バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

リハビリ介助猫パル?

地域猫のお手伝い第一号。
人馴れしていないまだ若い三毛猫を不妊手術後1週間お預かりする。
3日間は様子を見るたびに警戒心もあらわに睨まれてしまった。
ご飯も見ている間は絶対に食べない、でも地域猫として
生きていくなら、かえってこのほうが別れがつらくないというものだ。
IMG_6466.jpg

だが、我が家の長老パルが何を思ったか、隔離しているトレーニングルームに
いつのまにか入り込んで、三毛のそばに寄り添っていた。

パルは17才、生後2か月くらいの時にボロボロの状態で
主人に拾われて以来何年もの間、家庭内別居ならぬ「家庭内野良ねこ」状態だった猫だ。
たぶん野良ネコ(捨てねこではなくて)の子だったのではないかと
推測している。 人に近づかず、抱けない、他の3頭の猫とも距離を置いて
孤立して暮らしていた。6~7歳くらいからようやく時折あの「ゴロゴロ」を
言うようになり、この何年かは人の傍にいつの間にかいるようになってはきているが
スリスリべたべたは一度もしたことがない子だ。
だが、歳のせいか身についた知恵か、預かりの犬に対して
牛歩戦術?緩慢な動作で接することで、彼らの捕食本能を刺激せず
猫に馴れさせるという作戦で接してくれるので助かっている。

三毛ちゃん(女の子)は一見私という人間に甘えてくれているように
見えるが、実はパルに対して甘えているのである。
パルを締め出して私だけでケージに近づいても、このようなディスプレーは
一切見せてくれない。三毛ちゃんは猫・・多分母親や兄弟のグループで
暮らしていて、猫に懐いているだけなように見える。
ケージに閉じ込められてストレスが溜まっていただろう三毛ちゃんにとって
威嚇もせず静かに傍らにいてくれるパルじいさんに
どれほど慰められたことだろう。


保護される猫も犬も、ストレスの多い新しい環境にあって、
落ち着いていて頼りになる同族がいてくれることは
ストレスの軽減に強く作用する。
その先輩が人によく馴れていて、家のルールを遵守していれば、
保護された犬猫は、先輩の後を追うことでより早く
その家庭に溶け込めるように思える。
長い間私にとってのレディが犬社会の核であったように、
今思いがけなく懐かなかった老猫パルが
猫社会で似たような役割をしてくれるかもしれない
(パルはそんなこと考えてもいないだろうけれど)。
犬のほうは・・・メナは子犬の面倒見がよいし、
大人の犬が大好きで、家に来る保護犬とも仲良くしてくれるだろうけれど
まずレディのような自信がない;そして外界の刺激に対して
警戒心が強すぎて、外ではとてもお手本にはなれそうにない。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2011/06/29(水) 23:56:41|
  2. 地域猫活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら アーサー

6年前保護預かりしていたアーサーが虹の橋を渡ったという
知らせを昨日譲渡先のご家庭からいただいた。
アーサー王のような堂々とした美しいオス犬だった。
完璧な外見、愛情深い性格、私は彼に魅せられた。
まだ壮年期なのに事故で亡くなるなんて、
みんな悲しんでいるよ
ママさんの嗚咽が電話から聞こえてくる。
とっても愛されていたのに、おばかさんだね
もう会えなくなってしまったね
そちらにはレディもいるから、またいつか会おう

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/06/26(日) 14:52:27|
  2. 犬友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況報告1

ずいぶんとブログをご無沙汰してしまいました。
昨年から今年にかけて、少し大げさな言い方をすれば
人生の大きな山場であったように思えます。
レディというパートナーを突然喪い、自分では気が付いて
いなかったけれどペットロスというものに罹っていたところに
ソフトの死、そしてあの震災と原発事故。
未だに整理のつかない心のままに日常を過ごしています。

特に震災後は、活動の場をもっと身近に置きたいと
思うようになりました。
もしものことがあれば、すぐに自宅に戻れること;
そしてもっと地元を知りたい、ネットワークを身近に
作っていきたいという思いです。
調べてみると、地元でも活動を続けていらっしゃる方は
たくさんいらっしゃるし、新しいセンターが立ち上がっています。
レスキューにご支援くださる病院も。
ここでは私は一新人、特に地域猫に関しては全くの素人同然です。
地域猫という考え、そして活動は、今までの保護活動と同じように
見えますが、もっと地味でそして苦労の多いものだと
気が付いたところです。
保護活動は大変ですが、それでもその善意は周囲に認められ、
感謝され、保護した動物のハッピーエンドを見届けることが
できて、達成感があります。
でも、地域猫の活動は、周囲に批判されることも多く、
手術した子をまた放さなければ続けていくことができません。
完全なハッピーエンドではない、報われることの少ない活動では
ないかと思われます。
そんな活動をずっと続けていらっしゃる方がたには
本当に頭が下がります。少しでもお手伝いできることが
あればと願っています。

さて、もちろん今でも犬大好きなのは変わりません。
家庭犬のインストラクターという仕事から
というだけでなく、犬のことをもっともっと知りたい、
どんな犬でも観察していて飽きることがありません。
犬のこと、猫のことをこれからは心を入れ替えて
書いていこうと思います。
今我が家にいるのはミックス犬のメナ、そして
17歳の長老猫パル、8歳猫ののび太、6歳猫のキューちゃん。
過去10年で最も少ない構成、預かり犬猫もいない、
何事も問題なく静かに過ぎています。

今我が家での最優先課題は、メナの鋭すぎる危機意識の脱感作。
メナにとって、何が幸せなのか、毎日考えながら試行錯誤しています。

メナ2011.4.1




テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/06/22(水) 23:06:55|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0