バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

恐るべき10代 ~terrible teens~

年末慌ただしくかったので
年末多摩川の画像まとめてアップ
2014₋12₋25多摩川5
          2014₋12₋25多摩川6
                     2014-12-26多摩川1
2014-12-26多摩川2
                 2014-12-26多摩川3

どすこいパティ♡
2014-12-26多摩川4
            2014-12-26多摩川5
                   2014-12-26多摩川6


2014₋12₋25多摩川2


いつも会う気のいいスタプーコンビは9か月齢、
そろそろ俗にいう「反抗期」とやらで、
パパを振り回している。
2014₋12₋25多摩川3
    2014₋12₋25多摩川4

犬にも反抗期はあるのか?
人間でいう反抗期とは違い、
独立期とでもいおうか、
母親にべったり依存していたのが
自信がついてきて、そろそろ自分で判断して
行動したくなる頃なのだ。
それまで出来ていた呼び戻しがうまくいかなくなるのも
この頃で、飼い主は何故だっ?!と悩む。
私とサムも、この年頃、呼び戻しがうまく行かなくなって
悩んだものだ。
これはそれまで『できていた』のではなく、
母親から離れまいとする子犬の習性由来の「呼び戻し」
だっただけ、だから自分に自信がついて、
興味を持ったものに惹きつけられる若者が
飼い主の声を聞く耳を持たないのは当然のこと。
それまでにそういった本能に頼らずに
信頼関係を築いていなければいけなかっただけ、
飼い主の勘違いなのに、「急に反抗的になった」
などと言って叱る飼い主がいる、
そうすると、青年期に入った犬は益々
飼い主の言うことを聞かなくなる・・・
という悪循環が始まり、そして
矯正訓練に走る、という残念な結果になることもある。
呼び戻しがうまく行かなくなるこの時期、
どうやってやり過ごすか?
心に余裕を持って無駄に叱らずにいられるために
まず準備しておくためには
ここでもやっぱり社会化だ、と思う。
つまり、呼び戻しがうまく行かなくても、
他のヒトや犬に攻撃したり、トラブルにならないだけの
社会性を身に着けていれば、戻るまで
のんびり待っていることができる;
だが、自分の犬をそういった点で信じられなければ
必死で追いかけまわすことになる。
というわけで、子犬の社会化は訓練・トレーニングより
最優先事項だということをしつこく繰り返したい。
ただし、「社会化」はとても繊細で高度な知識を必要と
するものなので、狭いドッグランで気性の荒い犬の中に
放置する;とか、大きさや月齢の違う子犬を集めて
放っておく;などという方法は全くの見当違いだ。
相手選びも段階を追って慎重に選んでやらなくては
いけないし、環境も、具体的な広さも考慮しなくては
ならない;
特に街中で暮らす犬と飼い主にとっては
社会化のチャンスはなかなかない、というのが現状だろう。
  1. 2014/12/31(水) 22:30:06|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成猫の保護とケージ

24日の多摩川
2014-12-24多摩川1
   2014-12-24多摩川3
       2014-12-24多摩川4
           2014-12-24多摩川5
                     2014₋12₋25多摩川1
2014₋12₋25多摩川5





さて、初めて成猫を預かったわけだが、
リハビリの基本は保護犬と同じ、
ただ、犬よりさらに細心の心配りが必要だとは思う。

ケージについて:
犬を常時ケージに閉じ込めて飼うことは
虐待だと思う;寝る時にバリケンなどに
閉じ込めることも、お勧めはできない。
だが、子犬や子猫を24時間つきっきりでは
見ていられないので、目が届かない時には
子犬子猫をサークルや広いケージに
入れておいたほうが「安全」だ。
子猫では一番危険なのが「コードかじり」と
「落下」・・・コードカバーをつけても、万全ではないし、
どんな所もよじ登っては落下するチビ猫ども。
我が家でも留守番時と就寝時はケージに入れて育てた。
だが、3か月を過ぎたあたりから、運動能力は飛躍的に伸び、
コード齧りは卒業する日がやってくる、
そうしたら室内完全フリーにすべきだと思う。
(子犬では完全フリーの条件に「トイレ問題」が絡んでくる)

成猫の保護ではケージは;
「脱走防止」と「逃げ場の提供」のために必要だ。
保護直後の猫は、環境の激変に怯え、
逃げ出したい衝動に駆られていることが多い。
本気で逃げようとしている恐怖に駆られた猫を
阻止するのは、人間には難しい。
(保護猫の譲渡後1週間以内に脱走が頻発していることは
よく知られているかと思う)
だからまずは新しい環境で少し落ち着くまで
ケージに閉じ込めて飼うのが安全だろう。
匂いやヒトの動き、先住動物の動きなどを
ケージの中から観察する時間を与えるというわけだ。
「巣穴の提供」とは、つまりケージは閉じ込めるための
物ではあるけれど、一方で、猫にとっての
安全で侵されない巣穴でもあり得るというわけ。
猫の陣地であるからには、ヒトは無理やり猫を
ケージから引きずり出したり、嫌がるのに
手を入れて触ったりはしないことだ。
トイレ砂掃除や水、ご飯など、必要な時だけ
手を入れるが、猫が嫌がる限り触ったりしないで
あげたい。
人懐こい子であれば、寂しくなって自分から
手に頭をすりつけたりしてくるので、
それまで我慢する。
次にはケージのドアを開けておいて
自分から出てくるのを待つ
(部屋のドアや窓はきちんと閉めておこう)。
こうなってくるとケージは猫にとって
ちょっとでも怖くなったら逃げ帰ることができる
安全な巣穴だ。

ということで、猫の保護リハビリには当面
ケージは必要不可欠なのである。
  1. 2014/12/24(水) 16:21:34|
  2. アリス預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

アリスちゃん、日々落ち着いてきている。
2014-12-23アリス2

可愛がられてはいたようで、
気立てがよい人懐こい子だ。
一足早く保護され、すでに新しい家庭を得ている
兄弟ダリ&ソウ君と似ていて、
ちょっとロンパリ気味の大きな目が特徴的、
だが身体は兄弟に比べてかなり小柄。
時折3段ケージの上段のドアを開けて
様子を見ているが、まだ出てくるのは
ためらっている。
我が家の犬猫は、案外気にしていないようで
成猫を初めて預かることで
ウチの猫にストレスがかかるかと心配したのが
今のところ杞憂のようだ。
2014-12-23アリス1


早朝の多摩川
2014-12-23多摩川1
              2014-12-23多摩川2


主人の知人の方が、サムとメナにと
鶏肉を10キロも送ってくださった。
助かるわ~♡ 感謝。
            2014-12-23多摩川3

パティを預かった時に服を探していて
見つけたジャンパー。
せっかくなのでサムに着せてみたが
ウナギ犬だから、丈が短くてボレロみたいになってしまった。
可愛い・・・でも多摩川には着せていけないね。
すぐに川に入ってしまうから、
フェルト製の服では縮んでしまうもの。
2014-12-23サム1
                2014-12-23サム2
  1. 2014/12/23(火) 23:46:31|
  2. アリス預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

22日の多摩川

早めに着いたので
沢山の犬たちと会えた。
しばし遊ぶが、メナはあまり多くの犬が
集まっている場には長くはいたくない様子。
確かにメナの野生の判断は正しいといえるかも。
犬が多く集まれば、どうしても興奮が高まり、
いらぬトラブルが発生しやすくなるので
危機回避本能の高い犬は
自然とそういう場から少し距離を置きたくなるのだろう。
私はたくさんの犬に会えて嬉しいのだが、
メナを見習って、なるべく短時間で切り上げるように
している。
2014-12-22多摩川1

少し川辺を行くと、またバッタリパティと会う。
寒くないのかね、この二人は・・
2014-12-22多摩川2
           2014-12-22多摩川3
                    2014-12-22多摩川4
           2014-12-22多摩川5



日溜りの中で
ノビタとハッピー、
年齢も大きさも違うこの二人、
仲がいいのか悪いのか?
たぶん仲がいいのね。
2014-12-23ネコズ1
              2014-12-23ネコズ2
                   2014-12-23ネコズ3
2014-12-23ネコズ5
                 2014-12-23ネコズ4
               
  1. 2014/12/22(月) 23:27:45|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

譲渡会 御礼

21日(日)譲渡会はおかげさまで
無事開催いたしました。

参加猫が少なかったわりには
来場者も三々五々いらしてくださり、
なにより多くのご縁ができました。

トライアルが正式に決定次第
掲載する予定です。
2014-12-21譲渡会16
                   2014-12-21譲渡会4





譲渡会前日に保護できたアリスちゃん、
当分我が家に逗留して
ゆっくり里親探しをしていく予定ですが、
まずは他の猫や、初めてだろう犬との同居に
馴れることが先決です。
ヒト懐こいおっとりした女の子、
ケージに手を入れると
スリスリしてきます。
2014-12-21譲渡会14
             2014-12-21譲渡会13
  1. 2014/12/21(日) 23:01:20|
  2. 地域猫活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パティお泊り 3  そして新客到来

今朝の多摩川にて
2014-12-20多摩川1
                 2014-12-20多摩川2
                        2014-12-20多摩川3
            2014-12-20多摩川4

帰り道、野球チームの練習が始まった途端、メナの表情が曇ったので
早めにリードをつける。 こういう時はリードをつけたほうが
メナも安心しているように見える。
2014-12-20多摩川5


朝食
2014-12-20多摩川7
                  2014-12-20多摩川6



夕方パパさんとママさんがお迎えに来ると
パティは大喜びで帰っていきました。
またね♪



入れ替わりに今日からしばらく逗留予定の子が到着。
1歳半のアリスちゃん。
            2014-12-20アリス1

環境の激変に怯えているので
三段ケージの下段を布で覆っている。
彼女は犬との同居が初めてなので、
落ち着くまでしばらくケージ暮らしの予定。
                2014-12-20アリス2
            
子犬子猫、そして成犬は多く預かってきたが、
実は大人の猫は初めて、アリスちゃんも不安だろうが
私も不安だ。
それでも預かったからには
できるだけ良い環境を整えてあげたいし、
幸せを見届ける義務がある。

明日の譲渡会にも短時間、アリスちゃん参加予定です。

2014-12-21譲渡会ポスター2
       2014-12-21譲渡会案内図1
    
  1. 2014/12/20(土) 23:45:47|
  2. パティ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パティお泊り2

今朝の多摩川
昨日はパティの種取りにてこずったので
今日は主人のお古のTシャツを着せてみた。
大型犬用の服は何着かあったのだが
パティに着せてみたら入らなかったのだ。

サムには好き勝手にやりたい放題の癖に
他の子にははにかむパティ
2014-12-19多摩川1
         2014-12-19多摩川2

2014-12-19多摩川3
        2014-12-19多摩川4
                 2014-12-19多摩川5
メナが珍しくパティの遊び相手になる
2014-12-19多摩川6
        2014-12-19多摩川10
   そろそろ鬱陶しくなってきたらしい、メナの表情♡
   まだまだ遊びたいパティの顔つきとの差がおかしい
    2014-12-19多摩川7

  サム同様、パティもスリスリ大好き
2014-12-19多摩川8
   服はずり上がり、お腹が出てしまっている、あまり意味がなかったね・・
                  2014-12-19多摩川9

で、やっぱり種取り汚れ取りに1時間くらいかかりました(-_-;)

        朝食
        2014-12-19パティ朝食1

  眠い・・
  2014-12-19パティ3
        眠い・・
        2014-12-19パティ2
               眠い・・・・
                2014-12-19パティ1
       夕食
         2014-12-19パティ夕食1
 
  1. 2014/12/19(金) 23:03:17|
  2. パティ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パティ

今朝の多摩川

パティ♡
2014-12-18多摩川1

なんでもサムのまねっこするのね
2014-12-18多摩川2
    2014-12-18多摩川4
              2014-12-18多摩川5
                      2014-12-18多摩川6
              2014-12-18多摩川7


藪漕ぎに精を出す
あとのお手入れが大変だろうに・・・
            2014-12-18多摩川3


他人事ではなかった
そう、後のお手入れが大変でした(トホホ)
実は今日から土曜日まで、
パパさんたちが旅行のため
我が家にお泊りなのだった。
パティの体中についた種をとるのに
1時間以上かかってしまった。
ゴールデン飼ってるヒトは
まめなんだなぁ、と感心。
朝ごはん
2014-12-18パティ2
                        2014-12-18パティ1


仕事の打合せにきた小夏パパさんに
また手作りジャーキーもらって、
昼寝中のパティ
サムもメナも、パティの相手に疲れたのか
爆睡中です
       2014-12-18パティ3

夕飯
2014-12-18パティ5
                   2014-12-18パティ4

パティパパさん、パティは元気に
お留守番していますよ
  1. 2014/12/18(木) 23:05:40|
  2. パティ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャッキー君、近況

ジャッキー君のママさんから
近況お便りをいただきました。

トリミングに行ってきたジャッキー
2014-12-15ジャッキー3

              2014-12-15ジャッキー1


『日中はストーブにピッタリ 
お尻が焦げるんじゃないかと心配するほどくっついてます』ですって♡
2014-12-15ジャッキー2



17日早朝の多摩川

2014-12-17多摩川1

上のバーニーズもメナのお気に入りだが、
たまに会うこのオーストラリアンシェパード君のことも
結構気に入っている様子
おっとりバーニーズと、動きの激しいシェパード、
いったいどういう基準で好みを決めているのか
未だにわからない
2014-12-17多摩川2
             2014-12-17多摩川3

よく会う柴ちゃん、他犬にはそっけない風情だが
同居犬の後輩柴君にはとても優しくて
何をされても許している、大人な犬だ
2014-12-17多摩川4




選挙が最低投票率という結果で幕を閉じた。
私には、経済政策や防衛関係については
わからない、日本のために専門家が熟考した上のことと
信じて、不況にも耐えるしかないのだが・・・
一つだけ私たち素人でもはっきり判断できることが
あったはず。
原発廃止に関してだ。
あれほどの惨劇を目の当たりにし、
はるか未来にまでわたってヒトの住めない地域を
国内に作り出しておきながら、
経済のために再稼働する、というのは
どう考えてもおかしい、とはみんな思わなかったのだろうか?
あんなことは二度と起こるはずがないと信じているのだろうか。

あの3月11日の東日本大震災は、
実は震災だけであったなら、
人々は今頃悲しみの中から立ち上がって
復興していただろう、問題は原発事故のほうだったと
いうことを、もう忘れてしまったのだろうか。
原発がなければ電力のみならず、
経済成長にも影響がでる、というのは
言い逃れだと思う。
まず、危険で国民の生命と国土を脅かす
物は廃止、それから、ではそれに代わって
どうやって発展していくか、を考え実行するのが
真の政治家ではないだろうか。
・・・選挙の結果は、国民総意で
「原発再稼働OK」と認めたことを
忘れないようにしよう。
自民圧勝という結果に唖然としたので
柄にもなく政治的な感想を書いてみた。

  1. 2014/12/17(水) 23:36:24|
  2. ジャッキーチェンJR預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

だるまさんが転んだ?

月曜日のお客様、というのは
主人の友人with愛犬の小夏ちゃんでした♪
かなりの美人さん♡
2014-12-15こなつ3

仕事の打合せて来たのに、
お土産までいただいてしまった。
ママさん手作りの犬用ジャーキー
試食してみたら美味い!ヒトのおつまみにも最適
                           2014-12-15こなつ1

サムの鼻の穴が広がってる(^^♪
2014-12-15こなつ2


人見知り、ということだったけれど
メナよりずっとまし、
ただ、外では猫を追いかける、とのことで
我が家の猫’ズとの対面を楽しみ 心配していたパパ。
大丈夫、ほとんどの犬は外では猫を追いかける、
でも、本格的に狩りをしたことがなければ
室内では案外礼儀正しい行動をしてくれる。
それにウチの猫’ズは来客犬に馴れていて
場数も相当踏んでいるので、あしらい方を知っている。
というか、約2頭は無垢な犬をおちょくる相当な悪(ワル)だ。
犬のほうを心配する私。

メナとサムは一通り匂い嗅ぎを終えると
メナはさっさとコタツの中に避難
サムは小夏より小夏パパのほうに夢中。
仕事の邪魔をしてしなだれかかり、主人につまみ出されていた。

          弱虫メナ、コタツ犬中
          2014-12-15こなつ11

一方小夏ちゃんはというと、やっぱり猫’ズが
気になって仕方ない様子、
ハッピーは3階に避難してしまったが
ノビタとキューはわざとうろうろして
小夏ちゃんの注目を集めている。

ベランダに出た小夏のあとを追って
忍び寄るノビタ、小夏ちゃんと視線がバッチリ!
2014-12-15こなつ4

*さぁ、ここから、小夏ちゃんの
『ダルマさんが転んだ』が始まります(笑)

 あとをつける
2014-12-15こなつ5

     あとをつける
      2014-12-15こなつ6

            あとをつける
              2014-12-15こなつ7

          小夏ちゃんの真剣な顔に吹き出してしまった
          目がより目になってるよ♪
          ノビタの余裕の表情、これはもう確信犯!
          2014-12-15こなつ8

で、この後、何も起こりませんでした。

次に小夏ちゃんをからかったのはキューちゃん
ここでも小夏ちゃん、真剣に見つめています
2014-12-15こなつ9

そしておもむろにベッドルームに移動するキューに
操られるようについていった小夏ちゃん。
しばらくして「キャインッ!!」という声が・・・
(猫パンチされたのね)

その後は、パパさんの傍らを離れず
猫’ズが(わざと)そばを通り過ぎると
視線を避ける小夏ちゃんでした。
賢い。
2014-12-15こなつ10

*小夏ちゃんのブログはこちら➡ 








  1. 2014/12/16(火) 01:51:17|
  2. 犬友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しい光景

朝のうちにお客様の予定があるので
なかなか起きない主人を見限って
一人と2頭で早くにお出かけ

今朝はサムが大好きなエースパパさんが
いて、ボール遊びの相手をしてくれた。
すごい強肩で、連続遠投してくれる、
そういうところが犬には尊敬に値するのか?

あまり長くボール遊びしていると
アドレナリン全開になるので、適当なところで
サヨナラして、上流に向かって歩く。

あら、またもどすこいパティとばったり♪
     2014-12-15多摩川1

初顔のライカちゃんともご挨拶
         2014-12-15多摩川2

人懐こくてまだ若いライカちゃん、
カメラに興味があるみたいで
ナイスカットイン
                 2014-12-15多摩川3

テディ&アリスのパパさんともばったり、
2014-12-15多摩川4

今日は時間がないのでみんなと一緒に
下流に戻る、
いいなぁ、こういう散歩って。
何をするわけでもなく
ヒトと犬が同じ方向にブラブラ歩いている。
美しい光景だ、と思う。
                 2014-12-15多摩川5

  1. 2014/12/15(月) 17:20:45|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜日、人出を避けて早めに多摩川へ。
いつも草原で会うワンたちとちょっと遊んでもらう。
みんな穏やかで気のいい子たち。
みんなで遊んでいる時にデジカメを向けるのは
なんとなく野暮な気がして、なかなかブログで紹介できないのだが、
遅れて来たグレースちゃん(ボルゾイ)があまりに美しかったので
頼んで撮らせてもらった。
いつもは汚れ防止の服(としっぽカバーね)をつけているので
グレースの美しさを忘れてしまっているのだが・・・
2014-11-17多摩川5

ボルゾイが芸術作品だと云われる理由が
よくわかった、それほど息をのむ美しさだったのだ。
ボルゾイは古い犬種で、現在にいたるまで
他犬種にみられる歪曲化、極端化の被害にも
ほとんどあわずに昔からの姿を保っているらしい。
だから遺伝的疾患も少ない。
美と機能を兼ね備えている犬種なのだろう。

写真撮らせて、と頼んだら、ママさん、わざわざショー用の
リードでポーズをとってくれた。
でも、グレースは犬たちに人気があるので
みんなまとわりついてきてこんな状態に
       2014-12-15多摩川2
                   2014-12-15多摩川3

朝日を浴びて生き生きと輝く
(私の影が邪魔)
           2014-12-15多摩川4


*誤解があるといけないのだが、
 純血種だから美しいのではない、
 生き生きして瞳が輝いている犬を
 美しいと私は思う
外見がいかに美しくても、表情が死んでいる犬は
 可哀想だ


こんな姿も美しい!と思う私は変?
          2014-12-15多摩川5


パニック以来、上流コースを選んで歩いているのだが
今日はそのコースの先にも
少年野球チームが・・・
赤丸のところに集団が集まっているのだが
メナはご覧のとおり、一目散に戻ろうとしている、
トホホ・・・
              2014-12-15多摩川6



日溜りで日光浴中の面々
2014-12-15日向ぼっこ1


2014-12-15日向ぼっこ2
          からの➡ 2014-12-15日向ぼっこ3
   かわゆいっ♡

2014-12-15日向ぼっこ4
                2014-12-15日向ぼっこ5




  1. 2014/12/14(日) 05:50:48|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リードについて

土曜日は出かける用事があり、早朝に多摩川へ。
2014-12-13多摩川6
           2014-12-13多摩川2

休日だけ会う犬たち
レトリバーはみんな水が好きね、寒くないの?
        2014-12-13多摩川1


またまたパティに出会い、一緒に散歩。
2014-12-13多摩川3

           2014-12-13多摩川4

サムにくっついてなんでもマネするのだが、
今や体格差で負けているサムは
おされっぱなし、兄貴形無しだ。
メナにも遊んでほしい彼女は、だが
メナが遊びに応じないと、耳元で吠えたてる、
たぶんわざと耳障りにしているんじゃないだろうか。
               2014-12-13多摩川5

メナは固まって、耳を広げて下げ、「嫌だっ」と
伝えているのだが、いっこうに構わない。
こういう時こそ、飼い主の出番、
なんとか間に入りこんでパティの前に立ちはだかり、
メナを守ってやる(またはその意思があることをメナに伝える)
必要がある。
そうでないと、頼りにならない飼い主と思われてしまうし、
メナが穏便なシグナルが伝わらないと思うようになれば、
段々、いきなり過激な反応をするようになってしまうだろう。
だがヒトが犬の行動を規制するには
あまりに身体能力が違いすぎて、「割って入る」のは
難しい、こういう時リードがついていれば
簡単に規制できる、引っ張って引き離せばいいのだから。

ところがパティのこの癖は、そのリードで培われてしまったものなのだ。
保護以前の環境では、子犬のころからフリーで他犬と接触が
できずに育ったため、散歩で他犬に出会うと近くへ行きたくて、
でもリードで規制されてそれができずに
じれて吠えるようになってしまったのだ。

リードはヒトにとって便利なものかもしれないが
また一方でリードに頼りすぎることが
いかに弊害をもたらすかも
よく考えてもらいたいと思う。

先日、チワワに首輪とリードをつけて
乱暴に引っ張っている飼い主を見た。
どうか小型犬、特に首の細い犬には
胴輪(ハーネス)を使用してほしい、
これは倫理的とか精神的弊害とかの前に
命の危険がある、ぜひお願いしたいと思う。



今日は年の瀬に静岡へお墓参りに行ってきた。
かつては年に2回は帰省した街だが、
義父が亡くなってからは
日帰りで年に2回墓参りに行くだけに。
自転車で走り回っていた頃は
身近に感じた町が、だんだん見知らぬ場所に
なってゆく気がして、少し寂しい。
     2014-12-13静岡お寺


  1. 2014/12/13(土) 11:30:01|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハニー 近況お知らせ♡

11月末にお婿に行ったハニーのママさんから
近況お知らせをいただいた♡
          2014-12-10ハニー近況2

相変わらず悪戯っ子のようだが
幸ちゃんとも仲良く暮らしているみたい、
日中は在宅仕事中の
ご主人の部屋で二匹でよく遊んでいるとのこと。
              2014-12-10ハニー近況1
    2014-12-10ハニー近況3

ありがとうございます。
まだまだ悪戯盛りですが
どうぞよろしく



12日の多摩川
2014-12-12多摩川2
              2014-12-12多摩川3

2014-12-12多摩川1

サムはこのスリスリを頻繁にやる、
10回以上はやるだろうか。
        2014-12-12多摩川5
                  2014-12-12多摩川4

背中がかゆいから、とも言われているが
サムの場合、もう一つ、ボールを見つけた時に
必ずやる、これは一種の「勝利の踊り」かもしれない。
(メナはめったにやらない)
             2014-12-12多摩川6


時々会う豆柴ちゃん、
少し引っ込み思案だけど、だんだん顔見知りになってきて
たまに遊ぶことも♪
           2014-12-12多摩川7



 21日、愛犬クラブバウニャウで
年内最後のつるみ・猫のカギしっぽ譲渡会を開催します。
よろしければ宣伝よろしくお願いします。
        
    2014-12-21譲渡会ポスター2
             2014-12-21譲渡会案内図1
              
  1. 2014/12/12(金) 10:46:07|
  2. プリチャイハッチ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンニュイな雨の日の過ごし方

11日は1日中降ったりやんだりのお天気、
散歩にも行かず、のんびり過ごす。
私は年々動物化していくようで、
街中や人混みが苦手;並んでまで話題のフードなんて
食べたくないし、電車にはできるだけ
乗りたくない;物欲もどんどんなくなってる;
用事さえなければ猫とほとんど
同じくらい怠けて過ごせる自信??がある。
   *じゃぁ田舎に越せばいいじゃん?と思うヒトは
    田舎暮らしをわかっていない(私もだが)、
    田舎に暮らすのは結構大変なのだ。
    働き者でないと無理だと思う。

ということで、これという用事もない雨の日、
 遊ぶ
動画がこちら ↓
途中画面が上下に揺れるのは、私が笑い転げているため
腹が波打っているんです
         


同じようなことをキューにすると・・・
「なにすんねん!カプッ」
       2014-12-11雨の日4
   
若いハッピーだと・・・
遊びスイッチが入ってしまう
              2014-12-11雨の日5

ノビタはなんだかんだ言っても
私とこんなふうにまったり遊ぶ(遊ばれる)のが
好きなんだと勝手に思っているのだが
どうだろう?
             2014-12-11雨の日2

犬たちは・・・
         
          こたつ犬
          2014-12-11雨の日1

         まったり犬
         2014-12-11雨の日3

雨の日は出かけないものと
受け入れていて、猫たちに
劣らぬくらいまったり過ごしてくれるので
助かる

  1. 2014/12/11(木) 09:57:26|
  2. わが家の猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パニック その後の対処

昨日・の多摩川にて
2014-12-10多摩川3
              2014-12-10多摩川1
                      2014-12-9多摩川3


    走るぅ走るぅ~ 俺た~ち!?
2014-12-9多摩川1
           2014-12-9多摩川4
                      2014-12-9多摩川6
2014-12-9多摩川8

  ど~んと来いっパティも走る
    2014-12-9多摩川5
     種だらけで走るっ
       2014-12-9多摩川7
   
     小休止
      2014-12-9多摩川2





日曜日にメナがパニックになったあと、
月曜日は用心のためにメナにはリードをつけて
いつものコースを散策してみた。
が、やはり尻尾の巻きがゆるくなり、
あたりを警戒しながら歩いている。
私たち人間にはなんということもない
野球練習だったのだが、よほどメナにとっては
強烈な印象だったようだ。

ヒトは無意識に騒音を『聞かない』ように
コントロールしている、見慣れぬ物も
見過ごして生活していることが多いのだが、
匂いや音に敏感な犬にとっては、
まったく違う世界を経験しているらしい。
「動物感覚」(テンプル・グランディン)では、
牛の誘導路の柵にかけられた、たった1枚のタオルが
牛たちを怯えさせていた原因だった。

こういう時、リードをつけて毎日問題の場所を
通り過ぎることで、
『何も起きない』ということをメナが理解してゆく
方法もある。一種の曝露法(さらす)だが、
メナの生き生きした楽しげな姿は
見られない・・・それは私には結構な苦痛になるのだ。
ので、他の方法をとることにした。
つまり、当分そのコースは避けて
他のコースを選ぶ、という方法だ。
いつものコースとは反対側、上流にむかって
歩くことにしてみると、メナは再び
いつもどおり、生き生きと散歩を楽しんでいる。

このパニックの原因をしばらく避ける、という方法は
都会に住むペアには難しいことが多い。
ただでも犬が楽しめる環境なんて少ないので、
他のコースを探すことが困難というわけで、
次善の策として、曝露法を取らざるを得ないこともあるだろう。
幸い多摩川はいくらでもコースを変えることが可能なので
今回はもっともメナに負担のない方法をとることができた。
単に社会化不足からくる警戒ではなく、
特に今回のようにパニックになるほどの
トラウマがある場合は、しばらく落ち着くまで
曝露法は取らないほうがいいと思われる。

月曜日のメナの様子と昨日今日の姿とを
見比べてみると、やはり違いがあるようだ。
   2014-12-9多摩川9
           2014-12-10多摩川5

繊細すぎる子に比べれば、能天気なこいつ↓は
ホント、扱いやすいと思う(サムだって本当は繊細なんだよね)。
     帰宅後のサム
         2014-12-9サム&ハッピー
  1. 2014/12/10(水) 17:03:38|
  2. 問題行動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川面

今朝の多摩川
画像のみ
2014-12-8多摩川7
                      2014-12-8多摩川4
           2014-12-8多摩川2
  2014-12-8多摩川3
                 2014-12-8多摩川6
        2014-12-8多摩川5
2014-12-8多摩川1
  1. 2014/12/08(月) 23:26:00|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パニックの原因

今朝は日曜日の人混みを避けて
早朝多摩川へ
            2014-12-7多摩川3

草は霜で凍って一面真っ白、
犬たちの吐く息も白いが寒さなんてなんのその、
今日も元気だ空気がうまい!
2014-12-7多摩川1
                2014-12-7多摩川2
2014-12-7多摩川5
         
サムの魂が表れているような大好きな1枚
可笑しくてなぜか儚いようで、切なくなる。
サムって、クマのぷーさんの“ティガー”みたいだね。
2014-12-7多摩川4
                 2014-12-7多摩川6



帰り道、まだ7時すぎなのに
グラウンドですでに野球練習が始まっていた。
野太い声が飛び交う。
「ヤバい?!」と思った瞬間、メナが反応した。
とっとと駆け出していく。
叫んだが、一瞬振り返っただけ、またもすたこら逃げ出していく。
距離が離れれば離れるほど、メナの心に私の声は
届かなくなっていく、ので必死で駆ける。
彼女はパニックになっていて、今は一番安全だと思い込んでいる
車まで戻ることしか考えていないのだ。
道路を渡る直前の野原でもう一度
声をかぎりに叫んだ・・・そこで幸いなことに
メナは我に返ってくれたようで、
私の姿を見ると飛んできてくれた。
そう、私から逃げたわけではない、
だけれど、彼女の頭の中は、危機回避本能に占められていて
『もっとも安全だと思えたのが飼い主の傍ではなく
車の中だった』というのは、本当に情けないことだ。

彼女は普段とてもよいパートナーだ、
ヒトへの警戒心はあるが、攻撃的でないし、
犬との無用なトラブル回避もできる。
ふつうに話しかければすぐに応えてくれる。
だが、この、人混みや怒声への恐怖が引き起こす
パニックという厄介なものを抱えている。
このパニックになりやすい、あるいは特にある音や物に
対しての恐怖や不安からパニックに陥りやすい犬(猫)の
リハビリはとても難しい。
学習から「咬む」ようになった犬のほうが
リハビリが楽だとさえ思う。
呼び戻しがまだまだ完ぺきではないサムのほうが
メナより、ある意味信頼できる、
私の声が聞こえていながら、嫌だ、と言っているわけで、
一方パニックになったメナの耳には
何も届かなくなるのだ。

メナのこの人混みや怒声へのパニックは
私はずっと、社会化の欠落が原因だと思っていた。
メナの生い立ちは何度も話してきたが
10年近く前ニュースにもなった
ゴミ船での多頭飼い➡検挙を逃れて移動した
羽田空港脇の藪原での
野犬に近い状態での多頭飼育現場で生まれ、
4か月くらいで捕獲される、というものだ。
餌をやっていた人物以外に接触経験がなかったこと、
静かな環境で犬だけの社会で育ってきたことが
原因だとばかり思いこんできたのだが、
最近ふと、それだけの原因でこうまでずっと
恐怖やパニックを引きずるものだろうか、と
疑問に思えてきた。
ウチに来てから何か育て方に落ち度があったのか、
それまでに経験した何かが原因なのか・・・
思い当ったのは、『一斉捕獲された』ということだ。
60頭あまりの成犬子犬が一度に捕獲された状況、
それは沢山の見知らぬ(たぶん)男性に
群が狩りたてられたということである。
抵抗する犬たち、鳴き叫ぶ声や怒声が
響き渡る・・それはさぞかし恐ろしい光景だっただろう。
幼いメナに真正のトラウマとなったことは間違いない。
私の脳裏にもまざまざとその光景が浮かんできた。
可哀想で胸が苦しくなってくる。
危険と判断された犬以外は、保護団体が協力して
ほとんどを引き取り、里親探しをしたので、
殺すためではなく、保護するための捕獲だったのだが、
そんなことは犬には伝わらない。
そんな経験をしながら、よくここまでに育ってくれた、
と今更ながらメナを愛しく思う。

      保護当時のメナと兄弟犬(右がメナ)
      mena27.jpg
             同時捕獲された他の子犬                     
            メナ兄弟

      
犬からしたら理不尽な理由で棒で叩かれてきた犬は、
環境が変わって穏やかな暮らしを得ても、
男性が棒状のものを手に取ると
一瞬でパニックになって激しく震えだしたという。

体罰が怖いのは、ヒトからすれば「犬のためにやった」
「しつけのために」という名目でも、
犬からすれば「理不尽な暴力」でしかない、
それがトラウマとなり、似たような状況で
パニックに陥れば、犬は文字通り、
死にもの狂いで反撃することになりかねないからだ。

ついでだが、犬の捕獲についても、どんな善意があろうと
犬には理解できないということをもっと考慮してほしい。
http://www.hopeforpaws.org
Hope for pawsのEldad Hagarのように、
優しく保護できればいいのに。



  1. 2014/12/07(日) 23:49:22|
  2. 問題行動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ショートフィルム 「Adam and Dog by Minkyu Lee」

犬を感じるブログメディア:dog actually produced by GREEN DOGという
ブログの中の
11月12日ガニング亜紀さん紹介のショートフィルムが
心に残っているのでご紹介。
アダムとイヴが出会う前の『アダムとイヌ』
いつだってイヌは人間のそばにいた。
それを思い出せば、愛犬にもっと優しくなれるはず。




今朝の多摩川
昨日はたくさんの犬仲間に出会ったが
今日はほとんど出会わなかった。
テニスコートもグラウンドも昨日の雨のせいで
1日使用中止、人影のほとんどない貸し切り状態。

2014-12-5多摩川7

2014-12-5多摩川5

          2014-12-5多摩川4

         もぐらの塚の上にとまるセキレイ
      2014-12-5多摩川6

                 何をやっても笑かしてくれる奴だ
                2014-12-5多摩川2

          2014-12-5多摩川3

いつもすれ違う年老いた黒ラブちゃん
挨拶する程度の淡々とした関係だ
サムもいつかこんなふうに落ち着いてくるのかしら?
2014-12-5多摩川8

このまんま、ジャニーズか国民的美少女コンテストにでも
送りつけたいくらい美人だこと(へへ)
2014-12-5多摩川1

サムの現在の体型
藪に入るのを禁止したくないし、手入れは大変だし、
とせっかく伸びた毛をカットしていったら
貧弱なウナギ犬になってしまった。
毛深いラブ?
別に品評会に出す予定もないし、
本人(犬)が楽しいのが一番だものね。
2014-12-5多摩川9

それに、昨夜とうとうコタツを出したから
サマーカットになっても風邪はひかないだろうし・・
それにしても犬も猫も、なぜ枕がいるのか不思議だ
           ウナギ犬➡ こたつ犬           
           2014-12-5多摩川10

  1. 2014/12/05(金) 22:36:48|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予想できた事件

栃木の大量の犬の死骸遺棄、
埼玉のチワワ大量遺棄など、
予想された事態が起きている。
今までは愛護センターに持ち込んで
厄介払いしていたのが、持ち込みを
拒否されるようになって、始末に困った結果だろう。
閉業してくれるならまだしも
(殺された犬たちは“犬死に”だが)
また新たに仕入れて営業していたら
問題は先送りだ。
特にチワワの件では、
そのほとんどがブルーマール(本来黒い部分が
グレー斑になっている)の毛色だとか。
チワワやダックスフントで最近ブルーマールの毛色が
高値で売られていると聞いてはいた、
知人でブルーアイ、ブルーマールのチワワを買った
という話も聞いていたのだが、
なんでこうも人間は「他とは違うもの」
「珍奇なもの」をほしがるのだろう?
自分自身に価値を認められないから
身に着けるもの、飼うペットに価値を
求めるのだとさえ思えてくる。
猫の完ぺきな優雅さを犠牲にして
なぜわざわざ短足の奇形を
高値で喜んで買うのか、理解に苦しむ。
ミックス犬の流行も同じだ。
雑種のレスキューをしてきて思うのだが、
わざわざ純血種同士を掛け合わせて
ミックスを高値で売るほうも悪徳だが
買うほうもこれはもうバカである。
ミックスなら保健所で殺処分の列に
無数に並んでいる、そっちじゃいけないんだな、
そういうのを買うヒトにとっては。
だってそれじゃぁヒトに見せびらかせないから。
・・・かなり辛辣になってしまったが、これは本音だ。



4日の多摩川で
数少ないフラット仲間 ジーオ君サムの水球のよき先輩
2014-12-4多摩川1
アリス&テディ君と出会う
2014-12-4多摩川3
              2014-12-4多摩川4
                  サム、顔が怖いっ
              2014-12-4多摩川2
遠くから“こんなの”が飛んできて、ドーン!
2014-12-4多摩川8
         またまたパティでした
           2014-12-4多摩川9
        イエローラブのリリーちゃんとも合流
        とても美人で穏やかな子
        2014-12-4多摩川10
2014-12-4多摩川11
        んでもって、いつもどおり、サム、種だらけに
        種をつけたまま家に入ると全員がチクチクするので
        手入れを簡単にするため、またまた毛をカットした
        どんどんフラットから遠ざかってるゾ
        2014-12-4多摩川6
  1. 2014/12/05(金) 00:27:46|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2日の多摩川にて

2日の朝、多摩川に着くと、犬の声が・・・
メナとサムが駆け付けたのは
パティ!
いつも会うシンちゃんとパティが遊んでいた。
2014-12-2多摩川1

シンちゃんはハンサムな保護犬の男の子、
ボール遊びが大好きだが、サムにボールを
取られても許してくれる。
2014-12-2多摩川3

誰にでもそうだとばかり思っていたら、
飼い主さんの話では、そうでもないらしい。
犬によってはボールを巡って
マジに怒ることもあるんですって。
パティやサムのことは気に入ってくれてるのかしら?
2014-12-2多摩川2
            2014-12-2多摩川8
                    2014-12-2多摩川10

このところ、白鷺が増えている、
大きさもさまざま、群れを作っているようだ。
いつ見ても美しい鳥だ。
2014-12-2多摩川4
            2014-12-2多摩川5
                      2014-12-2多摩川6
             2014-12-2多摩川7
  1. 2014/12/03(水) 23:32:29|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プニちゃん近況

ハニーの譲渡をブログでお知らせしたら、
妹のプニ改めモモちゃんのご家族から
おめでとう♡のお祝いメールをいただいた。

モモちゃんの近況ご紹介
          食べたいだけあげていたらポッチャリになってしまったそう(^^♪
          2014₋11₋28モモ(プニ)近況4
2014₋11₋28モモ(プニ)近況1
   先住にゃんこのソラ君とも仲良く暮らしているとのこと
2014₋11₋28モモ(プニ)近況3

   起こされて不機嫌そうな顔まで一緒
   2014₋11₋28モモ(プニ)近況2
                
3頭の保護当時
2014-12-3ハニプニチャイ初日
みんな幸せにネ♪
  1. 2014/12/02(火) 23:40:53|
  2. プリチャイハッチ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0