FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ポポ、その後

26日の譲渡会捕獲騒動のその後、
ポポはというと、驚異のトラウマ克服力をみせてくれた。

多分にチャシュたちの存在が大きかったとは思うけれど。

我が家の保護猫たち
境遇を知ってか知らずか、この4頭は特に仲がいいの

2018-9-2保護猫たち1 2018-9-2保護猫たち2
2018-9-3保護猫1
もちろんチャーシューの求心力が一番大きい
2018-9-3チャーシュー2 2018-9-3チャーシュー&ポポ1

でも時にはチャシュだって一人になりたいよね
チャシュの苦悩寝
2018-9-3チャーシュー1 
そんな時はチビたちがいるし、
チャーシューには厳しいハッピー姉さんも、なぜかポポには時折添い寝を許してくれるし
2018-9-3ポポ1 2018-9-2ポポ&ハッピー1
ついに、ポポのシッポ、触れました♡
2018-9-3ポポ2 

身体も触れるようになった、
譲渡会以来気になっていたことがある。
おもちゃで遊ぶ時、ポポの動きが鈍くなったのと、
たまに小さな血の点が残っていて、他の子ではないので
もしかしたらポポ?と心配していたのだ。

足の裏を調べたら・・・4本ともパットが傷だらけで、
新しく再生した柔らかい部分から少し出血した跡があった。

2018-9-4ポポ怪我1

右はチャーシューのプニプニのパット
 2018-9-4ポポ怪我2 2018-9-4チャーシューの足1

病院に連れていって、軟膏をもらったほうがいいのだろうけれど、
もう治りかけていて、また捕獲騒動で怖がらせるのは躊躇われる。
推測だが、26日譲渡会当日は、朝からすでに猛暑だった、
ポポは3階に逃走したあと、3階から屋根に飛び乗った、
その時熱く焼け付いていた屋根でやけどしたのでは?
4本ともこんな状態だったので、多分そうじゃないかと思う。
可哀そうなことをした、ごめんね。

昨夜は気が付いたら私と背中合わせに寝てたね、もう一度信用してくれて
ありがとう。


キッズ

ハニー  なんでもとりあえず齧りたいお年頃
2018-9-3ハニー1 2018-8-31ハニー1

そしてすぐお腹に乗ってゴロゴロいうハテナ
ホントに懐こくて穏やかな子なのに、眼のせいで
なかなかご縁が見つけられない。
決心して、10日に専門医に連れていくことにした。
どんな診断が下りるのか・・・・

2018-9-3ハテナ1




  1. 2018/09/05(水) 23:24:49|
  2. ポポ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポポ、譲渡会顛末

ポポは譲渡会に参加しなかった、というかできなかった。
最近ずいぶん馴れてきて、またいでも寝ていたり
落ち着いている時に撫でたりマッサージできるようになってきていたのだが
譲渡会当日、私がやらかしてしまったのだ。

洗濯ネットを後ろ手に近づいたら逃げ出したのだが
戸棚に隠れてくれたので「ラッキー」と思い、
隙間にネットを当てて扉をコツンと叩いたら
見事ネットに飛び込み、捕獲成功・・・
ここまではよかったのだけど、ポポはパニックになり、
ネットごと逃げ出そうとして、後ろ足で私の腕を蹴った。
それがジャストミートして、鮮血がブシュッと飛び散ったのだ。
服や床に血が‼・・瞬間、気が動転してネットを握る力がゆるんでしまった。
瞬く間にポポはネットから脱出して凄い速さで3階に
逃げていった。

後で調べたら、傷は長かったけれど浅くて、全然たいしたことなかった、
落ち着いていたらそのままキャリーに入れられたのに、
血にびっくりしてしまったのだ。

そ~っと3階のバルコニーを覗いたが、ポポがいない!
その直前、ドンッという鈍い音が聞こえたのは
さては3階から2階の屋根に飛び降りた音だったのか?
下を覗いてみたがポポは屋根にも庭にもいない。
真っ青になった、だが数分後もう一度バルコニーを探したら
隅に固まっているポポがいた。
どうやらあの音は3階の屋根に飛び乗った音だったらしい。
降りてきてくれただけでもういい、ごめんね。
ということで、譲渡会参加どころか
私のせいで、この数カ月間で築いた信頼関係は、一瞬で砕け散ったのだった・・・

あれから1週間。
当日は一切姿を見せず、ご飯も食べにこなかった(あれほど食欲がある子だったのに)。
2日目から、ポポが隠れている所にご飯と水を置くと、少し食べてくれた。
とにかく、私を見つけると逃げ出す。
今は食事に時間になると、みんなと一緒に集まるし、
ベッドやケージの上で寝てくれるようになって、
一見元通りになったかのように見えるが、
私を見る目つきは
「もう騙されないゾ」と言っているようだ、触ることもまだできない。

私はあの時、絶対手を緩めてはいけなかった、
譲渡会場に参加させ、終了したら、ケージの扉を開けて
「はい、お疲れ様」と解放していれば、
ここまで信頼が失墜することはなかったと思う
(かなり不評は買っただろうけど)。
捕まえられても、それほど酷い目に合わなかった、
そしてすぐ解放してくれた、という経験は
「逃げ出さなかったら殺されてたかも」という恐怖よりは
ましだったんじゃないかしら。

ポポは全く攻撃しなかった、
噛んだり引っ掻いたりしたことは今まで一度もないし
唸ったことさえない。
元々穏やかな性格なのだ、せめて2か月令前後で保護できていれば
べたべたの甘えん坊になっていただろう。
おまえをどうしたらいいんだろうね。
ホントは外での生活をそのまま続けたかったかい?
でも今更リリースなどできない、だって
実は主人がうっかり逃がしてしまったことがあったのだが
ポポは庭をちょっと散歩して、自分から帰ってきたのだもの。
もう家の中での暮らしに、少なくとも仲間がいる暮らしに
馴れて、「ここが居場所」と思ってくれるようになったのだもの。

・・・・もう一度、懲りずに、人を信頼してくれる気はあるかい?
あるよね、あれほど怖い思いをしたのに
たった1週間でほとんど元の生活ができるようになったんだものね。
さぁ、また1日1日を大事に一緒に生活していこう。


26日譲渡会までのポポ
私に背中を向けてる:
触ると気持ちよさそうにしてる:
穏やかな表情してる・・・
顔の筋肉が緩んでいるからお顔も目もまん丸にみえる
2018-8-25そら1 2018-8-25ポポ1 2018-8-23ポポ1 2018-8-29ハテナ&ポポ1


今日のポポ
私から目を離さない、いつでも逃げられるように?
顔が緊張してるのがわかる
目つきが「おまえにはガッカリした」と言ってるみたい、ハァ・・・
2018-8-27ポポ1
  1. 2018/09/02(日) 05:31:52|
  2. ポポ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポポ預かり日記


ポポの最近も;

譲渡会のトラウマもないみたいで
相変わらずまだ抱っこは苦手だけど
まあまあヒトとの生活に馴れてきている。
2018-4-28ポポ1

5月になっても炬燵がしまえない我が家
頭隠して尻隠さず
 2018-4-28ポポ2

なんでもチャーシューの真似をするのは以前のままだが
どうも最近ちょっとチャーシューへのリスペクトが
なくなってきているような気がする(#^^#)
確かに運動神経はチャーシューのほうが鈍くさいし
気も弱そうだし、ね。
2018-4-28ポポ3 
それでもお兄ちゃんを頼りにしてる、よね?
2018-4-30ポポ1 2018-4-30ポポ3

2018-4-30ポポ2


 2018-5-4ポポ1 2018-5-4ポポ2
意外なことに、ポポ、ブラッシングが大好きだった。
ヒト用のブラシ、これがどの子にも好評なんだが
抱っこがダメなポポには無理だろうと思っていた、
それが、試しに眠そうな時にブラシングしてみたら
気持ちよかったらしくて、ブラッシングしてると
さりげなく寄ってきて、ブラッシングの間も
気持ちよさそうにしてるの。
来たばかりのころは脂ぎっていた毛並みも
すっかり家猫らしく、手触りよくなってきて
益々ハンサムさんに。
ビビリだけどきれいなポポには
ビビリ猫の飼育経験があるお家が見つかるといいな。

  1. 2018/05/04(金) 18:04:35|
  2. ポポ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポポ預かり日記

アクアちゃんライトちゃんのおうちから
近況のがぞうが届いた♪(旧ミコ&シー君)



ライトちゃん、もう桜姉ちゃんよりでかくなったんでないの?
なのに桜ちゃんを抱え込んで寝てる、甘えん坊さんねぇ(#^^#)
2018-4-17アクア&ライト近況1

 2018-4-17アクア&ライト近況2 2018-4-17アクア&ライト近況3

もうすっかり落ち着いて家族みんな、先輩たちにも可愛がられてる様子、
 嬉しいです。
チャーシューも遅れてしまったけど、こんな素敵な家族が見つかるといいね。



今日初めて、ポポの爪切りに成功!!
たった1本だけだったが、それでも格段の進歩だ。
暴れて逃げ出したが、パニックにまではならなかったし
とりあえず爪切りを見ても落ち着いていた、すごいね。



ポポは生粋のハンター、瞬発力、跳躍力がすごいの。
やっぱりチャーシューは育ての親が親だけに鈍いね。

2018-4-16ポポ1 2018-4-16ポポ2
2018-4-16ポポ3 2018-4-17チャーシューポポ1
恥ずかしながらまだ炬燵がしまえない我が家。
でもポポも炬燵が好きみたいで、炬燵が
ポポとの距離を縮める役にたってくれている。
2018-4-16ポポ4 2018-4-16ポポ6 2018-4-16ポポ5 2018-4-16炬燵の中
2018-4-17ポポ1 2018-4-17ポポ2 2018-4-17ポポ3 2018-4-17ポポ4
あと、ご飯ね。ごはん前触りまくっても食欲のほうが強いから逃げないポポ。
2018-4-17ポポ5 2018-4-17ポポ6
2018-4-16猫ご飯 
猫のご飯とトイレは猫飼いにとって永遠の研究テーマだ。


おまけ

甘えん坊チャーシューの「撫でれ~」 手を出すとセルフでスリスリしてくる。
2018-4-17チャーシュー1 2018-4-17チャーシュー2

我が家の短足コンビ
胴も短くて短足タイプの子って、シルエット自体が可愛いうえに
どうやら甘えん坊が多いみたい。
だからといってマンチカンをもてはやす風潮には断固反対、
あれはヒトが作り出した猫の奇形だと思ってる。
2018-4-17ハッピーノビタ1 2018-4-17ハッピー1









  1. 2018/04/20(金) 01:53:16|
  2. ポポ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポポ預かり日記


2018-4-15ポポ3 
22日の譲渡会に参加(できたらいいなぁ)予定のポポ、
さらにヒトに慣れてきているのだけれど、
それは私と主人に限定されている。


猫は犬以上に「般化」が苦手だと思う、
つまり人馴れに関して言えば、
保護主とその家族に馴れたからといって
他の人にも馴れるわけではない、
少しずつ一人一人「大丈夫」な人を増やしていって
「人間はだいたい怖くない」といった般化が可能になる。
ポポはまだ私を十分信頼できる、とまでは
思ってくれていないので、もし譲渡できるとしたら
そういった猫のことを十分わかってくださっている
経験豊富な方か、または元々穏やかで静かな生活を
している忍耐力のある方が好ましい。

ヒトに育てられ、人間を怖いと思わない猫は
譲渡しやすいわけだが、万一その後捨てられたら
そういう無防備な猫の末路は悲惨だ。
外猫の世界の掟も知らず、食べ物を漁る力もなく、
早晩病気か怪我で苦しんで死んでいく。
もっと恐ろしいのは虐殺犯大矢や丸山某に簡単に捕まって
しまう危険があることだ。

だからポポの警戒心は、過酷な外界で生きてきた
5か月令の子としては優秀な能力だといえる。

さらに母猫から学んだ狩猟能力、運動神経は
お坊ちゃまチャーシューなどとうてい及ばない。
おもちゃに対する反射神経、集中力はまさにハンター。
食に対する執着もかなりのもので、
ご飯時になると真っ先にキッチンカウンターで待機するし、
最後まで残って他の子が残したご飯を片付ける。



待機ちう
2018-4-14ポポ2 2018-4-14ポポ3

4:1でハブされてるわけではなくて、一番いい場所を占拠するポポと
その勢いに押されてちょっと引いてる先輩たち
2018-4-10ネコズ1 
自分たちのは食べ終えて、ノビタたちの残りを片付けてる2頭
2018-4-14ポポ1 
きれいな毛並みでしょ
2018-4-15ポポ1 2018-4-15ポポ2 2018-4-15ポポ4

怖い顔、でもあくびしてるだけです
2018-4-15ポポ5 


チャーシューの存在に少しだけ馴れてきた?ハッピー。
でもチャーシューが近寄るとこ~んな顔になるの(#^^#)

2018-4-10ハッピー1 



キューのストラバイト結石の薬、錠剤をすりつぶすための乳鉢。
どこにも売ってなくて、病院で購入してもらった、
小さいのに2000円以上して高いなぁと思ったんだけど、
使ってみると凄い。
錠剤が2~3回擦っただけで細かい粉になり、お湯に溶かしやすい。

2018-4-10乳鉢1 



  1. 2018/04/16(月) 19:13:13|
  2. ポポ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ