バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

日曜日の譲渡会

当愛犬クラブバウニャウで開かれた
 30日(日)譲渡会の様子です。
参加頭数も少なく、子猫もいなかったせいか
今回は来場者数が過去最低でした。
それでも1頭、地味だけれどとても性格のよい子が
4回目の譲渡会でようやく良いご縁に出会えました。
ありがとうございます。
   
  1. 2014/11/30(日) 23:20:47|
  2. 里親募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハニー 譲渡決定しました

先週日曜日トライアルが開始されてから
息をひそめて待ち続けた1週間、
今日正式譲渡のお申し出をいただいた。
ハニーはすっかり新しい家族に慣れ、
仕事の邪魔をしたり、膝に乗って甘えたりして
過ごしているようだ。
送っていただいた近況画像
2014-11-29ハニー近況1
                2014-11-29ハニー近況2
                      2014-11-29ハニー近況3


お気づきの方もいらっしゃるかと思うが、
映っている柴犬ちゃんは『幸ちゃん』だ♡
そう、実はハニーの縁談は1か月がかりの
慎重な計画の上で進められた。
さっちゃんの飼い主ご夫妻は
前にも保護猫さんを迎えようとされたのだが、
犬に慣れていなかった猫がストレス過多になったのと、
1日中その猫さんに「シャァシャァ」威嚇されて
繊細なさっちゃんが食事もとれなくなるほど
萎縮してしまったため、泣く泣く破談になった、
その経験から(容姿より)『犬に慣れている子』を
探してハニーに白羽の矢があたったというわけ。
「相性をまず見たいので、お見合いに愛犬(さっちゃん)を同席させたい」
というご希望に、
「いきなり初対面で会わせても、仲よくなんてできない、
それならいっそ、我が家でワンちゃんをお預かりしたほうが
相性がわかるのに」と半分冗談まじりに言った私に
すぐに「それはいい提案だ!ぜひ試したい」と賛同くださり、
1週間近くのさっちゃん合宿が始まったのだった
2014-11-10さっちゃん2
2014-11-10さっちゃん1
2014-11-9さっちゃん1

そしてその結果、相性はよさそうということで
トライアルになったというわけ。
トライアル当日、さっちゃんは私との再会を
大喜びしてくれたが、ハニーには過剰反応しなかったので
この合宿は大成功だったと思う。
(さっちゃんにとっては有難迷惑だったかもしれないが)
お留守番のないお家なのもありがたいが、
在宅のお仕事の邪魔をしないかだけが気がかり、
さっちゃんと仲良く、少しずつでいいから
良い子になってね、そして一生幸せに過ごせますように♡
2014-11-8さち2

  1. 2014/11/29(土) 23:22:25|
  2. プリチャイハッチ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年々歳々

今日、段ボール3箱の宅急便が届いた。
中身は全部「カニ、カニ、カニ!」
                  2014-11-28カニ1

そう、またしてもカニ好きな主人がちらしに乗せられて
大量注文したのだった。
去年「子カニ」で懲りたはずじゃなかったん?
『泥棒を捉えて縄をなう』
そして案の定やはり今年も「子ガニ」・・・
まったく懲りてない。
根っからの楽天主義、そのおおらかさは
私にはついに身につけることは叶わなかったし
尊敬しているのだが、でも、少しは学習したらと
言いたくなることもある。
またまた冷凍庫はカニと犬用の肉で2つとも満杯、どうすんだ?



26日、氷雨の中、動物取扱責任者研修会に
行ってきた。
昨年の研修会では結構有意義なテーマと話(2013年11月12日記事)が
聞けたので、今回も期待して行ったのだが・・・
今年は弁護士の方の講義で、
主に、動物愛護法;動物関連事件の裁判事例などを
中立的な見方から解説が中心だった。
・荒川区が「(野良猫の)エサやり禁止条令」を成立させ、
 野良猫の数が減少したことから、各県でも積極的な動きが
 出てきている
    野良猫っていう定義は何?
    そもそも生粋の野良猫、完全自立して採食、健康に代々生活している猫なんて
    都会にどれくらいいるのだろう?
    ほとんどが「野良猫」でなく「捨て猫とその子供」だ、ということを忘れている。
    人間に依存しなければ生きていけない動物を捨てることをこそ
    条令で徹底して取り締まる気がないのだ。
    餌をやらなければそのうち死ぬだろう、という暗黙の了解の上に立つ
    愛護法と全く逆行する条令だ。
   荒川区の議員には気の利いた動物愛護家がいないのだろうか。
・ペットショップの都会での減少傾向の原因として
  大手スーパーなどのペットショップの進出が挙げられる
・公道に近接した庭で犬が吠え、驚いたヒトが転倒した事故の裁判例
・ペット禁止のタウンハウスで猫の餌やりをして裁判・・・賠償責任が生じた
・業者が預かっているペット同士のケンカで怪我、という裁判事例
・預かり中のペットが逃げた事例の賠償金
・動物のネット販売は禁止されたが広告はOK
などなど。
動物愛護の視点からというよりは特に弁護士という立場からか、
客観的な説明、あるいは業者の立場から気を付けるべき事項などの説明がほとんど,
それはとりもなおさず、聴衆のニーズに合わせたテーマだった。

そうか、今ここに集まっているヒトのほとんどは
『ペット業者』だったんだ! と改めて気づかされた。
どんなに優良店であれ、動物を商品として扱うヒトたちの中に
私はいるのだった。
寒さからだけではない鳥肌がたった。



28日朝の多摩川
2014-11-28多摩川1
                   2014-11-28多摩川2
                   2014-11-28多摩川6

メナの面白顔三連発
2014-11-28多摩川7
              2014-11-28多摩川4
                     2014-11-28多摩川3



去年の今頃も、そして先代のレディとも
同じような季節を同じように感じて過ごしてきたっけ
           2009年 多摩川にて レディとメナ
          redymena7.jpg

タイトルの「年々歳々」は
毎年同じように広告に釣られる主人や
毎年同じころ研修会に出席する私のことを
揶揄したのだが、本来は
『年々歳々花相似たり 歳々年々人同じからず』と続く。
変わらぬ自然に相対して、ヒトの世は移ろいゆく、
儚いものだ、とでもいった意味。


  1. 2014/11/28(金) 23:26:50|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨上がりの散歩

今日は午前中用事があったのだが
2日雨続きで散歩に行けなかったので
昼過ぎに多摩川へ

人出が気にかかったが
着いてみると人影がない、
貸し切り状態。

   誰もいない野原で カラスに襲われてるみたいだね
   2014-11-27多摩川7


2014-11-27多摩川2
                    2014-11-27多摩川4

木々も草も雨に洗われて
キラキラ光っている、メナもサムも
いつもより心なしかはしゃいでいるようだ。
2014-11-27多摩川3
                   2014-11-27多摩川6
                              2014-11-27多摩川5

また明日は早く来ようね。
    2014-11-27多摩川1
  1. 2014/11/27(木) 23:53:46|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月30日(日)譲渡会開催のお知らせ②

昨日に続き、譲渡会参加予定のご紹介

みんみん君(男の子 1~2歳 去勢済)
2014-10-26みんみん1
              夢子ちゃん(女の子 7か月)
              2014-10-26夢子1

                  駒子ちゃん(女の子 7か月)
                  2014-10-26駒子2

                                クロちゃん(女の子 6か月 手術済)
                             2014-10-26クロ1

                   ココちゃん(女の子 1歳くらい 手術済)
                 2014-9-14村上ココちゃん1

 今回は参加頭数が少ないのですが、これも多くの猫たちが
新しい家族を得て旅立ったあかしです。
また、子猫が多数保護される時期になれば
哀しいことに、嫌でもにぎやかになることでしょう。
いつか遠い未来に、地域猫の不妊手術の徹底と
飼い主の意識改革が進んで、猫の譲渡は抽選で!
なんて日が来ることを夢見ています。

2014-11-30譲渡会2小
  1. 2014/11/26(水) 23:45:35|
  2. 里親募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月30日(日)譲渡会開催のお知らせ①

恒例となりつつある譲渡会、
第4回を今度の日曜日に開催します。

    ♪つるみ・猫のカギしっぽ主催譲渡会♪

     日時: 11月30日(日)
     場所: 愛犬クラブバウニャウ

           横浜市鶴見区豊岡町31-23
           JR鶴見駅 西口下車 徒歩5分
           地図(クリックすると拡大)
           譲渡会地図2

      トム(4か月 男の子)クリックすると拡大します
     2014-11-16トム1
                 茶太郎(6か月 去勢済 男の子)
                2014-11-16茶太郎2
                              まみ(6か月 女の子)
                             2014₋11₋16まみ1

そら(3か月 男の子) トライアル決定しました
2014-11-22そら4
               アリス(1歳 女の子手術済)
               *ダリ&ソウの妹です。事情があり画像だけの参加ですが期限が切迫しています
               2014₋11₋16ダリ妹1

引き続き明日も参加予定の子のご紹介します

  1. 2014/11/25(火) 23:43:35|
  2. 里親募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハードボイルドだど

保護活動に参加しはじめた15年くらい前は
まだ、こんな飼育法がまことしやかに言われていた
いわく〝保護犬を預かる際はケージで隔離するなどして
 あまり手をかけすぎないように飼うこと”

何故なら 『新しい家庭に懐きにくくなるから』云々。

私はそれを真っ向から否定して、
ずっとこう説明してきた。
『精一杯可愛がって、ヒトとの繋がりを強化するべき、
充分愛されて優しくされた犬は、次の家庭でも
ヒトとの関わりを自ら求めるようになる』

『保護宅でリハビリを充分にしなければ、
新しい家庭に問題を先送りすることになる』
と。
今でもそう信じているし、できるだけ実践してきたつもり。
だけど、、この方法の唯一の難点は
送り出す時、双方にちょっとした苦痛がある、ということだ。

ごみ箱をひっくり返し、行く先々にちょこまかと
くっついてきて、何にでも首を突っ込むハニーの存在に
馴れてしまっていたので、平穏無事な日常が
物足りなくなっているのに気が付く、
パソコンに向かっていると必ず邪魔しに
来ていた子がいないと、何か変な感じ。
可愛がられているかしら、としじゅう気になる。
もう何十回となく犬や猫を送り出してきていて
慣れている、こんなことは。
たぶんあと2~3日ですっかり回復するのだ。

私の保護活動のモットーだった言葉、
『優しくなければ保護活動はできない、
だが、タフでなければ続けていけない』
レイモンドチャンドラーの小説の
『タフでなければ生きていけない、
だが優しくなければ生きる資格がない』
から盗用したものだ。
そう、保護活動はハードボイルドなのだ。
             「猫だってハードボイルドだど」
          2014-11-18ハニー1
    
          


今朝の多摩川
休日なので人出が多くなる前、早朝に着くが
すでにちらほらと人影が。
水がまだ冷たいので、中洲はパス、
で、ヒトのいない上流に向かって草むらを歩いていく。
2014-11-24多摩川1
                  2014-11-24多摩川2
  竹林に探索に行ったサム、蜘蛛の巣だらけ
           2014-11-24多摩川3

かなり先のほうに白っぽい犬を連れた男性の姿、
と思ったら、その犬がこちらに向かって
走り出してきた。
なんかわからないけど、走る姿が変(笑)?
まっしぐらに駆けてきて、止まらずに体当たり!
パティだった♡
          犬に見えないね?
         2014-11-24多摩川4
2014-11-24多摩川5

やっぱり縁があるねぇ、お互いいつもと違うコースを
歩いていても出会ってしまうんやね。
               2014-11-24多摩川6




  1. 2014/11/24(月) 23:19:56|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハニー トライアルに

そういうわけで、本日
ハニー君は良縁を得てトライアルに入りました。

いつもながらトライアルが無事終了するまで、
祈るような気持ちで過ごします。
それにしても、7か月も我が家にいたのは
猫では新記録でしょう。
犬、それもミックスの成犬では
半年1年なんてザラでしたが、
子猫ではピータンの半年を抜いて
トップに、もうこれは我が家に残るんかなぁ・・
と覚悟をしていたのですが
良いお話があり、慎重に進めてきて、
ついにトライアルとなったわけです。
詳細はご縁が成立してらからまた改めて。

いつものことながら、
鋼鉄のハートにちっさなひびが入ったような
鈍い痛みに若干参っています。
「いつまでたってもこのど素人がっ!!」と
自分を叱咤しつつ、何にでも首を突っ込んでくる
チビの不在に慣れようとしているところです。

2014-09-24ハニー1
  1. 2014/11/23(日) 17:01:30|
  2. プリチャイハッチ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

22日多摩川

今日の多摩川
2014-11-22多摩川5

休日なのに寝坊してしまった、
仕方ないのでヒトの来ない中洲へ渡る。
水が冷たい!
   2014-11-22多摩川1
                 2014-11-22多摩川2
2014-11-22多摩川3
                  2014-11-22多摩川4

キューだけ尿結石予防のために
療養食のカリカリなのだが、
他の子がみんなこの療養食を食べたがる。
キューが残したご飯を夢中で食べるノビタとハニー。
2014-11-22ネコ’ズ1
               2014-11-22ネコ’ズ2

犬ではどんなに仲がいい同士でも
大人はこんなふうに押し合い圧し合いして食べない(と思う)。
猫は非社会性動物だといわれてきたが
最近ではなんらかの社会性を持つのでは、
といわれている。
それにしても、犬よりは単独行動が多いのは確かで、
だからこそ『猫団子』やこういった食べかたが
見られるのかもしれない。
つまり、社会性の高い犬は、ストレスを避けるために
個体同士の距離を必要とし、
争いを避けるために食事にもマナーがあるのに、
猫では、最初から相性のよくない相手とは
関わらないという前提のうえで、
それぞれの距離感をあまり重視していないようなのだ。

犬と猫、それぞれの共通点と相違点が
こんな日常の些細な行動からも伺えて面白い。
  1. 2014/11/22(土) 23:11:51|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

21日画像

バタバタしているので画像だけ
2014-11-21多摩川6
                 2014-11-21多摩川4
            2014-11-21多摩川2
2014-11-21多摩川1
                   2014-11-21多摩川3

             
  1. 2014/11/21(金) 19:31:30|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20日画像

ちょっとバタバタしているので、
20日画像だけ
2014-11-20多摩川4
                      2014-11-20多摩川1

ネコ’ズは寒くなって、しょっちゅうつるんで寝ている。
2014-11-20ネコズ2(1頭猫じゃないけど)


キューは少し他の猫と距離を置いていることが多い
2014-11-20ネコズ3

ノビタは最長老のくせに毛足の長い毛布を
チュッチュッしながらモミモミする癖がある
(わかる人にはわかる表現)。
離乳前に親から離された子に多くみられるというが
確かにノビはへその緒がついた状態で捨てられていたっけ。
          2014-11-20ネコズ1
ノビタ 赤ちゃん時代
これでもだいぶ大きくなってきたところ
DSCF0128.jpg

  1. 2014/11/20(木) 18:41:59|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬の散歩は『道草』である

今朝の多摩川
2014-11-19多摩川1
                   2014-11-19多摩川5

草が枯れて、冬季限定?の
岸辺沿いけものみちが段々現れてきた。
            2014-11-19多摩川2

『道草』の語源はきっと、街道をゆく馬が
立ち止まって道端の草を食む、ということから
きているんだろうが、サムたちを見ていると
文字通り「道草」食べてる(^^♪
2014-11-19多摩川6
                         2014-11-19多摩川7


テディ&アリスちゃんに会う。
2014-11-19多摩川4

テディは顔こそデカいがハンサムボーイ、
なのに彼の写真はいつもこんなのばかり。
ごめんね
                     2014-11-19多摩川3

ぶらぶら歩いていると、愛犬とジョギングする外国男性と会う。
腰にリードをつけて軽快に走っているが、
若いダックスフントは、サムたちを見た瞬間から
通り過ぎて離れても、ず~っと吠え続けていた。
それもかなり威嚇的なもので、もしも
リードから解き放たれたなら、即サムたちに
とびかかるのでは、と思わせるような激しさだ。
・・・・・でも、わかるヒトにはわかると思うが、
この『リード』ゆえに彼は激しく吠えたのだ。

リードで飼い主と繋がっているから安心して
「トラの威を借る狐」的にえばって吠えた、
という見方もある、だが私は
もう一つ、彼の身になって想像してみるのだ。
小さな彼は、本来大きな見知らぬ犬の傍を
通り抜ける時は、
ゆっくりと、ひどくゆっくりと慎重に動きたかったはず;
・相手をなだめる
・『狩る』という衝動を引き出さないようにする

小型犬が、知らない大きな犬のかたわらを
走り抜けるのは、とても危険なことなのだ。
ちょろちょろと走って逃げる小動物に
反射的に反応するように、犬や猫は創られている。
見知らぬ犬同士では、小型犬でなくても
すれ違うかなり前から、動作は緩慢になる、
いらぬ騒ぎを避けたいからだ。
ジョギングのお伴をする大型犬もいるが
オフリードの彼らはご主人について走る義務より
犬としての衝突回避シグナル~ゆっくり歩く~
を優先する、例え事情を理解しないご主人に
叱責されようとも。

それがリードで繋がれている故に
立ち止まることが許されない場合、
どうしたらいいだろう?
彼の場合、吠えたて、威嚇的行動をすることで
「ボクは獲物じゃないゾっ!
走って逃げようとしてるわけじゃないゾ!」
と相手犬に知らしめているのではないだろうか。
こういう行動はやがて習慣となり、
普段でも他の犬を見たら反射的に吠えたてるように
なってゆく。

飼い主はではどうしたらよかったのだろう?
なにもフリーにせよ、と言ってるわけではない。
遠くに他の犬を見たら、かなり前で、走るのを
やめて、ゆっくり(それも非常にゆっくり)
歩く、それだけでもずいぶん違ってくると
私は思っている。
できることなら愛犬と一緒に「道草をくってあげる」
(他犬に対して横向きになる、立ち止まるなど)と
もっとよい、吠えかかる習慣がついてしまった子の
リハビリも同じように、常識ある犬が取るべき
行動を共にしてあげることが第一歩だ。

そもそもジョギングの速さと犬本来の散策のスピードは
違うし、道草こそ犬にとって散歩の醍醐味で
あることを考えれば、ジョギングはやりたい人間が
愛犬抜きでどうぞ、と私的には言いたい。

毎度言っていることだが、犬を「運動量」で
疲れさせて大人しくさせよう、というのは
間違えだ。
その中でも、自転車での『引き運動』は
ひどい場合は虐待に近いと私は思っている。
固い路面での自転車引き運動は
歳とってから足腰の深刻なダメージに
繋がるともいわれている。

犬の散歩の基本は『道草』
これをどうか飼い主は忘れないようにしてほしいと願う。



珍しいネコ’ズ全員集合
      2014-11-19ネコズ1

ハッピーはハニーを嫌っているし
ノビタとキューは相性悪い、
でも寒さがみんなを結び付けてるんだね
ベッドカバーの上の毛布は、寝具としては無意味に
近いのだけれど、フカフカ感触が猫たちに人気
なので、彼らのためにだけ敷いている
キューの寝相はなんだこれ?



11月30日(日)当愛犬クラブバウニャウで 猫の譲渡会vol.4を開催します。
2014-11-30譲渡会2小
*クリックすると拡大します
  1. 2014/11/19(水) 23:23:18|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある令嬢の零落?

ふざけたタイトルは、
アダルトと間違えて訪問するかもしれないヒトを
ちょっとからかってみただけ。
で、その令嬢というのがこちら 
             2014-11-18多摩川1

        
会えない時はなかなか会えないのに
昨日に続いて今朝もまたパティに会えた。
1時間ちょっとのうちに
悪い男(サムね)にひっかかって
どんどん零落していくパティの様子を
ご覧いただきたい。

サムにくっついて藪漕ぎ
(普段はパパさんの傍を離れず道からそれない箱入り娘)
             2014-11-18多摩川2
              
サムのマネをして飛び込み
2014-11-18多摩川8
                      2014-11-18多摩川7


サムと一緒に禁断のスリスリ
2014-11-18多摩川3

も一つスリスリ
                    2014-11-18多摩川4

んでもって穴掘り、泥まみれ
サムと一緒の時だけハメを外してしまうらしい・・
          2014-11-18多摩川5

結果、こんなんなりました
これが『ある令嬢の零落』
                   2014-11-18多摩川6


帰ってからママさんに怒られただろうなぁ、二人とも(ふふ)



日溜りでみんな昼寝
      2014-11-18サム
                         2014-11-18ノビタ1


ノビタの定位置(私のお腹の上)を奪うハニー
2014-11-18ハニー1
                  2014-11-18ハニー2



つるみ・猫のカギしっぽ主催  譲渡会を開催します。
おかげさまで大人猫が多数新しい家庭を
見つけることができました。
これからも地道に続けていきたいと思います。
2014-11-30譲渡会2小


  1. 2014/11/18(火) 23:11:56|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呼び戻し

ハニー、8か月になりました♪
なりはだいぶ大きくなりましたが
頭の中は相変わらず
〝クウ・ネル・アソブ”(笑)
でもこの顔で「にゃぁン・ん・」と誘われたら
可愛くてついついかまってしまう・・・
          2014-11-17ハニー1




今朝の多摩川
2014-11-17多摩川1
                           2014-11-17多摩川2

いつも遊ぶボルゾイのグレースちゃん
シッポカバーがバージョンアップしていて
笑ってしまった
             2014-11-17多摩川5

ボルゾイでフリーにできる子は
少ないんじゃないだろうか。
走る姿がなんともいえず美しい犬だが
呼び戻しがなかなかできないことと
他の子と上手に遊べなかったりする傾向が
あるんじゃないかと思う。
グレースちゃんは遊び好き、人も犬も大好きで
いつも笑っている素敵な犬だ、呼び戻しもまずまず。
呼び戻しは一生トレーニングを続けていくものだし
できればフリーで成功を積み重ねていくのが
望ましい。
そのために最低限必要なのは
「根本で信頼できる犬」に育てることだ。
十分愛されて過重なストレスを受けずに
育てること;
ヒトや犬に攻撃的行動が出ないこと、
上手にリスクを回避できること(友好シグナルを
出していない人や犬に近寄らない、など)。

だが、逆から入ってしまう飼い主さんが
実際にはとても多い。
呼び戻しの厳しい練習が先だと思い込んでしまうのだが
呼び戻しや脚側歩行が完ぺきになってからでは、
幼いころから色々なヒトや犬と接して自分で考えて行動をした経験のない
犬は、危なくてフリーにできなくなっていたりする。


歩き始めてすぐにパティに会う。
パティはもうすっかり大きくなって(なりすぎて?)
体重も30キロを超えたとのこと、
なのに彼女はまだ自分のことを
子犬だと思い込んでいるらしく、
嬉しいと体当たりで突っ込んでくるのだ、
で、その結果がこちら(^^♪
2014-11-17多摩川6
                     2014-11-17多摩川7


パティはサムが大好き、なのだが
すでに体重差が10キロ近くあるので
遊んでいてもサムは押されっぱなしだ。

ひとしきり遊んで、パパさんが
「行くよ」と声をかけ、さっさと歩き出した。
まだ遊んでいるパティに
「パティ、コイっ」と言うと、今日はなんと!!
素直に従うではないか!
                2014-11-17多摩川8

すごい~、パティ、すごいねぇ、と感心してたら
またまた、戻ってきてしまった、残念。

私たちという誘惑を振り払って
自分の意思でついてきたときに
タイミングよく褒めちぎってあげたい。
パパさんに再合流して結局川辺まで
歩きながら、「呼び戻しの反応、
すごかったじゃないですか」
と聞いたら、自分もすごい、と思ったとのこと。
「じゃぁ思いきり褒めてあげればよかったのにぃ」
と、ついつい言ってしまった。
口の重い男性って結構多い、
奥さんも犬も、心で感謝するだけじゃ
ダメよ、態度や言葉で表さなけりゃ
伝わらないんだから、聞いてる?ウチのも。

川辺で
           2014-11-17多摩川9
2014-11-17多摩川10
  1. 2014/11/17(月) 21:21:53|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やられた!

新しく買い替えたパソコン、
いまだにうまく使いこなせていない。
NECからFUJITSUに機種も変えたためか
キーボードも微妙にサイズが違うので
ブラインドタッチ(それほどのもんでもないが)での
打ち間違えが多くてストレスが溜まる。
バタバタの購入だったので、キーボードカバーを
買い忘れてしまったままだ。
そしてたった今、ディスプレイにオシッコを
かけられた!!
液体は滴り落ちてキーボードも濡らしてしまった。
もう~っ、誰だ!?
こいつだ!!
2014-11-16ノビタ1

こらっ、ノビタ!
              2014-11-16ノビタ2

「めっ!」とコツンしようとしたら・・・
2014-11-16ノビタ3

「あにすんだよ~」ムキッ!
               2014-11-16ノビタ4
               
ノビタとキューがたまにシッコかけをする前科者だ、
だが普段はそんなことをしない、
彼らなりにストレスがかかりすぎると
やるのだと思う。
ハッピーが貰い手がないままに我が家に
残って大きくなった頃もやられたし、
パティが我が家で保護されていたころも
あったっけ。
大人の猫は~少なくとも歴代の我が家の猫は
子猫や若い猫に遊びを譲ってしまう。
たとえ自分が先に遊んでいても、後から
子猫が乱入すると、途端にやる気をそがれる。
ついついそれで、若い子にかまけてしまいがちに
なるが、大人の猫だって飼い主と遊びたい動物なのだ。
老境のノビタもハニーたちやらジャッキーらお泊り犬やらが
続いたので、ストレスがかかりすぎたのだろう。
それにしても、カバーを早急に買ってこなくちゃ・・・
故障したらまた臨時出費だ、出稼ぎにでもいこうかしら。

猫がスプレーするのはそれなりに(彼らなりの)理由がある、
と思ってあげたい。
落ち着かない;環境が激変した;猫同士の関係がうまくいっていない
・・・・対処できることは少しでもしてあげて、
後は十分に相手をしてあげよう、そして落ち着いた環境を
整備してあげよう。



今朝の多摩川
2014-11-16多摩川4
                        2014-11-16多摩川5


水面は鏡のように静か

2014-11-16多摩川1
天空をそのまま映して、眼下に空が広がるような錯覚
           2014-11-16多摩川2
                        2014-11-16多摩川3

夫婦揃って今朝は長靴
だから今日は川を渡れないんだよ、メナごめんね
             2014-11-16多摩川6

  1. 2014/11/16(日) 21:37:22|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早朝の多摩川

今朝は6時前に到着。
なんでこんなに早いかというと、
主人が母校野球部の応援に
神宮に行く!というので
前倒しで時間が早まったのだ。
着いた時はまだ日の出前、
野原は霜で一面 白い。
2014-11-15多摩川12


歩いていくうちにみるみる紺青だった空が
明るくなっていく。

薄明るくなっていく空を
渡り鳥がV字編成で次々と飛んでいく。
2014-11-15多摩川3
                 2014-11-15多摩川4

同時に川面には蒸気があがりはじめ
霜は溶け出して草1本1本の葉先に
露が宿る。
                2014-11-15多摩川10
2014-11-15多摩川5
                       2014-11-15多摩川6

見る分にはなんと美しい!光景だが
ズックと靴下はぐっしょり濡れて
足先は凍り付いて辛い。
珍しいことに、主人は準備万端、
長靴を履いている。
私も履いてくればよかた。

初めて会う子。
               2014-11-15多摩川7

2頭に匂いを嗅がれても
逃げ出さずにちゃんと立ってた。
2014-11-15多摩川8
                    2014-11-15多摩川9


引き返してくると、いつもの犬仲間が
たくさん遊んでいて、サムもメナも
飛んでいって仲間入りする。
ふと他のヒトの足元を見ると
みんなレインシューズだ。
そう、もうそんな季節になったのね・・
これからいよいよ冬がやってくる。
春夏秋の美しさとはまた趣の異なる
厳しい美しさもまた好きだな。
            2014-11-15多摩川11

・・・・・主人の母校は負けてしまい、
同級生7人でヤケ酒飲んで帰ってきました♪
  1. 2014/11/15(土) 18:26:16|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さっちゃん、帰る

今朝の多摩川
               2014-11-13多摩川3

2014-11-13多摩川2
                2014-11-13多摩川1
 2014-11-13多摩川7
                  2014-11-13多摩川6
                   
植え込みの中のボールを探してるサムの下半身
                 2014-11-13多摩川4

さっちゃん、初めての藪漕ぎ・・・で、結果、種まみれに
2014-11-13多摩川5

昨夜の夕食
                       2014-11-12さっちゃん夕食

今朝の朝食
2014-11-13朝食

さっちゃん、ようやく遠慮が取れてきた様子
ハッピーにちょっかい出し(^^♪
前足でちょんちょんって、可愛い
でも慣れないことしてるせいか緊張して舌出ししてる
                      2014-11-13さっちゃん

午後、ママさんがお迎えにきて
狂喜乱舞のさっちゃん、
嬉しそうに帰っていきました。
お疲れ様、さっちゃん。

お預かりをメインの仕事にしていないのだが、
こうして時折お泊りの犬があると、
その犬種への理解がより深まる、という
メリットがある、
犬種の特性
その個体独自の個性
そして『犬』として共通する行動
それぞれが垣間見えてくる。
犬に教えられることって多い。



  1. 2014/11/13(木) 23:44:12|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳴いても檻から出すな?

昨日のさっちゃんの夕食
2014-11-11さっちゃん7

初めて鶏の中骨をあげてみた、
もちろん手に持ってあげたのだが、
上手に食べてくれた。
優しい口だ、私の手を傷つけないように
気を使っているのがわかる。
              2014-11-11さっちゃん8

今朝の朝食
2014-11-12さっちゃん2

今朝は小雨が降っていたので
多摩川は中止。
夕方晴れてから近くの川辺緑道を散歩。
2014-11-12さっちゃん5
                      2014-11-12さっちゃん6

同じ川辺といっても、多摩川とは雲泥の差、
全国有数の汚染河川、しかも護岸工事で
コンクリで固められている。
多摩川も護岸が進んでいるが、
いつも行く地域はまだ自然のままに美しさを
とどめている。


さっちゃんは1頭だけの散歩でも
音やすれ違う人に過敏にならない、
メナよりよほど堂々としている。
何かに気をとられると、しばらく
立ち止まって何事か考えている風情。


日本犬があまり指示に即座にしたがってくれない、
というのは、実は熟考して自分で判断してから行動する
この性質によるものであって、
鈍い、とか作業能力が劣る、からではないと思う。
また、飼い主以外の人間には
あまり馴れ馴れしくしない、
心許すまで時間がかかる、というのも
本来の犬らしい健全な警戒心がさせるもの。
気の短い人には飼いにくいだろう。

そういえば先日昼間、再放送だが
志村動物園で日本犬の子犬ばかりを集めて
育てる企画をやっていた。
その中で、夜寝る時、狭いケージに
入れられた子犬たちが鳴いているのを、
日本犬に携わって60年!とかいう男が
「鳴いても絶対に出してはいけません」
などとアドバイスしていた。
こんなことを平気でテレビで流さないでほしい。
ふと子供のころ愛読していた
戸川幸夫の本の中の犬の物語を思い出した。
題名も忘れてしまったが、
熊狩りのマタギと愛犬のしろ?の話、
最後は吹雪に閉じ込められて
他の人の食糧を確保するため
マタギ自身が愛する犬を射殺する、
哀しい話だった。
その中で、気難しいマタギが
白を育てるのに、懐に入れて可愛がって育てた
とあったように記憶している。
私は『その道60年オトコ』より
そのマタギのほうが、日本犬というものを
熟知していたと確信する。
危険な犬、ストレスで興奮しやすい犬に
したくなかったら、犬の親と同じように
ゆったりとした愛情で包んで育てよう。
子犬の時の1年、いや半年でも
どれだけ手をかけ、十分な世話を
したかで、その後の10年以上の歳月が
お互いにとって地獄にも天国にもなるのだ。
時間がない、粗相で汚されるのがいや、
だったら犬を飼うのをあきらめよう。

さっちゃん、ようやく2階で寝てくれるようになった。
だがサークルはメナが占拠
2014-11-12さっちゃん4
           2014-11-12さっちゃん1

我が家ではサークルは閉じ込めるためではなく
他の子が入ってこないためのものだ。

毛布を部屋の隅に敷いたら
気に入った様子
2014-11-11さっちゃん6
  1. 2014/11/13(木) 01:50:04|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さっちゃんは常識家?

火曜日の多摩川
2014-11-11多摩川3
                 2014-11-11多摩川5

ぐずついた天気が続いたが、
土手にはいつのまにかこんなのが・・・
あちこちにたくさん生えている、
食べられるキノコだったら大豊作なのに。
           2014-11-11多摩川1


さっちゃんは長めのリードにしても
人の周囲をぐるぐるまわる癖がある、
2本リードだと操作が大変なので
2本つなげてロングリード代わりにしたら
回らずゆっくり歩くようになった。

でも、後半突然スイッチが入って
メナと追いかけっこを始めたのにはびっくり。
ほんの数秒だったが、さっちゃんがマジで
走るところを見たのは初めてだ。
              2014-11-11多摩川2

日曜夜の食事
                2014-11-10さっちゃん5

朝食 完食
2014-11-11さっちゃん1
                2014-11-11さっちゃん2

さっちゃんは人懐こいが、それ以上に
先住犬猫に気をつかうタイプで、
室内ではいつも犬猫たちに
距離をとって行動している。
サークルを嫌う彼女のために
あちこちに毛布を置いているのだが
すべてウチの犬と猫が使ってしまい、
さっちゃんは気が付くと玄関マットで
寝ていたりする。

多摩川で会う犬への反応をみると
彼女の好みはとてもはっきりしていて
まずは大きさ;
 自分とだいたい同じくらいか少し大きめであること。
 大型犬でノーテンキなタイプは苦手。
 そして自分よりはるかに小さい小型愛玩犬は
 スルーしていた。
そして落ち着いていてちゃんとシグナルが出せる子。
 そう、つまりとても常識的な判断をしているわけだ。
 大きさが違いすぎるのはいくら相手が遊びたがっても
 思わぬ怪我をするリスクがある。
サムはさっちゃんと親しくしたいようだが
彼女はガサツタイプは好きではないみたい、
メナとは気性が似ているので
関心があるようだが、メナのほうが無視。
                 2014-11-11さっちゃん5


ので、1頭だけで庭に出して相手を
してあげると、結構遊ぶのだ。
口を使って遊ぶのも上手。
興が乗ると、手や腕を口で咥えるのだが
とてもソフトで、常に力を制御している。
私は個人的に、口を上手に使う犬が好き、
常々言っていることだが、そういう犬は
事故を起こしにくいと思う。
2014-11-11さっちゃん4
                 2014-11-11さっちゃん3



  1. 2014/11/11(火) 23:04:24|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

今朝の多摩川
            2014-11-10多摩川3
2014-11-10多摩川1


2014-11-10多摩川5
                 2014-11-10多摩川8
            2014-11-10多摩川4
2014-11-10多摩川7

                   さっちゃん、大迷惑
                    2014-11-10多摩川6

これもツレションっていうの?
2014-11-10多摩川2

今朝はたくさん歩いたから
帰りの車内で爆睡
                   2014-11-10多摩川9


今朝のさっちゃんの朝食
                2014-11-10さっちゃん3
             

昨日撮りそこなったさっちゃんの
骨付き肉を召し上がる時の形相
(まるでハニーを威嚇しているみたいに見えるね)
           2014-11-10さっちゃん4

さっちゃんとハニー?と思ったら
ハッピーでした。
平穏を好む二人、気が合う様子
2014-11-10さっちゃん1
                    2014-11-10さっちゃん2

  1. 2014/11/10(月) 23:23:43|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さっちゃんの1日

お泊りさっちゃんの2日目

早朝多摩川へ
助手席ひざ上が指定席
              2014-11-9多摩川1

最初のうち引っ張りが強かったけれど
長いリードで散策するうちに
段々引かなくなってきた
2014-11-9多摩川3
              2014-11-9多摩川2

サムのような大きくてワサワサしてる犬は
苦手のようだが、途中出会ったシュナウザー君には
愛想よく挨拶できる。
先輩メナにも敬意を払う
2014-11-9多摩川4
相変わらずのサム
            2014-11-9多摩川5


朝食もペロリ
                2014-11-9さっちゃん2
             

               2014-11-9さっちゃん4

やっと遠慮していたベッドに乗った途端
ストーカーハニーも乗ってきてツーショット
2014-11-9さっちゃん3

夕食に思い切って骨付き鶏をブツ切りにして
少しだけ出してみた
(ちょっと歯石がついていたので)
            これに牛乳を足してあげている
             2014-11-9さっちゃん5
           
はじめ食べあぐねていたが、
手にもってあげたら、すんごい顔で
噛み砕いて食べてくれた。
次はカメラ用意しておこうっと

さっちゃんが安心して休めるようにと
用意したサークルだが、あまり好きではないみたい。
ご飯のときだけ、他の子に取られないよう
サークルで食べさせているのだが、
気が付くとサークルをよじ登ってハニーが!
どういうわけか、我が家の犬猫は
たまに設置するサークルがお気に入りのようだ。

迷惑顔のさっちゃん
2014-11-9さっちゃん1
  1. 2014/11/09(日) 23:47:42|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パソコン壊れる!

どうも数日前からPCの動きが遅いなぁ、
と思ってはいたのだ。
だが、木曜日夜、画面に
『ハードディスクに問題が生じました。
バックアップをとってください』云々と
いう警告が載り、消えなくなってしまった。
それでもふつうに使えるので
のんきに構えていたのだが、
PCに詳しい知人に聞いてみたところ、
かなりヤバい状況だという。
慌てて業者に連絡し、金曜日に
見てもらったら、もうハードディスクが
いかれかけていて、すぐバックアップをとって
修理に出すか、買い替えたほうがいい、らしい。
PCって新しくなるごとにどんどん寿命が短く
なっている気がするのは私だけ?
納得いかないまま、土曜日に新しいパソを
買い、業者の人に立ち上げ;バックアップ情報の
入力などすべてやってもらい、
どうやら使えるようになったのが
土曜夜、私にしては異例のスピードで
処理したのだ、が、まだまだ新しくなったパソコンの
ソフトに対応しきれなくて四苦八苦している。

ようやくなんとかブログアップできるように
なったので、土曜日のお泊りのお客様の紹介。
(初めてのお泊りを心配されているだろう
飼い主さんに、ブログにアップする約束していたので)

さっちゃん、2歳になる柴犬のお嬢さん、
これがホントにいい子なのだ。
穏やかで知らない人にも従順、
吠え声を一度もまだ聞いていない。
これが柴?とも思えるが、一方では
これが柴!ともいえる。
ワサワサしていない、極力摩擦を避ける、
平和的解決のためのシグナルも上手。
ちょっと気が弱い?ところもあるが
それもまた、犬や猫に囲まれた
見知らぬ家での身の処し方が上手な
所以でもあるのだろう。

初めての家に置いていかれて
途方にくれるさっちゃん。
柴は繊細な犬が多いので
無理強いせず、自分からあきらめて
2階に来るのを待つ。
「どうしようかな・・」思案顔
2014-11-8さち7

窓から飼い主の姿を探すさっちゃん、
その後ろにハニーが・・・
               2014-11-8さち6

初日みんなが興味津々集まってくるのに
閉口したさっちゃん、仕事中の主人の
膝上に避難
2014-11-8さち3
            2014-11-8さち2


しっぽフリフリで挨拶するサムに
匂いを嗅がせる間
じっと我慢しているいじらしいさっちゃん
2014-11-8さち5

猫たちも、さっちゃんが大人しくて
動きもおっとりしているのが好みなのか
まったく警戒していない。
そう、いい柴って少し猫っぽい感じがする。
警戒しないどころか、さっちゃんが
猫に遠慮するのをいいことに
からかったり、後をつけたり。
ハニーは遊び相手がいなくて退屈していたせいか、
ことにしつこい。
           2014-11-8さち4

夕食
食が細い、と聞いていたが、
我が家の生食あっというまに完食。
                 2014-11-8さち1



金曜日の多摩川
2014-11-7多摩川1
                 2014-11-7多摩川2
   2014-11-7多摩川3




  1. 2014/11/08(土) 21:28:57|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男性への社会化

水曜日の多摩川
                     2014-11-3多摩川2

今朝はまたパティと会った♪
パティはサムが大好き、
どこまでもくっついて行く。
多分初めて親密に接触したのが
サムだったせいかと思う、が、
相手を選ぶべきだったねぇ。
能天気サムのマネしてると
おバカさんになっちゃうよ。
2014-11-5多摩川1

お疲れモード
          2014-11-5多摩川3

ということで、藪漕ぎした2頭、
みごとにびっしり草の実をつけて
戻ってきました。
2014-11-5多摩川2

ウィンターカットしたサムでさえ
草の実取りに30分かかったので、
パティ、帰ってから大変だったでしょうね、
パパさんは笑ってみてたけど。

パティは犬社会への社会化が遅れていたが、
お気楽サムの後について、少しずつ
多摩川で会う犬たちに馴染んでいった。
多摩川にはもっと優しくてハンサムな
犬たちが沢山いるのに、だから
最初に頼りにしたサムを今でも慕ってくれる。
社会化の第一歩というのは
かなり後あとまで影響が残る大事なことなんじゃ
ないだろうか。
ヒトへの社会化についても、
特に気を付けたいのは、
女性だけの家庭で飼われている犬の場合、
または世話するのが女性だけ、という場合、
「人懐こい子」だとばかり思っていたのが
実は男性が苦手だった、というケースが
しばしばあるのだ。
元々男性は女性に比べて
犬に敬遠される傾向があると言われている。
それは
・声が低く太い・・・犬社会では威嚇・不機嫌を表す
・身体が幅も背丈も女性より大きい・・・威圧感?
といったことが原因ではないかとされる。
フェロモンの匂いの違いもきっと関係してるのでは
ないかと私は思う。
さらに、仔犬を散歩させていても、
「可愛い」と近寄って撫でたり
おやつをくれるのは
圧倒的に女性が多い、つまり仔犬の他人への
社会化の機会が多いのも女性だ。

というわけで、男性がちょっと苦手な犬が
多いのも当たり前なのだ。
保護犬でも、男性が怖い、というそぶりを
みせる子は多い。
保護団体ではよく「男性に虐待されていたせいで」
と説明するのだが、(そしてそう言うと
「可哀想に」と同情が集まるのも確かなのだが)
実は男性への社会化不足によることが
案外多いのではないかとにらんでいる。
(本当に酷い虐待を受けた犬は
女性男性問わず、人間が怖くて固まってしまう)
だから子犬の社会化に際しては
特に男性に良い印象が持てるように
気を配ってあげたいものである。

火曜日まで逗留していたルフトは
飼い主が男性であったこともあるし、
沢山の男性に早くから接触してきたために
男性大好き、主人もこれで気をよくして
サモエド飼いたい、なんて言いだすくらいだ。
一方先日譲渡となったジャッキーは、
実は男性が少し苦手な犬だった。
誰に対しても一切の攻撃性はなかったが
知らない男性に近づかれると
後じさりして隠れたり、主人にも
初めのうち人見知りを見せた。
これも多分、男性への接触の機会が
少なかったせいだろうと思う。
女性への懐き方はもう、これは
いじらしいくらいだった。

マダムキラー                      2014-9-19ジャッキー2

なんでこんな話になったかというと、
今日ジャッキーのママさんと
お電話でお話しした時に
ジャッキーはすっかりママさんの
ストーカーになって後をついてまわっている、
一方で、ご主人と息子さんには
まだあまり懐かないので
犬好きなお二方がっかりしているらしい、
ということからなのだ。
犬好きで優しいパパさんとお兄ちゃんが
可哀想だなぁ、と申し訳ないが、
ジャッキーにとってはとても良いご縁だったと思う。
もしも男性が犬に関心のない家庭に
行ってたら、ジャッキーの男性苦手は
益々増長してしまっただろう。

仔犬を迎えた方には是非
特に男性への社会化を配慮して
ほしいと、今更ながら願っている。


  1. 2014/11/06(木) 02:51:13|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイバイルフト

今朝の多摩川
2014-11-4多摩川3

       2014-11-4多摩川7
                        2014-11-4多摩川1

ルフト、今日お迎えがきて
嬉々として帰っていった。

来た時よりだいぶ薄汚れてしまったが
それなりに逗留を楽しんでくれたと思いたい。
ルフトはマナーがとてもよくて
ドアを開けても「どうぞ♪」と言わないと
出てこない、トイレはバスルームに置いた
小さなシートで済ませて失敗したことがない、
そして、どんな時もリードを引っ張らない。
           2014-11-4多摩川2

憧れの遠吠えもせがむとやってくれるし、
猫には絶対反抗しない、というわが家ルールも
すっかり把握してくれる。
2014-11-4ハニー&ルフト

それでもやはり、男盛りで気力充分な雰囲気は
伝わるらしく、サムは最初からもうすぐに
ルフトの子分になってしまった。
もっともサムが子犬のころから大人のルフトに
何度も会っているので、そういう過去も
影響しているのだろう。

車に乗る時も、いつもの後部座席シートは
ルフトに譲って自分は床に伏せるし、
おもちゃ遊びでも、ルフトがふざけて
ちょっと唸るとすぐに引き下がってしまう。
だからメナとのように取っ組み合いは
したことがない。

ところが今朝の多摩川で、
サムとルフトがおもちゃを取り合って遊び始めた。
相手がくわえているオモチャを
自分も咥えて引っ張り合うという遊びは
仲のよい間柄にだけ見られる。
身体を密着させて取り合いをしても
本気にならないと、お互いに了解できているからこそ
可能なのだと思う。信頼関係というやつだ。

2014-11-4多摩川5
                    遊ぼうよ♪
         2014-11-4多摩川4

サムもルフトも身体に緊張が見られない、
眼も穏やかだ。
男の子ってヒトも犬も、単純で
いつまでたっても遊び好きなところがある(よね?)

またね、ルフト君。
             2014-11-4多摩川6
  1. 2014/11/05(水) 02:26:09|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遅れてきた韓流ブーム

この2~3年、主人が韓流に嵌っている。
前にも書いたが、韓国の連続ドラマを
しょっちゅうレンタルしては観ているのだ。
私だって『トンイ』くらいまでは
ついていけてた・・・だってハン・ヒョジュ(トンイ)は
すごく可愛くて大好きだったんだもの。
でも、今回はさすがにウンザリ、
『ホ・ジュン~伝説の心医~』はなんと
135話もあったのだ。
感情移入できそうな俳優は
誰も出てこないしで、長く辛い(?)
1か月だった(1か月弱で135話見たのだ)。
なんで今頃になって韓流?
「前世、あっちの生まれだったんじゃないの?」
と嫌味を言ったら、真面目顔で
「うん、弥生人だったのかもしれない」だって。
(そういってる本人は大きくて濃い顔、
がっちり体型短足でどう見ても縄文人の末裔)
だが、どうしてこんなに私が韓流ドラマを受け付けないかと
顧みるに、どうやら歳のせいで気が短くなっていて、
1話完結タイプのライトなストーリーでないと飽きてしまうみたいだ。
「おしん」みたいにず~っと虐げられ続け、
善人はアホで敵のほうが悪賢い、
最終話直前でやっと勧善懲悪がなされるなんて、
絶対無理。
・・・あ、そうか、最近のドラマがみんな「1話完結」タイプなのは
日本人がみんな気が短くなってきてるってことかも。
だから「MOZU」みたいな本格的ドラマが
視聴率取れないんだわ。



今朝の多摩川
2014-11-3多摩川9

天気予報が大幅に(良いほうに)外れて快晴。
川面と空の蒼に染まりそうな白さ、
白い犬は映しガイがある
             2014-11-3多摩川4
2014-11-3多摩川3
      ムッチリヒップが色っぽい(男だけど)
           2014-11-3多摩川6

2014-11-3多摩川7
            2014-11-3多摩川10
2014-11-3多摩川11
              2014-11-3多摩川12
            

  1. 2014/11/03(月) 17:24:00|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノスタルジー

土曜日、何十年ぶりかで友人たちと大学を訪れた。
学祭の記念講演に招待が来たのを機会に、
随分変わっただろう母校を見に行こうではないか、
という話になったのだ。
残念な天気の中、降り立った駅は
当時とほとんど変わらないローカルな雰囲気。
大学までの道のりも、ほぼ当時のままだ。 
    当時から変わっていない高架下トンネル2014-11-1学舎3


そして、学校は・・・・
なんといっていいのか、6割がたは変わっていなくて
当時の面影を残していた。
                    2014-11-1学舎2

だが! なんだろう、この幻滅感は。
空き地だった場所に近代的な校舎が所せましと
立ち並び、確かに立派になったのだろう、
崩れかけていた部室長屋はきれいに建て直されていた。
だけど、こんなに小さな大学だったっけ。
生活のほとんどを学内と周辺で過ごしていた青春時代、
記憶の中では母校はもっと広大な敷地だった。
気恥ずかしいが、まさに『青春時代』を謳歌した
学生生活と共に、記憶の中で母校は
どんどん美化されて肥大していったのかもしれない。
久しぶりにノスタルジーに浸った1日だった。

*クラスメートだった友人たちとはしじゅう会っているから
その変化(お互いにナ)についていけてるが
当時の可愛らしかった娘たちを数十年ぶりに
見たヒトがいたとしたら、同じ感慨に浸るだろうな、きっと。
2014-11-1学舎1



今朝のキラキラ朝日に包まれて 多摩川。

2014-11-2多摩川1
                      2014-11-2多摩川2
2014-11-2多摩川4
               2014-11-2多摩川8


あまりに美しい光景に、画像がほとんど遠景ばかり。

                    2014-11-2多摩川5

2014-11-2多摩川6
            2014-11-2多摩川7

                  2014-11-2多摩川3

帰り道
なんかルフト君、濡れて汚れて、サモエドというより
秋田犬みたいに見える
(秋田犬、ゴメン)
             2014-11-2多摩川9



  1. 2014/11/02(日) 15:54:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

金曜日の多摩川
2014-10-31多摩川3
                  2014-10-31多摩川2
あいにくの天気だったが
ルフト君も浅瀬わたりを楽しんでくれたみたい


2014-10-31多摩川1
これがサモエドスマイルっていうやつね
人間だったら「キラースマイル」
ヒトたらしな笑顔だこと

               2014-10-31多摩川5

中州でなんでだかスイッチが入ってしまい
3頭で追いかけっこが始まった。
もっともメナもルフトも大人なので
ほんの1分か2分で落ち着いてくれたけれど。

2014-10-31多摩川4
              
いつもの若いアオサギ、
今日はことのほか鮮明に撮れたのでアップ。
普通のデジカメ遠景撮影で私の腕だと
これが限界





                  2014-10-31自宅で3

双頭の鷲ならぬ双頭の猫??
ハッピーとハニー、今や大きさも
ほとんど同じ、双子のような他人

2014-10-31自宅で4

猫に座り心地のいい方の椅子を
盗られて固い椅子をヒトが使っている、
そんなお家、結構あると思う。
のび太は私がPCに向かうと
横にきて監視してる。
  1. 2014/11/01(土) 23:11:12|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0