バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

フライングボードさんで譲渡会開催1

5月最後の日曜日、世田谷のレストラン(ワンOK)で譲渡会が開かれました。
生憎のお天気にも関わらず沢山の方がお手伝いにいらしてくださいました。
h21531joutokai1.jpg
募集中その1 クリ君 小柄で美しい子(クリックすると大きい画像になります)
h21531joutokai6.jpg

募集中その2ウィル君 ハシバミ色の瞳の活動的な子
h21531joutokai7.jpg
募集中その3ビグ君 年は少し上ですがとても元気で穏やかなビーグル
h21531joutokai5.jpg
募集中その4カリンちゃん 年齢は少し上ですが未だに可愛い人懐こい落ち着いた子
h21531joutokai3.jpg
募集中その5ヒロト君まだ幼いキュートな子
h21531joutokai10.jpg
そして募集中その6 ご存知メナ♀  頑張りました
アクビしてるのはヒロト
h21531joutokai11.jpg



  1. 2009/05/31(日) 18:57:29|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

譲渡会場ご提供

金曜日は雪谷大塚駅前のペットショップ「ペティア」さんに伺ってきました。
譲渡会を開かせていただくことになり、その打ちあわせです。
6月に予定しているので近日中に会のHPにアップされます、交通の便もいい場所ですので
お時間のある方は是非いらしてください。

petelia2.jpg

こちらは先日のアニマルヘルスケアサロンの保護ネコメロン君(募集中)
hikemeron1.jpg
同じくミニーちゃん
hikeminy2.jpg

  1. 2009/05/29(金) 00:14:26|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

募集中のワンです

木曜日はご縁があって平塚のアニマルヘルスケアサロンさんへ伺ってきました。
ペットのお留守番、美容室、そして予約制のドッグレストラン?を営業されています。
個人でも活動されていて、お出迎えしてくれたチャーミングなチャーミーちゃんも
只今婚活中・・じゃなくて募集中でした。
可愛いでしょう?
hikechapi1.jpg

ちょっとサイズ大きめのミニチュアダックスのガブ君は、発見時骨格標本のように痩せていて
口には針金のようなもので縛られた跡が。
傷跡は残るでしょう。 煩いから?隠れて飼っていたから?残酷なことです。
hikegabu1.jpg

とても素敵なオーナーさんで、犬のことネコのこと、時間を忘れて親ばかぶりを発揮して
愛犬自慢しあったりと楽しいお話に花が咲きました。
お忙しい中ありがとうございます。
チャーミー、ガブに関心のある方はこちらまで; http://www.npo-alis.org/

  1. 2009/05/28(木) 00:00:57|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

困ったちゃん再び

昼間パソコンの前にいたら、天井からゴソゴソと音が・・・
「きゃぁ~、遂に我が家にも恐怖の●ズミ??!」と震え上がり天井を見上げる。
でもなんとなくこのネズ君、やけにのんびりした足音だこと?
天井から戸袋に目を向けると少し開いている、もしや・・・
恐る恐る戸袋を開けてみると、天井板が外されて暗闇の天井裏がのぞいて見える。
次の瞬間そこからキューが顔を出したではありませんか。
おやつで釣って降ろして、天井板を戻して戸袋をしっかり閉めましたが
なんでキューちゃん屋根裏に興味を持ったんでしょう?
もしかしたら●ズミの気配に気がついて、とか・・・う~ん、考えるのやめよう
kyuu9.jpg

お口直しに「可愛い」キューと預かりしていたテオのラブリーショットを

teo13.jpg

  1. 2009/05/27(水) 09:58:57|
  2. わが家の猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続;純血種スタンダード考

以前純血種×純血種のミックス犬の流行に「?」ということを
書きましたが、やはり純血種を創り上げる過程で大変な努力と研究を
されてきた先人に失礼だろう、という思いは変わりません。
先日フラット愛好家のクラブ小冊子を拝見していてこの思いを新たにしました。
(F/Cジャーナル・・フラットコーテッドレトリバー・ソサエティ・オブ・ジャパン)
アメリカの有名なフラットのブリーダーのインタビュー記事ですが
無断転載するのも失礼なので概略だけ;

最初の子犬を作出するまでに5年かけ;1度に成犬を多くても6頭までしか持たない;
雌犬のほとんどは1度か2度だけ繁殖;偏見を持たず同業者で話し合い、助言しあい
スタンダードを高める為に尽力;優秀で健康で楽しいことが大好きなフラットを作り出す
ことを望み続けた・・・・
こういう真のブリーダーがまだ世界にはいるなら、一方でそれをただ珍しいからと
汚すような行為を素人がするべきではないと思います。

どの犬種でも真面目なブリーダーは犬の外見と同じくらい
その犬種としての性格、特性を保持し続けることを考えて選択交配します。
健康面では遺伝的要素を考え、精神面では健康な心と犬種としての特性を
持った、もしくは相互に補える要素を持った両親を選ぶのですから大変です。
ですから1頭の子犬の値段はどうしても高くなりますし、飼い手も選ぶのです。
大半のペットショップで売られている子犬は、そういうラインとは全く別の
ご存知「パピーミール」(子犬製造工場)か素人の「裏庭繁殖」から送られています。
健康面ではかなり危うい実情ですが、それでもそういった子犬たちのほとんどに
その犬種固有の特性や顕著な性格が保持されているのは、
実は先人の創り上げたスタンダードがいかに堅固なものだったか、ということを
証明しているわけで、例えていうなら「純度100%の素晴らしいジュースを造った人から
盗んだものを薄めて薄めて売ってもかなり美味しいジュースができる」ということでしょうか。
でも、このまま買い手である私たちの意識が変わらなければ、
いつか真面目なブリーダーはいなくなり、誇り高い犬種のスタンダードもショーでしか
みることができなくなるでしょう。
攻撃性のあるゴールデンやラブ、陰気なハスキー、泣き喚くシーズー・・・なんて
本来の特性からかけ離れた犬が溢れることになります。
レディはちょっとハイパーではありますが、陽気で細かいことを気にしない、
そして生まれついての水好き、ととりあえずフラットとしての個性に溢れています。
フラットは「生きる喜びに溢れた旅人」という感じ、短命が遺伝的宿命であっても
生を楽しまずにいられない犬です。
人を攻撃する神経質なフラットなど絶対見たくありません。

川で一人遊びにふけるレディ。もぐってみたり、流れに身を委ねてみたり・・・
おまえはどれだけ水遊びが好きなんだい?
redy16.jpg


まるちゃんの特性;おやつくれる人大好き、水嫌い、オンオフがはっきりしている、寝るの大好き
(でもちょっとスマートになりましたよ、ウエストラインを見て♪byまるお)
maruo30.jpg



  1. 2009/05/26(火) 08:20:20|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャンプー

月曜日は久しぶりに3頭だてで多摩川へ
雨上がりの為増水していてレディは泳ぎを堪能したけれど、
どうやら魚が打ち上げられていたらしく、
メナの必殺「スリスリ」が出てしまいました。 
よく見られる汚物に身体をこすりつける行為ですが
レディはやらないし、まるちゃんはやるまでに時間がかかる・・・
匂いを嗅いで⇒考え込んで⇒前足を折りたたみ(よっこらしょ)⇒身体をひねって
⇒どたっと音をたてて倒れこむ・・・・というスローモーションですから
早めに「いけない」と注意すれば済んでしまうんです。
ところがメナはロングリードで走り回っていた、と思った次の瞬間には
倒れて「スリスリ」、あ~れ~、となす術もない間にご覧のように
顔まで汚れて、しかも今回のは物凄く臭い!!我慢できない悪臭に
遂にシャンプー決行となりました。
mena14.jpg



ものぐさな私は、生食の本の中の「生食にすると体臭が消える」という部分や、
皮膚のトラブルの一因としてシャンプー剤のすすぎ残し、
ドライヤーの熱風が取りざたされたのをいいことに、
「シャンプーなんてしなくていいもんネ」とずぼらを決め込んでいました。
レディは下毛があまりないとはいえ長毛ですので、たまにシャンプーしたり
美容院にお願いすることもあり、まるちゃんは当初皮膚炎の治療のため
薬液で頻繁に入浴せざるえなかったのですが、
メナは健康優良児、毛質も手入れいらずのすべすべ単毛だったので
拭くだけで済ませてしまっていました。
・・・というわけでサービスショット??メナの入浴シーン
mena15.jpg

そしてタオルで拭くだけであらら、メナ、こんなに真っ白い美人さんだったのね~
白い部分が光沢のある銀色に輝く美人さん*シャンプーによる皮膚のトラブルを避けるためには
シャンプー液を直接肌にすりこまないこと、
できればお湯に溶かして使用する、前段階で充分お湯で汚れをある程度
落としておく、すすぎは完全に、ドライヤーを高温で直接皮膚に当てすぎないで
しかも完全に乾かすこと;など気をつけることでしょうか。
mena16.jpg


ついでにレディもシャンプー・・・画像だとわかりにくいですが
フカフカの別嬪さんになりました。
redy18.jpg

レディのような下毛のある長毛は兎に角皮膚から完全に乾かしておかないと
蒸れて皮膚炎になってしまいますが
直接肌に高温風を当て続けるのはタブーとのこと、
タオルを何枚も使って乾かしてから、高温、低温、扇風機、など駆使して
1時間以上かけて完成・・・もう体力残っていないので、まるちゃんは
今度ネ。
  1. 2009/05/25(月) 07:22:20|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トライアル

今日日曜日は小春ちゃんのトライアルだというのに生憎のお天気でした。
朝早くに出たのですが走行中に雨脚が強くなり、
一時はバケツをひっくり返したような豪雨の中をドライブ、
無事先方のお宅に着くことができました。
日曜日の朝早くというのにご家族4人が小春ちゃんの到着を待っていてくださいました。

普通成犬の迎え入れでは特に最初が肝心です、どうしても構いたくなってしまいますが、
まずは犬が新しい環境に慣れるまではそっとして休ませてあげたいです。
会で保護された子は皆、預かりボラさんのご家庭で十分な世話を受け、
可愛がられていますので、一時は「家族」から離れて不安になったイヌも
また人間との絆を求めて自分から寄ってきます、その時を待ってあげるだけの
忍耐が必要なのですが・・・小春は抜群の適応力ですぐに寛いで
おやつを貰いに人から人へと飛び回り、お手をし、フセをし、しまいにはちんちんまで
して見せて、「可愛い!」「すごい~」と大受けしていました。
この適応力、精神的なタフさは驚嘆です。
まぁ、ウチの合宿状態から抜け出せてホッとしていただけかもしれませんが(^^ゞ

トライアル先では久しぶりのワンちゃんということで色々準備されていて、
沢山質問されました。これはとても嬉しいことなんです。
「その辺に置いといて」と言われるより、ちっぽけな生き物の為に
一生懸命になってくださる方のほうがずっとずっと活動しがいがあるというものです。
よくある質問に、「どれくらい食べさせたらいいの?」というのがあります。
ドッグフードに表示されている「カップ2分の1」というような明確な答えが
できればいいのですが、犬の大きさとは別に、活動的かどうか、年齢や
食べる物(手作りでお願いしているので)にもよりますから一概には言えない、
というのが正直なところです。
いつもおおまかにお応えしているのは;
「だいたいの目安としては(手作りなら)その子の頭蓋骨の頭蓋(トウガイ)部分くらい、
ドッグフードの三分の2くらい」
毎日身体を触って、肋骨がうっすらついた肉ごしに触れること、腰の骨(寛骨)が
筋肉に包まれて飛び出ていない、脊柱に触れるがゴツゴツしていない、という
手の感触で「あら、太ったわね」と気がついてやれるようになればいいな、と思います。
ガリガリにやせ衰えた子より、ふっくらしていたほうが幸せそうではありますが
太りすぎは内臓にも負担が掛かるだけでなく、
特に足の細い子は足に負担がかかり、歳とってから歩けなくなったりなど
可哀相なことになるので飼い主さんが気をつけてあげたいですね。
(自分のダイエットはどうした、と突っ込みされそうですが・・)
小春は預かりのご家庭で上記のチェックでも完璧、
理想的に仕上がっていましたので、今の体型を維持されるようお勧めしてきました。
とても良いご縁ですがまだトライアルですので、お互いの為にじっくり相性を見ていただいて、
譲渡かどうかはその後に決まります。その間は静かに見守っていたいと思います。

小春、2日目にはもう一番気が強そうなレディにしっかり寄り添って寝ていました(笑)
この逞しさ、メナに爪のアカでも飲ませたい・・
koharu16.jpg


  1. 2009/05/24(日) 01:59:45|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

観察

小春ちゃん、昨日はバリケンで大人しく寝てくれました。(私は傍のソファで寝ました)。
朝も7時近くに私が起きるまで静かでした。ウンチも合格!よかった。
1日で我が家の家族構成にもだいぶ慣れ、自分の意思で順応しつつある小春、
なかなか適応力のある子です。
観察していると;
・何故かレディには一目置いた行動をとる;
・まるおにはお尻の匂いを嗅ぎに行ったりと興味を示すがやはり一目置いている様子、
 まるちゃんはどっしり構えていて小春にあまり関心を示さないようです;
・ネコは急な動きをしない限り放って置くことができるようになった
 (急な動きをしたり、キューがスリスリしようとすると、まだ反応する);
・メナのことは完全に格下と見ているようで、小春が一瞥しただけでメナはビビる;
・心細いのか、常に人間の傍にいたがる、後をついてくる、手をかけてくる;
 (あまり構わないように、撫でるときはレディとメナの後に、と気をつけています)

小春がじっとメナを見ると、メナはへなへなとなってしまい、陰に隠れます。
(メナを見ようとしたら「ノー」と声をかけています)
メナにはちょっと可哀相ですが、犬の出すほんの小さなサイン、しぐさの読み取りの
トレーニング(人間の)としてはとても興味深い1日でした。

思い出してみれば、以前成犬で預かった男の子のほとんどは、
最初どうしてもネコに対する攻撃性があり、思い悩んだものでした。
どの子も最終的にはネコととても上手に共存できるようになりましたが、
それまでにはやはり細心の注意と管理・指導が必要でした。
(体罰や押し付けは逆効果です、共存へのトレーニングは
犬にも理解できる、人道的なきちんとした手順があります)

それからすれば、小春ちゃんの適応力の速さはすごいです。
そしてやはりレディとまるおのコンビの懐の深さにも今更ながら感激です。
2頭は何故これほどゆとりある対応ができるのでしょう?
体格的に優位にあることも関連しているのかしら?
「自信」、「慣れ」・・メナに欠けているのはなんでしょう。
犬のサインを読み取ることにかけてはメナは出自からも優れているはず、
ではやはりD.I.N.G.O.で先日も話題になった「自信」なんでしょうか。
今度新居さんに聞いてみよう♪
というわけで、今夜お泊りしたら、明日朝には小春ちゃん、いよいよ新しい
お家へと旅立ちです。今度のおうちは先住犬いないから
ゆっくり休ませてもらえるね。

庭で:小春の満面の笑みと対照的にメナ、緊張して身体が引けてます(笑)
    顔が緊張で引きつって、SOSサインの舌なめずりも
koharu13.jpg
まるおのお尻の匂いを嗅いだ小春、まるおに「ン?」と言われている所
koharu15.jpg
トレーニングルームにて;ネコに構わないこと、と学びつつある小春
koharu14.jpg



  1. 2009/05/23(土) 17:36:33|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小春ちゃん

22日は小春ちゃんのお迎え、ついでに知り合いのワンちゃんの送迎でした。
小春ちゃんは日曜日に新しいご家庭へのトライアル予定、
とても可愛がってくださった預かりのご家庭がお出かけのため、
今日から日曜日まで我が家で預かり、ウチからお嫁入りすることになっています。
知人のワンちゃんと同乗の車内でも落ち着いてお行儀よくしている小春、
koharu1.jpg

一方の知人の花ちゃんはというと、元気一杯、車内で待つ間も
好奇心であちこちに鼻を突っ込んでいます(走行中は係留しています)

hanako4.jpg

小春ちゃん、H病院での診察でも、拘束なしで大人しく注射を受け、
先生に「本当にいい子だねぇ」と絶賛されました。

さて、久しぶりのゲストを迎えることになり、大勢に一度に出迎えられては小春も
びっくりするだろうと、車内で待たせて社交的なメナを連れてお出迎え、
2頭でちょっと歩いてから・・・と思ったら、あらら、小春ちゃんがメナを一喝、
メナはすっかりビビッてしまいました。
家に入っても、レディとまるお、ノビタは小春ちゃんが警戒しているのを察してか
無関心を装ってくれましたが、メナは立場的に小春ちゃんに気おされている様子。
小春ちゃん、初めての経験だったのでしょうね。
1頭で飼われていた子と、多頭飼いで育った子の違いって、
もしかしたらですが、「パーソナルスペース」についての意識に現れているように
今の私には思えます。
小春ちゃんはとても静かで性格の良い、人間には本当に従順な子ですが、
家庭内でPスペースを侵されることに馴れていないので、
突然ネコが横切るのにも「怖いっ」と思うのかもしれません。
そういえばメナ以降、我が家で預かった子は子犬か多頭飼い崩壊現場の子でしたっけ。

それにしても小春ちゃん、なんて大人しいのでしょう。
私的には、その寂しげな目元が気になりますが、これから一杯愛されて、
幸せな明るい表情になっていくのでしょうね。

今夜のご飯は思い切っていきなり我が家のBARF生食にトライしてもらいました。
ちょっと少なめ、野菜スープも足してみましたが、秒殺!後は明日のウンチのチェックです。
food3.jpg
food4.jpg
パルも参加するようになって今日は7頭のお食事
koharu9.jpg
もうないの?
koharu5.jpg
  1. 2009/05/22(金) 02:59:04|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メナ成長する

今日はD.I.N.G.O.本部教室のペロ(http://www.dorg.jp/perro/)で
フレキシブルクラスにメナと参加してきました。
前回フレキシブルクラスでは3時間のうち半分近くはケージに避難してしまった
メナですが、その時の新居さん(D.I.N.G.O.代表)のアドバイスがとても参考になり、
曲りなりにもメナ、ちょっとずつ1頭だけのお散歩ができるようになったのです。
今回は4頭参加、ドーベルマンのアルク君、Eコッカーのブロン君、
そしてハンサムミックスのタイソン君と、楽しく貴重な3時間を
なんとメナ、ケージに逃げ込むことなく一緒に過ごしました。
おやつにも終始反応してくれたし(緊張がピークになるとトリーツに反応しなくなる)
グラウンドワークのラビリンス?にも挑戦、ノーズワークも(時間かかったけれど)
できました。 これはすごい進歩です。嬉しくてたまりません。
これらの目的は「訓練」ではありません。
今日のテーマはいかに犬に自信を持って行動してもらうか、
言われたとおり、命令されて動くのではなく、自分の頭で考えて行動することです。
それと、犬が出しているサインを人間側がどれだけ細やかに
受け取ってやれるか、というのもテーマです。
そういった感受性が鈍いと、犬は細かなサインではなく、わかりやすい
「吠える」「リードを引っ張る」などのサインを出すようになります。
メナの課題はどのような環境に置かれても、自分で考えて行動できるだけの
「自信」を持ってもらうこと、それだけです。
まぁ、とにかくフレキシブルクラスは楽しいです、それぞれの犬のペースを
見て、無理をしないように進めていくので犬にも負担がかかりませんし
自分の犬について気がつかなかったことが沢山再発見できます。

というわけで、レディとまるおは大好きな教室にいけず、お家でコングを齧りながら
お留守番でした、ごめんね。

画像は、芝生の庭に1頭だけ入るのを許されて得意顔?のまるちゃん
(だってお転婆2頭はまだ生え揃わない芝を蹴散らすんだもん)
maruo29.jpg

そして今週初めに1頭だけで多摩川を楽しんだレディ。
ちょっと美しく撮れたので(^^ゞ
redy17.jpg
redy15.jpg
  1. 2009/05/21(木) 03:46:17|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山からのプレゼント♪

昨日あんパパさまより山菜をいただきました♪
あんは母犬と一緒にセンターからレスキューし、離乳後ウチで預かった子です。
とても賢く人懐こい女の子でしたが、今では山歩きの達人のパパさんの
よき伴侶として自然を満喫して素晴らしい生活を送っています。
数年前一度だけ、レディと一緒にあんぱぱさまの山歩き山菜取りに
ご一緒させていただいたことを思い出します。
とても楽しい思い出ですが、もう老体のレディにはちょっと無理かも、と
思うと少し寂しい気がします。
あんとあんぱぱさんの野山を駆け巡る日記はこちら↓
           http://diary7.cgiboy.com/2/kowan/

あんの子犬の頃の画像です、可愛くてたまらない♪
chibi1.jpg
同時期に預かっていたハンサムなアーサーとのツーショットも懐かしい~
chibi38.jpg
色々なことを思い出します・・・・どの子も、どの場面も私の宝物です・・・

さて、気を取り直して、わらびをあく抜きしないと・・・重曹を入れるのにもたもたしていたら
20秒と書いてある茹で時間を大幅に超えてしまいました。
柔らかくなりすぎちゃった!
sannsai2.jpg


  1. 2009/05/20(水) 03:19:03|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

適正飼育について

またまたちょっと固いお話になるかもしれませんが・・・
それぞれのご家庭環境、家族構成にぴったりあったペットを迎えたとき、双方が幸せになる
可能性は高い、ペットがいる生活が家族を幸せにしてくれますし、
ペットも幸せ、みんなが幸せ、ということです。
ただ、初めてペットを迎えようかとお考えのご家庭にお願いしたいこと、
それは諸条件(生活パターン、経済的余裕、空間の余裕、お留守番の有無、時間的余裕など)
を考えて「ギリギリ飼える動物の種類」から1ランク下のペットをどうか選んでください、ということです。
共稼ぎで小さいお子さんがいるが、なんとかやりくりすれば散歩の時間は作れるかナ、
というご家庭だったら、犬は我慢してニャンコにする;
住環境が狭くてペット不可だけど、廻りのみんな飼ってるからネコ大丈夫かな?
ということならニャンコはあきらめて飼育可の動物、たとえばハムスターや鳥や金魚にする;
そういう判断をして欲しいのです。
ハムスターはとても飼いやすい、そして案外懐こいペットといわれていますし、
小鳥がいるだけで生活は潤いのあるものになります。

以前ある研究結果で11歳?位まで同属(人間)以外の生き物が全く身近にいない生活環境で
育った子は、情緒的になんらかの影響が出る、というショッキングな報告がありました。
昔は近所でアヒルを飼っていたり、隣のイヌやネコが遊びにきたり、トカゲや蛙がその辺に
うろちょろしていたり、虫もウヨウヨいたし、と自分で飼っていなくても子供たちの身近に
生き物がいましたよね。
お子さんの情操教育の為に、とペットを飼うお気持ちも、ですからよくわかります。
でも、飼った生き物が幸せで長生きしてこそ、お子さんに良い影響が
与えられるのではないかとも思うのです。
余裕のない、ギリギリの状態で犬を飼って、親がイライラしてつい蹴ったり殴ったりするのを
見て育った子が、他者への労わりを持てるでしょうか。

実は先日、街でふとヤンキーっぽい男の子たちの会話が耳に入ってきたのです。
「ウチなんかよ~、夜店で買ってきた金魚がでかくなっちまって今じゃデカイ水槽に入れてるぜ。
もう7~8年生きてるよ」と言っていました。
「あぁ、この子はそれが自慢なんだ、ちょっと嬉しいナ」と微笑ましく思ったのでした。
夜店で買った金魚の世話なんて、子供はすぐ飽きてしまい、結局お母さんがすることになります。
たった10円の生き物のエサやりや水代えをちゃんとしてやり、金魚代よりずっと高い
水槽を買って、金魚が長生きできるように細やかな世話をするお母さんを
この息子は無意識にでも自慢に思っているのです。素敵ですね~。

*これはあくまでもペットを手に入れようと決めた際の判断材料の一つです
道端に倒れている猫を見て見ぬ振りする人よりは、飼うのは大変とわかっていても
つい手を差し伸べてしまうのが「憐憫を知る動物」人間としての正しい行動だと思います

これも無関係な画像;茶々丸とノビタ
DSC11213.jpg



  1. 2009/05/19(火) 05:52:20|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宣伝

インターネットの広告で最近よく見るんですが「3分で貴方の愛犬しつけます」って・・・
3分で困った行動を改善できたとしたら、それはその犬が天才だということです。
「貴方の奥さんを3分で良妻にします」と言われたらご主人、絶対信じないでしょう?
毎日3分愛犬との楽しいトレーニングの時間を作る、というなら信じますけどね。
日本のしつけ教室って、トレーニング方法の出所を明確にしていないですね。
クリッカートレーニングは誰が考案したか、陽性強化などのトレーニング理論は
誰が研究し、今のような形に進化したのか、自分はどこでそれを学んだか、
など、先人に敬意を表するということが少ない気がします。
まるでそれぞれ自分が独自で生み出したかのような宣伝をしているのが
見ていて恥ずかしい。美学というものがないのでしょうか。

D.I.N.G.O.(ディンゴ)システムでは、犬のしつけの研究の歴史、変遷などをできるだけ
正確に説明する「犬通」というセミナーを開催しています。
(しつけの歴史だけにとどまらず犬という動物の科学的研究、行動学の歴史も)
犬についてもっと正確な情報が欲しい、もっと犬という動物のことを知りたい、という方は
こちらをどうぞ http://www.dingo.gr.jp/guide/body_inutsu.html


画像は全く関係ないですが
いとしのグレタと拾ったばかりのプーニャン。まだデジカメのなかった頃
グレタの美しさ、これでは伝わりましぇん(T_T)
gureta5.jpg

パルとグレタ、そしてシェルティのブリィ  主人ラブの賢い穏やかなワンでした
gureta10.jpg

パルの子猫時代 可愛かったけど懐かなくて抱っこもできなかった・・
懐かしい写真を載せてみました
paru5.jpg


  1. 2009/05/18(月) 04:52:37|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続パル爺さん頑張ってまス

雨の日はお散歩しないで大人しく寝ていてくれるワン'ズですが、2日も続くとちょっと可哀相。
ということで、トレーニングルームでトリーツガッチャで運動させることに。
前にも言いましたが、この3頭、食べ物の取り合いでケンカをまずしないので
助かっています。 そういうところはまるおとレディが大人なんだろうな、と思います。
この3頭がそういうベースを作ってくれているので、時折預かる子たちも
なんとなくそのルールに従ってくれるので楽です。
さて、ネコではノビタとキューがいつも一緒に参加しますが、今回はなんと
パル爺さんまで2階から降りてきて参加したではありませんか!
5月で16歳になったパルはケンマッコート風に言えば「ビレッジキャット」、
今までこういった団体行動が苦手だったのでびっくりです。
犬のおやつを食べさせるのはいけないかもしれませんが、
常食にするわけでなし、それより興味を持って参加してくれたことが嬉しいのです。
しかもこのごろヨーグルトや牛乳にもちょっとずつチャレンジしています。
牛乳はあまり与えないようにという考えもありますが、
今はパルの便秘のほうがよほど恐いので好きにさせています。
歳とってもどうか毎日を楽しんで欲しい、身体を動かして、食べ物に執着して、
遊びに関心を持って生活して欲しいな、と思います。
そういう風に1頭ずつ観察し、ケアするとなると、私一人ではネコでも3頭が限度、かしら。
会に保護された好みの子猫を見ると可愛くて食べちゃいたくなりますが、
多頭飼い崩壊現場をいくつか見てきて、自分を常に戒めています。
ネコは飼いやすいペットですが、それでも放っておいていいということはありません。
毎日の1頭ずつとのスキンシップ、遊びの時間は必要です。
でもとりあえずご飯とトイレの世話だけでも「生きてはいける」ので、
犬より多頭飼いシンドロームの犠牲になりやすいのではないでしょうか。

maruo27.jpg

その後パルだけでネコジャラシで遊んでみました。
カメのようなスピードですが、確かにじゃれましたよ(^^ゞ 嬉しい
paru4.jpg

気がつけば、パルの後ろ足の古爪が3本落ちていました。そうか・・パル、爪とぎも
最近してなかったからなぁ。 久しぶりにカーペットを蹴ったので爪とぎ効果が出たんだね
paruu5.jpg
  1. 2009/05/17(日) 03:58:49|
  2. わが家の猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成ネコ普及協会旗揚げ??

今日土曜日はダブルのお見合いで忙しい週末に。
午前中にワンコのお見合い、午後はニャンコのお見合いとトライアル。

結果としてはワンのお見合いは今回ご縁がなかったけれど、
とても優しい仲の良いご家族で、お知り合いになれてよかったです。
ニャンコのサリーちゃんのほうは無事トライアルに入りました。
ネコのお見合いは犬よりずっと成功率が高い、それはネコは
あまり個体差が(犬に比べて)少ないのと、元々とても飼いやすい動物だからかでしょうか。

ネコって都会で飼うペットとして最高だと思います。 ほんの少しの時間の触れ合いで
満足してくれるし、トイレは生まれつき綺麗好きだし、声も響かない、完全室内飼いですから
散歩も必要ない、健康な子であれば匂いも少ない、大きさも手ごろ。
しかも犬と同じように知能が高く愛情深い。
ネコをお好きでない方の大半は「飼ったことがない」のではないでしょうか。
・・・・・全てにおいて完璧なネコの弱点は「外面が悪いこと」です。
小さな弱い生き物に優しくない世界、それが現代社会です。
一歩外に出たら、猫は身を守るために小さな野生動物になります、が、
同じネコが家に帰ると甘ったれの子供に変身するのです。
ネコはどうも~という貴方、貴方が特に支配的な性格でないなら
(ネコは支配されるのは好みませんので)
ものは試し、ネコを家庭内に入れてみていただければ、素晴らしく愛らしい、
最高のペットになるでしょう。
ただ、子猫ではなくできれば大人のネコをお願いします。
子猫を、落ち着いた性格の安定した大人のネコに育てるのは結構大変です。
ネコ初めての方、お留守番の多い方はどうか性格の良い成ネコを迎えてあげてください。
ネコ党の皆様、どうか「大人の猫にもドアを開けて~」運動をご一緒に
広めていただけないでしょうか。お願いしますm(__)m


maruokyu1.jpg

  1. 2009/05/16(土) 13:59:23|
  2. 猫について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノビタ三文安?

我が家のネコ歴はかれこれ20年以上になります。
最初に拾ったグレタ(マイダーリン♪享年16歳)が最高のネコだったので
以降どっぷり深みに嵌ってしまったというわけです。
次男がプーニャン(享年16歳)三男が茶々丸(享年20歳)四男がパル(現在16歳)
と4頭の時代が続き、現在はパル爺さん以下ノビタ((7歳)キュー(2歳)と3頭います。
全て子猫で拾ったのですが、ノビタは特にへその緒がついて目も耳もまだ塞がっている
生後数日の状態でしたので、約3週間、ほとんど3~4時間睡眠で朦朧とした状態で
ミルク、オシリの始末(綿で叩いて促してやらないと出ない)、毛づくろい、離乳食へと
私が育てあげた子です。
また、ノビタ・キューはグレタに育てられなかった世代で(グレタは遊んでやったり
毛づくろいしたり、教育的指導したりとボスの役目を十二分に果たしていました)
そんな色々な要素が混じって、どうやらノビタ、一人っ子気質になってしまった感があります。
キューは2ヶ月になるまでどうも人懐こかったらしい母親や兄弟と育っているので
抜群の社会性社交性がありますが、ノビタはちょっと気難しいのです。
その癖寂しがり屋で布団に入って寝るし、PCの前に座ると必ずテーブルに乗って邪魔します。
抱っこして欲しいのです。それで仕方なく抱っこしてマッサージすると、
ひとしきりゴロゴロ言ってたかと思うと、最後は「ガブッ!」 「いててて!もう~降りてよ!」
となる毎日。
小さい頃よく「一人っ子の三文安」と言われましたが、こういう時はつくづく育て方間違えたワ、
「ノビタ三文安っ」と思います・・・それでも愛しいけど(^^ゞ

こんなに可愛かったのに・・
DSCF0159.jpg
今ではこんなオッサン顔に
nobita2.jpg
特技「ウサギ顔ッ」・・・こんなことするからガブッてされるの?
nobita3.jpg



  1. 2009/05/15(金) 09:52:34|
  2. わが家の猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隣の芝生は・・

先月断行した芝生植え替えですが、漸く形になってきました。
niwahana7.jpg

とは言え「隣の芝生は青い」という諺がありますが、どうも他所のお宅で見るのと何かが違う、
と思ったら、「隙間」だらけだったんですわ。
できるだけびっしりと敷いたつもりでしたが、地ならし作業を手抜きしたため凹凸が残り、
それを無理に目土でカバーしようと部分的に厚く盛りすぎてしまった為、その部分からは
芝が生えてきていない、ということのようです。
2階から見るとはっきりわかります。
niwahana8.jpg

犬たちの表庭締め出しから3週間、解禁するまでにはもう少し時間がかかりそうです。
がっかり・・・

  1. 2009/05/14(木) 06:20:36|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まるちゃんを見直す♪

遅まきながら・・先日の林試の森フェスタでのまるおの活躍にはホント、感激しました。
rinsi2009-10.jpg


まるおの進歩はとてもゆっくりで、つい見逃してしまいがちですが、
3年という歳月で振り返ってみると、「あらら~」とびっくりするほど
自分を変えてきてくれているのがわかります。
毎日のトレーニングではわからない、「こんなこと、無駄かなぁ」と思うこともありましたが、
やはり「量は質に転化する」  毎日の積み重ねに着実に応えてくれていたまるちゃんです。
子供の甲高い声、自転車のきしむ音、他犬、知らない男性、身体を拘束されること
(手足や尾などを掴まれたり)・・・沢山あった苦手の殆どを克服して、今では
人間はおやつをくれる存在だ、と信じているまるお。
お祭りイベントが好きで「可愛い」と言われると嬉しくなるまるお。
推定3歳未去勢のおっさん犬、首輪の代わりに太い金属チェーンを錠前つきで巻かれていた
犬でも適応力を健全に持っていて、日々の積み重ねに応えてゆっくりでも着実に変化する、
その様子は見ていて飽きることがありません。

まるおがセンター収容時首に巻かれていた鎖
病院でカッターで切断するしか外す方法はありませんでした。
maruo4.jpg









  1. 2009/05/12(火) 02:17:54|
  2. まるお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイエット

日曜日はワンコの移動でした。
とても性格の良い子ですが超肥満犬。
あまりに太りすぎてお腹が地面につきそうなくらい、小型犬なので足腰に負担が
応えるでしょうし、心臓にも他の内臓にもよくありません。
スタッフが緊急で預かり、1キロ以上痩せたのですが、まだ本格的なダイエットはこれから。
信頼できる細やかなお世話をしてくださる預かりボラさん宅に置いて帰ってきました。
太りすぎで運動で痩せさせることができないので、地道に食事と少しずつ身体を動かすこと、
それに気休めと言われるかもしれませんが、身体のマッサージ。
リンパの流れをよくしてあげることも何もしないよりいいのではないかと思います。

・・・・・犬のダイエットには厳しい私も自分のダイエットは遅々として進まない現状です。
先日教室でフリースタイル(犬とのダンス)の有名な先生がいらして撮影が行われましたが、
犬よりその方の動き、姿の美しさに見惚れてしまいました。
小柄なのに、動きがシャープで大胆、指の先まで美しい・・・
フリースタイルってダイエットになるわ!と思って家でまねしてみたのですが、案の定
ガッカリを通り越してうんざり、でした。
レディの動きはシャープなのに、私がもたもた、田舎の盆踊りにしかみえない。
ダンスの素質という問題もあるけれど、まずは身体が鈍くさい;切れが全くない。
ついでにウエストがない!
もう~、絶対に痩せるゾ!!ブログを見ている人(少ないでしょうけど (^^ゞ)の前で
宣言して自分を追い込む、という暴挙に。
見ていてください、来年にはスレンダーになって美しく舞い踊るフリースタイルの
発表会の映像をお見せします・・・もしかしたらネ。

画像は最近みんなに「痩せたね」といわれるまるお(憎らしい)
母ちゃん、こんなふうに喰っちゃ寝してたら痩せるわけないじゃん」byまるお
maruo116.jpg





  1. 2009/05/10(日) 18:27:10|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恵比寿ガレージセール

9日土曜日は素晴らしいお天気でしたね。
恵比寿駅西口からガーデンプレイスへの道筋、という絶好の場所で
2回目の恵比寿ガレージセールを開催させていただきました。
タンタンママさんの全面的ご協力の元、レンママさん、タンタンママさんのお友達と4人、
プラスレン君とメナの看板犬で1時から4時過ぎまで、予想外のお客様の多さに
びっくりしながら楽しく過ごしました。
ほとんどが恵比寿界隈の方でしたが、
メールやりとりした方がいらしてくださったり、HPをご覧になったという方もいらしてくださり
人との出会いの不思議さも感じました。
残った人生のなかで後どれくらいの人たちと知り合いになれるだろうか、と
ふと想うのも歳とった証拠でしょうね。
メナは最近1頭でのお散歩が(少しですが)できるようになりつつあります。
1頭だけ、とわかるとちょっと逃げ腰ですが、いざ出かけると「フンフンっ」と
鼻息が荒くなるのが可愛くてたまりません。
まるで自分を奮い立たせているようです。
恵比寿では超フレンドリーな紳士レン君が傍にいてくれたことでずいぶん助けられたようです。
今度遊びに来てね♪byメナ
menaren1.jpg
この箱一山200円??
ebisusale6.jpg

ebisusale1.jpg

ebisusale5.jpg

  1. 2009/05/09(土) 18:05:50|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

進化する猫、キュー

我が家の歴代の猫の中で、もしかしたらキューはずば抜けた知能の持ち主かもしれない。
高貴で男らしく、愛情に満ちた最愛のグレタも、キューの頭脳には敵わなかったかも?
初めに拾った時はどこにでもいる黒虎で地味な子猫、「仕方なく」保護したのだけれど、
キューはひょっとしたら近くの秘密脳科学研究所から逃げ出してきた実験動物なのではないか、
と思わせる悪知恵の持ち主だ。しかも日々進化し続けている。

大型犬を飼っている方からのご相談で、よく「ゴミ箱をひっくり返す」「食べ物の盗み食い」
というのがあるが、そういう時、「いけない事、という認識を犬が理解できるまでは
飼い主さんが管理しなくては。手の届かない所にまずしまうようにしましょうよ」などと
お応えしているが、我が家のように悪魔的な知能の猫と行動力のある犬が手を組んだ場合は
どうしたらいいというのだろう。
キューが来る前は(グレタからノビタまでの20年近く)必要のなかったガムテープが
今は我が家のあちこちに貼られて、いっそうのボロ屋感をかもし出している。
まずは;
玄関・・・古い重いガラスの引き戸をこじ開ける(これはノビタもマスターしてしまった)
茶箪笥・・・最近ここにお菓子を保管するようにしていたら、おととい引き戸をあけて
      中のお菓子類全滅・・
古い冷蔵庫・・・犬たちが生食のため、我が家には冷蔵庫が3つあり、古いタイプの2つは
     キューが開けてしまう。2度ほど中の食べ物を全て犬ネコに食べつくされた。
猫缶収納ボックス・・・中の缶詰を落とし、犬が缶詰ごと噛み砕いて10個ほど食われた
縦型窓・・・これこそキューの天才たる所以!ドアを開ける猫というのは話題になるけれど
      この窓の鍵は上に押し上げなければいけないタイプ、しかも力いっぱい押しても
      下の部分がほんの少ししか開かない。内側には網戸まである。
       手順としては、①網戸を手前に引いて開け、②取っ手を上に押し上げ
        ③ガラス窓の下の部分だけを押して隙間を作り④ほんの小さな隙間から・・・
kyuu6.jpg
kyu5.jpg
kyuu5.jpg


多分犬たちも学習して、留守中にキューが何か始めたら期待して集まるように
なっているのではないだろうか・・・キューが陰のボス、そして荒くれ者の手下たち、という構図が
想像できてしまうのが恐い。
しかも部類の愛想の良さ!初めてのお客様にも動じずスリスリ攻撃、犬にまで愛想を使い、
媚びる様子はまさに高田純次。 
・・・・・そしてこの悪知恵の天才ぶりに益々惚れこんでしまう私は唯の猫馬鹿です。
「ウチの猫は天才だ~」
maruo261.jpg

  1. 2009/05/07(木) 17:26:03|
  2. わが家の猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

老猫に想う

老猫パルの様子が少しずつ変化している。
食べ物への執着が増してきているのはわかっていたが
・毛づくろいを一切しなくなった
・目やに、鼻クソなどが目立つようになった
・ほとんど動かず一日寝ている
そして酷い便秘症状に悩まされるようになっている。
気がついたのは1年くらい前から、トイレで怖ろしい唸り声を出すように
なったからで、今は薬を毎食飲んでいるが、それでも1~2ヶ月ごとに
極度の便秘で病院に連れていくようになってしまった。
看護士さん2人と私(尻尾持ち)で支えて先生が掻き出すのだが
猫とは思えないくらいの量を溜め込んでしまう。
レディといい、パルといい、毎日の暮らしの中ではつい忘れてしまうけれど
確実に別れの時は近づいているのだ。

大人になって自分の責任でペットを飼うようになってから
初めて訪れた別れは、シェルティのブリー、そして最愛の猫グレタの死、
プーニャン、茶々丸・・・みんな15歳以上まで生きてくれたけれど
悲しみがそれで減るものではない。ただ、ペットが人間より寿命が短いのは
もしかしたら飼い主に「死」への準備を促すためなのかもしれないとも思う。
肉親の死は重すぎて、冷静に何かを考えることもできなかったけれど、
犬や猫たちの死を看取り、手の中で最後の息を吐いて「何か」がその身体から抜け出すのを
感じると、自分はどうやって最後を迎えたいか、
「延命処置」についても深く考えざるを得なくなってくる。
また、「魂」というものに対しての自分自身のスタンスも否応なく明らかになってくる。
あれだけの楽しいこと、哀しいこと、色々なことを記憶した善良な心が
たかが「死」という境界線を越えただけで空中に霧散してしまうものだろうか。
証明や検証は天才科学者や霊能力者の方たちにお任せして、
凡人である私は「信じるか信じないか」それを選択するだけである・・・
そして私は愛したものたちとの再会を信じることで、「やがて来る自分自身の終末」を
冷静に考えることが、少しはできるようになった(と思う)。

こうやってブログに陰気なことを書き連ねているのも、実はチキンハートで
軟弱者である自分に覚悟を少しずつさせるためなのでして、すみません。
とりあえず我が家の生き物たちは今日もつつがなく過ごしておりますm(__)m

paru3.jpg

何故か水入れに手を突っ込むようになった爺さん
paru2.jpg



  1. 2009/05/06(水) 06:34:21|
  2. 老いたペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒャクちゃん

連休中はどこにも行かずのんびりしていましたが、5日に友人が愛犬を連れて
遊びに来てくれました。
ペキニーズの若い男の子、ヒャク君、飼い主は色々困ったこともあると言いますが
毛むくじゃらの野獣だらけの我が家に来ても落ち着いていて
すぐに探検を始めたり、しつこいメナに付きまとわれても「ウ~」とも言わないあたり
大物の風格です。
まるおは・・・相変わらず小型犬には何故か人気があるようです。
動きが鈍いから安心? 
小型犬は、どうしてもダッコされることが多くなりがちで、何かあるとすぐ
「ママ~」と逃げ帰るのに、ヒャク君、しっかり適応力があるわ。

犬連れのお客様は大歓迎、我が家の犬ネコにとってもとても良い刺激になります。
ヒャク君またきてね♪
hyakumaru1.jpg

hyaku1.jpg

  1. 2009/05/05(火) 15:23:03|
  2. 犬友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9日恵比寿にてガレージセール!

9日土曜日に恵比寿のタンタンママさまのガレージでアリスガレージセールを
開催します。
こじんまりとしたセールですが結構いい物ありますよ。
皆様いらしてください♪
   5月9日土曜日 午後1時~5時
   JR恵比寿駅西口を出て左「恵比寿南」の信号左折して坂を登る途中です
   駅から5分くらい、すぐ近くには恵比寿ガーデンプレイスもあります
   
ポスターをドッグマイスターさんに貼ってもらうためにレディとお邪魔してきました。
いつにも増して賑やかなのは、連休中の預かりワンちゃんがいるため。
レトリバー3種並べてみましたが、やはり黒い子は映りが今一ですね。
redy14.jpg

   JR
  1. 2009/05/03(日) 03:14:55|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日、数年前に会から巣立ったクジラ君に逢いました。
とてもハンサムな男の子です。
kujira1.jpg

ゴールデンウィークはどこへも行かず、まったりと過ごしています。
今日は久しぶりに熟年コンビと総持寺へ。
redymaruo1.jpg
  1. 2009/05/02(土) 03:06:48|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0