バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

里親募集  ミニーちゃん(シーズーミックス)

1月13日から我が家に逗留中のミニーですが
いよいよ本格的に里親募集を開始します。
          
2015-1-20ミニー1


   🐶プロフィール🐶
 ・ 5~6歳の女の子 
 ・ シーズーミックス
 ・ 毛色:シルバーブラック&ホワイト 
 ・ 体重4.8キロ  
 ・  不妊手術済・ワクチン、狂犬病済・血液検査済(特に問題なし)
 ・ 多頭飼い崩壊現場からレスキュー 
  性格もいい、ヒトが大好きな小型犬
  ただ、同じ小型犬同士だと、資源(物、食べ物、人間)を巡って
  争う場合もあるかも?
  (過酷な多頭飼い崩壊現場の生き残りの影響?)
  1頭飼いか穏やかな大型犬あるいは猫との生活が望ましい
 ・ペットシーツでトイレをしますが、散歩時外でもできます

          2015-2-22ミニー2

  
譲渡条件があります
 ・完全室内飼い
 ・持家、あるいはペット飼育可の集合住宅
 ・ご家族皆様(特に主婦の方)が犬を飼うことに積極的賛成であること
 ・未成年者、70歳以上の方、男性単身者の方は
   譲渡ご辞退させていただいております
 ・お留守番があまりないこと
 ・ゆったりとした散歩を犬と毎日楽しめる、時間的余裕のある方
 ・小型犬の先住犬がいないご家庭(上記の理由から)
 ・どんな理由であれ体罰、苦痛を犬に与えないこと
 ・かかった基本医療費(不妊手術代・ワクチン・血液検査)のご負担を承諾していただけること
  
 ・予防医療を毎年していただけること(ワクチン・狂犬病予防・フィラリア予防など)
 ・定期的に健康に生活していることを確認させていただけること
  (画像などを毎年1回くらいは送っていただける方)   

            2015-2-16多摩川2


3月1日のつるみ・猫のカギしっぽ 譲渡会に参加しますので
関心のある方は是非会いにいらしてください♪
またはお問い合わせは
愛犬クラブ バウニャウのホームページのお問い合わせをクリックして
  メールを送信してください 
  1. 2015/02/26(木) 19:58:31|
  2. 里親募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

   私のお腹の上を分かち合う
2015-2-22ミニー1
           
              2015-2-22ミニー2

我が家の猫グループでまずまず仲がいいハッピーとノビタ
2015-2-22猫ズ1

      アリスはようやくサムに馴れてきたね
      2015-2-23アリス2

   
  1. 2015/02/23(月) 22:57:39|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

土曜日、主人が朝から出かけるため、
3頭を一人では連れていけず、ミニーはお留守番。

ボールも投げていないのに、早朝から冷たい川に入る
 ・・・ホントに水が好きねぇ
2015-2-21多摩川3

     2015-2-21多摩川4

                2015-2-21多摩川2

    向うに遊び仲間を見つけたっダッシュ!
    2015-2-21多摩川5

   メナはホントに綺麗ね、親ばか炸裂
   2015-2-21多摩川1

  1. 2015/02/22(日) 15:52:52|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

1対1の散歩で気づくこと

金曜日は用事で多摩川に行けなかったので
近くの川辺を散歩。
といっても、メナはほんの近所を一回りしただけ、
多摩川まで毎日のように出かけるのは
ほとんどメナの為に始まったようなものだ。
メナにとってはアスファルトの道や
行きかう人、車や騒音は、どうしても
慣れることができない苦手なままだ。
勇気を出して川辺まで行けることもあるが、
楽しんでいるとは到底みえない。
サムと2頭でなら少しは落ち着いていられるようだが
それでもストレスは相当なものらしい。
多摩川や、たまにいく自然豊かで人けのない環境での
彼女とは別人のように警戒し、落ち着かなくなってしまう。

   サムは1頭での散歩も楽しいらしい(私も楽しい)
   のんびりブラブラ歩いていると、あっというまに
   時間が過ぎてしまう
   2015-2-20散歩2

   梅が盛りだね
     2015-2-20散歩1

   ヒトとすれ違う時は斜面に退避して「フセ」でやり過ごす
   斜面でずり落ちそうになるサムが見たくてわざとやってしまう(#^^#)
    2015-2-20散歩3
 

メナの次はミニー。
ミニーもやっぱり街中の散歩はあまり好きではないようだが、
それでもパニックにならないで歩ける。
まるで教えたような脚側歩行♡
そしてアイコンタクト。

      2015-2-21ミニー2

ちょっと不安だから、そばを離れないだけのことだが、
あんなにしじゅうこちらを見上げていたら、首が
痛くならないのかしらん、と考えて思い出した。
小型犬はその低い位置から飼い主の顔を
見上げてばかりいるので、首が凝っている子が
多いのだという、やっぱりね。
前にも書いたが、ヒトが求める「アイコンタクト」は
人間のやり方で「両眼視」を犬にも求めてしまっていると思う。
ほとんどの犬は眼が頭蓋骨の側面についているので
視界はヒトより広い、ちらっと頭を傾けるだけで
ちゃんと犬なりのアイコンタクトは取れる。
ヒトがそれを見落としがちだから、大げさな
「見つめあう」アイコンタクトを犬に強制してしまっているのだろう。

小型犬にどうしてもアイコンタクトをしいるなら、リードをもっと
長くしてあげれば、犬の負担はずいぶんと軽くなると
思うのだが、どうだろうか。
つまり、お互いの距離があれば、見上げなくてはいけない
角度が小さくて済む、というわけだ。
           2015-2-21ミニー1

なんて色々とりとめもなく考えながら、3頭の散歩をする。
それぞれみんな違う発見があり、面白い。
例えチワワでも、何頭も一緒に散歩させるのでなく、
1頭ずつとの会話を楽しみながら歩いてみると、
それぞれの個性がより際立ってわかるし、
1頭1頭との絆も深めることができる。
でもそうなると、セントバーナードもチワワも
「1頭」に変わりがなくなるので、飼える頭数も
限られてくるわけだ。
実際に3頭の散歩は3時間近くかかってしまった。
多頭飼いしているヒトは、例え毎日でなくてもいいので
みんな一緒の散歩の後、今日はこの子と、というふうに
1頭との散歩を時折は楽しんでみてほしい。

  1. 2015/02/21(土) 15:20:56|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生物の痛み

今朝、散歩に出かけようとしてふと
窓の外に眼をやったら、見慣れぬ奇怪な姿が!?
2015-2-19サギ1

サギだっ!
でもなぜこんな街中に?
渡りの途中で道にでも迷ったのか、
おまえ、大丈夫かい?
        2015-2-19サギ2


今朝の多摩川
2015-2-19多摩川1

       2015-2-19多摩川2

           2015-2-19多摩川4

                 2015-2-19多摩川3

ミニーはまだまだ「おいで」ができない、
いつもならすぐに飛んできれくれるのだが、
鳥を追いかけてしまうと・・・全然ダメ~

あんな遠くまでおっかけていった
2015-2-19多摩川5

    ようやく我に返って飛んできた(可愛い)
     2015-2-19多摩川6




昨日の座談の中で、たまたま
卵の話・・・自由運動できる鶏の卵と
そうでない鶏のそれとの栄養や味が
異なる理由、ストレスが与える影響について
(だったと思うが)・・・から、畜産動物の
苦痛が肉の味にまで影響するという話になった。
さらに、以前は苦痛の感覚がないのでは?と
されていた魚も、捕獲時に人には聞こえないが
泣くという話、余計な苦痛を与えないような
処置をすると味にも栄養にも差がでるらしい、
という話題になった。

友人に、ベジタリアンがいるが、
彼女は動物愛護活動をしていて、
畜産動物の現状を知れば知るほど
肉や魚を食べることができなくなったという;
乳製品に関しても、乳牛や仔牛の悲惨な現状を
知ってしまえば食べられなくなるようだ。

私は肉が好きで、ベジタリアンにはなれそうにない、
世の中の大多数の人がそうだろう。
巨大な消費需要があるから、いかに効率よく
安価に『肉』を生産するかが目的になる。
けれど、「どうせ食べるんだから、文句をいうな」と
いう理屈は間違っている。
どうせ殺すのだったら、どんな殺し方をしたって
同じだろう、というのが間違いであるのと同じだ。
もし私が殺される立場なら、
生きたまま生皮をはがされるような苦痛の長く
残酷な殺され方より、瞬時に痛みを感じるまもなく
殺されたい。
そして畜産動物であっても、せめて、殺されるまでの間は
生活水準を考慮してあげたいと思う。
テンプル・グランディンの『動物感覚』『動物が幸せを感じるとき』
を読んでから、その思いはさらに強くなった。
ミンクや毛皮動物の殺され方を知ったら、毛皮が都会でそれほどまでの
犠牲を払っても必要か?と考えるようになる人が
多少は増えるだろう。
私が毛皮を心底おぞましいと思うようになったのは
1枚の写真だった。
四足を縛られたトラが生きたまま皮を剥がれている写真、
あまりのショックで、それ以来残酷だといわれる画像は
見ることができない。

「魚も苦痛を感じて声にならない声をあげている」とする
意見はさすがに、疑問に思うひともいるかもしれない。
だが、犬猫をはじめとする「動物」には
痛みも感情もない、という考えがほんの何百年か前まで
カトリックの国では当たり前だったことを思えば、
いつの日にか魚の苦痛も当たり前のこととなって
金魚すくいや、釣りのキャッチ&リリースも禁止される日が
くるかもしれないではないか。

といったことを思っていたら、今朝のテレビで
アンゴラ(ウサギ)の毛を使うことをやめる、と宣言した
ファッションブランドのニュースが話題になっていた。
時に過激な運動で話題になるペータ(動物愛護団体)の
調査で、アンゴラの主な生産国である中国での
アンゴラウサギの取扱いの残酷な現状が明らかに
されたからだという。
四足を縛り、悲鳴をあげるウサギから毛をむしり取る
映像が流された。
血が流れ、ウサギはぐったりし、また檻に戻される。
死んでしまうまで何度もこれが繰り返されるのだ。
むしり取ったほうが毛が長く収穫され、刈り取るより
手間がいらないから、というのが理由のようだ。

私が怖かったのは、その後の街頭インタビューだった。
その事実を知った人のほとんどは
「そんなことを知ってしまうと、アンゴラ製品を買う気に
ならなくなるわ」と答えていたのだが、
若い女性が「可哀想だけど、アンゴラの感触が好きだから
売るのをやめないでほしい」と笑って答えていたのだ。

無知こそが諸悪の根源である、というのが
私のよりどころだったのだが、若い世代が
「知っても、それでも自分が心地いいから仕方ないでしょ?」と
平然とインタビューに答える姿に唖然とした。
なんのうしろめたさもなく言える、というのは
事実が何も心に響かなかったということだろう。
無知が残酷さの原因であれば、知らせることで
改善は可能だが、心の鈍さ、同情心の欠如には
どう対処したらいいのだろう?
そういう私自身、まだまだ無知ゆえに
犯している罪はあるのだろうけれど。
  1. 2015/02/20(金) 01:00:27|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまたD.I.N.G.O.クラスのモデル犬に♡

水曜日、予報の雪にはならなかったが
厳しい寒さのなか、バウニャウ教室で
D.I.N.G.O.のワークショップがまた開催された。

メナの、大好きなモネへの挨拶、
年下の犬が、年長に挨拶する典型的な
口舐め (モネ、ちょっと迷惑そう)
メナが若いころ、レディ亡き後
モネを頼りにしていた関係は今も継続しているらしい。
2015-2-18ディンゴ3

    2015-2-18ディンゴ2

珍しいメナの抱っこ写真
多分主人以外では初めてだろう
      2015-2-18ディンゴ1


我が家の3頭も、モデル犬?で参加させてもらった。

前回途中リタイアと残念な結果だったメナが
予想に反して最後まで頑張った♪
無理させる気は毛頭なかったが、
上手なリードもあって、終始落ち着いてた、偉かったね。
       2015-2-18ディンゴ10

サムは・・・まぁいつもどおり(#^^#)
        2015-2-18ディンゴ11

ミニーが、スタート直前に物音に驚いて
気が動転したせいか、ビビリ気味になってしまった。
すぐにフォローして、後に残らないようにしたけれど
そんな(人にとっては)小さなことが
犬の行動に影響するのだ、と改めて思った。
              2015-2-18ディンゴ5


終了後、お菓子を食べながらの犬談義、
犬たちもフリーで好き勝手に、というゆる~いムード、好きだなぁ♡
2015-2-18ディンゴ8

          2015-2-18ディンゴ7


犬たちの無心な(ふうを装った)キラキラ瞳に耐えて
お菓子を食べる、という修行?を
石綿さんが実践してみせているところ??
   2015-2-18ディンゴ6

      2015-2-18ディンゴ4

          2015-2-18ディンゴ9

2階へのドアは開けておいたので、
嫌になったら退席してもいいのに、
3頭、最後まで教室で過ごした、
それぞれが楽しい時間を過ごせたのだと思うと嬉しい。
素敵な時間をありがとうございました。
  1. 2015/02/18(水) 01:03:16|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリス

 相変わらずのチビアリス♡
 3月1日の譲渡会にまた参加予定。
 自分から抱っこ、と言ってくる癖に
 気分じゃない時に抱っこすると
 「いゃ~ん」とすり抜けてしまう、
 ホント、猫って勝手、そこが魅力なんだけど。
 甘えたなので、お留守番があまりないお家が
 見つかるといいね。
2015-2-17アリス

       2015-2-15アリス1

           2015-2-15アリス2

追伸:アリスはめちゃくちゃ可愛い声でおしゃべりします
  1. 2015/02/17(火) 00:56:04|
  2. アリス預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

月曜日の多摩川
2015-2-16多摩川5

    2015-2-16多摩川1

          2015-2-16多摩川2


    どすこいパティ♡
2015-2-16多摩川4

     2015-2-16多摩川3


気の良いゴールデンAちゃんも合流
2015-2-16多摩川7

           2015-2-16多摩川6


  1. 2015/02/16(月) 23:49:20|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬の世界にも異文化の壁がある?

日曜日の多摩川
2015-2-15多摩川4

       2015-2-15多摩川5

最近顔馴染みになったHちゃん,
保護犬出身で、メナほどではないが、
多少の警戒心があり、ようやく
手からおやつを食べてくれるようになった。
さらに今日はなんと、メナの誘いに乗って
ママさんと一緒に川辺のお散歩に同行してくれた♡
2015-2-15多摩川1


    2015-2-15多摩川3

           2015-2-15多摩川2


かつて会ったこういった長毛タイプの中型雑種の犬は
みな、なんというか、自信があって、威厳があり、
魅力的だった。
東京の公園での犬仲間の1頭、ちょび
どっしりしていて、ボス的な存在だった
          image8.jpg
     
レスキューした保護犬ルディ
いつでも飄々として機嫌のよいオスだった
          rudy1.jpg




雑種といっても、柴犬の血が濃い犬とか
特定の犬種の特徴が強く出ている犬ではなく、
よ~く混ざった、『生粋の雑種』は
たいていは安定していて
バランスがいい性格の子が多い。
私個人の好みからいえば、
毛深い、古風なチャウチャウみたいな
中型犬は特に、いかにも犬らしい犬、
といった性質を保持しているようにみえる、
長毛と性格の遺伝的な関連が、もしかしたら
あるかもしれないと思う。

だが、一方で、こういった犬たちは
犬としての作法?というか、古式ゆかしい
マナーを守る傾向があるように見える。
対人でも対犬でも、親しくなるのに手順があり、
時間をかけるというわけだ。
メナは短毛だが出自正しい雑種で、
メナとサムを見比べていると、
人への接し方も、他犬への接し方も
かなり違いがあることが見えてくる。

例えば、見知らぬ犬が100m先に現れたとしたら、
メナは、すぐに鼻を高く上げて匂いから
情報を得ようとする;
50mくらいに近づくと、地面の匂い嗅ぎに熱中している風にみせる;
つまり視線を避け、体の横を見せて敵意のないことを知らせる;
そして近くまで来ると、ゆっくりと、直線でなく
一歩ずつ近づいて互いの匂いを嗅ぐ;
そこで好きなタイプ、互いに相手に満足すると
プレイバウして誘いをかけてみる;
関心がないならば深追いせずそのまま離れていく。
遊び方も、よほど仲のよい相手でないかぎり、
ボールなどを介さず、追いかけっこを
ちょっとして、一緒にブラブラするくらい、淡泊だ。

サムはといえば、100mくらいでは
気が付いているのかどうか疑わしい;
50mくらいになると、いきなり気が付いたように
飛び出していく;至近距離まで行って、
相手が歓迎していないと知ると急ブレーキ、
「さいなら~」と駆け戻ってくる;
   *サムの場合はどちらかというと、犬より飼い主のほうに
    興味があるようで、遊んでくれそうかどうかが
    一番気がかりなようではある

洋犬、特にレトリバー系は、煩雑な手順を省略して
「やぁやぁ、ハウドゥーユードゥ?」といきなり
陽気にハグするのが流行のようだが、
レトリバー同士ならOKでも、これを古風な犬にやると、
異文化間の軋轢が生じることになる。

片方は「なんて無礼な奴っ」と思い、
一方は「なんて片意地な奴」と思う、
私は「ハーイ♡ナイスツーミーツユッ」の歓迎も大好き、
でも会うごとに次第に心を開いていってくれる
友情も魅力、なんてのんきに言っていられるが、
世の中は、古風な礼儀を貴ぶ犬にとって
生きにくいことになってきている。
作法を重んじる犬は「不愛想」、
ちょっとでも相手を叱責・・・つまり威嚇すれば
「あの犬は噛むから危ない」なんて言われてしまう。
犬が本気で噛もうと決めたら、相手はかすり傷では
済まないのだが。

ただし、両方の礼儀作法をわきまえる犬たちもいる。
相手によって使い分けができる子たちだ。
こういう犬はたぶん、小さいうちから
色々な大人犬と知り合い、もまれて育ったために
バイリンガルになったのだろう。
これも社会化の成果といえるのではないだろうか。

だが一方で、どちらの文化も身に着けられずに育ってしまった
犬たちがいる。
つまり本当の「礼儀知らず」だ。
母親や兄弟ともほとんど接触せず、一切の社会化が
されないまま育ってしまう犬;
ショーケースにずらっと並んで売られ、
6か月になるまでは外にも出してもらえない
(本当にそんなことを飼い主にアドバイスする獣医がいるのだ)
そんな犬がどうなるかといえば、
犬を見れば「きゃぁ~!!」と悲鳴をあげるか、
「オラオラっ」犬になるか、である。
この「オラオラ」犬というのが厄介で、
ドッグランで他の犬を追いかけまわし、
しつこく匂い嗅ぎをし続け、嫌がる犬に
マウンティング(性的な意味でなくオラオラの示威行動で)を
繰り返す。
飼い主が「ウチの子はフレンドリーだから」
なんて言ってる犬の何割かはこういった犬だ。

        *こういう犬に逃げ場のないランで出会ってしまうと、悲惨なことになりかねない、
        つまり、一生懸命に犬のマナーに則ってなだめようとしても、相手は礼儀知らず、
         頼りにする飼い主も守ってくれない、となれば、
         被害にあった犬はマナーも飼い主も頼りにならない、と思うようになってしまう。
         ドッグランで他犬と遊ばせるなら(勧めないが)、相手も自分の犬も、
         体が・表情が・尾が緊張していないか、一方的に追われてばかりいないか、
         常に見ていてあげないと、しまいに愛犬に信頼されなくなってしまう。


つまりここでも、やはり何より大切なのは
幼いうちの充分な社会化だ、というわけだ。
  1. 2015/02/15(日) 18:50:29|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬との散歩

土曜日なのに寝坊、
仕方ないのでヒトのいない中洲に渡る。
長靴に穴が開いていて、左足だけビショビショ、
新しいのを買おうと思いながら、そのままだった。
2015-2-14多摩川3


変わり映えしない風景ばかりのブログだが、
やっぱり毎日来ていても、毎日美しさに感動してしまう。
ことに、晴れ渡った日など、空と川面との蒼(あお)の
美しさは、言葉をなくすほどだ。

             2015-2-14多摩川5


でも、かたわらに犬たちが、楽しげな犬たちがいなかったら
どうだろう。
独りで歩き回りながら、毎回こんなふうに感動できる
感受性の鋭いヒトも沢山いらっしゃることとは
思うが、私などはたぶん、一人で歩いていても
すぐに退屈してしまうだろうと思う。
飽きる、のだ。
なのにメナたちとの散歩では、
なんでこんなに毎日飽きることなく感動できるのか?
多分、犬たちと一緒だと、煩悩まみれの心の
ほんの一部でも、無、になって、
犬の体と心を共有している(つもり)からではないだろうか。

鈍足の私が、犬と共に駆け回り、匂いを嗅ぎ、泳ぐ、戯れる。
そして美しい風景の中にいる犬たちの
姿もなんと美しいのだろう。
    2015-2-14多摩川1

         2015-2-14多摩川2

                 2015-2-14多摩川8

  2015-2-14多摩川4

                 2015-2-14多摩川6


犬がほんの一歩でも自分の前に出ることを許さず
チョークを締め上げるような散歩で
この楽しさは永遠に理解できまい、と思う。
犬も人も、これでは散歩は苦行でしかない。

岸辺に早くも青々とした若芽が生えてきた。
まるで絨毯みたいにみえる、
気持ちよさそうなので腰をおろしてぼーっとしていたら、
メナがやってきて目の前で伏せた。
散歩中に伏せるなんて珍しいことだ。
ちょっと一休み、というところだろう。
こんな時、“共感”してるのかなぁ、とふと感じる。
お互いに寿命がいつまでかわからない、
こんな日もいつか終わりを迎えるのだろうと
この一瞬が愛おしく思える。
やっぱり歳かな?
                2015-2-14多摩川9


ミニー、最近サムの悪影響か、流木かじりに熱中。
できればやめてもらいたいのだが、
初めての趣味?なので、あまり横やりをいれたくない。
適当なところで「もう行こう」と促す。
              2015-2-14多摩川7

*兄犬ノジャッキーの川辺での「趣味」は
ボールを使っての砂遊びだったっけ(#^^#)
ミニーは女の子で身体が小さい分だけ
ちょっと怖がりさんかな?
      ジャッキー
       2014-9-27多摩川4

                   ジャッキーチェンジュニア
                   2014-9-19ジャッキー2
     
  1. 2015/02/14(土) 05:12:11|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

13日の多摩川
画像だけ

2015-2-13多摩川1

     2015-2-13多摩川2

           2015-2-13多摩川3

                     2015-2-13多摩川4

        2015-2-13多摩川5

   おまけ
      2015-2-13多摩川6

  1. 2015/02/13(金) 04:39:25|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小型犬も逞しく♪

12日朝の多摩川
2015-2-12多摩川1

          2015-2-12多摩川2

                  2015-2-12多摩川5


ミニーが「鳥追い犬」だということが判明
鳥を見ると、後先考えずに追いかける。
彼女が結構なスピードで走るのを知ってびっくり!
まぁ、残念なことに、鳥たちからは「へ」とも
思われていないようで、小さなセキレイまでもが
面倒くさそうに、ちょっと飛んでは鼻先に降りるので
ミニーのプライドは傷つけられ、
益々追っかけ魂に火がついてしまう模様

        バカにされてムキになってる、顔が怖いっ
        2015-2-12多摩川9


鳥が最後に「バ~カ」と(言ったかどうか)飛び立ってしまうと
我に返って戻ってくるが、顔が上下二つに割れたかと
思うくらい口を大きく開けてハァハァいってる、
おバカさんぶりも可愛い♡
         2015-2-12多摩川3


ミニーはメナたちとほとんど行動を共にできる、
ちょっとした崖は楽々上り下りするし、浅瀬なら
後を追って入ってくる、走るのもかなりのスピードだ。
巷の小型犬みたいにピョンピョン飛んで
抱っこをせがむのは、知らない大型犬に囲まれた時、
でもそんな時も、相手が信頼できる犬であれば
できるだけ放っておく。
段々気配を消すのが上手になってきた。

     2015-2-12多摩川6

               2015-2-12多摩川4



   正気の時?は呼べばすっ飛んでくる、もう可愛くて♡
    2015-2-12多摩川10

                2015-2-12多摩川8

           2015-2-12多摩川7




大きい犬ばかり扱ってきたが、
預かり保育やジャッキー、ミニーと小型犬を手元に
預かってみると、そのリードの扱いが
大型犬とはまた違った意味で難しいのが理解できる。
『リードをたるませて』おくのが案外難しいのだ。
まして首輪にリードだと、ちょっと気を抜くと
すぐに足に絡まってしまう。
だから世間では小型犬のリードがあんなに
むごく短いものばかり売られているのか?
リードはなるべく存在感のないものを使いたい、
と思うのだが、世間で売られている小型犬用の
リードの滑稽さをご存じだろうか。
犬そのものより重たいんじゃないかと思うくらい
ごてごてビーズや造花で飾りつけられたもの、
ごわごわしたエナメル素材のものなど、
なんじゃこれ?というものばかりだ。
これだけでも充分犬にはストレスになるだろう。

短く重いリードばかりでなく、小型犬の社会化を阻害するのは
やはり飼い主だと思う。
なんでもすぐに抱っこ、犬が嫌がっていても抱っこ。

何度も言うけれど、『大型犬は小型犬のように、
小型犬は大型犬のように扱う』
非科学的な言い回しのようだが、
大型犬は、ともするとあたかも敵であるかのように
非情な訓練を幼いうちからしてしまう、
そうしなければ恐ろしいものにでもなってしまうかのように。
でも、大型で破壊力のある犬ほど
抱いて舐めるように可愛がって育てたほうがいいと思う。
生涯自分の破壊力に気づかせないことだ。
力で押さえつけて育てれば、そのストレスが
いつ爆発するか、いつもビクビクしていなければならない。
危険犬種と言われる犬は、のほほ~んとした
ゆるい性格の子に育てよう。
逆に小型犬は、敬意を持って、
「常識あるごく普通の犬」に育てよう。
抱っこはできるだけ我慢して
(飼ってみると、抱きしめたい気持ちがよくわかるが)
これは抱いたほうがいいのか、
見守るべきか、毎回考えてみてほしい。
小型犬には散歩はいらない、なんて言うひとが
いる。
保護犬や、病気を持つ犬であれば
経過的にそういうリハビリの時期は
あり得るかもしれないが、
心身ともに健康な犬にしたいなら、
良質な散歩は小型犬にだって欠かせない、
距離や体力消耗の散歩ではなく、
犬にとって良い環境を時間をかけて
一緒に歩くこと、それが良質な散歩だ。
そして自信のある犬に育てよう。

自信がある犬・・・というと、喧嘩に強い、とか
他の犬をいじめる、などという時に
使うヒトがいるが、それは間違いだ。
説明するとさらに長くなるので
このことはまた別の機会に。
  1. 2015/02/12(木) 18:26:06|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリス 里親募集中

現在我が家に逗留中の保護猫を改めて紹介

     ~アリス~
       1歳半くらいの女の子
       不妊手術済 ワクチン済
       2,6キロ とても小柄
       性格 人に馴れていて穏やか
       とっても甘え上手 
       抱っこされるより自分から膝の上に乗ってくるのが好き
       現在先住猫3頭と大型犬2頭と暮らしています
       先住動物ともうまくやっていけますが、
       1歳半まで1頭飼いだったので、1頭での生活も可

      動き回るのでなかなか可愛い写真が撮れない
      隣の椅子で、手に甘えてくる様子がこちら ⇓    
 
2015-2-12アリス1
    2015-2-12アリス2
        2015-2-12アリス3
               2015-2-12アリス5
                      2015-2-12アリス6

             2015-1-31アリス1


     ・・・・・・う~ん、おかしい (-_-;)
          実物の十分の一も魅力が伝わらない💦



こちらが保護預かり中の犬ミニー
4~5歳の女の子  体重4.8キロ  不妊手術済
性格もいい、従順な小型犬
ただ、同じ小型犬同士だと、資源(物、食べ物、人間)を巡って
争う場合もあるかも?
(過酷な多頭飼い崩壊現場の生き残りの影響?)
1頭飼いか穏やかな大型犬との生活が望ましい
人間大好きな甘えん坊です。

*まだ里親募集はしていませんが、
 とりあえずアピールだけ

2015-2-11ミニー1
            2015-2-11ミニー3
  1. 2015/02/11(水) 17:56:57|
  2. ミニー&アリス預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別行動

火曜日の散歩風景

2015-2-10多摩川1

         あれ?あれあれあれだれ?!!
        2015-2-10多摩川2

     連れていたTちゃんに注意を向けていたので、パティちゃんのどすこいを
     受け止めきれなかった・・・ぶつかり負けた瞬間の奇跡?の1枚がこれ(マジ)
     2015-2-10多摩川3

       パティにくっついて、ゴールデンがわらわら
       普段なら嬉しいかぎりだが、Tちゃんを連れているので
       おっきいのたちの歓迎は主人に任せて、Tと私だけ別行動
        2015-2-10多摩川5

2015-2-10多摩川4

     いいなぁ・・・
    2015-2-10多摩川7
       いいなぁ、2・・・
       2015-2-10多摩川10

と思ったら、ミニーがやってきてくれて、3人でブラブラ散策
2015-2-10多摩川8

            2015-2-10多摩川6

ミニーだっておっきいのの群は苦手だったよね、ごめん。
でも、今日は「抱っこして」はしなくて、気配を消して私の後ろに隠れてやり過ごした、
偉い偉い。 ほら、だ~れもミニーになんか気が付かなかったでしょ?
2015-2-10多摩川9

              こうして女の子(子?)グループだけで静かなひと時を楽しみました
                2015-2-10多摩川11
 道草中
2015-2-10多摩川12

朝食少し残し
2015-2-10朝食

            2015-2-10テン1

    おまけ
     2015-2-10ノビタ
  1. 2015/02/10(火) 23:49:18|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多摩川散歩

3日ぶりの早朝多摩川。
晴れの予報が遅れて、灰色の雲で
覆われた空。
        はるか遠くの空から晴れてきてはいるのだが
         2015-2-9多摩川12


Tちゃんだけお留守番というわけにも
いかないので、変則4頭で。

2015-2-9多摩川11

     2015-2-9多摩川10

               2015-2-9多摩川6

     2015-2-9多摩川1

             2015-2-9多摩川3
     

でも、ミニーがすっかり逞しく自信がついて
ずいぶん安心して傍観できるようになって
助かっている。
結構なスピードで走るし、崖でも
サムたちにくっついて駆けあがり、駆け下りてゆく。
それでいて私たちの周りを付かず離れず
ちゃんとついてきてくれる。
当初はひたすら後をついてくるだけだったのが、
「道草」がだいぶ得意になってきた、
匂い嗅ぎを楽しんでいる。
2015-2-9多摩川9
      2015-2-9多摩川7
                  2015-2-9多摩川2
     

厳しい冷え込みに、素手の指先がかじかむ、
(リードを持つ時は手袋は決してしないことにしている)
サムはこの寒さの中、今日も泳いでる、
見ているだけで凍えそうになるが
メナもサムも、ミニーも、2日間のストレスを
ぞんぶんに発散してる、楽しそうだ。
2015-2-9多摩川8
       2015-2-9多摩川5
            2015-2-9多摩川4

Tちゃん、散歩から帰ったら
疲れたようで、爆睡。
        2015-2-9テン1
朝食
      2015-2-9朝食
  1. 2015/02/09(月) 23:29:58|
  2. ミニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客様逗留中

土曜日、フラットのワークショップ終了後
お泊り保育のお客様が到着。
数日のお泊り予定、もうすっかり顔馴染みのTちゃん。
    
サムやメナとはもちろん、
ノビタとキューにも会っているから
(そして痛い目に会っているので)
それぞれと上手に接することができている。
覚えているものだね。
ただ、弱腰で逃げるハッピーには
時に追いかけようとするし、
アリスとミニーは初対面、
アリスはチビの癖に案外気が強いところがあり、
自分から挨拶にいって「シャァ~ッ!」と威嚇、
してみたり。
2015-2-8テン1
         2015-2-8テン2

他の犬が苦手なところがある、特に同性の
女の子、とのことなので、手始めはミニーとは距離をとってもらう。
2015-2-8テン4
            2015-2-8テン5
女の子仲間としては2頭の距離が縮まった、
Tちゃんのおかげかも?
ベッドの上
2015-2-8テン3

  ヒトの寝床は気になる?
  Tちゃんのベッドが気になる
2015-2-8テン9
            2015-2-8テン8

朝食
2015-2-8テン6

夕食
2015-2-8テン10

食べるのが遅いので、みんなに狙われている(#^^#)
2015-2-8テン7
  1. 2015/02/08(日) 23:46:07|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フラットコーテッドレトリバーの集まり

7日はFCRSJ(フラットコーテッドレトリバーソサエティオブジャパン)主催の
イベントが当愛犬クラブバウニャウで開催された。

D.I.N.G.O.代表の新居さん、石綿さんによる
「犬のシグナル理解とその活用法」
~1頭ずつのシグナルの解説、アドバイス等~

教室の広さから、定員6頭という小さな集まりだったが、
10時半~5時まで、終始熱気にあふれて
充実した集まりになった。


2015-2-7フラットセミナー2
          フラットらしい  (#^^#)
       2015-2-7フラットセミナー3

            2015-2-7フラットセミナー1

2015-2-7フラットセミナー4
        フフ、フラットらしい その2 (#^^#)
      2015-2-7フラットセミナー6

あれ?この子は?
2015-2-7フラットセミナー5
   参加中唯一の「非フラット」、ミックスのKちゃん
   とても落ち着いて安定した子
   オーソドックスなこういう子と比べると、フラットのことが
   よりわかるように思える
   2015-2-7フラットセミナー8
  お茶目~♡
2015-2-7フラットセミナー7

      2015-2-7フラットセミナー9
「アルファロール」してるわけじゃなくって、
勝手に寝ちゃった子を優しく撫でてるところです
2015-2-7フラットセミナー10

      2015-2-7フラットセミナー11

            2015-2-7フラットセミナー12

2015-2-7フラットセミナー13

自然児サムは、今回不参加、2階でお留守番でした。
  1. 2015/02/07(土) 19:32:20|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

緊急!多頭飼い崩壊現場の猫~預かり募集中


里親募集中のアリス 近況を。

キューちゃんに忍び寄るアリス
2015-2-4アリス1
          2015-2-4アリス2

                   2015-2-4アリス3


こうやって驚かしては喜ぶ、女の子って・・・可愛い♡
        2015-2-4アリス4




    緊急のお願いです

横浜の多頭飼い崩壊現場のレスキューボランティアさんから
緊急で預かり先募集の依頼です。

狭いアパートの一室で21頭の猫が
きわめて劣悪な環境に置かれています。
順次不妊手術を施していますが、
預かり先がないため、とりあえず
また元の環境に戻さざるを得ない状況です。
大人猫ですが、みんな小柄で大人しく
人馴れしています。
獣医等への搬送、譲渡会参加などのため
できれば横浜市内で預かってくださる
ご家庭を緊急で探しています。
*医療費は負担します

  お問い合わせ先
      tsurumikagishippo@gmail.com


   2015₋2₋6駒岡現場9-1

             2015-2-6駒岡現場1-2

2015₋2₋6駒岡現場15-1アキ

            2015₋2₋6駒岡現場13-1フウタ3

              2015₋2₋6駒岡現場12-1ことね1
  1. 2015/02/06(金) 23:50:11|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トリーツ探し

今朝はあいにくの雨&雪で、
散歩に行けないので
代わりに久々のトリーツ探しゲームを開催。
この遊び、準備は楽しいが
後片付けが大変なんで、最近は
ずっとご無沙汰だった。
でもせっかくお泊り中のKちゃんのために敢行!
2015-2-5宝探し1

準備中隣室で待つ4頭(ミニーも後ろにいます)
     2015-2-5宝探し7

この2頭(ノビタとキュー)は何度も経験してるから
さっさとフライング、勝手に始めちゃった
           2015-2-5宝探し6


このゲームの良いところは、鼻を使う練習になる、
ということになっているが、わたし的には
お互いの距離が一気に縮むことだと思う。
もちろんその前に、メンバー同士充分
知り合っていなければリスクが高い、
それぞれをよく観察して、問題が起きないか
予測しておかなければいけないので
一般家庭ではお勧めできない。
食べ物が絡むととんでもないことになるからだ。
だが、ウチに限っていえば
今まで何十回もやってきて、ただの一度も
争いが起きたことはない。

ミニーはKちゃんを避けているのだが、
このゲームではお互いのことなど眼中になく
宝さがしに熱中していた。
猫’ズで参加しなかったのはアリスだけ。
2015-2-5宝探し4
             2015-2-5宝探し12

   2015-2-5宝探し9
             2015-2-5宝探し5

ミニーはあんな鼻面してるけれど、結構
鼻が利くみたいで、あちこちでトリーツゲット
            2015-2-5宝探し3

10か月のKちゃんは、要領がいまいち、
ず~っと同じ場所ばかり探して出遅れた
2015-2-5宝探し2
     2015-2-5宝探し8
           
でも頑張るっ
2015-2-5宝探し10
       2015-2-5宝探し11
                2015-2-5宝探し13
2015-2-5宝探し14
                

アジリティ用トンネルの中のノビタに
鼻づらパンチを喰らったところ(#^^#)
そのせいか、トンネル自体が怖かったのか
結局トンネルには入らなかった
     2015-2-5宝探し19


色々な隠し場所ほとんどが攻略されつくしたが、
一番の難所、バケツの中のビン・缶に隠れた
トリーツ探しだけは誰も手をつけない
・・・と思ったら、Kちゃんが果敢にトライ!
2015-2-5宝探し15

このバケツをひっくり返したのは過去に
レディだけだった。
底に結構な量のトリーツが隠れているのだが、
何故だかどんな乱暴な犬も、ひっくり返さない、
これって、危険回避なのか?
それとも起きるだろう騒音を予想しているのだろうか?

Kちゃんに期待して見ていたが、なんと
缶をひとつずつ取り出して、その中に入ってる
わずかなトリーツを食べている。
      2015-2-5宝探し16
      2015-2-5宝探し17
               2015-2-5宝探し18

最後は鼻先で缶やビンをかき回し、
すごい音を物ともせずに底のトリーツを
漁っていた。
少なくとも音に過敏じゃないね。

準備と後片付けが大変な割に、ゲームは
15分くらいで終わってしまう・・・
でも結構みんな疲れたみたい。
今はみんな爆睡しています。

そのあとの朝食は少し控えめに、ヨーグルト多め
2015-2-5朝食
  1. 2015/02/05(木) 11:19:29|
  2. 遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3頭まで

火曜日からお泊り保育中のKちゃんと、
今朝多摩川へ出かける際、
主人が留守番してもらう予定だったミニーも
連れて行ってあげたいと言い出した。
独り置いていくのは可哀想だ、というので
ミニー、リュックに入ってもらって主人が背負うことに。
        2015-2-4多摩川1

で、結論から言えば・・・
     サムもメナもミニーもKちゃんも、
     主人も私も、全員がどっと疲れて帰宅。

身体の大小にかかわらず、散歩は 『一人が1頭』 が基本、
なのについサムとメナに甘えて
ゲストと3頭で多摩川に来ることがある。
でも、それはひとえにサムメナが「できた犬」
だからで、ゲストのリハビリの手助けまで
彼らに期待していることも多い。
だが、さすがに「2頭のゲスト」は負担が多すぎた。
社会化プログラム中のK君にとっては
小型犬は動くおもちゃみたいなもの、
犬嫌いなミニーにとってはK君は恐怖!
ということで、ずっと気を使いまくり、
心穏やかな散策ができなかった。
大反省・・・サム・メナ・主人・私のチームで
1頭のゲストが精一杯。
明日はミニーはお留守番だね。

それでも面白いもので、散策も半ばを過ぎるころには
サム&K君、メナ&ミニーというツーショットが増えていった。
遊び方がそれぞれ違うからかもしれない。
K君は、サムに一目置いている様子で、
特に「泳げる」というのが高ポイントなんじゃないかと思う。
ミニーはメナの後をついて歩くし、メナも時々
ミニーの傍に来て休んだり・・

K君のご家族への報告がてら、画像多数アップ
(多いのでサムネイルにしているものがあります。
クリックすれば拡大します)

兄貴、かっこいい♡(と見惚れてる?)
2015-2-4多摩川2  (クリックで拡大)
一緒に行きたい、けど泳げない、というジレンマに悩む?
2015-2-4多摩川4
       ヤケになって頭を水に突っ込む?ブクブク.。o○      
        2015-2-4多摩川5

2015-2-4多摩川3

変顔三連発
2015-2-4多摩川6 (クリックで拡大)
      2015-2-4多摩川17 (クリックで拡大)
            2015-2-4多摩川16 (クリックで拡大)

                2015-2-4多摩川8 (クリックで拡大)
                             2015-2-4多摩川15 (クリックで拡大)

2015-2-4多摩川7

2015-2-4多摩川9
なんでもとりあえずマネをしてみる
2015-2-4多摩川14

2015-2-4多摩川18

一方女性陣は・・・
2015-2-4多摩川12
      2015-2-4多摩川13

サムとKちゃんと主人が遠くの浅瀬に行ったので
勇気が出たミニー、走りますッ
2015-2-4多摩川19



  ~Kちゃん報告~
3日夕食
2015-2-3夕食 (クリックで拡大)
             4日朝食
              2015-2-4朝食  (クリックで拡大)

3日夕方 鶴見川散歩
           2015-2-3多摩川海1  (クリックで拡大)
                   2015-2-3多摩川海2 (クリックで拡大)
メナのお尻の匂いを嗅ごうと付いてまわるKちゃん。
メナは相手をペースダウンさせようと、座って顔を背けてる、シグナル出しだ。
サムは頑張ってメナとKちゃんの間にさりげなく割って入ろうとしてる、頑張るね、兄貴。
2015-2-4海2
            2015-2-4海1

キッチン探検中
2015-2-4海3 (クリックで拡大)
                2015-2-4海4 (クリックで拡大)

                    

     
          
            


  1. 2015/02/04(水) 20:31:12|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリス&ミニー 近況

  ~アリス~
チビ猫アリス、今のブームは、
パソコン画面上の➡を追いかけることらしい

しぐさがあんまり可愛いから
画像不鮮明だけどご紹介
2015-2-2アリス2
     首かしげてる様子がキュン♡
     2015-2-2アリス1
        「ねぇ、動かしてよ」
        2015-2-2アリス3

       2015-2-2アリス4
  以上、親ばかでした



   ~ミニー~
        眼がビー玉みたいに映っちゃった、
        可愛い姿なのに、ちょっと怖い?
       2015-2-2多摩川7
多摩川ではメナにくっついて行動することが多いね
2015-2-2多摩川2
        一緒に急坂を駆け上る!
       2015-2-2多摩川5

     ちょっと焦ってる?舌長~い
        2015-2-2多摩川1


2015-2-2多摩川6

2015-2-2多摩川4

朝食
2015-2-2朝食
       夕食
      2015-2-2夕食
  1. 2015/02/03(火) 23:10:45|
  2. ミニー&アリス預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼中になしっ

日曜日、多摩川でいつも会うゴールデンのグループと
出会うが、ミニーは相変わらず犬が苦手のようだ。
でも実は彼らの興味はほとんどこのチビ犬になど
向いていない、彼女のことなど眼中にない。
ボール遊び仲間のサムや
たまにおやつをくれる私たちに挨拶に
来ているだけなのだから、
最低限、「気配を消して」じっとしていれば
何事もなく済むのに、『抱っこして、抱っこして』と
独りで騒いでいる。
こうして毎日数分の接触で、
どうやってやり過ごすか、気が付いてくれるかしら。
あまり長くいてはミニーが可哀想なので
早々に中洲へ。
      2015-2-1多摩川1

・・・と渡りかけたら、メナが何かを感じたらしく、
岸に向かって鼻を上げて匂い嗅ぎを。
        
やっぱり・・・パティが堤を駆け下りて突進してきた!♡
         2015-2-1多摩川2

「ヤッホー♪」という彼女の奇声が聞こえるようだ(#^^#)
      2015-2-1多摩川3

パティとパパさんは帰るところだったし、
私たちはこれからもっと奥の中洲へ渡るところだったので、
ちょっとだけ遊んでさよならしたが、
その間パティはミニーにひとかけらも目を向けなかった。
多分ミニーの存在すら気づいていなかったか
まったく関心がなかったのだろう。
まさに『眼中になしっ』
      2015-2-1多摩川4


ミニーはどうするだろう、と横目で見ていたら、
あっけにとられた、といった様子で
目の前で繰り広げられるドタバタを見つめているだけ。
私たちに飛びつくのさえ忘れていた。
          2015-2-1多摩川8

そうなんだよ、誰もあんたが思ってるほど
あんたにしつこくしたりしないよ。
もっと落ち着いて冷静になろうね。

浅瀬をついてくるミニー
    2015-2-1多摩川5

      2015-2-1多摩川6
1日朝食
2015-2-1朝食
    夕食
    2015-2-1夕食
  1. 2015/02/02(月) 15:31:30|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多摩川散策

31日(土)の多摩川
2015-1-31多摩川5


土曜日は早めに着いたので、常連の犬たちに会えた。
ミニーにとっては初めての体験、
大型犬にワサワサ囲まれて、さぞ仰天したことだろう。
だが、彼らは単に、新入りの匂いを嗅ぎ、
値踏みしているだけ、危険な子はいないので
ミニーに「自分で対処してみなヨ」と
抱っこをせがまれても気が付かないふりをした。
ミニーが挨拶もできない小心者とわかると
案の定みんな、にわかに興味を失って
離れていってくれた。

   自分で対処せずに抱っこをせがむミニー
     2015-1-31多摩川7

  大好きなゴールデンの男の子と遊ぶメナ
   2015-1-31多摩川6

数分で別れて、また中洲へ。
シロサギを追いかけるメナ
メナは水鳥を追いかけるが、狩猟本能のうちの
追尾行動だけみたい、捕まえてどうこうということは
考えていないので、相手にも軽くみられている節がある
メナが追いかけても、面倒くさそうにちょっとだけ移動して
餌を漁るサギたち
     2015-1-31多摩川1

同じくシロサギを追いかける?ミニー
ミニーなんか、まかり間違えばサギに襲われかねないのに・・
     2015-1-31多摩川2

2015-1-31多摩川3
               2015-1-31多摩川4

2015-1-31多摩川10
                2015-1-31多摩川8

   2015-1-31多摩川9
  1. 2015/02/01(日) 22:49:12|
  2. ミニー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0