FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

チャーシューとポポについて

チャーシューとポポは
今、トライアル中だ。
昨年末、晦日前に新しい家族になるお家へ、
今月末までトライアルとなった。

12月の譲渡会で、チャシュに会いにいらしてくださったご夫妻が、
こちらのブログで見ていて、
ポポが残されるのは可哀そうだからと
二人にお申し出くださった。
ポポは普通のお家ではまだ難しいと
一旦はご辞退したのだが、前に「家庭内野良猫さん」を
飼っていらしたので、ゆっくり過剰期待せずに
接してくださるとのことで、ダメ元で
ふたり一緒にお届けすることになった。
ポポにとっては千載一遇の、降ってわいたような
お話だったが、チャシュにとってもポポと一緒で
心強いことだろうと思う。

譲渡会で話しかけられてからずっと
思考停止みたいになって、ウソでしょ~
という感じ。
もうお子様も独立されていて
悠々自適、在宅業務、年齢的にも問題なく、
ただ集合住宅であることと少し遠いのが心配
(脱走された時この二つは多少障害になるので)
というだけ、なんでチャシュとポポを
見染めてくださったのかわけがわからないんだけど、
とにかくトライアルへふたりは出かけたという次第。

今日まで話題にしなかったのは、ポポを扱いかねて
返される可能性が高かったのはもちろんだけど、
チャシュが思いのほかヘタレで、ケージから出てこないというのと
シャーしたというので、息をひそめて見守っていたから。

でも2度ほど近況画像をいただいて、どうやら
なんとか落ち着くかも、と期待できるようになってきたので
とりあえず報告:
1月4日のふたり
2019-1-4チャーシューポポ2 2019-1-4チャーシューポポ1 2019-1-4チャーシューポポ3

1月7日のふたり
2019-1-7チャーシューポポ1 2019-1-7チャーシューポポ2 2019-1-7チャーシューポポ3 2019-1-7チャーシューポポ4



わたしたちは動物を捨てる人間をたくさん見てきて
そして批判してきた。
だが、赤子のうちから育てて1年以上一緒にいた
チャーシューから見れば、私もまた
そんな酷い飼い主でしかないんだろう。
どれほど心細く、不安だっただろうと思うと
いたたまれない気持ちになる。
右腕の痺れが半年続いてもいいから
どうか早く新しい家族になじんで
幸せになってほしいと願っている。

預かりボラは、動物に対して芯から優しくなければ
なってはいけない、だがまた
こうして「捨てる」ことができるタフさがなければ
続けていけない。
我が家はしょせん合宿所なのだと
保護動物にわかってもらえる方法があるなら
知りたいところだ。
昔は、懐きすぎないように?預かり犬猫は
ケージからほとんど出さない、などという非人道的な
方法もとられたというが、
預かった動物の心身のリハビリには適さないと信じている。
スタッフのひとりは、常々「あなたは預かっている子なのよ」
と話しかけているらしいが、その気持ち、わかるわ・・・

どうかこのままつつがなくトライアルを終えることが
できますように。
  1. 2019/01/11(金) 17:00:02|
  2. チャーシュー&ポポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

預かりっ子スキャンダル ~チャーシュー&ポポ~


昨日の続き、チャーシューとポポのスキャンダルも。


チャーシューは、赤ちゃんから育てたので
もう可愛くてかわいくて♡
外見はそんなに可愛くはないかも、でも性格が可愛い。
声も可愛いし、前足で「ねぇねぇ」と注意をひく仕草も可愛い。


そんなチャーシューのスキャンダルは、
肩やひざを齧ること!
といっても、甘えてくるときに、そぉっとカプッっとする
可愛い甘噛みなので、痛くもない(ちょっと痛いか?)
指や足先じゃなくってなぜ膝や肩なのか、彼なりのこだわりが
あるみたいなので、驚かないで受け入れていただきたい。


そんな可愛いチャーシューのスキャンダルに比べて
ポポのはちょっと問題あり。
彼はウンチをトイレでしてくれないんです。
7頭に対して7個のトイレを用意しているんだけれど
彼の好みは・・・バスタブや洗面台。
要するに、排水口のある場所が好き。
これはほぼ毎日のことで、風呂場はドアを閉めて防衛しているが
洗面台は猫トイレが並んでいる場所なので
締め出すことができない。
ある意味、掃除しやすいし、猫砂の節約になるし
なんて考えてくださる方はいるだろうか?
朝起きてきて歯を磨こうとしたら、ネコババが!
という光景は辛いものがあるしね~

まぁ、ポポは人馴れが今一なので、当分イエネコ修行で
ご縁は遠いだろうから、焦ってはいないけれど、
どうしたら直してもらえるかしら。

2018-10-14チャシュ&ポポ1 2018-10-14ハテナ&ポポ2



あくびは移るっていうけど、ホントね~
同じ空間にいて次々とあくびが移っていくところ


2018-10-18あくび1 2018-10-18あくび2 2018-10-18あくび3 2018-10-18あくび4
のび太のあと、私もあくび(#^^#)

  1. 2018/10/22(月) 17:00:32|
  2. チャーシュー&ポポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポポそしてチャーシュー


譲渡会が迫っているんで、ポポとチャーシューの画像アップ:

先輩への挨拶も欠かさない気配り上手ポポ
2018-9-19ポポ1

たま~にだけど、ひっそりと甘えてくれる
座っている私の足にスリスリ
指先に鼻くっつけ
 2018-9-19ポポ3 2018-9-19ポポ2
まぁ、ここまでの話なんですけれどね
抱っこはまだまだ遠い先のことかな・・・


メナご飯盗み食いちう ハテナ
2018-9-19ハテナ1
  キューの開き
 2018-9-19キュー1

今いちばんストレスフルなのはハッピー
穏やかな日常が好き、抱っこが好きな繊細な女の子、
なのに合宿所状態の喧騒にイライラしてしまうの。
だからハッピーだけ、ほんの1~2分でも庭に出して
草を食べさせたりトカゲを追いかけさせたりしてる
(大事なお嬢様なのでがっつり監視つき)

*今年はとうとうカエルを見かけないまま
 6月に1匹だけ、ブサイクな馴染みの年寄り?を見かけたが
 我が家のヒキガエル一族、全滅してしまったんだろうか。
 なんか寂しい・・・まさかハクビシンに食べられてしまったとか?
2018-9-19ハッピー1 2018-9-19トカゲ1

ハテナの師匠はチャーシューだったのか!?
     


  1. 2018/09/21(金) 22:41:35|
  2. チャーシュー&ポポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャーシューポポ預かり日記


チャーシューとポポの近況画像の続き:

ポポ
2018-6-8ポポ1 2018-6-8ポポ2 2018-6-8ポポ3

  2018-6-11チャーシュー&ポポ1
チャーシュー、子猫とポポの相手をして大変♡
2018-6-11ハニー3 2018-6-11ハニー4
2018-6-13チャーシュー1 2018-6-13ポポ1

背後から急に飛び掛かられて慌てるポポ
キッズたちにとってポポは仮想悪玉なのか?
 2018-6-13ポポ2

チャーシューは仮お母さんみたいね
2018-6-14ハテナハニーチャーシュー1
  1. 2018/06/15(金) 22:01:10|
  2. チャーシュー&ポポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャーシューポポ預かり日記

子猫シーズン到来、ということで
チャーシューとポポはひとまず置いておいて、
とにかくハテナハニーにまず良いお家を探さないと。
チャーシューたちはもうほぼ大人体型なので
1か月や2か月遅れてもあまり問題ないしさ。
でも二人とも元気にしています的な近況報告は
しておこう。

二人のいちゃいちゃ画像
2018-6-6チャーシューポポ1 2018-6-8チャーシュー&ポポ1

2018-6-8チャーシュー1
2018-6-8チャーシュー2
チャーシューにべったりなポポ
チャーシューがいなかったらもっと私に甘えてたかな?と
やきもち混じりに思うが、チャシュがいたからポポ、人馴れも進んだのよね

このもちもちのお腹の触り心地のいいこと、みんなに知ってほしい
2018-6-8チャーシュー3 2018-6-8チャーシュー4
可愛い子猫が齧っているものは・・
2018-6-8ハテナ&チャーシュー1 2018-6-8ハテナ&チャーシュー3
我慢強い保父チャシュのしっぽです
子猫の齧りは結構痛いのよ、なぜか怒らないチャシュ
2018-6-8ハテナ&チャーシュー2



我慢できない時はひたすら逃げ出す・・・「ああん、マッテ~」
2018-6-8ハテナ&チャーシュー4 2018-6-8ハテナ&チャーシュー5 2018-6-8ハテナ&チャーシュー6 2018-6-8ハテナ&チャーシュー7


チャシュはホントにおっとりしている。
子猫の面倒をこれほど見てくれる彼だが、これが一生続くかというと
そうとも言い切れない、性格は少しずつ変わっていく。
若い猫は比較的子猫や後輩の面倒見がいい気がする。
ハッピーも若いうちは保母さんをしてくれたのだが
大人になるにつれて、保守的になり、気に食わない子は
徹底的に嫌い!と言う。
のび太は多分歳のせいで子猫がうざいんだろう、避けているが
若い頃は子犬も、預かった大型犬までも面倒を見てくれたっけ。
2018-6-15若いころののび太1 2018-6-15若いころののび太2
人間だって歳とともに保守的になる傾向がある、
猫や犬のこういった素敵な性格を無理ない範囲で残したいと思うなら
やはり折ある事に褒める、ねぎらうことではないだろうか。
調教師がやるような「よしよし」「よくやった」といった上から目線ではなく
心から褒めることだ、夫婦円満の秘訣と同じね。


  1. 2018/06/15(金) 21:51:43|
  2. チャーシュー&ポポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ