バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

無題

朝、予定がキャンセルになり
時間が空いたので急遽多摩川へ。
8時を過ぎていたのに人影もほとんどなく静かだ。
2014-1-29多摩川8

川はさらに水量が落ちていたが、
冬の深い蒼色を見せている。
2014-1-29多摩川1

2014-1-29多摩川2

2014-1-29多摩川3

2014-1-29多摩川5

2014-1-29多摩川6


9時を過ぎるとさすがにヒトが多くなってくる、
そろそろ帰ろうとしたら
リクちゃんが挨拶にきてくれた。
2014-1-29多摩川7


テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/29(水) 17:14:55|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しいカメラ

新しいデジカメをやっとゲット!
店員さんに「できるだけ操作が簡単なやつっ」
と頼んで選んでもらった。

預かり大型ワンのいるところに
常連のCちゃんもお泊り、
で、4頭同居の週末となった。
かつて大型中型4頭で生活していたのに、
今こうしてみると、体力の低下のせいか
大変だ、それぞれの生活の質に気を
配れば、散歩が終わるころには
ヘトヘト・・
やはり多頭飼いは気力体力がいると実感。


そんな中、月曜日、
なんとかやりくりして多摩川へ。
何かと我慢させてしまってるメナ、
はじけてるね。
2014-1-27多摩川1

2014-1-27多摩川2

2014-1-27多摩川3

2014-1-27多摩川4

2014-1-27多摩川5

2014-1-27多摩川6

日曜日朝は特別レッスン、愛する多摩川で
パピーの散歩の実践。
サムも補助犬?として参加。
パピーはやっぱり可愛い♡
2014-1-26多摩川パティ1

2014-1-26多摩川パティ2


常連お泊りのCちゃん、はしゃいでる
1-25チャビ4

1-25チャビ3


のび太に脅されて逃げてるところ(^^)
1-25チャビ7

古いカメラは塩と日本酒で清めて感謝して廃棄。
長い間ありがと

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/26(日) 23:46:40|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストレスを見せない子

先週から2週間ほどのお泊りの大きい犬がきている、
ので、なるべく長時間お留守番をさせないようにと
ずっと多摩川に行けなかった。

サムは鶴見川遊歩道をブラブラ歩きの
散歩でも楽しむことができるのでいいが、
メナは音に敏感で、車も子供の嬌声もヒトの群れも
すべてが苦手、街中のリードをつけての散歩は
楽しめない子。
お客様ワンとサム、1頭ずつ1時間以上
散歩した後、ついつい
メナの散歩は近所をちょっと散策して終わってしまっていた。
それでも文句一つ言わない犬なので、
大丈夫と思っていたが甘かった。
一昨日、潔癖症のメナが1階の部屋の片隅に
オシッコとウン〇をしていたのだ!
2014-1-20メナ粗相
可哀想なことをしてしまった。
人間の子供でも、甘えたりぐずったりする子に
世話がかかり、文句を言わない大人しい長女が
ついつい放っておかれたりする。
犬も同じ、多頭飼いでは小型犬だろうと
1頭ずつの散歩やコミュニケーションに
気を配ってあげないと、割りをくう子が
出てくる。 
ストレスを見せずに内側に溜めこんでしまう子のほうに
もっと気を付けてあげないと。

ということで、意を決して
お客様犬も引き連れて早朝多摩川へ。
川は水量がかなり減っていて
1週間前にサムが泳いだ場所を
走って渡れるくらい。
久しぶりの多摩川にメナもストレス発散、
川中を走り回っていた。

ずぶ濡れ、泥まみれ、で草の実がびっしり、
でもいいよね、思いっきり汚れていいよ。
2014-1-23多摩川9
潜る!
2014-1-23多摩川8

2014-1-23多摩川5

2014-1-23多摩川4
鳥に興味なし!サギも見切っている。
2014-1-23多摩川3

2014-1-23多摩川1
帰り道サルーキと柴に会う、
サルーキの走りは馬のよう、優雅で速い。
美しい・・
2014-1-23多摩川7
2014-1-23多摩川6

と、ここで突然デジカメが故障。
長くこき使ってきたが、もう寿命だろう、
ご苦労さまでした。
明日にでも新しいのを買わなくては。



テーマ:犬について考える - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/23(木) 17:36:46|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

切ないドキドキ

月曜日の練習会のあと、
2日間は近くを散歩して
ゆっくり休養、まったり過ごす。
昨日久しぶりに多摩川へ。
川に降りるいつもの場所で
ふと脇を見ると、キジバトが
身をひそめていた。
ほとんど触れるくらいの近くに
じっと固まっている。
メナたちは気づかずに走って
通り過ぎたが、私が立ち止まって
見つめると、キジバトのドキドキが
伝わってくる。
『どうか気が付きませんように』
という思い・・
2014-1-16多摩川4

それを見て思い出した。
正月の特番TVで、「珍獣ハンター」みたいなのが
あったが、見るともなく見ていると、
「ヒクイドリ」のハンティングが始まった。
私はイモトアヤコちゃんの珍獣ハンターみたいな
もんだろうと(珍獣を紹介する)軽く考えていたのだが、
なんと地元のヒトたちとヒクイドリを捕まえる、つまりホントの
ハンティングをするのだった。
場面の中で、「火喰い鳥の狩りは危険です。
蹴られたら大怪我しますから。ドキドキしますねぇ」
とレポーターがバカ発言したが、
隠れている火喰い鳥のほうがず~っと
心臓が飛び出るくらいドキドキしてたはず、
だって見つかったら殺されるんだから。
捕まって棒に逆さ吊りにされた火喰い鳥、
見ていてどんなに怖い思いをしたんだろうと
胸が痛んだ。
それが生活のための狩猟なら私たちの
口を挟むことではないかもしれないが、
これはあきらかに日本のTVショーのための
ハンティングだった。
こんなもん見て喜んでる人がいるんかいな、
と思った・・・
傍らのキジバトに小さく「ごめんっ」と
囁いて、そぉっと通り抜けた。


先日も会った5か月のボーダー君
2014-1-16多摩川1
サムはボーダー君より飼い主のお姉さんのほうに
関心が・・
2014-1-16多摩川2

リク君メイちゃんに出会う。
挨拶に飛んでくるリク君、写真写りが
怖そうだけど、とても愛嬌ある男の子
2014-1-16多摩川3

ブッシュを歩きまわり、川に飛び込む・・
ワイルドなサム


テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/17(金) 03:22:06|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

災害救助犬練習会2

画像アップ続き
こんな小さい子も♪
2014-1-14災害11

2014-1-14災害12
被災者役と何か話し合ってる?
2014-1-14災害13

2014-1-14災害14

2014-1-14災害15
見つけた!
2014-1-14災害17
ママに知らせに走る
2014-1-14災害16

2014-1-14災害18
「ねぇねぇ、なにしてんの?」
2014-1-14災害20

2014-1-14災害19

2014-1-14災害21

2014-1-14災害22
こんにちは♡
2014-1-14災害23
大好きなルフト
いい笑顔ね
2014-1-14災害24

2014-1-14災害25

2014-1-14災害26
頑張ったねぇ
2014-1-14災害27
おとうちゃんが犯人役、じゃなくて被災者役をやってみたり
2014-1-14災害29

2014-1-14災害30

関西からバスで来ていたメンバーが
少し早めにさよなら
2014-1-14災害28
これはサムの大先輩、12歳とは思えない
ルーシーちゃん大活躍
2014-1-14災害2

2014-1-14災害9

で、サムはというと自分の番は撮ってる暇がなくて・・・
こんな写真だけ(なんじゃこりゃ)
2014-1-14災害3
D.I.N.G.O.のメンバーが沢山きていて
かわいいルフトとも久々の再会ができて楽しい1日でした。

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/14(火) 20:05:43|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

災害救助犬練習会1

昨日はさがみ湖プレジャーフォレストというところで
開催された、災害救助犬練習会に参加。
フラットコーテッドレトリバー・ソサエティオブジャパン
の先輩と待ち合わせていたのだが、
例によって道に迷いながらギリギリ到着。
同じ神奈川なのに、千葉のほうが
道路の便がいい、千葉のサムの実家には
1時間かからないのに、相模湖までは
2時間以上かかった。

練習会1日目は上級者のみ、
2日目の昨日は初心者向けということもあって、
訓練というより、犬と遊ぶ感覚で
気軽に参加できて、服従訓練などまったくやっていない
サムでもOK。
呼び戻しができればオフリード、
自信がなければロングリードでできる。
静かな林の中で、犬に応じて
ヒトが段ボールに隠れたり、
見えるところにしゃがんだりして
被災者の役をし、放された犬が
それを見つけたらご褒美(おやつやオモチャで遊ぶなど)
がでる、できる子は吠えて知らせる、
そして飼い主の元に戻ってくる、という
練習、というか犬にとっては遊びみたいなもの。
戻ってくる途中で自由を謳歌してみたりする
子がでても、それはご愛嬌というもので
微笑ましい。
知らないヒトが苦手気味な子にとっては
遭難者役のヒトのところに行くのが
難関だったりもするが、頑張って傍まで行くと、
遊んでもらったり美味しいおやつが出たりして
みんなに拍手までもらえて、いい経験になったと思う。
あまりに盛況で、順番があまりまわってこなかったのが
残念だけれど、待ち時間に豊かな自然の中、
山歩きをしたりもできたので、サム的には満足だったみたい。
それでも今日は身体にフケが少し浮いていて、
それなりにストレスがあったのかもしれない。
でも、時折の適度のストレスって、それほど
悪くはないと思っている。
色々なヒトや犬に会って、うまく挨拶し、
一緒にすごすことができる、
自分でストレスに対処できる、うまく
身を処することができる犬になってくれたらいいな。

こういった楽しい集まりでも
気を付けたいのは、自分の犬の
ストレス管理。
折角来たのだから、とか、
もっと上手にできるはず、と
ついついヒトのほうが一生懸命に
なってしまうが、犬が楽しんでいるかどうかを
第一に考えてあげよう。
犬が失敗(ヒトからすれば)しても
笑って迎えてあげられる飼い主になろう。

とりあえず画像アップ。
カメラの性能が悪いのと腕が悪いうえに、
ギャラリーは遠巻きで見ているので
不鮮明、でも楽しい雰囲気は伝わるかと思う。

2014-1-14災害1

2014-1-14災害4

2014-1-14災害5

2014-1-14災害6

2014-1-14災害7

2014-1-14災害8

2014-1-14災害10






テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/14(火) 19:32:24|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハリネズミサム?

日曜日早朝の多摩川にて

好きなように歩かせると
こんなふうになります(-_-;)
フラットじゃなくてハリネズミみたい・・

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/13(月) 01:04:09|
  2. サム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来客

昨日は生憎の空模様のなか、
ちりこが遊びに来た。
何度も紹介しているが、
ちりこはレディの親友だった犬、
メナとも仲良くしてくれて
沢山の楽しい想い出があるが、
13歳ともなるとやはり老いが
目立つようになってきた。
特に脚が関節炎で自由が利かなくなって
動きがにぶくなっているのが哀しい。
あんなに元気溌剌な子だったのに。

愛犬が老いる、ということは
避けられないことだが、動きが
制限されるようになっても
最期までQOL(生活水準)をなんとか
維持できるようにしてあげたいと思う。
走り回れなくてもできることは
色々ある、日々の楽しみ、興味や関心を
持つことができるようにしてあげたいものだ。

若いうちから足腰の健康に配慮する、
ということに関してだが、
適度な運動が大事なのはもちろんだけれど、
ちょっと気を付けてあげてほしいことがある。
・アスファルトなどの固い路面で
 いつも走らせていると、関節を痛めやすいこと
 特に自転車での引き運動はあまり勧められない
・フリスビーキャッチなど、過激に
 身体をひねったり、高いジャンプを長く続けると
 身体に負担がかかりすぎてしまうようだ
 適度に抑えておいたほうがいいと思う
そしてなにより、急激な体重増加に
気を付けよう、脚に負担がかかってしまう。
歳とって動きが不自由になってくると
運動量は減るが、内臓が健康なら食欲は
落ちにくい、必然的に体重増加になってきやすい。
ただ、だからといってシニア用のフードなら
安心かというと、これはまた別の問題なのだけれど。

ということで、ちりことサムのツーショット
2014-1-9ちりこ1

メナはひととおり遊ぶとさっさとこたつ犬に
こたつの中からご挨拶
2014-1-9ちりこ2

こたつのデメリットのひとつ
犬の挨拶を拒否できないってことね
舐めまくられて崩れるチリママ
ちりこ、ちょっと心配そう
2014-1-9ちりこ3

2014-1-9ちりこ4



テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/10(金) 23:57:44|
  2. 犬友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サムの失敗

月曜日の画像紹介

富士山に雲の帽子がかかっていた、
珍しい光景。
2014-1-6多摩川5

いつものようにひと泳ぎして
2014-1-6多摩川4

他の子のキャッチボールに乱入したが
気立てのいいラブ君はボールを
譲ってくれた。サム、なかなか戻ってこない・・
いざこういう時の呼び戻しのために、
サムにもやはり噛み心地のいい魅力的なボールを
買ってあげないとダメなのかなぁ・・・自信をなくす。
2014-1-6多摩川11


時々すれ違う柴の2頭コンビ(オフリード)と会うが、
見ていて面白かった。

サムがすっ飛んで茶柴君に近づいて
匂い嗅ぎをした為、怒られた!
年下の癖に無礼だったから当然だね、失敗。
その後すぐにメナが挨拶しているところ。
⇒まるでメナが気分を害した茶柴を
 なだめているようにみえる
2014-1-6多摩川10

今度はサムが黒柴君のところに飛んでいくと、
メナが、走り寄ってサムに身体を密着するように並走した。
黒柴ちゃんは落ち着いて待っている。
⇒親バカ?だけど、メナがサムを抑えようと
 しているのかも?相手との間に身体を入れて
 サムを押しているようにみえる
2014-1-6多摩川9

この後サムは脇に逸れ、メナだけが挨拶に。
2014-1-6多摩川8


一緒にちょっとブラブラして、さりげなくわかれる。
2014-1-6多摩川7

この2頭の柴の飼い主さんは、愛犬たちとの関係が
とても良好だな、と感心する。
そしてこの2頭も素晴らしい、好きだな。
またいずれあらためて日本犬系の魅力について
取り上げてみたい。  

帰り道は広い野原を突っ切って歩く。
開けた場所ではどうやら犬は少しハイに
なるらしい、メナがハイテンションに。
2014-1-6多摩川3

私的には森やブッシュのように、犬の興味を
引く匂いに溢れた小道の散歩が好き。
単調な平面だけのドッグランが好きになれないのは
そういう場所では犬は追いかけっこでも
するしかないから、つまり興奮しやすい状況になる。
その代りに、森やブッシュでは
人の都合としては歓迎しかねるような『ブツ』が落ちていたり、
草の実が身体じゅうに絡みついたりという
代償が待っているわけだ。
そして・・・今日も落ちていました、
どう見ても人間の「ウン〇」!
サムが口をつけた!
大声を出したら止めてくれたけれど、遅かった。
現場検証中、叱られているサム
2014-1-6多摩川2

この後すぐに、気のいいゴールデンと遭遇
この子もすりすりごろごろが好きみたいね。
2014-1-6多摩川1

挨拶しているうちにさらに2頭のゴールデンが
集まり、キャッチボールをしだした。
勝手に参加したサムは嬉しくて興奮のスイッチが入ってしまい、
私たちの呼びかけも無視、
窮余の策としてその場から私たちが立ち去っても
一向に戻ろうとしない。
たっぷり10分以上はそのグループに
混ざって遊びほうけていた。
離れた場所から見ていて悲しくなってしまう、
私はサムにとってそんなに魅力がない?
遊んでくれる他人とボールのほうがいいの?

呼び戻しがこれほど無視された原因の一つに、
直前に叱られていた=叱られる意味が理解できて
いなくて混乱していた、ということが
挙げられるかもしれない。
サムからすれば意味もわからず機嫌の悪い
飼い主の傍よりも、仲間とボール遊びするほうが
魅力だったのだろうね。
呼び戻しは永遠のテーマ、
サムの失敗は私の失敗でもあるということだ。

テーマ:犬について考える - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/08(水) 22:45:19|
  2. カーミングシグナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬季飛び込み競技?

4日以外毎日通っている多摩川。
こたつ犬サムは冷たい川に
毎回飽きずに飛び込んでいる。
その姿は「アメトーク」の
運動神経ない芸人の飛び込みにそっくり!
お腹を打たないのかしら?

今日の飛び込み

音楽MUSMUS

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/08(水) 00:21:29|
  2. サム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こたつ犬動画

こたつ犬の動画アップ
『犬は喜び庭駆け回り』じゃなかったの?
こうして我が家のこたつは常に
過密状態です、いいのか、これで



愛犬クラブ バウニャウ

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/05(日) 23:42:16|
  2. サム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無題

昨日の多摩川
(年末年始 ほとんど多摩川に行っている、
暇だな)

偶然ほとんどおない歳のゴールデンプーちゃんと
一緒になる。
元気いっぱい、ハイテンションで
サムも押され気味
2014-1-4多摩川2

いつも会うゴールデンの男の子、
何故かメナがこの子のこと好きで
遊ぶんだけど、一度に3頭が
(しかもゴールデンプーちゃんは初対面)
走り寄ってきたので、思わず緊張して
背中の毛がちょっと盛り上がっている。
礼儀に厳しい犬だったらゴールプーちゃんは
叱られていただろうけど、
このゴールデン君は大人だね。
2014-1-4多摩川3

どんなに寒くてもひと泳ぎはするのね
2014-1-4多摩川5

2014-1-4多摩川1

ボール投げしているレトリバーのグループに
またも乱入する。
ごめんね、ウチは貧乏で新しいボール
買ってあげられないの・・・というのはウソ。
脚のことがあって、極力ボールへの
執着心を育てないようにしてきたが、
結果的に少し見えてきたことがある。
ボールなどに執着しやすい傾向のある犬には、
キャッチボールはあまりやりすぎないほうが
いいのじゃないか、という実感だ。
(執着心のあまりない子には問題ないと思う)
ただ、そうなると、
飼い主との散策がボールより魅力的でないと
負けてしまうという問題が出てくる。
このことはいずれまた書きたいと
思っている。

“モノ”に執着するイヌ(笑)
2014-1-4多摩川4


テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/05(日) 16:20:24|
  2. サム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

今朝の多摩川でのショット
少し雲の多い 柔らかな日差しの中
川面に映る空に向かってダイビングしているような
サムのシルエット
何故か儚げで、サムが消えてしまいそうな気がする1枚

2014-1-3多摩川2
ま、無事戻ってこんな変顔してくれる三枚目サムですが
2014-1-2多摩川6
ついでにメナの『テヘペロ』
2014-1-3多摩川3
ついでに 正月も変わらず
生命力に満ちたヤル気満々顔のキュー
2014-1-2キュー
だらだら過ごしたお正月気分も
明日あたりからそろそろ気分一新
しないとね

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/03(金) 18:19:57|
  2. サム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『犬はしぐさで会話する』を読んで~実際の生活に取り入れる時2

すっかり間があいてしまったが、
先日の続き、『犬はしぐさで会話する』から;

・ビデオでは2頭が出会う距離が
 比較的近かったようだが、これは
 映像で2頭を同時に捉えようとした結果
 ではないかと思う。
 実際にはもっと距離をおいたほうが、
 避けるか近寄ってみるか犬が心を決めるのに
 ストレスが少ない。
 近寄るまでの間に色々なシグナルを
 出しあいながら、より平和的な邂逅が可能になる。
 リードをつけてのすれ違いでも、犬が離れたがって
 いるようならそれは、逃げ出したい、というサイン
 かもしれないが、または冷静になれるだけの
 距離をもっと取りたい、と思っているのかも
 しれない。ので、犬が落ち着けるだけの距離を
 取ってあげたい。

これくらい離れたところから既にサインを出しあっている
2013-12-16多摩川5
これくらいの距離にくるまでに、すでに互いの気持ちは大体わかっている
2013-12-21多摩川9


・ビデオではそれぞれのシーンが長めだったけれど、
 実際に私たちが応用する際には、もっとずっと
 短い時間にしておくべきだと思う。
 仲のよい友達どうしならよいが、
 互いによく知らない2頭では、短時間の
 さりげない出会いを繰り返したほうが
 リスクが少なく、よい経験を積み重ねられる。
 ビデオは、より多くのサインを紹介するために
 長い時間をかけているのだと思われるが、
 柴犬のケースのように、一方にストレスが
 かかっている時などは特に、すぐにもう一方の
 犬を呼び戻して解放してあげるべきだろう。
 我慢してしまう犬が毎回こういったストレスの
 かかる出会いを長い時間強要されると、
 犬嫌いになってしまうことがあると思うし
 飼い主への信頼もゆらぐことになりかねない。

・アスランとチッポのケース
 普段からよく知っている(それぞれ母娘の愛犬)2頭
 とのことだが、私たちが気をつけなくてはならないのは
 こういった大きさがかなり違う犬同士について。
 ヴィベケさんも言っているとおり、基本的には
 あまりに大きさの違う犬どうしは遊ばせないほうが
 無難だと思う。
 家の中では仲良く大人しく遊べるからと安心して
 庭やフィールドで無秩序に「遊ばせる」のは危険だ。
 『家の中』では抑制しやすい狩猟本能が
 外では簡単にスイッチが入ってしまうことがあるからだ。
 小型犬を預かることが多いわが家でも、家の中では
 短時間で犬同士をオフリードにすることができるが、
 庭では常に監視し、興奮を示す兆候を一切見逃さず
 抑えている。 大きいほうにその気がなくても
 小型犬のほうが興奮して走り出せば、大きい犬の
 抑制が外れる可能性がある。
 ビデオの2頭も、見ているとちょっとハラハラしたが、
 こういう光景はドッグランではしょっちゅうみられる。

大きさの違う犬どうしでも家の中では仲良くさせやすい
だからといって外でも大丈夫とは限らない
2013011-23テン2

 外での大型犬と小型犬との出会いのシグナルで
 「これなら安心」といえるものとしては;
 『大きいほうの犬が伏せたり、寝転がったりして
 小型犬を怖がらせない工夫を率先して取る』
 ・・・社会性のある成犬が子犬を遊ばせる時に
 よくとる行動だ
 『小型犬に自分を追いかけさせる』・・・追いかけるだけ
 でなく、立場を逆転させて遊びに誘う
 こういう行動をとれる犬なら、例外として小型犬と
 安心して遊ばせられるだろうが、現実にはなかなかいないの。
 
 話がビデオからそれるが、出会いのシグナルの一つに
 相手が近づくのを『伏せて』待つ、というのがある。
 これは一般的には友好的なサインとされやすいが、
 私はこういう姿勢から突然相手に飛び掛かる犬を
 何頭か見たことがある。
 つまりシグナルを類型化するのは危険だということだ。
 飛び掛かる為に伏せている犬の場合は、身体全体に
 緊張がみられる、目つき、耳のたち具合、身体の強張りかた、
 口の閉じ方など、常に全体を見て判断しよう。

期待に満ちた優しい顔、身体に緊張が見られない、
身体の向きなど、伏せて安心させる典型的なサイン
2013-12-21多摩川6

私がよく行う出会いの安心パターンの一つ;
飼い主たちと犬たちが同じ方向にぶらぶら歩く、というもの。
顔を突き合わす形より、同じ方向を向いて歩くほうが
緊張が少なく、より早く馴染みやすい。
同じ方向に一緒に移動する、というのは『群れ』の
意識が生じやすいのだろうか。

ということで、ビデオを見ての感想。
教えられることが多々あるけれど、実際に愛犬に
応用する時は、より慎重に、ということでした。

2日も行ってきました、多摩川。
身体の緊張どころか、顔も緩みっぱなしの脱力系癒し男子テディ君
知らないヒトに撫でられてこの状態
2014-1-2多摩川8
拾った軍手をこれ見よがしに挑発しておいて
近づくと「ダメっ」というアリスちゃん。
どうやら、からかわれてるようだが、怒られたサムの
途方に暮れた様子が立ち方に現れてる
2014-1-2多摩川7

遠くの犬にあいさつに行ったのかと思ったら
前に撫でてくれた気功中の男性に甘えに行ったサム、
1回でも可愛がってくれちゃった人のことは犬は覚えてしまう 
2014-1-2多摩川3
敵わない癖に何度でもワイマラナー君に
走りっこ挑戦する
2014-1-2多摩川5
遊び好きな気立てのいいボルゾイのグレースちゃん
メナはグレースは好きだけど、この尻尾のビニールが
ガサガサいうのが気になってしまうよう
服を着てる子が結構多いのは、草の実対策
2014-1-2多摩川4

テーマ:犬について考える - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/03(金) 04:03:24|
  2. カーミングシグナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年

2014年 あけましておめでとうございます

今年も1ねん つつがなくすごせますように
ということで、遊びにきた家人の友人と
総持寺に初詣してきました
2014-1-1正月1

人出はすごかったけれど、
未成年のグループがとても多かった。
これってここだけの傾向かしら?

元旦はお屠蘇をいただいて
ごろごろのんびり過ごしました。

元日の面々
貫禄ののびた
2014-1-1正月3

2014-1-1正月4

2014-1-1正月5
炬燵の中からご挨拶
2014-1-1正月6

2014-1-1正月2

今年が皆様にとって善き1年になりますよう

テーマ:日記 - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/01(水) 18:19:44|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0