FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ブリーダーって言うな!

最近は、愛犬の入手先はという問いに
『ブリーダーから買った』という飼い主さんが
増えてきた。
でも、話を聞いていくと、それはすべてが「なんちゃってブリーダー」
じゃないの?と思うものばかりだ。

まず、一人暮らしで勤め人、毎日長時間の留守番がある人に
2か月令の子犬を平気で売る
 =子犬の世話の大変さ、社会化などの必要性を一切説明しようとしていない:
親犬の環境を開示できないし、する気もない:
事前に見学できない遠方のヒトに、平気で
2か月にもならない子犬を空輸で売りつける:
様々な犬種を多数扱っている:
犬を商品としてしか見ていない「業者」が、
ブリーダーという立場が認識されだしたために
なりすましで名乗っているだけじゃないかと思う。

ブリーダーは乱暴な言い方をすると
貴族の趣味、だったのだ。
それで生計を立てようというのでなく、
気に入った犬種の容姿と性格を保護改良するために
血統や、(ここが一番大事だ)遺伝的要素などを
研究し、相手を選んで子犬を分けてあげる。

だが、なんであれ金の匂いがする所には
有象無象が群がるのが世の常、
それはいいけれど、こと命を扱う世界では
たちまち悲惨な、搾取されるばかりの動物が
溢れることになる。
繁殖業者、ペットショップ、〇〇カフェとか・・・
(恥ずかしいことだが、訓練関係も例外じゃない)。

サムの膝蓋骨脱臼症はほぼ遺伝的なものだった、
知った時は本当にガッカリしたし、ブリーダーに
不信感を少しもったけれど、
今思い返すと、サムの実家は日本では数少ない
本当のブリーダーだった。
サム達兄弟の半分が膝蓋骨に異常が出たのも、
さらに良い血を取り入れようと試みたのが
裏目に出ただけで、遺伝的疾患の検査まで
精密にしても、新しい組み合わせには
思わぬ結果が出ることがあるという例だった。

膝蓋骨脱臼症のサムと出会えたからこそ
犬との付き合い方がまったく変ったし、
「トレーニング」そのものにも、疑いの眼を向けて
より深く考えるようになった。
(サムは強制はもちろん、陽性強化などのトレーニングさえ
一切していないのに最高に素晴らしい相棒になったよ)

つかの間だったけれど素晴らしい性格の犬と
ただ楽しく愛しあう日々を過ごすことができた。



サムを譲り受けるための面談があり、
2か月令をすぎるまで何度もブリーダー宅に会いに通った。
犬たちが遊ぶ広大なフィールドがあり、すべてのフラットが
室内でヒトと一緒に落ち着いて暮らしていた。
遺伝的要素、股関節などの精密検査、ショーでの成績などから
選ばれた犬だけから子を取り、
出産は成熟期の数年だけ、それも1年おきという
まったく商売にはならない方法をとっていた。


そういう「ブリーダー」がいるかぎり、
繁殖業者がブリーダーと名乗ってはいけないと思う。

つい最近、似非ブリーダーから購入する予定の方の
話を聞いたので、ちょっと熱くなってしまった。

ところで話が変わるけど、
こちらがひそかに世界で一番美しいと思ってる犬の顔です(#^^#)
雑種のなかの雑種ですけど

2019-2-5メナ1 2019-2-5メナ2 2019-2-7多摩川1 2019-2-10メナ&ハテナ2

適度に太く適度な長さのあるマズル
黒くて適度に大きい鼻
適度に張っている頬
斜めについた適度な大きさの眼(大きすぎない)
適度な大きさの立ち耳(片方垂れてても可)
細すぎずふとすぎず、適度な長さの首
これが私の世界で一番美しいと思う犬の顔、
いつ見ても惚れ惚れしちゃう(笑われてもいいし)
最近中年太りで首回りから肩にかけてだぶついてきてるけどね

・・・みんな好きな犬の顔が違うのは当たりまえ、
現に私もサムの ゆるんだ口元や奥眼を愛したし。

これはこれで可愛いと思います♪
2019-1-22ジャミラ1


  1. 2019/02/21(木) 08:07:36|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虐待を受けた犬の反応



飼い主に蹴り上げられていた動画のラブのその後、
保護団体で治療を受けているが、
その犬がとても人懐こくて
ずっと撫でて、とか顔を舐めてきたりなどしているという。

被虐待児童についてはわからないが、
犬に関しては経験から、
虐待を受けていた犬は、24時間いつ暴力を受けるか
わからない不安の中で生きてきたので、
常にヒトの顔色、つまり感情をうかがう
哀しい習慣がついてしまっている。
だから、新しい人間、新しい環境になっても
人間を信じきれないでいるのだ。
優しく接してくれるヒトにも
機嫌を常に確認せずにいられないのだと私には思えてしまう。

そういう状態はまだ完全に暴力に支配されているのに、
こんな穏やかで人懐こいのだから
元の飼い主も可愛がって育てていたのかもしれない、
なんてアホなことを言う奴がいたりして。

そういった犬が、もう暴力を受けないと理解してくると、
ようやく本来の性格がでてくる、そして
後追い(分離不安なども)しなくなり、
呼んでも寝ていたり、悪戯したりというゆったりした行動が
出てきてようやくリハビリがひと段落。
それでもヒトが手を振り上げたり足を急に動かしたりなど
暴力を連想するような動作に可哀そうなほど反応する
といった後遺症は残る。

でもこういった子たちは幸運で、
暴力を受け続けて、心が壊れてしまった犬は
普通の家庭では救いようがない。

暴力をふるうのはとても簡単なのに、
その被害を修復するのはとても大変だ、長い時間と手間・根気が必要だ。
あまりにも大きいその不均衡を是正するために
法による罰が求められるのだと思う。

楽しい画像を:

譲渡会が24日にあるので、ハニーを抱っこしたまま
スタッフ業務をするのにこんなのをネット購入した。

なんか人気で、ハニーはご機嫌で入ってるし
ハテナは入りたくてしつこい、
「ハニーでギリギリなのよ、ハテナはおデブだから無理だって!」
2019-2-14ネコトレーナー1 2019-2-14ネコトレーナー2

小型犬用の洋服が(寄付でいただいた)あったので着せてみたら、可愛い♡
小型犬に服を着せたくなる飼い主の気持ちが少しだけわかった。
2019-2-11ジャミラ1 2019-2-11ジャミラ2

我が家の犬は家の中では首輪はつけない。
元々ネックレスとかが苦手で自分がイヤなので
犬にもつけなかったのだが、
昔保護した犬が、譲渡先で留守番中に雷にパニックになって
ありえない高さの突起物に首輪をひっかけて首つりで死んだ、
そのショックから首輪がさらに苦手になった。
一方で雷や花火にパニックになって脱走した犬が
首輪のおかげで無事家に戻されたという話も聞くので
最後は飼い主の主観だと思う。
でも、預かりっ子は万一のために、緩い首輪をつけている。
ジャミラのは猫用で、もしも何かにひっかかったら外れるタイプ。
  2019-2-11ジャミラ3

被り物はやっぱりのび太。
何をされても動じない、タレント猫にでもすればよかったかね
 2019-2-11のび太1
  1. 2019/02/14(木) 18:42:08|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬同士のコミュニケーションスキル ~無視するという方法~


ジャミラについてはたくさん記録すべきことが
あるんだけど、その前に、
10日に来てから5日後、14日に初めてジャミを
川辺の散歩に同伴した時の画像:


サムが逝ってしまってから散歩に参加しないで家で留守寝専門だった主人も
久しぶりに協力参加♪
何より主人ラブのメナが嬉しそう
2019-1-14多摩川1ジャミラ 2019-1-14多摩川2ジャミラ 2019-1-14多摩川4ジャミラ

まだ他の犬やヒトと会う準備がジャミラにはないように思えたので
かなり早い時間に出かけたんだけど、
たまたま早く来ていたおなじみ、エースに出会った。

2019-1-14多摩川6ジャミラエース 2019-1-14多摩川6-2ジャミラエース 2019-1-14多摩川6-1ジャミラエース 2019-1-14多摩川7ジャミラエース

私はエースに絶対の信頼を寄せているので、ジャミラにどう対応するのか
見せていただくことにした。
案の定ジャミは彼にもエースパパにもパニック状態でギャンギャン吠えたてたのだが
・・・エースの神対応に魅せられた!

エースは私たちを見つけるといつもどおり飛んで挨拶に。
そしておやつをもらって体を掻いてもらってご満悦。
その間まったくジャミラを一瞥もしない!
足元で噛みつかんばかりに吠えまくってるジャミなど
その場にいないかのように振舞ったのだ。

私たちのほうに走ってくる間にちびジャミラがまったく社会化がされてないのを
瞬時に理解し、どう振舞うかを決めたとしか思えない。
その日彼は最後まで目線をジャミに向けないままいつもどおり堂々と振舞ったのだ、さすがだわ~

肩すかしを食らったジャミラは初め戸惑い、少しのあいだ吠えていたが、
無視され続けることで落ち着いていくのが手に取るようにわかった。
そしてエースの匂いを嗅いだり、後ろをついていったり。

保護犬にはそれぞれ、個性があり、過去のトラウマがあり、生育環境が違うので
対応もそれぞれに合ったものが必要になる。
ただ、ジャミラの場合はたぶんエースの対応がベストだと思う。
無視するというと、ヒトの場合は「素っ気なくする」と勘違いして
感情がつい入ってしまいがちだが、
本当にただ「いないかのようにおちついていつもどおりふるまう」というのを
エースから教えてもらった。
これは高度なコミュニケーションスキルと自信がないと難しい、
エースはいざという時は喧嘩のただなかに割って入ることも辞さない、
コミュニケーション能力がとびぬけた犬だが、
川辺で会う他の犬たちも、多かれ少なかれジャミに寛容だった。
彼女が犬社会のコミュ能力がないことがわかると無視してくれたのだ。

ちなみに、8日後22日早朝のジャミとエース

2019-1-22多摩川6 2019-1-22多摩川7 2019-1-22多摩川8 2019-1-22多摩川9エース
ジャミ、エースを信頼してるのがわかるかしら?


というわけで、14日の散歩デビューでお疲れのジャミラでした
2019-1-14多摩川13ジャミラ 2019-1-14多摩川14ジャミラ


  1. 2019/02/06(水) 20:24:40|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外旅行では野良犬に近づかないこと・・・そのとおり!

ピノママからの画像が面白かった 可愛いのでアップ♪


川辺で散歩するピノ ・・・なんだか常に地面に足が着いてないみたいね
              不思議の国の黒ウサギか!
2018-11-13ピノ近況3 2018-11-13ピノ近況4
 2018-11-13ピノ近況5

そして帰宅後は・・・
2018-11-13ピノ近況1 2018-11-13ピノ近況2
腹出し、白目で爆睡だそうです(#^^#)



もとからツイッターやインスタには手を出さないのだが
お気に入りで毎日覗いているものはいくつもある。
最近嵌っているSNSは:
Kuniko Norman-Taylor

尻尾のない犬

上は、動物愛護に関したツイッターで、楽しいというより
勇気をもらえる。
そして「尻尾のない犬」は、主にアジアを中心とした「イヌ」たちの
素晴らしい画像とお茶が中心の女性カメラマンのツイッター(タイ在住)。

なんで今まで知らなかったんだろ、という衝撃だった。
そう、世界の「イエイヌ」の過半数はこういった犬たちだと
言っていたとおりの犬の日常が映し出されている。
私たちの周りにいて、つい「イヌとはこういうものだ」と
思い込んでしまいがちな純血種はごく少数の創作された変種なのだ。
野良犬といわれる彼らのほとんどは穏やかで、争いを避け、
表情豊かで人間と緩やかな交流を持ちつつ暮らしている。

これが『イヌ』の原型なのだ。
もう、毎日覗くのが楽しみ♪
カメラマンは街で、旅先で、こういった犬たちとさりげなく交流しながら
素晴らしい写真を撮り続けている。

ただ!
これを見て、彼らに興味を持って旅先で接触しようとしてはならない。
旅のアドバイスに掲載されている「野良犬はいきなり噛むので避けるように」
といった注意はある意味正しい。

それは、常にリードでつながれ、ヒトに辛抱強く従うよう改良された犬たちとしか
暮らしたことのない「先進国」の人間は
イヌの表情やサインを読み取る能力が未発達だからだ。
・カメラのレンズは犬からみれば一つ目の怪物だったり、銃のように
 みえることがあるかも、といった気遣いや想像力がない:
・いきなり頭を撫でようとする
・大声を上げ騒ぎながらまっすぐ近寄っていく
・正面から覆いかぶさっていく
・強い視線を当て続ける
・相手(犬)が今どんな気持ちか、周囲の状況がどうかなど慮らない
こういったマナー無視オンパレードの人間が
イヌの「あんたは信用できない、近寄らないでくれ」というたくさんの警告を
無視した挙句、軽く噛まれたりしたら、
イヌたちは殺処分されかねないからだ。
イヌたちのために、旅行者は彼らに近寄らないこと、正しいアドバイスだね。


  1. 2018/11/15(木) 08:52:15|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現代の犬の憂鬱

~自由に生きるバリ島の犬が家庭犬になると、
      性格にどんな変化が起こるのか? ~

https://inuiwaku.net/?p=18138

この記事から、やっぱり野良犬野犬は家庭犬として
飼うのは難しい、野生の自由を奪うのは酷だ、
という感想が 犬曰く THE VOICE OF THE DOGS 
 『 野犬出身の保護犬を考える 』
https://inuiwaku.net/?p=18124 にあったが、
それと表裏一体の感想を私は持った。

日本の現代の家庭犬たちの不幸、についてだ。
常に係留を義務付けられ、さらに家の中でさえ
ケージに閉じ込められて暮らす犬が
ストレスにまみれていることは想像に難くない。
家庭犬の「問題行動」のかなりが
自由を奪われたことから派生しているのではないかとさえ思える。

係留の義務化は、ヒトと犬の共生の歴史では
ほんのごくごく最近のことで、
それまでは、高価な愛玩犬や、気性の荒い銃猟犬以外の
巷で犬はフリーだった。
狂犬病の予防、そして過密化してゆく都市のために
係留は仕方ないことだったのだとされている。
だが、ほんの数十年前まで、隣りのリュウは
我が家の縁側に毎晩遊びにきては祖父の晩酌の
お相伴にあずかっていたし、日本でも田舎ではまだそんな気風が
少しは残されている。
私は犬のQOLを検討するとき、
いつか、なんらかの形で犬の「自由」についても
取り上げられるようになることを願う。
実現するためには
穏やかで安定した犬の性格を育む必要があるが、
それは訓練ではなく、穏やかで安定した愛情でのみ
育つものだと思っている。


~バリ島に生きる~の記者の以下の言葉に共感:

『人と関わりすぎず、けれども人を恐れて避けるようなこともなく
何千年もバリ島で生きてきたバリ犬が欲する自由は、
もはや一般の家庭犬にとっては大して必要とされていないものかもしれません。
けれども犬を家族として迎える昨今、
犬が家畜化された初期にはしていただろう自由な環境下での
自主的な行動を制限する生活を強いている可能性が
ないとは言い切れないかもしれないとも思います。
そしてそれが現代の犬たちになんらかの影響を与えているかもしれないこと、
ならばその欲求を満たすに代わるなにかをどう与えていけばいいのかなど、
改めて考えてみることも大切ではないかと感じました。
現代社会において必要以上に“人間界のルール”を犬に対して
無意識的にあるいは当然のごとく
押し付けてしまっているところがあるかもしれませんから』


7日早朝の散歩
2018-10-7多摩川1 2018-10-7多摩川2

2018-10-7多摩川3 

これは誰??

2018-10-7多摩川4 

川に入り込んで泥水に顔を突っ込んだサリーちゃんだった!(#^^#)
帰ったらお風呂だって
2018-10-7多摩川5サリー
  1. 2018/10/05(金) 11:33:09|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ