バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

パッチ&プッチ

パッチプッチ、どんどん可愛くなってきた。
プッチはやせっぽちで眼ばかり大きいので
どちらかというとぶちゃいくなのだが
性格が可愛いの♡
パッチは丸顔でハンサム、でも
黒いのでなかなか可愛い画像が取れない。

おかげさまでプッチは譲渡先がもう決まっている、
信頼できるベテラン猫飼いのボラさんが
ちょうど愛猫を亡くされて、プッチを、と
言ってくださったのだ。
長~いしっぽの先が可愛くカギしっぽになってるプッチ、
幸せになってね。
パッチは美しい黒猫、幸運を呼ぶ黒猫。
良いご縁が見つかりますように。

2015₋5₋31パッチ1

    2015₋5₋31パッチ2

             2015₋5₋31パッチ4

2015₋5₋31プッチ1

           2015₋5₋31プッチ2



2015-6-1多摩川1

           2015-6-1多摩川2

  1. 2015/05/31(日) 01:37:22|
  2. パッチ&プッチ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『抱っこ』を我慢すれば子猫に好かれる

パッチ&プッチ、どんどん環境に馴れてきている。
一昨日あたりからパッチプッチ、自分から膝の上に乗ってくるように。

太い足をまたいでいく(#^^#)
2015-5-26パッチ5

初めて自分から膝の上に! 緊張で眼が飛び出してるみたいにみえる(笑)けなげだ。
普段はもっと可愛いのに
2015-5-26プッチ4
   
2015-5-28プッチ4
なかなか良い画像がないのは
せっかく乗ってきてくれたので動くに動けなくて
デジカメを取りにいけないから(#^^#)


譲渡会で「抱っこもできます」というのを
アピールポイントにすることがよくあるのだが、
これはなかなかに貴重な情報だ。
つまりその猫は:
  ヒトを信頼していてリラックスしていられる;
  あるいは少なくとも攻撃性がない;
  ということを意味している。
『抱っこ』という言葉はヒトに都合のいい言葉であって、
猫にしてみればただ『拘束される』という
意味でしかない。
そんな嫌なことでも受け入れられる猫ですよ、
自制心がある、一緒に暮らしやすい子です、
というアピールなのだ。

「そんなことない、ウチの子は抱っこが好きよ」と
言う方もいるだろう、でもそれは
長く一緒に暮らして、信頼関係ができあがっている場合であって、
その同じ猫が、見知らぬ男性にも抱っこされるのが
好きかどうか、考えてみればわかるだろう。

子猫を迎えると、あまりの可愛さに
ついつい抱きしめたくなるのが人情である、
だが、初めての環境、見知らぬヒトに
「抱っこ」されることは子猫にとって
とても怖いし不快なことでしかない、
だから手を嫌がるようになり、
逃げ回るようになってしまう。
子猫に好かれたいなら、できるだけ
抱っこを我慢してみよう。
悪戯をしていたり、危ないことをしたら
抱きあげて場所を移したりしなければならないし
爪きりしたり、足にウンPがついたら拭き取らないと
いけない・・日々どうしても子猫を拘束しなければ
ならないことは起きる、そういう時でも
できるだけ短時間で、さっさと済ませるようにしよう。

子猫を愛撫したいときは、寝ている時、
寛いでいる時に優しくゆったりと撫でたり
顎の下や耳を掻いてあげる。
どうしてももっとさわりたいときは
寝ている子猫に顔を埋めて鼻や口で
撫でてみよう、ゴロゴロしだしたら
うまくできたということだ。
つまり、子猫がいつでも拒否できる体勢、
逃げ出せる状態で撫でてみよう。

「抱っこ」は嫌いだが、気を許した相手には
自分から膝やお腹の上に乗ってくるようになる。
そうなってから、段々と「抱っこ」にも
馴れてもらうようにしていけばいい。
病院や危急の際など、抱っこしなければいけない事態も
あるので、まずは抱っこできる関係作りが必要だ。

*例外は常にある、
 まったくヒトに触れずに育った子猫を
 拾ってしまった時などは、また別のアプローチが
 必要になることがある。

  1. 2015/05/29(金) 18:51:24|
  2. パッチ&プッチ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

情けないオトコ

ネットで知り合った女に
「あなたの飼っている犬を虐待してみせて」
と言われるままにトイプードルを
虐待して動画アップした挙句、
相手が実は男子高校生で、恐喝されて
最後は動物愛護法違反で捕まった
・・・・情けないオトコのニュースをご存じだろうか。➡ 

ニュースでその動画の一部が公開されていたが
このオトコ、会ったこともない「オンナ」にただ好かれたくて
トイプーを殴る蹴るしていたのだ。
そのやり方も、なんとうかいかにも
「言われるままにやってみた」といった
・・・変な言い方だが・・歯切れの悪さがあって
それが余計にうすら寒さを感じた。
つまりは元々暴力的でもなく、虐待したくてしているわけでもない、
ごく普通の感覚のオトコが、オンナに言われて
そんな酷いことまでやってしまう恐ろしさだ。
なんて情けない奴だろう。
こんな奴がいるから保護団体でなかなか独身男性に
犬猫を譲渡したがらないのだ。

トイプーは、なぜこんなひどいことをされるのか
わからないまま、ひたすら舌をペロペロさせて
「ごめんなさいごめんなさい」「どうか許して」と
言っていた、もう~勘弁してほしい。
相手の高校生が匿名なのは百歩ゆずって仕方ないとしても
このオトコも匿名なのはなんでだろう?
書類送検だけで済ませてるからか?
それとも動物虐待は軽犯罪だから、実名を挙げるのは
可哀想だから?
可哀想なのはこの犬だ。

ニュースを見ていて、ミニーもしじゅう舌をペロペロさせている
ことを思い出した。
眼が会うと、ペロペロする、この癖は来た時からで
短吻種はみんなそうなのかな、くらいにしか思っていなかったのだが
もしかしたら、彼女もそうやって「ごめんなさい」を言い続けてきたのかもしれないね。

2015-5-28ミニー1




多摩川にて

2015-5-26多摩川1

   2015-5-26多摩川2

2015-5-26多摩川3

   2015-5-26多摩川4




2015-5-28プッチ2

   2015-5-28パッチプッチ2

    2015-5-28パッチプッチ1

2015-5-28パッチ1

     2015-5-25キュー1

  1. 2015/05/28(木) 21:45:18|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パッチ&プッチ

今日のパッチプッチ

パッチ、ほんとに可愛いんだけど、黒猫は撮るのが難しい・・・
2015-5-27パッチ1

2015-5-27パッチプッチ1

プッチのほうが大胆かも?
パソコンの上を歩くのはやめてっ
2015-5-27プッチ1

2015-5-27プッチ2

    2015-5-27プッチ3



大好きなサッカーボールを拾った!
でも空気が完全に抜けてないから持ちにくいらしい
2015-5-27多摩川1

    2015-5-27多摩川2

お気に入りのボールをゲットすると、勝利のズリズリダンス
2015-5-27多摩川3

            2015-5-27多摩川4

2015-5-27多摩川5
  1. 2015/05/27(水) 23:16:58|
  2. パッチ&プッチ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パッチプッチ

26日2日目の画像

パッチは丸顔、プッチは小顔で細面
なので痩せてるみたいに見えるが、成長はほぼ同じ
2015-5-26パッチ1

   2015-5-26パッチ3

           2015-5-26パッチプッチ1

2015-5-26パッチプッチ2

     例によってノビタにはすぐ馴れた♪
     2015-5-26パッチ4

2015-5-26パッチプッチ3

2015-5-26パッチプッチ4
     机の下   なんで子猫はみんなここが好きなんだろ?
     2015-5-26パッチプッチ5
  1. 2015/05/26(火) 23:06:34|
  2. パッチ&プッチ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハニー 巨大化の近況報告

ハッチことハニーのお家から近況を
お知らせいただいた♪
同居犬のさくらちゃんとのツーショットが見れて
とても嬉しい♡

『すっかり暑くなり、夏がそこまできていますね。
我が家の二匹は相変わらず問題なく過ごしております。
この前人間用の体重計でですが、
ハニーの体重をはかったところ、7キロありました(笑)
どおりで私の膝に乗ってきたとき、
私の太ももにハニーの手足が食い込んできてアイタターとなるわけですね。
我が家に来た時はふわっと軽かったのに…(笑)
子猫の時に目立っていた手足の大きさが、
だいぶ体が追いついてきて全体的に大きく育ったみたいです。
雄らしくなってきました。
サチとも相変わらずなかんじで仲良くやってます。
最近はサチのポーズにハニーがシンクロすることが
多くなってきたように思います。
私たち夫婦はハニーとサチのおかげで楽しく過ごしています。』

2015-5-25ハニー近況1
 
   2015-5-25ハニー近況2

     2015-5-25ハニー近況3

2015-5-25ハニー近況4

          2015-5-25ハニー近況5

プリチャイハッチ、あの子たちを預かったのも
1年前のちょうど今頃だった。
風邪が酷くてなんとか助かってほしいと
寝不足になりながら世話した
あの消えそうに儚い小さな命が
こんなに立派になって・・・って、
ちょっとあまりにもデカくなりすぎじゃないの??
妹のプリも、今ではかなりのデブふっくら猫に
なったと近況をいただいたし、
なんか小さい時大変な思いをして育てた子ほど
巨大化するジンクスでもあるのだろうか?
まだ1歳で柴犬のさくらちゃんにひけを
とらない大きさということは
中年になったらどうなるのだろう。

   あのころ、どうか無事に育って、と願ってはいたけど
   育ちすぎっ!
    2014-5-1トリオキッズ2

       2014-5-1トリオキッズ1

 あれっ?見過ごしてたけど、ハニーママ、
 さっちゃんもちょっとお太りになった??(笑)
   
    ウチにお泊りに来た時はこんなだった
    2014-11-11多摩川4



  

ハッチたちに比べても、ホントに手のかからないパッチプッチ。
1回目のワクチン接種してきた。
とても保護活動に協力的で、腕も信頼できる病院だけど
それだけに患者さんが多くて混んでる。
今日は家を出てから帰宅するまで4時間かかった・・・
プッチパッチも疲れただろう。

黒いほうがパッチ
2015-5-25パッチ1
金眼の黒猫になりそう
2015-5-25パッチ5

白黒のほうがプッチね    
2015-5-25プッチ1

2015-5-25プッチ2

2015-5-25プッチ5



 
  1. 2015/05/25(月) 17:29:29|
  2. パッチ&プッチ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

譲渡会開催・・・そしてまた子猫ズ

24日日曜日は予報に反して
お天気に恵まれてバウニャウで譲渡会が開催された。

2015-5-24会場1

今回大人猫さんが8頭、子猫♂2頭という少数参加だったので
来場数も期待していなかったのだが、
案外多くの方がたが、ほとんどご家族みなさんで
いらしてくださったので賑やかだった。
子猫たち♂はお話があるかと思っていたのだが
皆さん女の子希望の方だったので残念!
黒茶ん♀
2015-5-24黒茶ん2
ゆず♀(シー&キョンキョンのママ)
2015-5-24ゆずちゃん1
ミク♀(パックンパイのママ)
2015-5-24ミクちゃん1
へっちゃん♂
2015-5-24へっちゃん2
ピッピ♀
2015-5-24ピッピちゃん2
くゎん君♂
2015-5-24くゎん1
あいちゃん♀
2015-5-24あいちゃん2
まだ名前のない子猫ズ♂2
2015-5-24パッチ1

2015-5-24プッチ&パッチ1

譲渡会、終わってみれば
お申込みはミクちゃん(シー&キョンキョンのママ)1件だけだったが
色々なお話をお客様とできたし、
また地域猫活動、大人猫を迎えるメリットなど
ご理解いただけたことも嬉しい。

・・・で、その兄弟子猫ズだが・・・今我が家にいる💦
色々やむにやまれぬ事情があり、仕方なく引き受けたように
振る舞ってはいるが、多分私の心に
PPSKとのバタバタの育児の日々を終えて
ポッカリあいた穴を埋めたいという
願望があったのだろう。
2頭は名前も聞いていなかったので
とりあえず『パッチ&プッチ』
なんとなくちょっと不良っぽい響きがするのは多分、
「明日に向かって撃て」のブッチとサンダンス・キッドを
連想したからかも?(古い)
(ホントは「ブッチとキッド」にしようかと思ったが、
ホントにならず者になったら名づけ親の責任になりそうでやめた)
PPSKに比べたら数も半分、
さらにとにかく健康で腸内細菌も優良、
風邪もひいてないし耳もきれい、
健康そのものなので、つまり・・
ウンチが固くて掃除が超ラク。
おまけに鳴かない!
PPSKは、サークルから「出せ~出せ~」と
煩かったが、パッチプッチは家では全く鳴かないのだ(今のところ)。
多分外猫だった母親から生まれ育った子は
危急の時以外では声を出さないことが
身を守る術だったのだろう。
PPSKはとりあえず室内で全員身内の猫たちの中で
育ち、ヒトに警戒心も抱く必要がなかったので
要求のままにピーピー鳴くことができたのだ。
ま、その代りPPSKのような無警戒な人懐こさはない。
猫としてはごく常識的な警戒心を持ってる子たちだ。
今は広いサークルの、想いきり端っこで
隠れて寝ている。
まぁ可愛いこと♡
明日はいつもの獣医さんまで
ひとっ走りしてワクチンと検診だね。

2015-5-24プッチ1

2015-5-24プッチ2

2015-5-24パッチ3
  1. 2015/05/24(日) 16:21:14|
  2. 地域猫活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらちゃん

先日の蒼斗(パックン)君の妹、
さくらちゃんからも近況お知らせが届いた♡

『 早いもので、さくらが我が家にやって来てからもう少しで一ヶ月になりますね。
とても頭が良く活発な子で、ネズミのおもちゃで遊ぶのが大好きで
毎日部屋の中を元気に駆けまわっています!
でもおねむの時には膝の上に乗ってきてくれて、
今ではすっかり我が家のアイドル的な存在です。
さくらが我が家に来てから、人間の子供が生まれた時以上に
主人がカメラ小僧になっています!(笑)
明日には三回目の予防接種とフィラリアのお薬を貰いに行く予定です。
キャリーバック嫌いなさくらの通院がつつがなく終わるように祈るばかりです(^-^;; 』

2015-5-23さくらパイ1

   2015-5-23さくらパイ3

          どこに入ってるの?
          一緒に学校に行くつもりか?
          2015-5-23さくらパイ2

2015-5-23さくらパイ4


さくらちゃんは益々悪戯っ子の顔になってきたね♡
体重測ってみたら1,7kgだそう。
やっぱり蒼斗はとびぬけてデッカイ子猫だったのね。



23日の散歩風景
早朝(6時台)なのにすでに日差しが暑い
2015-5-23多摩川2

   2015-5-23多摩川3

      2015-5-23多摩川4

           2015-5-23多摩川1

            2015-5-23多摩川5

  1. 2015/05/23(土) 04:04:12|
  2. PPSK預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

今朝は早く出かけたので
久しぶりにパティに会えた。

  2015-5-20多摩川3

          2015-5-20多摩川4

パティは最近早く来ているので
なかなか会えなかったのだ。
暑くなると愛犬家はみんなサマータイムを実践する。
犬には汗腺がほとんどないうえに
被毛に覆われているので
ヒトの体感温度よりかなり暑く感じている、
多摩川のような緑濃く街中より涼しい環境でも
みんな気を配っているのだ。
最近愛犬が散歩を嫌がるようだ、と感じている方は
1時間早く起きて散歩してみてはどうだろう。

2015-5-20多摩川2

      2015-5-20多摩川1

          2015-5-20多摩川5



2015₋5₋24譲渡会ポスター2
  1. 2015/05/20(水) 22:42:11|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

室内飼いの落とし穴?

 
ぱっくんこと蒼斗君のお家から
画像が届いた。
ミーシャちゃんとの絡みの写真を
お願いしていたので送ってくださったのだが
動きが激しすぎてブレブレなのもご愛嬌♡

ママさんからの近況報告、面白かったので原文そのまま(#^^#)

   『パックン蒼斗が来て二週間になりました。
   我が家で一番大きな顔してる新入り(笑)    
   ミーシャと二人のおやつタイムも、
   自分のをさっさと食べてミーシャのも横取りしにきます。    
   俺のものは俺のもの~お前のものも俺のもの~と、
   ジャイアン的なので我が家でのあだ名はチビジャイ!
   本来の三毛の気の強さを発揮し、
   ミーシャもやられるばっかりではないです!
   蒼斗がしつこく絡んでくる時にはシャッと追っ払って、
   蒼斗はしっぽを下げ「怒られちゃった」とシュンとしてる。
   でも、すぐ立ち直り忘れる(笑)
   蒼斗があまりにも興奮し遊び過ぎて寝ないときは
   落ち着いて寝てもらうためにゲージを使用してますが、
   基本は気づいたら部屋のどこでも転がって寝ますし、
   人の側に来てウトウトするのが好きです♪
   可愛いし静かだから寝てる写真ばかりです(^_^;)
   まだ二匹寄り添っての写真がなかなか撮れませんが、
   今日はアクティブに遊ぶ二人の写真を送ります(*^^*) 』

2015-5-18蒼斗3

   2015-5-18蒼斗2

           2015-5-18蒼斗1

ミーシャちゃんと蒼斗君の取っ組み合いは、しっぽも耳も
本気モードじゃないことは一目瞭然、楽しんでますね♡
今のうちにミーシャがしっかりしめておけば、
蒼斗がでっかくなっても姉弟関係はそのまま保たれるはず、
がんばれミーシャ!




近所の子犬の鳴き声は相変わらず凹
都会では、家々は密閉されていて外から
伺い知ることはできない。
ご近所関係が希薄、というのは気楽でもあるが
そういった閉ざされた空間が、家庭内DVや弱者虐待を
深刻化させやすいともいえる。

犬の室内飼いについても、1日中ゲージに閉じ込めて
留守番させるという、他国では虐待とされるような
事態が、「虐待している」という自覚なしに
平然と行われやすいのも、外から遮断されているからだろう。
そんな飼い方は犬の心をむしばみ、
ゆっくりと精神を破壊していく。
閉鎖された空間で狭いゲージに閉じ込められて
1日無為に過ごすよりは、
庭に繋がれて1日過ごすほうがまだましではないかと最近思う。
外界の空気の匂い、音は、ゲージよりなんぼか気が紛れるだろうし、
犬好きに気にかけてもらったりもできる。
当たり前のことだが、一番いいのは留守番の長い家では子犬は
飼わないこと、だ。
今の自分の環境を冷静に見つめて、その環境でも
幸せにできるペットを飼うことが、どうしてできないんだろう。
例えば大人の猫だったらそれほど残酷な事態にはならない
・・・もちろんケージに閉じ込めないで飼うことが前提だが。
1日じゅう日当たりのいい場所でゴロゴロして過ごし、
帰宅後に触れ合うことで充分満足する。
((そして何より新しい家族を切望しているのが
捨てられた大人の猫だ))

ということで、24日、愛犬クラブバウニャウで
ネコの譲渡会を開催します。
大人猫が中心の譲渡会となりますが、
少しでも大人猫に関心がある方は
一度会いにいらしてください

            2015₋5₋24譲渡会ポスター2
  1. 2015/05/19(火) 23:10:51|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サマーカット


ポーちゃん&テトちゃん(キョンキョン&シー)のお家から
2回目のワクチン済みました~というお知らせが
届いた。

ついでに画像も送っていただいたのでアップ、
カワエ~♡
    2015-5-16シー&キョン1

      2015-5-16シー&キョン2




ミニーも長逗留でだいぶ毛が伸びてきた。

    2015-5-9多摩川2

            2015-5-13多摩川12


なんだか毛深い芋虫みたいになってきたので
サマーカットトリミングに挑戦!
トリミングについては今までも
偉そうなことを言ってきたが、
実は本格的に全身をカットするのは
今回が初めて。
カットの必要な犬の預かりはジャッキーが
初めて、彼はミニーほど長く逗留しなかったので
顔周りをカットしただけで済んだのだった。

で、バリカンは持ってないし、使い方もわからんので
くしと梳きバサミだけでトライ。

    2015-5-18ミニー1


もうね、お金払ってやってもらったほうが
ずっとラクだということがよくわかた。
ちょっとずつちょっとずつ切っていくので
2時間くらいかかってしまった。
ミニーは構われることが好きなので
ほとんど大人しく寝ていてくれたから
2時間で済んだわけで、これが
サムみたいなじっとしてられない子だったら
倍はかかったろう。

で、仕上がりがこちら
     2015-5-18ミニー4

              結構な量の毛をカット
    2015-5-18ミニー5


どうですか?可愛く仕上がったと思うんですが(#^^#)
  1. 2015/05/18(月) 18:24:03|
  2. ミニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月24日(日)つるみ・猫のカギしっぽ譲渡会

5月24日(日)つるみ・猫のカギしっぽ譲渡会が
愛犬クラブバウニャウで開催されます。

5月24日日曜日 
   
  第10回つるみ・猫のカギしっぽ開催
   😸 日時 :  5月24日日曜日 
            午前11時 ~ 午後3時  

   😸 場所  :  横浜市鶴見区豊岡町31₋23
             愛犬クラブ バウニャウ 教室内     
               JR鶴見駅西口より徒歩5分  

   ・室内での開催ですので雨天でも開催します
   ・柵内ではフリーにしているネコもいます
    ネコを驚かさないよう、お願いします
   
   ・今回は大人猫が中心となりますが
    医療処置などが間に合えば子猫も参加するかもしれません



  2015₋5₋24譲渡会ポスター2




16日、多頭飼い現場からの多分最後の保護猫3頭を
シャンプーした。

現場の他の猫同様、とても穏やかでヒト馴れしている。

~トロちゃん~
2015-5-16トコ1

10歳の女の子
シニアネコを迎えてくださるというお話があり
お見合い予定♡    
2015-5-16トコ2

        2015-5-16トコ5


~ミクちゃん~
3歳の女の子
シーちゃんキョンキョンのママ
美人な三毛猫。
2015-5-16ミク1

      2015-5-16ミク2

            2015-5-16ミク3

          


~ゆずちゃん~
4歳の女の子
パックンパイちゃんのママ!

2015-5-16ゆず1

       2015-5-16ゆず4

2015-5-16ゆず5


ミクもゆずも、不妊手術後、譲渡会に参加する予定♪
子供たちみたいに幸せなご縁が見つかりますように

         2015-5-16ゆずみく2

  1. 2015/05/16(土) 17:33:29|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごろごろ

車が車検に出ているので
近所の散歩でお茶を濁した1日。
それでも1日大人しくゴロゴロしていてくれるので
助かる。

       2015-5-13犬たち1


2015-5-12犬たち1
  
  1. 2015/05/14(木) 15:54:28|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遊び方も色々

早くに眼が覚めたので、車検前に多摩川に。
台風一過、晴れやかな日差しが気持ちいい。
だが川は増水していて流が早く、
主人が投げたボールを取りにいったサムが
かなり流されてる。
2015-5-13多摩川2 2015-5-13多摩川3 2015-5-13多摩川4 2015-5-13多摩川5 2015-5-13多摩川6 2015-5-13多摩川7


ボール遊びは訓練でいえば「持来」(もってこい)の要素を
含んでいる。
レトリバーたちは基本的にこの遊びが好きだ。
夢中で延々とやっているペアもいる。
本などでは、レトリバーたちはこの「持来」「レトリーブ」の
前半部分「獲物を追って咥える」は生まれつき本能的に持っているが
後半部分「持ち帰りヒトに渡す」は教えなければ
できない、と言われている。
だが、ホントにそうだろうか?
ボールは獲物であり、守るべき戦利品なのだろうか。
わたしには、ヒトとのコミュニケーション手段として
ボールを使おうとしているレトリバーが多いように思う。
例え素直に渡さなくても、ボールを持って逃げ回ることで
追いかけっこ遊びに誘っているように見える。
多摩川で会うレトリバーたちのほとんどは
ボールに過剰な執着を示さないし、
お互いにボールを見せびらかしたり追いかけさせたりして
取られても喧嘩にならない。

こういうレトリバーたちは逆に、メナのような
身体をぶつけたり、口を使ったりの格闘技戦は
あまりやらない。
メナは気が合う子とは、犬を知らないヒトが見たら
喧嘩?!と見間違うようなガウガウ遊びや
激しい追いかけっこが好きで
ボールには興味がない。
多摩川にはそういう遊び方をしてくれる相手が
あまりいないので、ルフトが来ると嬉しいのかもしれない。

ボール遊びで気を付けなくてはいけないのは、
中には「ボール(おもちゃ)そのもの」への
執着が強まりすぎて、他の犬やヒトに過剰反応する子も
いるということだ。
食べ物やおもちゃも同じで、飼い主にまで
取られまいと警戒するような場合は
ボール遊びなど「モノ」を使った遊びや
興奮しすぎる遊びはあまりお勧めできない。

同じように、水遊びも、犬それぞれだ。
ざっくり言えば、レトリバー系はほとんどが
生まれつき水遊びが好きで、いつのまにか
泳げるようになっていたりする。
でも、本来はメナのように、泳げるけど
できるだけ足がつかない所まで入るのは
避けたい、というのがまともな犬の姿勢だろう。
「できるだけ泳がない」のが本来正しいことなのに、
無理して泳がせる必要はないと思う。
短吻犬種では特に、呼吸や脚の構造などから
泳ぐのが苦手なのは当たり前のこと、
なのだが、ミニーはちょっと育て方を間違えてしまったようだ。

初めのうちこそ浅瀬も抱いていたのだが、
どんどんパワフルになって、自ら浅瀬を走り渡るように
なり、いまや根拠のない「泳げる」という自信まで
持ち始めているような気がする。
サムやメナの後を追ってミニーには深すぎる流れに
入ろうとした時は、実は私がハーネスをそ~っと
つまんで浮かせてやっているのだが、
どうやら彼女はそのことに気が付いていないみたい。

今朝はついに、サムでさえ流されるような水流に
飛び込んで島に渡ろうとして
案の定あっという間に流されていきかけたのを、
慌てて主人が追いかけて掴み上げた!!
助けられた後も、自分が溺れかけたとは
微塵も思っていないようすで、どうも困ったことになった。
流れの速い日は岸辺に近づかないか、
それともミニーに泳ぎをちゃんと教えておいたほうが
いいのか、悩んでいるところ。
 
               ずぶ濡れシーズー           
               2015-5-13多摩川11

   奇跡の1枚♪ まるでぬいぐるみが宙を飛んでるみたい
   2015-5-13多摩川10

テディパパの後をついていく
2015-5-13多摩川9

            2015-5-13多摩川8

2015-5-13多摩川1
  1. 2015/05/13(水) 23:33:48|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風の中で

12日朝は台風の影響でかなりの強風だった。

2015-5-12多摩川6

こんなふうに風が吹き荒れると、
私の中でも荒々しいような
奮い立つような気持ちが沸き起こってくる。
風の又三郎の冒頭が思い出されるのだ。

     どっどどどどうど どどうど どどう、
     青いくるみも吹きとばせ
     すっぱいかりんもふきとばせ
     どっどどどどうど どどうど どどう

犬たちも興奮して無駄に駆けまわる。
           2015-5-12多摩川4

                  2015-5-12多摩川2

          2015-5-11多摩川5

ウチの子たちだけ?
いや、思い出してみれば歴代の保護犬も
確か同じように興奮しやすかったようだ。
同じ強風や大雨でも、家の中にいる時は
犬も猫もひたすら寝てばかりいるのに、
いざ外で風を受けてたつと、興奮するのは
原始の記憶がよみがえるんだろうか?
できれば悪天候の日は巣穴で大人しく
していたい、でもどうしても飢えて狩りを
しなくてはいけない時があっただろう。
悪天候の中出かけるのはリスクが大きい、
何が起きるかわからない、でも出かけねば
ならない、だから心を奮い立たせる必要が
あった・・・なんだかそんな光景が浮かんでくる。
私だって今朝はベッドでぬくぬくとしてたかった、
でも明日明後日は車検で多摩川に来れないから
仕方なく、ね。
台風が好きなわけではないし、
被害にあわれた方にも失礼だと思うけれど、
原始人?の血が、強風に煽られて
つい、ざわざわとしだすわけです。

2015-5-12多摩川5

              2015-5-12多摩川1

     2015-5-12多摩川3
  1. 2015/05/12(火) 23:08:38|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間 × 費用

近所で最近子犬の鳴き声がするお家がある
(多分そのお宅から聞こえてくるのだと思うのだが)。
昼でも夜でも、時にヒステリックに、
時に寂しそうに鳴く声は
犬好きな人間にとっては公害みたいなものだ、
いたたまれない気持ちになる。
そのお宅は夜になってもあかりがついていないことが
多く、多分みなさんお勤めや塾などで
留守が多いようだ。
1日中多分ケージに入れられている子犬を
思うと憂鬱になる。
今まではそんな他人様の事情は
気にならなかったが、犬の声が聞こえるようになってから
ついつい探ってしまう。
家族が皆多忙で長時間留守が多い家庭で
何故子犬を飼おうと思うのだろう?
・・・・意識していなくても、「何か」が足りないと
感じてそれを他の「何か」=ペットで補おうとしてしまうのだろうか。
『犬でも飼うか』  とか 『猫でも飼うか』

動物を飼育する、というのはある意味
贅沢なことだと思う。
お金持ちしか飼えないの?と反発されそうだが
お金も確かに必要だ、そして時間!

犬を飼う資格を明確な数字で表示できるとしたら
どうだろう?  例えば
犬を飼うには『 時間 × 費用(単位:万) =  24 』の指数が必要:
・お金はあまりかけられないが(犬のご飯と医療費は必要最低条件)
  時間ならいくらでもある、24時間一緒にいてあげられるなら
  とても良い飼い主といえる
・一方でお金なら腐るほど持ってるが、時間はあまりない(最低1時間は必要)
  なら、ペットシッターや優良お泊りホテルなどを常時利用するという条件付で
  犬の生活水準は維持できるので合格、とか

こんな風にそれぞれの動物の飼育資格が
数字ではっきり示されたら、どんなにか不幸な動物が
減ることだろう。



ここ数日の多摩川

2015-5-8多摩川1

            2015-5-8多摩川2

  2015-5-10多摩川1

                   2015-5-10多摩川2

    2015-5-10多摩川3

2015-5-11多摩川1

        2015-5-11多摩川2

                  2015-5-11多摩川3

2015-5-11多摩川4

           2015-5-11多摩川5



     
  1. 2015/05/11(月) 22:04:10|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そして、パックンもおめでとう♡


PPSKの長男パックンも
めでたく正式譲渡になりました♡

実は4頭の中で一番心配だったパックン。
繊細な先住猫のミーシャちゃんに
パックンを受け入れてもらえるかが鍵でした。
トライアル前もトライアル中も
色々ご相談しながら忍耐強く
接していただきましたが、
トライアル終了間際までドキドキしっぱなし。
お子様にも色々猫への接し方など注意していただき、
ママさんは寝不足と戦いながらの毎日だったことと
思います。
先住猫も実はウチで預かっていた子猫で1年前譲渡された子です、
ミーシャちゃんがストレスで体調を崩すのは
絶対避けたかったのですが、ご家族全員の努力で
少しずつ少しずつ馴れていってくれたようです。
トライアル終了当日、やっと2頭の距離が縮まり、
翌日にはなんと、初めて2頭で追いかけっこをしたそうです♪
本当に色々ありがとうございました


トライアル終了時にお伺いした時、
とても参考になるお話をお聞きしました。
これはペット可の集合住宅で子猫を飼う際に
ぜひ試していただきたいと思います;
  ミーシャちゃんが押入れに隠れてしまい、
  遊びたい盛りのパックンが可哀想ということで、
  同じマンションにお住まいの3頭の猫さんのいるお宅に
  パックンを連れて遊びにいかれたそうです。
  最初は3頭にシャァシャァされたようですが、
  パックン、そのお宅でも大きな顔をして
  みなさんに可愛がってもらい、最後には先住猫さんたちにも
  挨拶してもらってご機嫌だった様子。
  子猫の社会化、ヒトや猫の知り合いを沢山作っておく、
  という面でとても良い方法だと感心しました。
  
トライアル中、近況報告や画像を沢山いただきましたが
ほんの少しだけご紹介します;
😸ミーシャは、昨晩は夜中まで出てこず飲まず食べずで。
 さすがにまずいと、口元までご飯を持っていったら
 食べてから少し精神的に落ち着いたのか、
 一歩ずつ出始めテリトリーの安全を確認してから
 ゲージに近づいて凝視したり目が合うとシャーシャーしたりです。
 やはり自分以外の匂いがダメな様で
 パックンの匂いがついたものがあればシャーシャーしています。
 威嚇は当たり前と思っていましたが、食欲が落ちているのが心配です。 
そんな昨晩でしたので、私も少しの仮眠だけで二人を見守りました。

😸今日も、一日様子見したのですがやはりミーシャはあまり食べずで心配です。
 口にするのなら何でもと、おやつや缶詰やら
 いろいろと近くまで運んで食べさせたり、
 ゲージの場所を移動したりしました(ミーシャの死角になり餌場から遠い場所)
😸今も、押し入れの中にスープ状のフードを持って行ったら喜んで食べました。
 食べたいけど出れない..みたいです。
 この状態はみんな通るのか?
 ある日突然か少しづつ慣れるものなのか?
 私も初めてで見透しが出来ないので不安になりました。
 うちに来てからは、人以外と接したことがないので
 ミーシャも恐くて仕方ない様子です。
😸ご心配かけましたが、今朝からミーシャは外に出て
 自由に歩き回りご飯も食べるようになりました!
 まだゲージを凝視したりシャーシャーしてはいますが、
 まずは一歩前進したのではないかと!
 あとは距離が縮まるよう焦らず見守って行きたいと思います
😸午前中、和室とリビングを仕切り、パックンはリビングで遊んでいました。
 昼御飯を食べたら、私の傍らでウトウトし今もソファーで寝ています。 
 ミーシャは押し入れのある和室で過ごせるように、
 パックンはリビングで、テーブルを立てて 隔て
 簡単な仕切りをして序々に二人を慣らそうと考えています。
   
・・・そして・・・
😸夕方から、とうとう二人が追いかけっこを始めました!
 遊びたい蒼斗がしかけ、
 ミーシャも負けじと追いかけ遊んでます!成長したね!
 もっと時間かかるかと思ったけれど、
 一週間でやっとここまでになりました
 近づいた二人を、念願の初ツーショットです!
 感激です(*´ω`*)
 今日は初めて、おばぁちゃん(私の母)に会いましたが、
 初対面なのにお膝から離れない蒼斗でした
😸帰ってきた家族に相談し、さっそく命名しました♪
  「蒼斗」あおと
  男の子らしい名前と、
 青空の綺麗な季節に我が家に来たこと、
 我が家の応援するサッカーチームカラーにちなんで
 この名前に決まりました
😸昨晩は気持ち的にも晴れやかに
 久々にぐっすり寝ようと思ったら、
 夜中~明け方まで蒼斗の大運動会が始まりました(笑)
 しばらくはまだ大騒ぎに付き合う覚悟です(^_^;)

画像紹介:小さな画像はクリックすると拡大します

2015-5-4橋本パックン2  2015-5-4橋本パックン3のんびりパックンと押入れ籠城中ミーシャちゃん

2015-5-6Hパックン1 2015-5-6Hパックン2

     2015-5-6Hパックン3

2015-5-10パックン1

            2015-5-10パックン2

      2015-5-10パックン蒼斗1  2015-5-10パックン蒼斗2

パックン蒼斗とミーシャ、ご家族様が楽しい日々を
ずっと過ごされますように♡



  1. 2015/05/10(日) 04:03:10|
  2. PPSK預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーちゃんキョンキョン譲渡決定♡


さくらパイちゃんに続いて
PPSKのシーちゃん&キョンキョンも譲渡決定となりました!

初めて猫を飼うご家庭、お勧めした2頭飼いを
快く受けていただき、シー&キョンキョンの姉妹を
迎えてくださいました。
ネコたちには広くて冒険し放題の
3フロア構造になっている素敵なマンション、
閑静なお住まいもしばらくはドタバタが続きます(#^^#)

こちらも、トライアルの日々、沢山の画像と毎日の様子を
送っていただいていましたので一挙アップ♪
    *沢山あるので、一部サムネイルにしています
      クリックすると拡大で見られます

近況報告も一部だけご紹介♡
😸今日は日中、シーちゃんの走るスピード、
   飛び乗る高さにびっくりしました!
   キョンキョンはなぜかものすごい甘えん坊です。
   シーちゃんは甘え時を心得ており、
   主人がまんまとやられております(笑)
   とても楽しくやっています。
😸お察しの通り、生活パターンが 
 子猫ちゃん達中心に変わり、寝不足です(笑)
 病院に連れていったり、実家の家族に対面してもらったりと、
 初めてのことばかりでしたが、楽しく過ごしています。
 彼らの生活パターンも、だいぶわかってきましたよ。
 寝るか食べるか走っているか、少しだけ甘えに来てくれます。
 2頭一緒に来てくれて、ほんとに助かっています
😸シーちゃんはポー (正式にはポーポキ)
 キョンキョンはテト (正式にはバステト)
 と呼んでいます。
 ポーポキはハワイ語で「猫」の意味、
 バステトは、エジプト神話に出てくる
 猫の顔をした女神から名前をいただきました。
😸今、段ボールに入って遊んでいます。
 主人がはりきってガムテープで補強したり、 
 側面に小さな穴をあけて、
 二人がじゃれあえるようにしたみたいです。

2015-5-4Wシー&キョン1 2015-5-4Wシー&キョン2 2015-5-4Wシー&キョン4 2015-5-4Wシー&キョン3

2015-5-6Wシー&キョン1

   2015-5-6Wシー&キョン2

2015-5-6Wシー&キョン3  2015-5-10シー&キョン(ポー&テト)1

    2015-5-6Wシー&キョン4

2015-5-10シー&キョン(ポー&テト)2 

     2015-5-10シー&キョン(ポー&テト)3    2015-5-10シー&キョンキョン4

2015-5-10シー&キョンキョン5

          2015-5-10シー&キョンキョン6

   2015-5-10シー&キョンキョン7

          2015-5-10シー&キョンキョン8

ポーちゃんテトちゃん、どうかず~っと幸せに♡






  1. 2015/05/09(土) 03:46:34|
  2. PPSK預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイちゃんおめでと~♡   

4月30日、PPSKの中で一足先にトライアルに入ったパイちゃん、
このたび無事譲渡決定になりました♡
小学生のお子さん二人いるが、ママさんがきちんと
猫の扱い方を事前にお話されていたようで
とても優しく接してくれる、
事前にアレルギー検査まで受けてくださったそうで
何の心配もしていなかったが、それでもトライアルの間は
ドキドキしていた。
その間ずっと可愛い画像や日々の報告まで
送ってくださっていたので、一挙公開
新しい名前は『さくらちゃん』
悪戯っこパイにはおしとやかすぎる名前だけど
名前負けしないように、穏やかな女の子になってね


2015-5-2パイちゃんトライアル

2015-5-2パイちゃんトライアル2

               これ、絶対食事中の画像ですね(#^^#)
               視線の先には多分食べ物が・・・    
              2015-5-4Nさくらパイ1

2015-5-4Nさくらパイ2

     2015-5-4Nさくらパイ3

   どうかさくらパイが一生穏やかに幸せに暮らせますように
   ご家族様がさくらとの暮らしで一層楽しい豊かな思い出をはぐくんでいけますように♡







ルフト君は、今朝も散策を楽しみ、食べて昼寝して
昼過ぎに無事ご帰宅となった。
メナ、名残惜しそうに見送ってた、楽しかったんだね。

2015-5-6多摩川1

          2015-5-6多摩川2

                 2015-5-6多摩川3

これはなんという生き物?
2015-5-6多摩川4

                 太ったカワウソ?
                2015-5-6多摩川5

拾ったゴムボールで遊びが始まる
2015-5-6多摩川6

           2015-5-6多摩川7

白尻黒尻
2015-5-6多摩川8

2015-5-6多摩川9

   バイバイ、またね♪
  1. 2015/05/06(水) 23:38:04|
  2. PPSK預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬の友達

今朝は予報がずれて、どんよりした空
予報を信じて夏先取りの恰好をしてしまい
震えながら歩く
犬たちは平気そうだけど。

ミニーは大きいの3頭とは少し距離をおいて行動する
ルフトも彼女の気持ちを尊重して、興味ないふりをしている
ミニーは私と草原を中心にブラブラ
でも小さすぎてすぐに姿を見失ってしまう
呼ぶとピョンピョン飛び跳ねながら駆けてくるのがかわいいね
2015-5-5多摩川1

                 2015-5-5多摩川3


2015-5-5多摩川2

      2015-5-5多摩川4

            2015-5-5多摩川5

2015-5-5多摩川7


              主人はルフトと仲良くなってからすっかりサモエドファン
              でもね、手入れが本当に大変だからウチみたいに
              毎日汚れ放題、ずぼらな家庭では
              とても飼いきれない犬だよ
              2015-5-5多摩川8
   

お天気が回復してきたので
庭で草むしりしていると、暇を持て余した3頭が遊びだした

2015-5-5ルフト3

        2015-5-5ルフト2

                  2015-5-5ルフト1


犬はたいてい1対1で遊ぶことが多いと思う。
遊びが本気モードにならないよう
常に互いに気を付けているので、3頭で遊ぶリスクを
避けているのかもしれない。
でも、本当に気心が知れた間柄だと、こうして3頭ごちゃごちゃになって
遊ぶこともたまにあるみたい。
これも信頼関係のひとつだといえる。
サムが若干しつこすぎるきらいがあるが、
大人の二人が相手だから成り立つ遊びだね
(これもやはり1分も続かなかった)
  1. 2015/05/05(火) 19:42:44|
  2. 犬友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多摩川散歩

3日からお泊りのルフト、
4日に3頭子猫のお届けがあるので
引き受けるのにちょっと考えたのだが、
結果的にはよかった。
あの騒がしくも可愛らしい子たちが
急に家からいなくなった虚しさが
久しぶりのルフトとの生活で
気がまぎれて、あまり落ち込まないで済んだ。

4日朝の散歩風景

2015-5-4多摩川1

    2015-5-4多摩川3

                 2015-5-4多摩川4

 2015-5-4多摩川2

              2015-5-4多摩川5

メナはルフトが大好き、 珍しくこんなにはしゃいでる
でも、大人な2頭の追いかけっこはほんの1分も続かない
落ち着いた犬同士では興奮しすぎないように自己抑制が働くのだと思う
ドッグランでいつまでも興奮して追いかけっこをするのは
他にすることがないからだろう
2015-5-4多摩川6

     2015-5-4多摩川7

              2015-5-4多摩川8

2015-5-4多摩川9

2015-5-4多摩川11

  で、こんなになってしまった(#^^#)
  洗ったばかりだのに、申し訳ない💦
   2015-5-4多摩川10
 
     朝ご飯
    子猫ズがいなくなって、トイレ掃除もご飯のしたくも
    すごく楽
      2015-5-4ルフト食事
           
  1. 2015/05/04(月) 23:58:20|
  2. 犬友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嫌な事件

嫌~な事件2件について:

歳を取るということはそれだけで賢く成熟する、というわけでは
ない、むしろ「老醜」と呼ぶ歳の取り方をする人間のほうが
案外多いのかも、と暗澹たる気持ちになったニュース

「餌をやっていた猫に引っかかれて逆上83歳男
猫を4キロ車で引きずり殺す」
  ⇦クリックで記事に

「引っかかれたから頭にきた、とか盆栽をやられたから
かっとなってやってしまった」というが、本当だろうか。
引っかかれたのなら、猫は恐怖からそうしたのだろうし、
もし相手を怖いと思ったら、外猫が高齢者にそう簡単に捕まるとは
思えない。
最悪の予想は、盆栽をやられて頭にきた➡餌付けしてならし
➡捕まえて車でひきずって殺す という計画性をもって冷静にやった、という
背筋の寒くなる筋書だ。


そんな記事に心寒くなったところに

足立区の親による男児監禁致死 ⇦クリックで記事に

ウサギのケージに我が子を3か月以上押し込め、
食事もトイレもほとんど放置して殺した夫婦。
・・・・もうこれは山岸涼子の猟奇世界だ、怒りよりおぞましさに
吐き気がする事件。
檻の横で家族は日常生活をしていたという。
子供が他にも6人いたというが、その子たちの精神的ダメージは
一生を左右することになるのではないか?
先日ケージで犬や猫を飼うことについて書いたが、
実は私は自身が少し閉所恐怖症気味なため、
犬や猫をケージに閉じ込めることに
抵抗があるのだ。
だからどうしても必要な時は、せめてサークルを使用している。
閉所というより、頭の上の閉塞感がダメなんだろうと思う。
だから海底トンネルなんて、もう最悪だ。
それから長く続く苦痛にも耐えられない。
一瞬の死ならなんとか虚勢を張って耐えられるかもしれないが、
拷問とか、長期に渡る虐待は、聞くだけで身の毛がよだつ。
それらが束になってのこの事件だ。
ウサギの檻に押し込められて、3か月以上の虐待、
頼るべき親が犯人では、絶望と恐怖で
どんなにか辛かっただろう。
なぜ我が子にこんな仕打ちをするのだろう?
邪魔だったら捨てればいいではないか。

犬や猫への家庭内での虐待も同じ、
さっさと捨ててくれ!!といつも思う。
長期に渡る虐待で心が壊れてしまった動物の
リハビリは容易ではない。
だが、そういう人でなしほど、
なかなか犠牲者を手放さないのは何故だろう。
弱い者、子供や動物に向けられる虐待行為は
する者にとって習慣化、快感になってしまっているのだろうか・・・

ケージ嫌いに益々拍車がかかってしまった。




  パックン、シーちゃん、キョンキョンは今日トライアルに入りました。
  まだサークルを片付ける気になれない、
  やっと落ち着いた生活が戻ってきたけれど、寂しくて・・・

2015-5-5子猫のサークル
  1. 2015/05/04(月) 12:13:33|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客様  ~ルフト再訪~

3日日曜日の多摩川

2015-5-3多摩川3

               2015-5-3多摩川2

2015-5-1多摩川1     

ミニーは脚が短いので、サムたちと同じように水辺を駆け回ると
どうしても下腹や足がひどく汚れてしまう。
            2015-5-1多摩川2

ので、バブを入れた風呂に浸かることが多い。
結構気に入っているんではないか??と思う時があるこの表情
ミニーは構ってもらうこと自体が嬉しいのかもしれない
            2015-4-28ミニーお風呂1

            2015-4-28ミニーお風呂2


別れを惜しむ?キューとその愛弟子パックン
            2015-5-2パックン1

       2015-4-30子猫2


夕方、お泊り客が・・・ルフト!
メナもサムも大喜びだが、ミニーは迷惑顔。
そして子猫’ズは、やっぱりまったく警戒心がない。
ルフトが子猫に反応しないように
用心のためつけたリードが、逆に子猫たちの関心を
惹きつけてしまい、ルフトのほうが困惑。

 2015-5-3ルフト&子猫1

              2015-5-3ルフト&子猫3

     2015-5-3ルフト&子猫2

 
このPPSKの警戒心のなさは、ちょっと異常じゃない?
2か月齢をすぎると、段々見知らぬモノへの警戒が
出てきてもいいはず、なのにパックンはルフトと飼い主のいる
部屋に無理やり入ってきて、ずっとその膝の上で
偉そうにしてた。この子は店の看板猫にもなれそう。

月曜日は子猫全員のお届けになる、
もうドタバタの日々も終わりだね。
2015-4-28子猫2

               2015-4-28子猫1


2015-4-30子猫1


  1. 2015/05/03(日) 11:42:38|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子犬(子猫)を迎えた夜に・・・

犬のご相談の際、はじめに色々お話をお聞きするのだが、
最近は特に、ケージまたはサークルで子犬を飼育する方が
多いように感じる。
トイレの問題があるので仕方ないとは思うが、
ケージが中心で、短時間だけフリー、という飼い方をしている人が結構多い。

子犬子猫を迎えたら、『いくら泣いても負けて出してはいけません』
などというトレーナーもいて、ますますケージ中心に拍車がかかっているのだろうか。
そうやって甘やかしてしまうと、あとあと問題犬になってしまう!
というのだが、本当にそうだろうか?

問題行動とか、問題犬の背景にあるのは、
不安・恐怖・不満・・・つきつめれば過重なストレスであることが
ほとんどではないかと思う。
心当たりがないのに問題行動に悩んでいる、というヒトは
実は犬に与えているストレスに気が付いていないだけかもしれない。
犬に直接体罰や強制訓練をしていなくても、
24時間一緒に暮らす家庭の環境自体がストレスになっていることが
案外多いのではないだろうか。

・我が家は本当にリラックスして寛げる家庭か
    犬は社会性の高い動物だ、周囲の感情を敏感に肌で感じ取る。
    家族間の軋轢や緊張、誰かが過重なストレスを抱えていれば、
    それだけで犬は不安になり、ストレスを抱えてしまう

・常にせわしなくバタバタしているのでは?
    いつもせかせかバタバタしている家庭では
    犬は、そして特に猫は、リラックスすることができない
    あなたの犬や猫は、家じゅうどこでもゴロンと寝て、熟睡しているだろうか?
    
・喧嘩や怒鳴り声、そのつもりがなくても大きな声できつい言い方が習慣になっていないか?
   犬は常に周囲の顔色をうかがい、びくびくするようになってしまう

「甘やかしたらつけあがる」  そんな簡単なものではないのだ。
それに、ケージに入れて飼うことが「甘やかさない」というふうに
とらえること自体間違えている。
甘やかすこと、それが問題なのではなく、甘やかす一方で
ストレスまみれの生活をしていたり、またヒトの気分次第で
時にはきつく当たったりイライラをぶつけたりすることのほうが
問題なのだ。
落ち着いて安定した家庭で、いつも変わらぬ態度で接しているなら
甘やかされて問題になるのはせいぜい軽度な問題行動くらい;
飛びついてくる
ぺろぺろ舐めてくる
食事時、ちょうだいちょうだい!とせがむ etc
深刻な噛みつき、防衛行動、攻撃行動などに比べれば
可愛いものだし、治していくのも簡単だ。

ということで、何が言いたいかというと、
子犬子猫を迎えた初日、『いくら泣いても負けて出してはいけません』
なんて言葉は忘れて、抱いて寝てみてはもらえないだろうか。
トイレの心配があるのなら 、せめて傍にいて一晩くらい
添い寝してあげてほしい。
  
なぜなら、その時子犬子猫は、心細くて不安でたまらない、
「お母ちゃん」と泣いているので、その時に寄り添ってあげれば
信頼関係の一歩が確実に築けることになるのだ。
こんなに簡単に犬の、猫の心をつかむことができる
チャンスを奪い、不安なままストレスを与える「ケージ閉じ込め」を
勧めるなんて、もったいないと思うのだ。
もしもそうして育てたのに問題行動が出たとしたら、
それゆえ、ではなく、それにも関わらず、ということだ。

     *居間にトイレシーツを敷き詰めてフリーにし、
       24時間一緒についていてあげれば
       初日からトイレトレーニングもできてしまう
       トイレをするたびに褒めてあげればいいだけなのだから簡単だ


それにしても、なんでこんなに犬や猫を育てるのが小難しくなってしまったのだろう。
犬はヒトに寄り添うことで生き残ってきた動物だ。
中には遺伝的な問題のある個体や、元々粗野な個体も
あるかもしれないが、人間の中にそういう個体がいるのと同じ、
例外的な存在であって、本来穏やかで協調性のある生き物だ。
だからといって、こんなふうに絶えずストレスまみれな扱いを
受け続けるいわれはない。
犬はずっとヒトとは対等な関係であった(少なくとも近代までは)という
学者の言葉を私も信じる。

宮沢賢治の作品の中に、オッペルと白象というのがあるのだが、
私にはこの白象が犬にダブってみえるのだ。
私たちはオッペルになっていないだろうか。


  オツベルと象  (クリックすると作品にとびます)
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=HloQPrPYwckJ&p=%E3%82%AA%E3%83%84%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%A8%E8%B1%A1+%E5%85%A8%E6%96%87&u=center.akarinohon.com%2F%3Fp%3D7479


そして、以前紹介した Adam and Dog  を再度どうぞ

  1. 2015/05/02(土) 20:09:43|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

無題

子猫のアップが続いたので、
最近の散歩風景をまとめて画像だけ;

2015-4-27多摩川1

        2015-4-27多摩川2

            2015-4-25多摩川1

    釣り針の落とし物、野鳥が絡まったら “死”が待っている
   2015-4-25多摩川2


               2015-4-29多摩川1

2015-4-29多摩川2

              2015-4-29多摩川3

        2015-4-29多摩川4
  1. 2015/05/01(金) 01:05:53|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0