バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

祝♡ジャッキー

おかげさまでジャッキー、
正式譲渡が決まりました♪
どうか末永く幸せな一生を!
バイバイ、ジャッキー
可愛い小さな道化師ジャッキーチェンJR
2014-10-12ジャッキー2
               2014-10-1多摩川4

              2014-10-11多摩川2


・・・・・・ということで、今度は昨夜から月曜日まで
お泊り客が滞在中
                2014-10-30ルフト

我が家の面々はクッション、座椅子を独占中
2014-10-31自宅で1
ルフト「あの・・・ボ、ボクはどこに座れば?」
その辺に転がっときんさい
                  2014-10-31自宅で2
 
ルフト君、さすがに何度も来ているので
さっさと馴染んでくれてます




昨日の多摩川
2014-10-30多摩川5

               2014-10-30多摩川4

2014-10-30多摩川1

2014-10-30多摩川3
                 2014-10-30多摩川2

  1. 2014/10/31(金) 21:10:28|
  2. ジャッキーチェンJR預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

火曜日水曜日の多摩川の画像

火曜日
             2014-10-28多摩川3

2014-10-28多摩川1
                   2014-10-28多摩川2

早い時間だと、こんなふうに
沢山の犬仲間に会うことが多い。
いつもちょっとだけ一緒に遊んでもらって
すぐにバイバイ。
犬同士で遊ぶこと、他人に遊んでもらうこと、
みんな大事な経験だ、だからあちこちで
顔見知りと遊ぶことを禁じたりしない、
遊んでくれる犬と飼い主さんには本当に感謝だ。
ただ、サムたちがあまりそれに夢中になりすぎないように
なるべく短時間で切り上げるようにしてる。
時間の経過と共に、興奮が高まりすぎることが
あるからだ。
私は自分の犬が、オフリードでも
他のヒトや犬と遊ぶよりも
私たちと一緒にブラブラ歩くほうを
自ら選んでほしいと願っている。
そのためには、(愛犬にとっては)他のヒトや犬より
魅力的なパートナーでなければならない、
それが面倒だ、でも言うことは聞かせたい、
というヒトが強制訓練に走るのだと思う。
でも、そんなのつまらないよ、本当に。
フリーの犬が、自分の意志で
私を選んでくれた時の快感は
力ずくで言うことを聞かせてきたヒトには
味わえないものだ。
           2014-10-28多摩川4

サムは2歳半を過ぎてようやく、
「もう行くよ」に応えてくれるのが
早くなってきつつある。
もちろん時間がかかる日だってあるけれど、
先は長い、気長に構えよう。
                2014-10-28多摩川6
         
メナは普段は理想的なパートナーで、
犬社会でも常識派だし、言葉に適格に
反応してくれる(特別に教えてもいないのに)。
だが、実はメナは、サムより深刻な問題を抱えている。
群衆や大声、騒音などに過敏に反応するメナは、
ひとたびそれらに過剰反応してパニックになると、
まったく私の声など耳に入らなくなってしまう。
一端そうなってしまうと、メナは駐車場を目指して
一人で帰ろうとするのだ。
だから、メナの表情や尾などをいつもチェックしながら
ちょっとした反応にも早めに気づいて、
声かけで安心させないといけない、というわけだ。
そういう意味では、興奮よりパニック(混乱、恐慌)のほうが怖い、と思う。
              2014-10-28多摩川5

水曜日
いよいよ川の水位が下がって
浅瀬わたりが楽しい季節になってきた。
普段はサムが泳ぐ場所も
ずっと先まで浅瀬が続いている。

2014-10-29多摩川4
             2014-10-29多摩川3
                      2014-10-29多摩川2
2014-10-29多摩川1
  1. 2014/10/30(木) 22:58:09|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ココちゃん& プニ / 叱られる犬と仲裁役について

月曜日の多摩川
水流が減ってきて浅瀬が増えたので
プチ冒険
2014-10-27多摩川3

2014-10-27多摩川2

春先と今の時期、こうやって渡ることが
できるが、冬場は水が冷たくて無理。
普段渡らない場所に行くと、
拾いきれないほどのゴミ、
特に水辺の生物に危険なものが
あちこちに散乱している。
全てここで捨てられたわけでも
ないだろう、上流から流れてきたものも
かなりあるとは思うが、それも
人間が捨てたものだということに
変わりはない。
2014-10-27多摩川5




プニ改めモモちゃんのママさんから
その後のお便りと画像が届いた。
2014-10-25栗田プニ1

やっぱり指チュッチュするとのこと、
そして先住のソラ君のことも
よろしくたぶらかして仲良くやっているそうで
嬉しいかぎりだ。
2014-10-25栗田プニ2


さらに昨夜、テディパパさんから
多摩川で拾ったチャトラの子猫、
ココちゃんの可愛い画像が送られてきた、
あんまりキュートなのでご紹介。

2頭に挟まれると余計に小っちゃく見える(萌え)
           2014-10-27ココ1
 
2014-10-27ココ2
                   2014-10-27ココ3


パパさんのメールに、
「今日はアリスがサムを苛めてしまって
ごめんなさい」ってあったのだが、
ことの顛末は、サムのボールをアリスちゃんが
気に入って一人占め、近づく子に牽制してた、
でもこれはいつものアピールで、
そんな本気モードじゃなかった。
だがその後、パパさんの美味しいおやつを
アリスの隣りでサムがお裾分けもらおうと
した時、かなりマジにアリスちゃんがサムを
怒って追いかけ、仰向けになったサムを
叱りつけたのだった。
それをあやまっていらしたのだが、
普段うまくやっている犬仲間で
こんなふうに相手が怒るケースでは
ほとんどの場合、怒られたほうに問題があるのだ、
と思っている。
いつもは我慢してくれているけれど、
虫の居所が悪かったり、直前にストレスを受けたりすると
我慢しきれなくなって、怒るというわけ。
サムはいつもおやつやボールが介在すると、
飛んで行って割り込むという幼児的行動を
いまだにやってしまう。
でもこれは、犬の社会ではとっても失礼なこと、
マナー違反なのだ。
だから、こうして仲間内から叱られるのは当然、
サム、当たり前だがかすり傷ひとつ負っていなかった。

アリスちゃんを信頼していたので
私は笑ってみていたのだが、
それよりテディ君(アリスの相棒)の行動が
とても興味深かった。
普通相方が他の犬を追いかけると
一緒になって興奮して追いかける子が
多いのだが、昨日はいつも温和なテディが
一生懸命間に割って入ろうとしてくれたのだ。
仲裁役の犬が存在することは知っていたが
これほどはっきりした行動を見るのは
久しぶりだったので、ちょっと感動。
生憎テディ君は走るのが遅いから
なかなか追いつかなかったけれど、
何よりわかりやすいのは、
『仲裁役はやられている犬のほうではなく
常に優位な犬のほうに顔を向けている』
ということ。

サムの行動にもちょっとばかり
頭が痛いことがある、
相手がかなり怒っている時、
すぐに仰向けになってごめんなさい、を
してしまうことだ。
まだ1歳くらいの頃にも、他の先輩フラットの
気に障ったらしく、マジで追いかけられた時、
すぐに仰向けになってしまったサム。
でもこの時相手は余計に腹をたてた。
大人同士の小競り合いでは
あまりに安易に仰向けになって降参するのは
相手を苛立たせることもあるのではないか、
とこの時以来思っている。
もっと大人犬として小さなサインで
「ゴメンナサイ」を表すべきなんじゃないか、と。
大げさすぎるシグナルは、これもまた
マナー違反ギリギリなんじゃないだろうか。

もうひとつ、以前から言われていることだが
黒い犬はどうも嫌われやすい、という噂。
確かに表情のシグナルが読み取りにくいし、
それをカバーしようとしてか、
動作が大げさな傾向があるようにも思える。

あまり関連はないかもしれないが、
京大の
『視線を使ったコミュニケーション』という報告が
あったので紹介。
  『オオカミは目で語る?』


  1. 2014/10/28(火) 12:51:48|
  2. カーミングシグナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュー、別宅疑惑発覚?


土曜日の多摩川
2014-10-25多摩川6
               2014-10-25多摩川10
2014-10-25多摩川9
                          2014-10-25多摩川7
2014-10-25多摩川4


いつもよりシロサギと川鵜の群れが多い
2014-10-25多摩川1
             2014-10-25多摩川5

アオサギが樹上に
樹上に巣を作ると書いてあったが
巣でもあるのかしら
2014-10-25多摩川8




今日の譲渡会は前回より更に
訪れてくださる方が多く、
大人ネコにも関心を持っていただき
嬉しい1日だった。
そんな中、一人の綺麗な女性が訪ねていらした。
穏やかでいかにも猫に好かれそうな佇まい、
ハニーにも関心を持ってくださったのだが
お留守番があるのでちょっと難しいかも、
などとお話ししていた。
だいぶ経ってから、実は、と
「キューちゃんはお元気ですか?」と
仰るではないか!!
ブログも見てくださっているとのことだったので
それでご存じなのかと思ったら、
「以前は毎日ウチに遊びにきてたんですよ」
ですって!?
よくよくお聞きしたら、なんと目と鼻の先の
ご近所にお住まいの方で、
キューが出歩き自由だった2年前までは
毎日のようにお邪魔して、
縁側で日向ぼっこしたり、ご飯をもらったり
していたのだそう。
先住ネコさんがいた時で、網戸越しに
挨拶したりもしてたんですって。

なんかもう~、恥ずかしい~、
でもちょっぴり嬉しい~
出歩き自由にすると、ご近所のヒトや猫、
野鳥に迷惑をかけるので、そして危険なので
室内飼いを奨励しているし、今はキューも
外に出ないようにしてしまったが
昔はこんなふうに、別宅を渡り歩く犬猫が
結構いたっけなぁ、と懐かしく思い出す。
小さい頃よく遊びに来てたお隣の犬リュウ、
そして初めて飼った最愛のグレタも、
そんなふうに近所の初めて会ったおじいさんから
「ウチによく遊びに来るよ」と声をかけてもらったっけ。

嬉しくてキューを連れてきて会っていただいたが、
犬とは違って再会を喜ぶどころか
譲渡会場のヒトに驚いて
私の腕を引っ掻いて2階に逃げていってしまった。
まったく、これだから猫って奴は~
2014-6-23キュー4

譲渡会の成功もさることながら、
キューがよそ様でも可愛がっていただいてたと
聞いて、ちょっとほっこりした1日でした。
  1. 2014/10/27(月) 01:56:48|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日の譲渡会お知らせ

明日はつるみ・猫のカギしっぽ主催譲渡会
vol. 3 をクラブバウニャウで開催します。

       第3回 つるみ・猫のカギしっぽ 譲渡会開催  

  ☆日時:2014年 10月 26日 (日)

  ☆午前11:00~午後3:00

  ☆場所: 愛犬クラブ バウニャウ

      横浜市鶴見区豊岡町31-23      
JR鶴見駅西口から徒歩5分(近隣にコインパーキングあり)
お天気模様は下り坂のようですが
教室内での開催ですので
天候に関わらず開かれます。

2014-10-14チャッピ1

仔猫も参加しますが、
できれば性格のよい大人ネコにも
なんとかご縁があるようにと願っています。
         2014-10-17村上ナラ&ゴロウ1
                          2014-10-17村上ココ1

充分に馴れて性格のよい外猫は
多分身勝手な人間に捨てられた子でしょう、
そんな子たちは機会さえ与えられれば
とてもよい伴侶になります、が、
その機会は現実には二度とこないのです。
2014-10-15中島スコママ1
                      2014-10-17村上いちご1

大人の猫を迎え入れようという考えは
まだまだ受け入れられていません。
それは、可愛らしい子猫が次から次へと
生まれてくるからです。
猫の不妊手術が、まだ『黄金の7割』を
越えていない、捨て猫たちの手術を
進めていかない限り、蛇口を閉めない限り、
大人になってしまったネコたちに
チャンスは巡ってこないのです。
            パンフレット画像5
                     パンフレット画像4
                              パンフレット画像3

譲渡会では、そんな大人ネコたちも
多数参加します。
大人の猫ってどんな感じかしら?
とちょっと興味を持ってくださった方、
是非お気軽に遊びにいらしてください。



2014-10-26譲渡会ブログ用
  1. 2014/10/25(土) 18:53:39|
  2. 里親募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオサギの恋?・・・そしてジャッキーについて

3日間、雨と諸事情で行けなかった多摩川へ

2014-10-24多摩川6
楽しそうだなぁ
      2014-10-24多摩川7
            2014-10-24多摩川9

ジャックラッセルのハルちゃん
2014-10-24多摩川8

リュウちゃんも面白くて楽しいJRだが、
ハルちゃんもホントに性格のいい子だ。
元気でいつも機嫌がよくて、ヒト大好き、
犬社会でも社交的でちゃんと挨拶もできる、
しかも可愛い、というJRらしからぬ?女の子
まだ2歳だもんで、メナが偉そうにしてる

例のアオサギが今朝はなんとツーショット!
            2014-10-24多摩川1

おやおや?恋人同士か~?と
見ていたら、1羽が小柄なほうを威嚇!
そう、素人の私にもわかるような動作で
羽根を広げて「ンギャァ」と鳴いたのだ。
優雅な姿からは想像しにくいような
ひしゃげ声、鳥は恐竜の末裔、というのが
頷ける。
威嚇されたほうは飛び去っていった。

そのまま川辺に沿って歩いていくと、
向こう岸にまたも2羽のアオサギが。
             2014-10-24多摩川2

さっきの威嚇してたオスが
メスの傍に飛んできたようだ。
またはまるで違う別のペアか?
今度こそはどうやら恋の駆け引きが
見られるゾ、としばらく観察していたが、
まぁ、アオサギの恋って、時間がかかるらしい。
オスが少しずつ間合いを詰めていくのだが、
それが超低速の『だるまさんが転んだ』状態で、
メスに気づかれないようにか、
見ていてじれったくなるほど1歩に時間をかけている。
それでようやく少し距離が縮まったかな、
と思うと、メスは薄情にもさっさと数歩離れてしまう
・・・気の短い私に野鳥の行動学的観察は無理、
とあきらめた。
それにしても普段はこの辺一帯に1羽しか
みかけないアオサギが3羽か4羽もいるなんて
やっぱり繁殖期なのかしら。
と帰宅後ネットで調べたら、アオサギの繁殖期は
春5月くらいから、とのことだった。
じゃぁ今朝のはなんだったんだろう?
画像拡大してよく見たら、最初に威嚇されてた1羽は
どうやら幼体だったらしい。
         2014-10-24多摩川4

     こちらは成鳥
     2014-10-24多摩川3

5月に繫殖に入ったとしたら、もしかしたら
子別れの儀式だったのかも?
鳥の世界は門外漢、的外れなこと言ってたら
ごめんなさい。
      なんか急いでる?シロサギ2014-10-24多摩川5



ジャッキー、木曜日にトライアルになりました。
例によって1週間、ドキドキしながら
息をひそめて過ごします。
2014-10-23ジャッキー1
             2014-10-23ジャッキー3
  1. 2014/10/24(金) 21:55:49|
  2. ジャッキーチェンJR預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嫁にやった気持ち

晴れ渡った月曜日の多摩川
2014-10-20多摩川1
久しぶりにパティに会えた♪      
あれれ?パティちゃん、ちょっと太った~?
パパさんと沢山お散歩してるのに
何で太るんでしょうね、あなたは。
2014-10-20多摩川2

泥だらけになったので、一緒に川へ。
           2014-10-20多摩川4

ハイテンションになりすぎたパティ
2014-10-20多摩川3

パパさんの「帰るよ」になかなか応じない。
私たちは石像のように固まって、パティと
眼を合わせないようにしていたが、
今日はいつもよりしぶといパティ。
ようやくしぶしぶ帰っていった、
やれやれ・・・と思ったらまた戻ってきてしまった!

岸辺で呼ぶパパさんの声が段々大きくなってくる、
ここまでくると、犬は叱られることを予想してますます
帰るのを躊躇うようになるのは、サムで経験済みだ。
私たちが動かないので、サムもメナも、
休憩している、なのにパティったら、ひとりで中州を
走り回っている・・・

パパさんもバツが悪いだろうが、こちらは
もうさっきから冷や汗ものなのだ。
なんていうんだろう、この気持ちは・・・
そう、嫁に出した娘の不行跡を目の当たりに
してしまった実家の母、という感じ。
申し訳ないようないたたまれないような
恥ずかしさで、
「パティ、早く帰っておくれ」と祈るばかり。
今日はとうとう根負けしてしまい、
みんな一緒に岸辺にもどることにした。

パティはというと、一緒に岸に戻ってきたものの、
パパさんの所を素通りして、何事もなかったかのように
さっさと野原のほうに歩いていく。
この『何事もなかったかのようなそぶり』という態度こそ、
「後ろめたさ」を感じている証拠じゃん!と思うんだが、
どうなんだか。

ジャッキーは終始結構クールでした、
なりは小さいけれど、案外大物かも
          2014-10-20多摩川5
  1. 2014/10/22(水) 01:20:46|
  2. パティ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多摩川 無題

低く垂れ込める雲、曇天から青空へと
目まぐるしく変化した土曜の朝

早朝、雲間から幾筋もの日差しが・・・
不思議な景色
2014-10-18多摩川1

              2014-10-18多摩川10

                             2014-10-18多摩川2
ジャッキー、なんか「犬」に見えないんだけど(^_^;)
2014-10-18多摩川4
       ジャッキーの趣味、泥団子作り
                      2014-10-18多摩川5
   2014-10-18多摩川6

           遊んでいるうちに、みるみる雲が吹き払われて
           美しい蒼空が!
      2014-10-18多摩川8
アオサギさんも日光浴
  2014-10-18多摩川7

           2014-10-18多摩川9
   そんな、なんということもない、美しい朝でした

  1. 2014/10/20(月) 20:49:04|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アオサギ~釣りびとのモラル

金曜日の多摩川
                    2014-10-17多摩川3

2014-10-17多摩川9
                       2014-10-17多摩川7
カエルボールはもうボロボロ
        2014-10-17多摩川6

2014-10-17多摩川8
 躍動するシーズー♪
                      2014-10-17多摩川2
日々大きくなってるパックン
2014-10-17多摩川5

       セキレイ?よく見かける小さい小さい鳥
           2014-10-17多摩川1

いつも1羽でいる灰色の大型のサギ、
2014-10-17多摩川4

「ゴイサギ」だと勝手に思っていたが
調べてみたら「アオサギ」のようだ。
本州では留鳥、一所に住みつき、繁殖期以外は
単独で行動する;
優雅な姿だが性格は結構攻撃的で神経質;
毎日会っていると(会ってはないけど)段々
興味がでてくるのが人情、
「独りぼっちで可哀想」と思ってたけれど
それが彼?のスタイルだったのねぇ、
などと合点する。

知れば愛着が湧くもので、川の中州での
ゴミ拾いも、彼らのために、と思えば
テンションも上がる。
アオサギやシロサギの美しい姿を毎日眺めていると、
彼らの足に釣り糸が巻き付いたり、
釣り針が喰いこんだりしないかと
心配してしまうのだ。

岸辺での釣りは1年を通してみられる、
犬たちの遊び場としての水辺と
釣りのポイントはえてして重なり、
一人で何本も釣竿を設置されると
それだけで100m近く岸辺を独占されてしまい、
犬たちを近寄らせないようにしなくてはならない、
ので、私の中では釣り師憎し、という感情が
残ってしまうのだ。
だが、そんな私的な恨みだけでなく、
釣りをする人のかなりは「マナーが悪い」ため
多摩川の愛犬家は釣りポイントの岸辺には
犬たちを近づけないようになってしまった。
何故なら、
・釣り針・釣糸があちこちに捨ててある
・釣りの餌が捨ててある
・釣った魚が打ち捨てられていて腐っている

釣り針を呑みこんで手術した犬がいる、という話も聞いた。

ウチの犬たちは岸辺が大好き、サムは川に入ったり
藪を漕いだりしながら散策するので
いつ釣り針を呑みこむか、気が気ではない。
だからといって、行動を制限したくもないし・・・

特に夏場のアユ釣り解禁期間は
普段ヒトの来ない中州まで、釣りびとが押し寄せ、
ゴミを残していく。
長い釣り糸、中には釣り針つきのものもある;
釣り餌;食べ物の包装紙やビニール;タバコの吸い殻・・・
小さなビニール袋に入るだけのゴミ拾いだが
できるだけ毎日続けるようにしていると
休日あけが特に酷いことがわかってくる。
にわか釣り師にマナーなどないのだ。

自然からむしり取るだけ、自分さえよければ
知ったこっちゃない、という厚顔無恥な輩に
モラル、という観念はないのだろう。
「ルール」は個々が納得しようがしまいが
決められたものだから、「守らざるをえない」
受動的な印象がある。
モラルは、倫理観、道徳観と訳されるが
私は「美学」と考えている。
モラルは、対外的なものではなく、
自分自身に対する内省的なものだ。
誰が見ている、とか、罰則がある、ということでなく、
それをする(しない)自分を許せるかどうか、
というものだ。
だから「自分を見つめる自分」という眼がない人間には
モラルなど無いのだ。

以前休日あけの朝、中州へ渡る釣り師に遭遇、
愛想のいい中年2人連れの一人が
すれ違いながら「こんにちは~」と挨拶してきた、が、
こちらはゴミ拾いをしての帰りで
釣り針拾って腹たてていたもので
「釣り針とか結構落ちてるんですよねぇ」と
嫌味な返しをしてしまった。
すると一人が振り返ってニッコリ、
「ゴミ片付けてるよ、大丈夫、ちゃんとこれも持ってるからね」
と答えてくれた。
釣り針を入れる小さなビンみたいなのを
胸ポケットから取り出して見せてのキラースマイル!
これが普通のおじさんならむかっ腹を立てて
黙殺するか、喧嘩腰になるところを
スマート&チャーミングに返されると
「あら、結構素敵な紳士じゃないの」と
思わず「惚れてまうやろ~」(古い?)状態に。
中にはモラルを持ってる釣り師もいるんでした。
  1. 2014/10/19(日) 23:30:53|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月26日譲渡会開催

昨日の多摩川
久しぶりに富士山がくっきり
2014-10-16多摩川3

            五位サギ?いつも同じ場所に1羽だけでいる
             川鵜が今日は一緒だね
               2014-10-16多摩川2
  
ジャッキーは益々野生児化している。
2014-10-16多摩川4

けれど哀しいかな、体つきが野生児向きに
作られていないので、いつも気持ちだけ前のめり。
犬の足は本来、身体の下からまっすぐ下に伸びて
速やかな歩行ができるようになっているが、
シーズーやペキニーズの足は
俗にいう「ワニ脚」、身体の横に張り出していて
がに股でワシワシ歩く。
そして頭が身体に比して大きくて重い。
(幼児体型、人からみて可愛い姿に変えられている)

ジャッキーは、ボールを追って走り
追いつくと最後は必ず頭が重すぎて
つんのめるのだ、可笑しいけどなんだか可哀想な
気もする。
         2014-10-16多摩川1

サムは、外見は均衡がとれているが
やはり純血種、それも遺伝子プールの極端に小さい
レア犬種のさがで、遺伝的疾患を抱えている。

メナはかなり生粋の雑種なのだが、
我が家に来て一度も病気も怪我もしたことがない、
最近は少し中年太り気味だが、
これが健康的な犬の典型と言ってもいいのではないか、
と親バカ自慢。
               2014-10-16多摩川5



相変わらず里親募集中のハニー
有り余るエネルギーを受け止めてくれる相手がいないので
飼い主が遊び相手をせざる得ない。
              ジャーンプ!
              2014-10-11ハニー1

この跳躍力!
2014-10-11ハニー4

                   美しい金色の眼
                   2014-10-16ハニー3

2014-10-16ハニー1

            2014-10-16ハニー2


猫の身体のどこが好き・と聞かれたら困る、
けど、日に当たった時の瞳の美しさはまさに宝石だ。

なかなかご縁がないままに7か月になってしまったが、
もう次の仔たちが続々と保護されている、
可愛い盛りの子猫には太刀打ちできないねぇ・・
『大人の猫を迎えよう』運動を地道に広めていくしかないゎ。



ということで、早いもので、もう3回目、
つるみ・猫のカギしっぽ主催の譲渡会を
当 愛犬クラブバウニャウ で10月26日開催します♪
可愛い子猫も、伴侶として最適の大人ネコも参加しています。
お留守番の多いお家、ネコを初めて飼うお家の皆様、
どうぞ落ち着いた大人ネコさんに会いに
是非いらしてください。

       第3回 つるみ・猫のカギしっぽ 譲渡会開催  

  ☆日時:2014年 10月 26日 (日)

  ☆午前11:00~午後3:00

  ☆場所: 愛犬クラブ バウニャウ

      横浜市鶴見区豊岡町31-23      
JR鶴見駅西口から徒歩5分(近隣にコインパーキングあり)

仔猫たちも参加予定
2014-10-15中島ゆず2
               2014-10-15中島すもも2
                            2014-10-15中島あんず1
                                2014-10-14チャッピ1
                                           2014-10-14サビ猫サラ1



  1. 2014/10/17(金) 13:59:34|
  2. 里親募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風避難準備情報

2週続けての大型台風だったが、
関東直撃、という月曜日の朝も
多摩川へ行った。
結局夜半から明け方にかけて
荒れ模様だったみたいだけれど
火曜日の朝には台風一過、すっかり晴れていた。

ところで、月曜日の夜、携帯に
横浜市からメールが来た!
(主人の携帯にも同時に届いていた)
『 避難準備情報
こちらは横浜市です。
10月13日19時30分、土砂災害の危険があるため、
土砂災害の可能性が高い地域(約200カ所)の
対象地地区に避難  』

  ・・・と、ここで切れてしまっている。
どこに避難するの~?と初めての経験に
あたふたしたが、よく考えれば
この辺(駅から5分の市街地)で
土砂災害が起きる可能性はほぼ0、
確かに少し離れた所に丘はあるが・・・
避難場所を確認するのも面倒だし、
風音も前回ほどは酷くなさそうだし、
ということで、いつもどおり寝た。

災害予報、避難情報などの遅れが
最近ニュースで取り上げられているが、
そのせいで早め早めの情報を市民に
流すようにしているのかもしれない。
初めてのことだったので慌ててしまった。



月曜日の多摩川
2014-10-13多摩川5
                     2014-10-13多摩川3
2014-10-13多摩川4


今日の多摩川
2014-10-15多摩川1
                2014-10-15多摩川2
   2014-10-15多摩川4



デカ鼻三連発
2014-10-13多摩川2
                  2014-10-13多摩川1
      2014-10-15多摩川3
  1. 2014/10/16(木) 01:23:55|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

服を着せること;再考

先日、犬に服を着せることについて
少し書いたように、基本的には
私は自分の犬に服を着せることに
積極的ではない、今の所必要ないし。
だが、昨日たまたま、納戸の整理をしていて
小型犬用の服が何着か出てきた。
何かのおりに手に入れて
新品のままずっとしまっていたのだが
ふと悪戯心で、ジャッキーに着せてみた。
2014-10-12ジャッキー1
                
ジャッキー、全然嫌がらない、
というか似合ってるね♪
          2014-10-12ジャッキー2
2014-10-12ジャッキー4

ピンクも似合うじゃない。

今度はハニーに着せてみたが、
全然ダメ、すぐに脱いでしまった。
やさぐれてる・・・
             2014-10-12ハニー2


じゃぁハッピーは?
あれれ、大人しく着せられたままになってる。
2014-10-12ハッピー2
              2014-10-12ジャッキー3
     

犬も猫も、こうした飼い主のいたずらに
度量大きく(仕方なく?)つきあってくれる子もいれば
「なにすんだよ~」と拒絶する子もいる。
のび太は前者、何をされてもじっとしている、
じっとしてはいるのだが決して気に入っているわけでは
ないことは、ブスっとした顔でわかる。
それでも色々いじられる事に抵抗はない。

犬ではレディがそうだったし、
意外なことに歴代の保護預かりの大型犬、
アーサーやタックン、まるおたちも
被り物に抵抗がなかった。
       maruo297.jpg
                  asa72.jpg

強面の癖に、かまってもらうことのほうが
嬉しかったのかもしれない。
タックンは仮装行列にも花嫁姿で
嬉々として参加したっけ。
   takkun5-8.jpg

服を着せる、ということについて
先日のブログで色々書いたが、
もう一つ、メリットがあることに気が付いた。
保護犬、里親募集中の子、そして強面で
ちょっと周りのヒトに恐がられてしまう子は
服を着せたり、ちょっと飾りをつけただけで
周囲の反応が劇的に変わってくるのだ。
「可愛い♡」という声に、
犬がいかに敏感に反応するかは
飼い主ならみな知っていると思う。
好意的に注目される、そしてそれを
犬も感じとる、ということは、私は
保護犬のリハビリに良い影響があると
感じている。
さらに深読みするなら、
『服や飾りを黙ってつけさせたままでいる』
ということは、その犬がいかに人に馴れて
信頼しているか、つまり『安全な犬』という
評価を周囲は下しているのではないだろうか。
 ただし、嫌がっているのに無理じいするのは
 虐待だ、犬が気にしていない、或いは嬉々として
 受け入れている場合にだけ、この考えは適用される。

          カチューシャつけただけで「可愛い~」と言われたまるお
          何度か「咬んだ」問題犬の面影はどこにもない(正当防衛だったんだもんね)        
          maruo90.jpg

サムは全然ダメ、すぐ脱いでしまう。
信頼関係?というより野生児には服なんて
うざいだけなんでしょうね。
  1. 2014/10/14(火) 22:38:50|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供とペットの幸せな出会い

昨日の多摩川
2014-10-12多摩川3

              2014-10-12多摩川1

メナ、中州に渡るためなら
苦手な泳ぎも(仕方なく)自分からやる。
珍しい水泳姿
2014-10-12多摩川5
                    2014-10-12多摩川2

フラットは秋の自然が似合うなぁ、と思うのは私だけ?
                   2014-10-12多摩川4

今朝も多摩川に行ったが、
時々会う大型犬2頭の飼い主さんが、
お嬢さん二人を連れて来ていた。
ボルゾイはオンリードのままだが
オーストラリアシェパードはたまにフリーにすることがあり
サムは苦手なんだけど、
メナは結構この子がお気に入り、
好みが違うのが面白い。

ところで二人のお嬢さん(小学生)は
ジャッキーに興味を持ってくれたようで
主人がリードで繫いでいたジャッキーの傍に
寄ってきた。
(子供さんが視野内にいる時はサムとジャッキーは
リードにつなぐようにしている、
攻撃なんてあり得なくても、大きくて黒いだけで
怖がられてしまうからだ)
撫でようとして手を差し出した子に
しゃがんで「顎の下を撫でるんだよ」と
教えていたのはいいけれど、
ちょっと不安そうに主人の足の間に入ってしまった
ジャッキーのリードを短く持って、
逃げられないように固定してる!

子供とイヌの幸せな関係づくりで
もっとも基本になるのは、
双方が「自分から」接触しようという気持ちに
なるのを待つ、ということだ。
そしてどちらにも逃げ場を用意しておくこと。
どちらかでも無理強いすることは
絶対に避けるべきで、
不安や怖れから事故につながれば
それがどんなに軽傷でも、例え空噛みであっても、
長く心の傷になって残ってしまう、
咬まれた子も噛んだ犬も。
そして犬が一方的に我慢して受け入れたとしても
『嫌な思い出』が「子供」に結び付けられてしまうのだ。

せっかく好意を持ってくれた子供たちに
「ダメ」とはいいたくない・・・
ので、傍に行って、サムをフリーにし、
「ジャッキーはちょっと恐がりさんなの、
このサムはあななたちみたいな子が
大好きなのよ、撫でてほしいんだって」
と話しかけた。
サムは子供さんには飛びつかないようなので、
サムに出番を頼んだのだ。
サム、嬉しくて鼻づらを差し出したり傍をうろうろして
挨拶するが、大きくて黒い犬は
やはりお気にいらなかったみたいで
「だけど、嬉しくてついお顔ペロペロしちゃうかも?」
と言ったら、「ペロペロ、いやだ~」と
キャァキャァ逃げられてしまった。
飼い主さんにはジャッキーが保護犬で
まだ慣れていないことを説明したが、
とりあえずサム、グッジョブ。

だけど、小型犬はしょっちゅう
こういう経験してるんだろうな、と思う。
表情やしぐさで「イヤだ」「不安だ」と
訴えていても、子供だけでなく飼い主さえ
わかってあげない、一方で
表情もしぐさも目一杯「撫でて~」と
親愛を表しても、「大きくて」「黒い」犬は
やっぱり怖がられる、これが「白い」だけでも
随分違ってくるんだゎ。
               「お嬢ちゃん、怖くない、怖くないよ~、へっへっへっ」
                2014-9-22多摩川7


子供とペットの出会い、双方にとって記憶に残る
幸せな経験になるように配慮することが
愛犬家の責任だ。
  1. 2014/10/13(月) 20:06:57|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変わりやすい天気

一昨日昨日の多摩川画像

金曜日は久しぶりの好天
           2014-10-10多摩川3

デコボコトリオもなんとなく様になってきたような・・・
2014-10-10多摩川1

ようやく中州まで歩いて渡れるくらいに水位が
下がってきた、
だがまた週明けに特大台風予報。
                           2014-10-10多摩川2

JWのニューボールはみんな壊してしまったので
納戸の奥から探し出してきた頑丈なボール、
偶然にもこれもJW製だった。
            2014-10-11多摩川1

「それ、サムのなんだけど」
この子はボールを咥えたら離さないのが特技。
でも上機嫌で得意げなのが可愛いから許すゎ


昨日はもう台風の影響か、変わりやすい天気だった。
川面も、一面銀色に鈍く光っていたかと思えば
次の瞬間には陽が射して藍緑色に変わる。
               2014-10-11多摩川9
2014-10-11多摩川2

中州には打ち上げられた太い枝があちこちに
転がっていて、サムは大喜び。
レディも若いころは自分より大きな枝を
楽々と咥えて泳いだっけ。

2014-10-11多摩川3
           2014-10-11多摩川4
2014-10-11多摩川6
              2014-10-11多摩川5
2014-10-11多摩川8

ワイルドシーズー、というよりもはや
密林から出てきた「ランボー」みたい、
不適な面構えのジャッキーチェン
                      2014-10-11多摩川10


  1. 2014/10/13(月) 00:05:25|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレーニングと絆作り、どちらが先?

木曜日の多摩川
2014-10-9多摩川3

この樹は雀のお宿、傍にいくと
さえずりがかしましい。
                2014-10-9多摩川2

一方こちらの面々は川辺の生態系の
頂点に立ってる。
なんだか肩いからせてるようにみえる
    2014-10-9多摩川5

ウチのサムはカットしてうなぎ犬になったので
手入れが楽だが、パックン(スタP)は取るのが大変そう・・
               2014-10-9多摩川6
          うなぎ犬
             2014-10-9多摩川4

まだまだ水量が多くて中州には渡れない。
               2014-10-9多摩川1

川に沿ってブラブラ歩いて行く途中で
沢山の犬と出会い、挨拶しあう。
メナは挨拶するだけだけど、
サムは遊んでくれる犬や飼い主を
目ざとく見つけて毎回しばし寄り道。
それでも以前よりずっと、
「もう行こう」という声に反応してくれるようになってきた。
前はいったん遊びに興奮してしまうと
まったく「馬耳東風」状態だった、
情けない思いを何度したことだろう。

いつも言ってることだが、
犬との絶妙な絆は日々積み重ねて
お互いが作っていくものだ、と思っている。
私の中では5~6歳くらいがひとつの目安だ。
そこまで良い関係を重ねていくと、
その先には、もう~すんばらしい蜜月が待っている。

バウニャウではお客様にも、短期決戦を
望まないでください、とお願いしているのだけれど、
やっぱりお金をかけ、時間をかけているのだから
すぐに目に見える効果が欲しい、というのが
大半のヒトの気持ちだろう。
相変わらず『5分でできるしつけ』とか
子犬のうちから脚側完璧!といった訓練が
流行っているのは、即効性を期待されているからだ。

川辺でも、毎日ずっと呼び戻しと脚側の訓練をしてる犬もいる、
大抵は大型犬、Jシェパードとか「訓練しないと危険」と
思われている犬たちだ。
マテ⇒離れて⇒呼び戻し⇒一緒に脚側で元の場所へ;
の繰り返しなのだが、呼び戻しの際の声が凄い。
初めて聞いた時は誰かが悲鳴をあげているのか?!
と思わず振り返ってしまった。
喉も張り裂けるくらいに何度も絶叫するのだ。
若い犬が、来るのが遅いと更に音量はあがる。

だが、大人になったシェパードが(或いはドーベルマンが)
犬とのごく普通の挨拶ができない、
或いはヒトに気軽に挨拶ができなくて
飼い主が困っているのを何件か見てきた。
警察犬にする、など使役犬にする場合は
別にして(ホントはそういう場合でも)
ごく普通に家庭犬として飼うのなら、
大型の攻撃力の強い犬ほど
仔犬のうちに最優先すべきなのは
絆作りである、何度も何度もくりかえすが
これはもう、後になって後悔してほしくない。

言葉を変えていえば、「社会化」である。
仔犬のうちから沢山のヒトに可愛がってもらい、
フリーな状態で沢山の犬と出会い、挨拶のしかたや
遊び方などを学ぶ機会を持たせることだ。
抱いて寝て、たっぷり寝かせ、愛情深い母親代わりをすること;
もちろんそれぞれの家庭での最低限のマナーは
日々教えていかなくてはならないが、
仔犬がストレスに潰されるほどの多くを
要求しない;

大型の攻撃力の強い犬だって、愛らしい子犬のうちは
笑って受け入れてもらいやすい、犬にもヒトにも。
可愛いらしいそんな時期をトレーニングなんかに
費やしてしまわないで、と願う。
乱暴な言い方をするが、トレーニングなんて
いつからでもできるのだ。
老犬になってからでも、脚側を教えることはできる、
だが、豊かなそして楽しい体験で養われる人格(犬格)は
仔犬のうちだけの限定期間で出来上がってしまう。
大人になってからでもある程度の修正はできるだろうが
なにより、強面の大型犬に対する周囲の警戒が
再社会化の邪魔をすることになる。
「怖いっ」「咬まないかしら?」(ヒト)
「あいつ、挨拶もできないし、吠えまくってヤバイ奴だから
避けた方がいい」(犬)・・・

危険犬種、とよく言われる犬の中で
私の知っているもっとも安全安心な子は
ロットワイラーだった。
東京の公園の片隅の林の中で、オフリードで
犬たちを遊ばせていたころ、
彼女はどの犬より落ち着いており、
ヒトが大好き、犬と遊ぶのが好きだった。
一番わかりやすいのは、他の犬が
彼女のことを大好きで、何の遠慮もしなかったことだ。
乳腺炎で死んだ彼女は多分、
一生涯 自分の持つ破壊力に気づかなかっただろう。
                2014-10-11ブログ用




ジャッキーはシーズーミックスと言われている、
トリミングが必要なのだが、
顔周りの毛が特に伸びるのが速い。
眼の周りの毛は眼球を傷つけることがあるので
結構まめにカットしている。
      2014-10-9ジャッキー2

眉毛カット用のこのハサミだと
怪我させる心配が少ないので
思い切り短くしてしまっている。
   なんだかどんどんシーズーからかけ離れていってる?テリア系か?
                      2014-10-9ジャッキー1



  1. 2014/10/11(土) 17:15:04|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の月食

昨日朝の多摩川
川はだいぶ澄んできたが、まだまだ水量が多い
2014-10-8多摩川1

           2014-10-8多摩川3
                  2014-10-8多摩川2




昨夜の月食は、途中まで観測できたが
肝心のところで雲に邪魔されて
「赤い月」は見ることができなかった、残念。
2014-10-8月食1
         2014-10-8月食2
                         2014-10-8月食3


この後雲がかかってしまった・・・

3階の小さなベランダで見ていたのだが、
「何してるんだ?」とみんな集まってきてしまった。
動物も物見高いところがある。
                      2014-10-8月食4



プニがお嫁入りしてから、ハニー(♂)は
遊んでくれる相手がいなくて寂しいみたい、
2014-10-5ハッチ&ジャッキー

ノビもキューも相手してくれないうえに
以前は子猫の面倒をよく見てくれたハッピーが
今回は初めから3頭に邪険、何が違うんだろう?
ほとんど見分けがつかないくらい似ている
ハッピーとハニーなのに・・
                     2014-10-5ハッピー&ハニー1

前脚の白い部分が多くてその白地に
小さな斑点があるのがハッピー、
あと顎の下に黒い丸がある。
                            2014-10-5ハッピー&ハニー2

今ちょうど大きさも同じくらいなので
よく見ないとわからない。
眼も、ハッピーは緑がかった金色なのに対し
ハニーはカッパー(赤銅)がかった金色。

名前まで似ていて、ハッチとハッピーでは
紛らわしすぎるのでハッチはハニーと呼んでいる。
預かった時からついていた名前なので仕方ないが、
こんなに長期滞在になるなら
改名しとけばよかった、ハニーって女の子みたいだもの。

こんな健康ですくすく育っているハニー(ハッチ)、
里親募集中です、賢くて素直な男の子です。



10月26日(日) 譲渡会を愛犬クラブ バウニャウで開催します。
ハニーモジャッキーチェンも参加しますので
関心のある方は是非遊びにいらしてください。
   2014-10-26譲渡会ブログ用
  1. 2014/10/10(金) 00:04:00|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうそんな季節(-_-;)

台風明けの昨日の多摩川
          2014-10-7多摩川4

いつも会う面々、気持ちのいい朝
2014-10-7多摩川2


ジャッキーは、一人遊びがお好き?
サイズが(足の長さが)違い過ぎるから?
                    2014-10-7多摩川3
       
川は激しい濁流となって、いつも行く中州の幾つかは
水没してしまっていて
さすがに水遊びはできなかった。
             2014-10-7多摩川10

でも、3日間も来れなかった分、
はじけて子犬みたいに遊ぶ面々
      2014-10-7多摩川8
                           2014-10-7多摩川1



夏の間、羽虫や蚊に悩まされていたのが、
ようやく勢いが衰えてきた、
その代りに、今度はこれである 
      2014-10-7多摩川5

インディアンの羽根飾りみたい
                       2014-10-7多摩川6
                       

もうそんな季節なんだ・・
これから半年、ず~っとおつきあいになる。
   2014-10-7多摩川7

メナは毛質のせいか、ほとんどつかないし
ついても簡単に落とせるのだが
サムは毛質が柔らかい上に
藪に飛び込むのが大好き、もう毎回すごいことになるのだ。

そんで、ジャッキーチェンの場合、
短く刈り込んでいるので身体にはあまりつかないが・・・
                          2014-10-7多摩川9

んふ、鼻の頭のにこ毛にくっついちゃったのね♪

サムは今までトリミングをしたことがない、
あのふさふさ感が好きなんだけれど、
帰宅後ついに飾り毛や耳脇の毛など
大胆にカットした。
見た目より実用優先、これでぐっと手入れがしやすくなった。
手入れが大変だからと好きな藪漕ぎ禁止するのは
可哀想だものね。
  1. 2014/10/08(水) 19:09:53|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リードについて考える

台風はすごいスピードで駆け抜けていった。
1日家に籠ってぐだぐだ~、犬猫と遊んだり
本を読んだりして過ごした。

             『生き物たちに魅せられて』
           2014-10-5本

日高敏隆先生の本、アマゾンで勧められて購入。
リチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」の
訳で、難しくてわからないなりに訳者の力量に
感服していたし、竹内久美子さんの本に
何度か出てきたエピソードで
いつかこの日本の動物行動学の
巨匠の本を読みたいと思っていたが
その素晴らしい世界に首を突っ込むと
きっとすべて読破したくなるだろうという予感がして
尻ごみしていたのだ、なのについに買ってしまった・・
               2014-10-6本


昨日は多摩川に行かず、晴れ間に近くの遊歩道を散歩。
ジャッキーは1頭だけで歩くと、結構警戒心が強い。
メナほどではないが、不審な音やすれ違うヒトに
いちいち立ち止まる。

可笑しな渦巻きシッポは垂れたまま、
耳は緊張している。
2014-10-4散歩1

ようやく草原に行きつくと段々リラックスしてきて
               2014-10-4散歩2

いつものジャッキーに戻りました(^^)
                        2014-10-4散歩3

小型犬を預かって散歩している時も
よくあったのだが、ジャッキーも
歩道を歩くとき、車側を歩きたがる。
できれば安全のために車道とは反対側を
歩いてほしいのだが、すごく嫌がるのだ。
これは本人に聞いてはいないので推測だが
時折車が脇を通る車道側よりも
建物が迫っている感覚のほうが怖いのでは
ないだろうか。

小型犬にとってはこんな感じ?
                イラスト1

犬の行動には彼らなりの理由があるのだ。

ジャッキーの場合は、彼が気になる音やヒトに
立ち止まった時は一緒に立ち止まってあげて
安心させてあげれば自力で立ち直って
歩き出してくれる。
本来の彼はそれほどのビビリではないはず、
多分あまり散歩した経験がないのかもしれない。



先日、保護活動をしている友人と
小型犬の洋服と、ファッショナブルなリードのことで
意見を聞かれた。
バウニャウでは
・教室では原則、リードは使わない
・ハーネスとできれば長めのリードを用意してもらう

小型犬のリードについては
ペットショップで販売されている小型犬用リードは
「ちょっとな~」と思うものが多い。
エナメル光沢のある硬いものや、鎖に宝石がジャラジャラ
ついているもの、しかもどれも短すぎる。
あれをつけて散歩させられる犬は
さぞストレスだろうと可哀想になる。
あれはヒトの自己満足のための商品であって、
もしも犬たちが選べるなら基準は
・軽くて・柔らかくて・長い
この3点に絞られるだろう。

ハーネスか首輪か、という話はもう散々してきたので
先回のトゥーリッドルーガスの動画を見てほしい。

では洋服はどうか、という話になって、
「ん~・・・」と考えてしまった。
歩くのに邪魔になるようなスタイルは論外だし、
真冬にヘアレス犬という限定でないかぎり
厚手のモコモコタイプは
汗腺のない、本来寒い地域出身の犬には
虐待になりかねない。
ただ、薄手のTシャツのような物は
・夏場に濡らして着せて体温を下げたり、
・公共の場で抜け毛予防の「アピール」だったり
・逆に汚れがつかないためだったり
するので、一概に反対とは言えない。
不安傾向のある犬に、ぴったりフィットする
服を着せると、落ち着くという説もある。
飼い主が、ファッションのためでなく
上記のようなことを考えてすることなら
賛成である、ただし、何よりも
着心地、歩き心地を優先してあげるべきだとは思う。

ついでだが、中型犬大型犬用の
しめ縄みたいに太いリード!
あれはなんとかならないものだろうかね。


3日の多摩川

2014-10-3多摩川5

           2014-10-3多摩川6
                            2014-10-3多摩川2

2014-10-3多摩川3

                       2014-10-3多摩川7


  1. 2014/10/06(月) 19:47:12|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百花繚乱

   昨日の多摩川
                    2014-10-2多摩川4

2014-10-2多摩川7
               2014-10-2多摩川2

これはなんという花?
クロッカスのお化けみたい
2014-10-2多摩川1

春は百花繚乱というが、この時期もまた
思いのほか花々が咲き乱れていて
目を楽しませてくれる。
鈍い人間の眼から見ても眩しいくらいなのだから
虫たちの眼には凄いことになってるんだろう、
いつか虫の眼でみた世界、なんてのが
見られる日がくるのだろうか。
一方では犬の眼からみた世界は
多分あまり私たちには魅力が感じられないかも?

                前日も遊んだジーオちゃんとまた競泳
                        2014-10-2多摩川3

犬種ごとに、或いはタイプ別に
遊び方が微妙に違うのは確か、
ゴールデンも水遊び・ボール遊び大好きだけれど
フラットに比べて「紳士淑女」が多い。
フラットも『ボールで他の子と遊ぶ』のが好きなのだが
もっとマジになって遊ぶので、ゴールデンは引いてしまいがち。
フラット同士だと、マジ遊びが延々と続くので
いい加減の所で中断してもらう。

昨日もパティに会えた♪
      一緒に川遊び、楽しいね
       2014-10-2多摩川5

過ごしやすい季節、花だけでなく犬たちも
百花繚乱(笑)

今日も帰りは爆睡ジャッキー
               舌が出てるよ(^^)
                      2014-10-2多摩川6



ネットで2010年にアップされたテューリッドルーガスの動画

何を言ってるか何となくわかるでしょう?
首輪にリードの弊害と、ハーネスの勧め(だと思うけど)ですね、多分。
特に小型犬は、ハーネスを使用してあげたい。
「首輪のほうが反応が速い」というのは
別の言い方をすれば、首は急所だから、ともいえる。
  1. 2014/10/03(金) 23:51:03|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂だんご遊び

昨日の多摩川
久しぶりに会えたチョコレートフラットさん
同じ犬種だと遊び方もやはり似ていて
延々泳いでボールの奪い合い。
2014-10-1多摩川2
                           2014-10-1多摩川1

遊んでくれるヒトは1回で覚えてしまい、
散歩の途中でこういう寄り道が多いサム。

8か月になるスタプー白黒コンビとは
最近毎日のように会う、
まだ泳げないのだそうだが、
それでも水遊びは大好き、犬もヒトも大好き、
メナもはしゃいでる。
            2014-10-1多摩川3

大型犬と遊ぶことが多い毎日、
ジャッキーは気力では負けていないが
いかんせん体格差がありすぎて
ついていけない。
彼だってボールは大好きなのに
置いてかれるのは不本意なのだろう、
一人遊びを覚えて熱中している。
砂場でボールをころがして
“砂だんご作り”
ジャッキーって何をしても
可笑しい、天性のコメディアンだ。

動画の中で水音や声が騒がしいのは
サムたちが傍らで水遊びしているせい。
耳障りなクスクス笑いは私、
ビデオ撮りながら可笑しくて笑いがとまらなくなってしまった・・

人生に犬と笑いが必要な方は
お問い合わせください<(_ _)>
                      2014-10-1多摩川4
帰りの車中のジャッキー     2014-10-1多摩川5
  1. 2014/10/02(木) 22:49:26|
  2. ジャッキーチェンJR預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プニ、譲渡きまりました♪

プニがトライアルになって4日、
トライアル中というのは
預かり家族にとって複雑な思いで
過ごす日々だ。
どうぞうまく馴染んで愛されるように、
という思い、同時にダメだったら無理しなくていいよ
帰っておいで、という気持ち。
そんなせめぎ合いも今日で終わり!
今夜1週間を待たずに正式譲渡の
お申し出をいただきました。
祝♡譲渡決定♡
先住にゃんこのソラお兄ちゃんとも
仲良く過ごせるようになったとのことで、
これから益々やんちゃ盛りのプニ、
ソラちゃん、どうぞよろしくネ
           2014-10-1プニ3
                      2014-10-1プニ2
                  
我が家ではハニー(ハッチ)が思いのほか
寂しがっているようで、急に甘えたになってしまった。
もう、ハニーはウチの子になるかな~
と考えることもあるのだが、
でも、と思い直す。
ウチにいるよりもっと幸せな未来があるかも
しれない、1頭か2頭で充分に手をかけて
もらえる、甘えるのに遠慮しなくていい生活。
それにハニーが幸せに旅立てれば
また他の手のかかる子猫を預かることができる。
やはり気長にハニーの新しい家庭を
探し続けようと思う。
                 ちょっと寂しいハニー
                 2014-09-24ハニー1




もうひとりの逗留者、ジャッキー。
こちらはもう、どんどんマッチョシーズーになってる。
浅瀬は一人で渡れるし、大きな犬にも
怖気づかずにいられる、
多摩川散歩でも、初めのころのように
おどおどとヒトの傍を離れずくっついて歩いてはいない、
あっちこっち寄り道しながら好きなように楽しんでいる。
先日は初めて会った豆柴ちゃんと追いかけっこをして
少し遊んだ、そう、サイズが合えば結構遊べるのね。
               2014-9-30多摩川2

食欲も旺盛、手作り食を初日こそ訝しげに
つついていたけれど、今や朝晩のご飯は
食器を置いた瞬間に完食、
                      2014-09-24ジャッキー食事

ヨーグルト、牛乳、粉砕野菜、生肉、骨付き肉(小片にして)、
更には納豆までOKウェルカムなジャッキー。
     2014-9-30ジャッキーご飯
   トイレも進歩がみられるし、後はご縁を待つばかりのジャッキーです
          果報は寝て待て??
          2014-9-25ジャッキー1



昨日の多摩川
2014-9-27多摩川1

           2014-9-30多摩川1


  1. 2014/10/01(水) 23:59:20|
  2. プリチャイハッチ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0