バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ハクビシン見た~

たった今、深夜1時ごろ、メナをトイレのために
庭に出して、ぼ~っと家の前の路地を見ていたら
・・・んっ?見慣れない猫?がこちらに歩いてくる、
この辺はもうあまり外猫を見かけないが、
新顔かな?・・・でも、なんか動きが変。
もしやでっかいドブネズミか!
それにしても大きすぎてこれがネズミだったら恐怖だゎ・・・
イヤイヤイヤイヤ違う違う、鼻筋が白くて、毛におおわれたしっぽが長い、
なんか身体も平べったい感じ・・・これがハクビシンか?

こんなのに襲われたら猫なんて瞬殺だ、
一昨日庭にドブネズミの死骸があって、毒餌で死んだのかと
思っていたのだが、もしかしてこれの仕業かも。

きゃつは顔をあげてこちらを見たあと、ゆっくり隣家の門をくぐって消えた。
こういうのって放っておいていいものだろうか。
彼らがゴミを漁ったり、庭を荒らしたりしたのが
猫のせいにされたりしないだろうか・・・とりあえずあした
お隣さんと町会にお知らせしておかなくちゃ。


画像拝借   そうそうこんなんだった!
2018-6-27ハクビシン1 

うちのハナタレコゾウ
2018-6-26ハテナ1

ポポなら勝てるかも? チャーシューなんか食べられちゃいそう
 2018-6-26チャーシュー&ポポ1
  1. 2018/06/29(金) 01:34:45|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動物の心


ナショナルジオグラフィックの4月号
『動物の心』 面白いので
まだ読んでいない方はぜひ読んでください。


2018-4-24本1 
皮手袋は譲渡会の日にポポ捕獲に使ったもの

専門書に比べたら浅いかもしれないけれど
ひと昔前に比べてようやく動物の「心」に
こんなふうにスポットがあてられるようになったのは
素敵なことだと思う。
現実を見ると、まだまだだけれど、
デカルトの「動物機械論」から比べたらすごいことだね。




28日早朝
2018-4-28多摩川2

 2018-4-28多摩川3
 
2018-4-28多摩川4

今朝の多摩川
2018-4-29多摩川1


知らない人に挨拶のチュッをしにいく子
犬には犬好きかどうかわかる能力がある、らしい
2018-4-29多摩川3

パティに出会って、一緒にヒミツの浅瀬へ
 2018-4-29多摩川2  2018-4-29多摩川4 2018-4-29多摩川5 2018-4-29多摩川6

サムが一緒だと結構走ったり遠くまで行ったり来たりと
かなり運動していたメナだが、私と二人だと
全然走らないし、そばを離れないから
歩いた距離は私とおんなじくらい、ダイエットにならない散歩



 
  1. 2018/04/29(日) 17:34:07|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いじめ、動物虐殺、加害者像のプロファイリングを

いつも思うのだけれど、『いじめ』で自殺したり
殺された被害者は、プライベートのすべてをさらけ出されるのに、
加害者については一切公式に報道されない。
動物虐殺者、酷い飼い方をした者についてはなおさらで、
だからネットで加害者をさらそうとする動きがあるのも
うなづけるし、正直応援してしまうことも多い。

いじめた側の実名を出せ、とはいわないが
こういった事件を防ぐために、ぜひやってほしいことがある。
加害者の育った家庭環境、親の職業収入、成績、外見など
詳細な調査をして統計化し、いじめの加害者像のプロファイリングを
公開してほしい。
これはある程度虐めの抑止力になると思うのだがどうだろう。

ただ動物虐殺犯に関してはあんまり効果はないかも?
なぜならこれはほとんどが病気なので、再犯の可能性が高いから。
最近も、常習犯廣瀬何某が譲渡会に現れた!という警戒を
呼びかける情報が流れてきたが、譲渡条件の緩いところから
殺すためのネコがすでに彼の手にわたってしまったかもしれないと
思うと、胸が苦しくなる。
髪を染め、眼鏡をかけたりと変装してまで動物をいたぶりたい衝動が
抑えられない、これはあきらかな病気なのだ、
だから治療や継続的な投薬が必要で、罰金や刑に服すことでは治らない、
ということを知ってほしい。



多摩川散歩
24日昼 久しぶりに二人とメナで
2018-4-24多摩川1

 2018-4-24多摩川2 2018-4-24多摩川3

26日早朝 いまはツツジが盛り
2018-4-26多摩川1

 2018-4-26多摩川2

なじみの犬とヒトたちに近づいていくメナ
警戒しないでいい人間がいる、ということは大事だね
2018-4-26多摩川3 2018-4-26多摩川4ルーク
  1. 2018/04/29(日) 16:44:12|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多摩川

ニュースで「松の木騒動」というのをやっていた。
路地に大きくせりだした松の木が通行の邪魔になっていて
しかも通行人に難癖をつける,木の所有者である
男性が問題になっていた。
男性は、ここは私道だから、自分が許した人間しか通さない、
松の木は伐採しない、という。
確かに一部は彼の私有地だが、半分は他の人の私有で、
その人は路地に面してアパートを建てたのでその住人が
その路地を使わざるを得ないから困っていて、
付近住民の不満もあって訴訟をし、勝訴して
松の木伐採命令がおりている。
こういう「問題人物」は迷惑な偏屈として画一的に
マスコミでは扱われているのだが・・・・
こと松の木おじさんに関しては、私は少しだけ彼の気持ちが
推し量れて哀れに思ってしまう。
私有道路、というのは所有者にしかわからない、
色々な経緯や問題があるのだ。
我が家も私道に面していて、数軒の家と共有しているが、
祖父の代から半世紀以上を経て、今は3軒だけ、
そのうち1軒は所有者が遠方に住んでいて空き家になっている。
ウチの私道は袋小路で通り抜けできないから
あまり問題は起きないで済んでいるけど、
いつのまにか私道の出口幅が昔より狭くなっていたり
(境界を示す杭は公道に面して駐車場が作られた時引き抜かれたらしい)、
新たな住人が、私道共有権を放棄(色々な制約が面倒だし使わないから、という理由?)
したり(でも実際は毎日使っているし)、
色々あるわけだ。
松の木の男性も、昔から「とおせんぼおじさん」だったわけでも
なかろう、近隣の顔見知りがたまに通るくらいだったのが
時代と共に、なんだか知らない奴らが大勢
当たりまえのように私道を通り抜けるようになって
小さなイライラが積りにつもっていき、さらには
昔からある松の木が通行の邪魔だから切れ、と言われて
爆発したのかもしれない、と想像すると
時代に乗り遅れ、取り残された孤独な人間が
やけになってる姿が見えるような気がしてくる(あくまで想像だが)。
なんか、「出ていけ布団叩きおばさん」とは違う哀しみを
感じてしまうのは私だけだろうね。




1日早朝
2018-4-1多摩川2

ツグミ?の幼鳥 頑張って生きていくんだよ
 2018-4-1多摩川3

2018-4-1多摩川4 

2日早朝
メナは人の来ない岸辺の草むらを歩くのが好き、
メナの後をついて歩いていたら、新たに水遊びができそうな浅瀬を見つけた

2018-4-2多摩川1

自分から川に入っていくメナ
 2018-4-2多摩川2

私も靴下を脱いで入ってみる、水がまだ冷たい!けど気持ちいいね
2018-4-2多摩川3
  1. 2018/04/04(水) 03:04:31|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスコミに扇動される私たち

森友加計問題の流れから証人喚問のニュースで
昼の「めちゃめちゃいけてる」傑作選が
差し替えられてた!!
めちゃいけ、録画予約していたのに、もう~。

テレビがダメになったひとつに、旧態依然とした
頭の固さがあると思う。
昔のように、朝からずっと1局を見続けてくれるような視聴者は
あまりいなくなっていて、横一列の時間帯の中での競争なのだと
わかっていない。
今日など、ある時間帯では4,5,6,8、そしてNHKでさえ
すべてが証人喚問関連ニュースで、もうそのニュースを見たくなければ
テレビを消すしかない、本当にテレビ制作は無能だと思う。
だから今、まったくブレないテレビ東京が支持されてるんだ。

だいたい森友も加計も、どれほどの政治的な裏切り、犯罪だというのだろう。
巨額の収賄があったわけでもなさそう。
強いて罪をあげるなら、最初の対応がアホだった、危機管理ブレーンが
能無しだったということくらい。
それがこれほどの、政治的大問題という印象を
国民に与えてしまったのは、マスゴミの扇動と
何も深く考えない私たちのせいに他ならない。
正義を振りかざすならなぜ、東京オリンピック実行委員会の森喜朗に
触れないんだろう。 
小池百合子都知事との面談で見せたヤクザまがいの恫喝、
政治家とは思えない品性のなさ、あれ以来益々嫌いになった。
ああやって金と脅しで政治家をやってきたんだと思う。
知性のない彼がなぜ未だに力をもっているかといえば、
旧来の政治家に倣って、ことあるごとに収賄で金を集めて
勢力を伸ばしてきたとしか思えない。

今これほど阿部内閣を叩くマスコミの動きも、
裏があるように思えてしまうのが私のへそ曲がりなところかもしれないけど、
何かの意向が働いているんじゃないか?
邪推かもしれないが、政府がしばらく安定して続きそうだと
何かと困るどこかの国のロビイストが、マスゴミを動かして
いたりとか(スパイ小説みたいだけれど、案外過去に
起きてきたという噂が)。

もうね、罪なきSMAPを殺したマスゴミへの恨みは
永遠に消えない不信感だから。

先週末のポポ

2018-3-25ポポ&チャーシュー1

 2018-3-23ポポ1
2018-3-23チャーシュー2 

ポポがおもちゃで遊びだして阿修羅降臨するとビビるチャーシュー
所詮おまえはお坊ちゃま育ちね
2018-3-23チャーシュー1

  1. 2018/03/28(水) 00:09:29|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ