重度疾患という現実、
2度にわたる手術とその後のリハビリ。
「お座り」を教えようとしたら
座った途端に膝関節が「パキン」という不気味な音と共に
外れる恐怖。
リハビリの間、活発に動けないようサークルに閉じ込めた生活。
あの頃は
「もう元気で楽しい一生を送ってくれればそれだけでいい」
と願っていたのだったっけ。
その願いはかなえてもらえたし、
ヒトも犬も大好き、のびのびと育ってくれた。
そして日々色々なことを私は彼から教わっている気がする。
人間の欲望は気を付けていないときりがないね。

出かける前日にシャンプーしてピカピカになったサム
2016-3-6サム&ハッピー1


でも今朝の多摩川ですぐに元通り
2016-3-8多摩川3

2016-3-8多摩川1

2016-3-8多摩川2

2016-3-8多摩川5

2016-3-8多摩川4

天然ボケのサム、今のままのおまえが大好きだよ
2016-3-8多摩川6


おまけ画像
昨日くたくたになって帰宅した時
我が家のニャンズは・・・・寝ぼけ顔で出迎え(*´з`)
2016-3-7キュー

2016-3-7のび太&ハッピー
  1. 2016/03/08(火) 18:04:57|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ