バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ピノちゃん&アンちゃんからのお便り

ブログ更新滞っている間も
ピノちゃん(ミニー)アンちゃんのお家から
可愛い画像が届いていたので
まとめてアップ♪

ピノちゃんちから:

お散歩3シーン
2016₋7₋25ピノ1 2016₋7₋25ピノ2 2016₋7₋25ピノ3
 
甘えた3シーン♡
2016₋7₋26ピノ1 2016₋7₋26ピノ2 2016₋7₋26ピノ3

相変わらずラブリーピノ♡



アンちゃんちからも:

2016₋7₋2アン1 2016₋7₋2アン2
卓上コンロのジュージュー音に驚いて抱っこされるアン
2016₋7₋5アン1 2016₋7₋5アン2 2016₋7₋10アン1 2016₋7₋21アン1 2016₋7₋29アン1 2016₋7₋29アン3
2016₋7₋29アン4


アンは日に日にうち解けて私たちと遊ぶ時にワン!ワン!と吠えてみたり、
家中を走り回ったり、私たちを犬だと思っているのでしょうか?
鼻をかんできたり、、本当にかわいいですよ💕💕
家族全員を喜んで迎えてくれるアンに私たちも本当に癒されてます☺
アンが幸せを感じてくれれば私たちも幸せです。

 2016₋7₋31アン1 2016₋7₋31アン2 2016₋7₋31アン3
おまけ:初シャンプー(#^^#)




ピノもアンも、出自は多分平均的な飼い犬の生活水準を
はるかに下回る、惨めなものだった。
取るに足らない存在。
(アンは推定だが、ピノは前歴もはっきりしている)
だが2頭ともお嬢様として丁寧に扱われて、
段々「お嬢様」になってきている
(お嬢様は鼻を齧ったりしないけどね、アン)。
犬は飼い主家族の鏡である、と私は思う。
保護犬は過去を引きずっている部分も多いが、
それでも変化していく。その変化こそが飼い主の姿そのものなのだ。
大切に扱われれば大切な存在になっていく。
そういう私はどうだろうか?
粗忽で大ざっぱなサムは誰に似たのか?
保守的で警戒心が強いメナの性格は誰から?
喧嘩ばかりしてるのび太とキューの仲の悪さは
誰の影響か?
胸に手を当てて反省。



只今絶賛里親募集中のトム
ピノ、アンに続け!!

  2016-7-24譲渡会トム2


  1. 2016/08/01(月) 11:42:12|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン、祝♡譲渡決定!


今日30日、アンの正式譲渡手続きに伺ってきた。
環境が変わってトイレの混乱がまた始まり
心配していたのだが、おおらかに受け入れてくださっていて
安心した。

それより、せっかく馴染んできたところで
また私と会ったら、里心がついてしまわないかと案じていたのだが
・・・・アン、なんと私をシカトした!
寄ってもこないでご主人の傍らにぴったり身を寄せているではないか。
もう~(#^^#) すっかり他所のウチの子になっているゎ~

この変わり身の早さに呆れると同時に
心の底から嬉しかった。
アンにとって、今の生活が過去最高なんだということ、
それは預かりボランティアにとっても最高の名誉だ。
つまり、アンにぴったりの素晴らしい赤い糸を見つけることができた、
と犬に認めてもらえたわけだもの。

そんなわけで、アンも無事卒業しました♡
(後はトム、じゃないア・トムだな)


今日のアン  「どちらさまでしたっけ?」
2016-6-30アン譲渡決定1 



送っていただいた「日々のアン」
2016₋6₋27アン1 2016₋6₋27アン2 2016₋6₋27アン3 2016-6-30アン譲渡決定2 2016-6-30アン譲渡決定3 グッドラック!!


  1. 2016/07/01(金) 02:04:02|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トライアル中のアン


トライアル中のアンの近況

送っていただいた画像から、アンが日々
環境に馴れ、家族になっていく様子がうかがえる

2016₋6₋20アン1 2016₋6₋20アン2

前のご愛犬のお友達がお泊りに
年齢が違いすぎて遊んだりはしないけど、仲良く上手に接しているらしい(#^^#)


2016₋6₋22アン1 2016₋6₋22アン3 2016₋6₋24アン2




添い寝中♡
2016₋6₋24アン1 






ついでに?ピノの近況も

2016₋6₋23ピノ12016₋6₋23ピノ3


 2016₋6₋23ピノ2  2016₋6₋23ピノ4




今朝はメナが要安静なので、サムだけ近所の川沿いへ

2016-6-24鶴見川1  2016-6-24鶴見川2

のんびり蓮華を摘みながら歩く
それにしても、花輪が似会わないねぇ


2016-6-24鶴見川3


テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2016/06/24(金) 19:19:16|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン、トライアルへ♡

  16日にトライアルに入ったアン。
ご家族はアンにピッタリの理想的なご縁にも関わらず、
トライアルからずっと、心配のしどおしで
ブログを書く気にもなれなかった。
というのも、アン、トイレを我慢してしまっていたから。
1日に何度もしていて、少し頻尿かと思っていたのが
1日1回、室内のシーツにしかしないとのことで、
ご縁云々の前に、身体を壊してしまわないかと
気が気でなかったのだ。
だが、昨日今日と、初ウンチもしたし、トイレも2回以上
できるようになってきたとのお知らせで、
ようやくトライアルに入った気がする。


トイレのしつけで失敗する・・・犬にはなぜ叱られているのか、
何故酷いめにあわされるのか(床に鼻をこすりつけるなど)
わからないまま、罰を与えられ続けると、
これほどまでに後遺症が残ってしまうのだ。
どうか子犬を飼い始めたヒト、くれぐれもトイレのしつけで
叱ることだけはやめていただきたい!  と声を大にしていいたい。


アン、トイレ以外ではすっかり寛いでいる様子♪

2016-6-17アントライアル1 2016-6-17アントライアル4
2016-6-17アントライアル3 2016-6-16アントライアル2




トライアル前夜のトムとアン
すでに気合でトムに負けてるね♡

2016-6-15トム4 2016-6-15トム5 2016-6-15トム6


2016-6-15アン1 

3か月の逗留だった。
純血種の捨て犬や繁殖業者の遺棄が多い中、
雑種で10kg、スポット模様ということで、
ご縁が見つかるまで時間がかかると覚悟していた。
ミニー(1年)の記録を抜くかと思っていたけれど、
なんともあっけなく最良のご縁が見つかった。
まだトライアルは続くけれど、どうかこの幸せを
手放さないように、ガ・ン・バ・レ!!
  1. 2016/06/21(火) 01:36:23|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アン日記  ~グッドラック!!~

2016-6-13アン夕食 2016-6-14アン夕食



14日の多摩川で、淵から脚を滑らせて川に落ちたアン
初めて泳いだねW


2016-6-14アン1 2016-6-14アン2



「いや~ん、何?この子!しつこいんですけど(# ゚Д゚)

2016-6-14多摩川1 2016-6-14多摩川2

2016-6-15アン1  2016-6-15アン2

怒らないサムに絡むアン、他の子には通用しないんだからね。
血液検査に行ってきた、結果は問題なし♪
フィラリア予防薬をのませる。



アン、14日の朝散歩で、初めて他の犬と小競り合いになった。
相手は気のいいチャーリー。
発端はチャーリーのボールを奪ったアンが、「返して~」と
やってきたチャーリーを威嚇したことから。
ガウされてあまりに理不尽な反応にチャーリー君も思わずガウって返したら
アンが反撃したのだ。

原因はなんだろう、と反省してみると、
ボールを咥えて走る、という行動を褒めてきた私にもあるかと思う。
ビビリだったアンが、そういうポジティブな遊びをしてくれたことが
うれしくて、「アン、レトリバーだったんだねぇ」とか
褒めまくったことから、いつのまにか「ボールへの執着」が生まれていたのかもしれない。
サムやチャーリーたちにとってのルールでは
ボールの奪い合いが遊びであるのに、アンにとっては
ボールは自分の所有物、になっていたのかも。



「ヒトが投げて犬が持ってくる」というボール遊びについては何度か
書いているが、その功罪をよく考えないと、そして犬の性格によっては
あまりお勧めできない。
だが実際には「ボール中毒」にする訓練をしているヒトはとても多い。
他の犬やひと遊ぶより、飼い主とのボール遊びにだけ
集中する犬にしあげたほうが、「呼び戻し」訓練なども楽になるからだろうと
思うが、執着心の強い性格・物欲の強い傾向のある子では
他の犬、ヒトが、飼い主とのボール遊びに介入することを
嫌うようになったり、ボールを他の犬から守ろうと攻撃するようになることも。




もう一つ考えられるのは、サムに対するようなつもりで
チャーリーにも対応してしまった、
つまり唸ったり(本気でなく)噛みついたりといった身内行動を
他の犬にもしてしまった、ということかも。
だが、ふざけて噛みつく、という行動は、チャーリーやサムたち
ボール遊びレトリバーの誰もしたのを見たことがない、
彼らにとってはふざけて噛みつく、ということは明らかなルール違反なのだろう。
メナも口を使うタイプだが、よほど親しい間でないとやらない、
そういうところ、まだアンが幼稚だな、と思える。
ホントはサムがもっと礼儀に煩い先輩だったほうが
アンにとってはよかったのかもしれないね。
なんせほら、サムってあれだから・・・私は彼のそこが一番好きなんだけどね。
2016-6-13サム1 「なんか言った~?」


というアン、初小競り合い、の報告でした。





いきなりですが、明日、アン、トライアルに出発します。
アンにとってこれ以上ないという良縁です、
どうかこのご縁が結ばれますように♡
可愛いアン、しっかりアピールして頑張ってね

2016-4-10アン1


































  1. 2016/06/15(水) 20:45:44|
  2. アン預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ