FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

画像だけ

ちょっと心配ごとがあって(ウチの子たちのことではなくて)、
文面を整理する余力がないので
とりあえず昨日の画像だけアップ:

2018-8-22多摩川1 2018-8-22多摩川2 2018-8-22多摩川3 2018-8-22多摩川4

去年の台風で地形はかなり変わってしまったけれど、
美しさは変わらない川辺の風景
いつまでも哀しんでいてはメナが可哀そうだね、
今日の美しさは今日楽しもう

こちら、無防備すぎるジャイアンそらの寝姿・・爆睡ちう
2018-8-22そら1
  1. 2018/08/23(木) 19:32:34|
  2. そら坊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャイアンの1日

3日夜のジャイアンそら
2018-7-3ハテナハニーそら2 2018-7-3ハテナハニーそら3
              ワルそうな顔(#^^#)
2018-7-3ハテナハニーそら4 2018-7-3ハテナハニーそら5

4日のジャイアン   ハテナのしっぽ齧る
2018-7-4そら1 2018-7-4そら2
ウチの白大福 可愛い可愛いおデブさん
2018-7-4チャーシュー1 
兄弟みたいに仲のいいチャシュとポポ  
2018-7-4チャーシュー2 

不穏な後ろ姿・・・ジャイアンだ!
2018-7-4チャーシュー3 ホントにワルい顔してるゎ~ジャイアンそら
2018-7-4チャーシュー4 2018-7-4チャーシュー5 2018-7-4チャーシュー子守り1 2018-7-4チャーシュー子守り2
チャーシューはもう、シッポ捨ててるね、齧られても全然動じない。
2018-7-4チャーシュー子守り3 

  1. 2018/07/07(土) 10:53:21|
  2. そら坊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そら坊

30日からしばらく逗留ちうのそら君ご紹介:

2018-6-30そら君4


会の保護猫ではないが、臨時の預かり先で
ちょっと困っているようなので、
ハテナハニーと月齢が同じくらいだし、ということで
しばらく預かることにした。
譲渡会では少しストレス行動が出てて
興奮気味だったそら君。
1頭だけで保護され、ケージで生活していたみたいで、
猫よりヒトに馴れていて、ネコ同士のマナーがちょっと困ったちゃんだった。
ヒトに馴れているといっても、甘噛み、というかイライラ噛みがあった。

2018-6-30そら君2 2018-6-30そら君3



なので、すぐにフリーに。
できるだけストレスのない生活をさせてみる。
一緒に並んでみると、そら君、とってもでかい!
体型や行動からするとハテナハニーと同じくらいの月齢なので
単純に大型子猫なのだった。
あまりに興奮しすぎたり、ハテナハニー、チャーシューたちを
追いかけまわした時はそっと抱っこして
興奮噛みが治まるまで受け流す、治まってきたら放流。



ハテナ!後ろ後ろ!
2018-6-30ハテナ2 2018-6-30ハテナ1

そら坊とハニーの大きさの違いがわかる?
2018-6-30ハニー2 2018-6-30ハニー1


そら君、身体は大きいのに中身はまだまだ赤ちゃん、
ジャイアン?というか・・・そう、千と千尋の「坊」みたい!
というわけで、我が家でのあだ名は「そら坊」
2018-7-1そら君6坊 参考画像



犬もだが、ネコでは絶対に子供の時、力で押さえつけないことだ、と思う。
子猫に対する 落ち着いたストレスのない大人猫の行動を見ていると
まぁたいがいのことは我慢して受け流している、
チャーシューなどはいきなり甘く見られて
そらにシッポを噛まれても怒らない、
我慢できなくなったら逃げ出している。
猫の何倍も大きい人間が子猫に力をふるえば、
人間への恐怖や嫌悪が植え付けられてしまいかねない。

どうやらそら君、ギリギリで対猫の社会化が間に合ったようで
遊び方も昨日今日あたり、だいぶ落ち着いてきた。

2018-7-1そら君1 2018-7-1そら君2 2018-7-1そら君3 2018-7-1そら君4 2018-7-1そら君5


2日のそら坊
2018-7-2そら君1 2018-7-2そら君3 2018-7-2そら君4 2018-7-2そら君5 2018-7-2そら君6 可愛いなぁ♡(ハテナもハニーもね)
キッズは仲良くなるのが早い、
・・・のはいいんだけど、真夜中の3頭の運動会が激化して、ベッドの上が
遊び場になってて眠れない・・・



犬の育て方で、普段から優しく扱い、好かれるようにしていれば
「いやだ、やめて」のサインが受け入れられるようになるという考え方が
好きなのだが、観察していると猫も同じだということがわかってくる。
遊びたくて好きな相手にしつこくしたり、乱暴にすると
相手が逃げ出してしまう、これが体罰方式でいう「罰」になりうるのは
「好かれていること」が前提。

  1. 2018/07/04(水) 15:14:59|
  2. そら坊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0