FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ジャミラ手術終了、そして股関節について

ジャミラは8日不妊手術と抜歯、スケーリング、X線で股関節検査を終え、
昨日無事退院。

エリザベスカラー装着、するはずなんだけど、
傷口が例によって手際よく小さくて
ジャミが気にしていないのでカラーは着けないで生活中。

2019-2-9ジャミ手術後1  2019-2-9ジャミ手術後3
歯も残っていた乳歯を抜歯、きれいにスケーリングしてもらって
若々しい白い歯に。
  抜歯前                抜歯・スケーリング後         
2019-1-11ジャミラの歯1   2019-2-9ジャミ手術後2

怪しいと思っていた右膝はゆるいだけで、問題は右股関節だった。
遺伝性の形成不全ではなく、右股関節が脱臼しかけたまま固まっていて、
子犬のころの後天的な事故(落としたりなど)によるものではないかとのこと。
股関節の可動範囲がとても狭いため、右ひざ関節がゆるくなっていて
膝を持ち上げる癖がついてしまっているのか。
外科の先生なら積極的外科手術・・・人工関節を勧めるかもしれないが
現状で痛みがないため、どうするかは判断に迷う、とのこと。

私も、「痛み」が最大の判断基準なので、痛みがないようなら
このまま筋肉をつけて、様子をみようと思う。
保護してすぐまた手術、固定のための行動制限の日々というのは
可哀そうだ。

子供の情操教育のため、というのは何度も言うが
親がペットをどう愛し、世話を尽くすかを見せることができなければ
まったく逆効果にしかならない。
以前も書いたことがあるが、
街で耳にした、見知らぬ高校生男子二人の会話が今も心に残っている;
夜店で買った金魚がでっかくなってしまって、水槽で飼っているんだ、
という男の子、そのちょっとした会話から
親が夜店の金魚をきちんと世話し、『でっかく』なるまで育て、
水槽まで用意したその姿が浮かんでくる。
それこそが親が見せる情操教育というものだろう。
子供に子犬を与えておもちゃ代わりにさせる、挙句に
落として怪我させたのかも、と想像すると、ジャミラが
哀れに思えてくる(怪我させたのが子供でなかったらもっと問題だけど)。

体重は順調に2.5kgに増えていて、脚のことを考えてこれくらいで
維持しようということに。
検便結果でキャンピロも出ていない。

2019-2-9ジャミ手術後4 
傷口が痛むのか、精神的ショックか、1日中大人しかったジャミラ。
頑張ったね。
  1. 2019/02/10(日) 23:03:17|
  2. ジャミラ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャミラ①

1月10日にやってきたジャミラ、
ようやく少し落ち着いてきて、
私の日常もおかげさまで落ち着いてきた。

とりあえず、ジャミラの記録を:

1歳半の女の子
(ペットショップによれば)品種;マルキー
マルチーズとヨークシャーのハーフ

保護時の体重:2.1kg

腰骨と背骨が浮き上がり、触ると尖っていた。
虐待というより、犬の世話まで手がまわらない状態だったのだと思うが、
もう一つ、ペットショップでの無責任な説明も
原因だったんじゃないかと思う。
まだ幼い犬に「1日2回の食事でいい」とか
現体重(成長期なのに)にあわせた食事量を勧めたり、とか。

犬もそれぞれ活動量も代謝も違うので、
ドッグフード記載の量なんて、単なる比較対象でしかない、
毎日触って、量を調節する必要があるし、
子犬では最低でも1日3~4回くらいに分けて与えるものだ。
そういった煩雑な世話が必要なことを
知らないのか、知っていても言うと買ってもらえないので
言わないのか・・

そして、あきらかに右後ろひざも、
もしかしたら股関節もおかしい。
8日手術時にレントゲンで精査予定だが、
街を歩いている小型犬のかなりが見ていると
歩き方が変だなぁ、と思っていたが、
ジャミラも乱繁殖のしわ寄せが出ていると思う。

ジャミラを見ていると、彼女そっくりの母犬が、
ボロボロの汚れ切った体で狭い檻に入れられた姿が
ダブって見えて、切なくなる。
物として扱われ、消耗されて殺される繁殖犬がいることを
ペットショップで「わぁ可愛い♡」と言ってる人たちに
知ってもらえたら。

というわけで、トイレトレと、手作りのうまいものを食べさせることからスタート。

初めのうちは居間から出ていかなかったので
居間全体にスーパーワイドを敷き詰め、炬燵で一緒に寝る生活を2週間
2019-1-10ジャミラトイレ1 2019-1-10ジャミラトイレ2 2019-1-10ジャミラトイレ3
2019-1-10ジャミラトイレ4 2019-1-10ジャミラトイレ5

保護したあと2日間ほどのウンP
一体何を食べていたの?あきらかに食べ物じゃないものが
混ざった白いフン
 2019-1-10ジャミラトイレ6 2019-1-10ジャミラトイレ7
若いから、回復が早い!2日後には素晴らしい、理想的なウンPに感動
2019-1-10ジャミラトイレ8 

茹でた肉や野菜とスープ、卵の黄身・ヨーグルトからスタート
ハテナ用の栄養ミルクも
2019-1-10ジャミラご飯1 2019-1-10ジャミラご飯2 2019-1-11ジャミラご飯1 2019-1-11ジャミラご飯2 2019-1-11ジャミラご飯4 2019-1-11ジャミラご飯5
検便でコクシジウムがいたので、治療
2019-1-11ジャミラご飯3 

病院で初めて知ったのだけど、乳歯がほとんど残っていて
サメのように小さい顎に歯が異常に生えてた。
そしてまだ若いのに、歯石も。手術時にすべて処置予定。

2019-1-11ジャミラの歯1 2019-1-11ジャミラの歯2

さぁ、ジャミラ、これから心身リハビリが始まるよ(このころはまだネコ被ってたね)
2019-1-11ジャミラ1
  1. 2019/02/04(月) 15:39:57|
  2. ジャミラ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャミラです

9日にジャミラが来てから10日間、
ベッドで寝ていない・・・
ずっと居間の炬燵で仮眠とってるけど
さすがに体力の衰えを感じる、昔は
徹夜なんか平気だったのに。

ということで、ジャミラちゃん、しばらく我が家にいます。
2月に不妊手術+抜歯と徐石+レントゲン予定。
そのあとから里親募集を始めます。

2017年7月20日生まれ 1歳半
マルチーズとヨークシャテリアの雑種の女の子
体重2,1kgだった

ペットショップでこういう一代ミックス(純血種と純血種をかけあわせる)を
売るのが流行った時期があった、
この世に1頭だけの個性・・・って売り出し文句で高い値段で雑種を売った。

もうね~、ジャミラに関しては、ペットショップへの怒りが
爆発することばっかりだけど、それはまた
もう少し落ち着いてから改めて書こうと思う。
ただ一つだけ、
「ペット販売契約書」というのもジャミラについてきたんだけど、
その冒頭に、『犬の十戒』を堂々と載せてるの!!
あれだけ有名な詩をここまで冒涜するのっていくらなんでも酷くない??

2019-1-9ジャミラ1 2019-1-9ジャミラ4 2019-1-9ジャミラ6監視隊 2019-1-9ジャミラ11 2019-1-9ジャミラ12 2019-1-9ジャミラ13 2019-1-9ジャミラ14


長い経験の中でも小型愛玩犬は保護したことがない。
以前スタッフをしていたころは
小型犬は他団体が積極的に(施設から)出してくれてて
残った雑種中型犬ばかり預かってきたし
あまりに小さい愛玩犬って、私の中の「犬」という
イメージと違ったし。
でもこれも何かの縁だと思う。

経緯は説明しないが、どの家庭でも、波乱は起きるし
どんなヒトにも予想がつかないのが人生だ。
8年前の震災・原子力事故で、
子供も大人も、高齢者も犠牲になった。
あと少しで天寿を全うできたはずの方でさえ
最期がどうなるかわからない、と思ったものだ。
つまり・・・飼い犬を最期まで世話できない予想外のことが
起きる可能性は誰にでもありえる。
その時最良の道を探してあげるのが最低限の飼い主の務め。
ジャミラは確かに預かった。
きっと幸せな道を探してあげるからね。

それにしても、いつも保護動物に慕われたサムがいたらなぁ・・・

この子たちはダメね、ジャミラをおもちゃとしか思ってない(#^^#)
2019-1-9ジャミラ対ハテナ7 2019-1-9ジャミラ対ハテナ8 2019-1-9ジャミラ対ハテナ9 2019-1-9ジャミラ対ハテナ10
  1. 2019/01/18(金) 17:39:00|
  2. ジャミラ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0