FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

車代替わり

昨日はいよいよ新車が納車の日。
プリメラ、ご苦労さんでした。
2002年製、ウチに来てから9年、
よく守ってくれてありがとう。
パワーもそこそこあって、運転しやすかった。
これからどうなるのか、廃車になるのか
中古として海外にいくのかわからないけど
手放すのがちょっと可哀そうな気がしてしまう。

2019-4-26車1 2019-4-26車2

助手席後ろの下がメナの定位置
2019-4-26車3 2019-4-26車4

ということで新しいコンパクトカー、ノートがやってきた。
プリメラと比べると、なんかおもちゃっぽくて笑ってしまう。
パワーもないし、ちび丸っていう感じだけど
セーフティ機能が色々ついている。
これからだんだんに馴れていこう。
  1. 2019/04/27(土) 18:53:36|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗雲のち晴れ


実は昨年暮れから、家族の健康上に問題がある可能性が浮上。
近くの病院の検査結果が思わしくないため
先週末、総合病院でMRI検査を受けることに。
普段何も考えずのほほんと生きてるのに、
こういう事態になると極端なペシミストになってしまう、
もう考えているうちに最悪の予想をしていた。
だけど、結果は、悪性ではないとのこと♪
念のため5月に再度チェックするけど、多分
予想していた病気ではないみたいで、おおいに安心。

もう一つ、ずっと心配していたメナの浮腫、
去年何度か検査した限りでは老年性の良性のものとのこと
だったけれど、それとは別の固いしこりが首と腰に・・・
まだ12歳なのに、メナまで失うことになるかも。
もう自分の中では最悪の覚悟を決めて
ようやく今日主治医のところに。
結果・・・悪性のものではないとのこと。
脂肪腫のようなプヨプヨしていない、固いのは
中が水で、狭い空間に水が溜まりきっていたためで
注射でとりあえず水抜きしてもらった。
でもまた溜まる可能性があるのと
肝臓の検査で定期的に通うように釘をさされた。

というわけで、当面の不安はなくなり、心からほっとする。
お金より、名を売るより、身近がみんな健康で
とりあえず日々を気楽に過ごせることが何よりの幸せなんだと
いうありきたりな言葉は真実だと思う今日。



昨日の譲渡会は、大人猫ばかり13頭と少数だったのに
なぜか結構な来場者数で、しかも
ウチの譲渡会はお客様が座り込んでゆっくりしてくださるので
混雑して盛況だった。
お話のあったのは3頭だけど、大人猫にこれだけの方が
会いにきてくれるようになったのは、ちょっと嬉しい。

バンザイ猫、あずきちゃん
2019-4-21譲渡会あずき2
ココアちゃん
 2019-4-21譲渡会ココア1

私好みのこの子ははなぴー君
野性味があって男らしいんだけど
2019-4-21はなぴー君2 
ケージから出せ出せとずっと叫んでいて煩い。
怒っているんじゃなくて、抱きしめてほしくて鳴いていたの。
抱っこされると満足して子猫みたいな表情になる。
 2019-4-21譲渡会はなぴー5 2019-4-21譲渡会はなぴー11
福島被災地で保護されたのだそう・・・
絶対にヒトに飼われていた猫だと思う。
猫エイズキャリアで、他のネコを見ると突進してゆくというのも
捨てられて他のネコか動物と闘って生きてきたせいじゃないかと
邪推してしまう。
被災地に捨てること自体許せん!
保護されなかったら、こんなに人恋しがる猫が
どんな哀しい思いで死んでいったかと思うと、もっと許せんね。

ウチのハテナ
はなぴーに「ぼーっと生きてんじゃねえよっ」って言われそうだ
2019-4-21譲渡会ハテナ1 2019-4-21譲渡会ハテナ2 2019-4-21譲渡会ハテナ3 2019-4-21譲渡会ハテナ5
終了後点検に臨まれるノビタさん
2019-4-21譲渡会のび太1 2019-4-21譲渡会のび太2 2019-4-21譲渡会のび太3
ミーティングを見に来たハッピー
2019-4-21譲渡会ハッピー1 
かまってくれるヒトが一杯でスタッフの靴下に嬉れションしちゃって
締め出されたジャミラ
ミーティングの間ずっとこんなんでした
2019-4-21譲渡会ジャミラ1
 2019-4-21譲渡会ジャミラ2 2019-4-21譲渡会ジャミラ3
  1. 2019/04/22(月) 19:24:37|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つれづれに


JOCの会長辞任って、なんとなく不可解。
報道は当初は「濡れ衣」「ゴーン逮捕へのフランスの報復」みたいな
扱いだったのが、今や「推定無罪」だけど責任はある、といった風に
風向きが変わってきていて、辞任は当然のような流れに。
JOCが正式にフランスの取次ぎの会社にロビー活動を依頼したということは
発表されていたのだから、
JOCそのものが判断能力を問われるならわかるけど、
竹田会長個人の贈賄容疑って・・・
と違和感を感じていたら、出てきたよ、森喜朗。
この人が出てきたとたん、なんだか怪しい気がしてくるのはなぜ?
竹田氏が会長だとやりづらいことがあるんじゃないの?とか。
山下さん、いいひとそうだけど、妖怪に太刀打ちできる人材じゃない。
マスコミの風向きが変わったのも忖度とか圧力とか?
マスコミという実体のよくわからないものが
いかにいい加減、圧力になびくかはSMAP報道でよくわかっている。

だいたいマスコミの世界も、いまだに爺いの論理が幅を利かせているようだ。
小池百合子都知事への批判も、自分の考えを言うローラへの批判も
奥底にあるのは『おんなのくせに』だと思えてしまう。
政治も会社組織も、すべてにじじいたちの古い考えが支配している、
実際の爺さんなんてもう残り少ないはずなのに、
若いのも、トップに近づくにつれて爺い思想にみんな染まってしまうんだろうか。
そしてそういうマスコミの報道のままに流されていく私たちって
ホントに衆愚・・・

12日早朝5時半起きだ・・
2019-3-12多摩川1 2019-3-12多摩川2 2019-3-12多摩川3きいちゃん

 2019-3-12多摩川4 2019-3-12多摩川5
2019-3-12多摩川6 

13日早朝
2019-3-13多摩川1 2019-3-13多摩川2 2019-3-13多摩川3 2019-3-13多摩川4
14日
2019-3-14多摩川3 2019-3-14多摩川5 2019-3-14多摩川6

「おいで~」にほぼ確実に応えてくれるようになったよ♡
すっ飛んでくる可愛い毛玉
  1. 2019/03/20(水) 17:37:52|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つれづれに

水泳の池江璃花子さんが白血病を公表した、
まだ18歳、水泳界の期待の選手がなぜ?!
あまりに可哀そうでつらい。
治る事を信じてはいるが、なぜ、ピークを迎えて輝きだした
今なのかと本人も周囲も思うだろう、
本当に可哀そうすぎる。

だが栗原心愛ちゃんの事件は可哀そうという以上に
無念の一言だ。
父親はほぼ確実にサイコパスだと思われる、
今私が関心を持っている異常性格犯罪者そのもの、
仕事場では低姿勢でコミュニケーション能力もあり、
犯罪と結びつかないという評判、
相手によって恫喝や懐柔を使い分ける。

私は何度も言うけれど、誰かの代わりに死ね、と言われた時、
即死だったらなんとか我慢できるかもしれないが、
長く続く苦痛、拷問にはとても恐くて、考えただけで失神しそう。
ずっと異常性格者に虐待され続けた挙句殺された子供のことを想うと
たまらない。
それも何度も救う機会があったのに・・

動物保護の活動をしていて実感したのは
制度や機関がいくらあっても、今の日本では
最後は人間次第だということ。
熱心で動物に同情を寄せる、心ある職員と
別に何も考えていない、保身第一の職員では
結末はまったく違ってしまう。
畜産動物しか扱ってこなかった、犬猫に関心のない職員にあたると
「早くさっさと異動してくれないか」と思うが
熱心でやる気のある職員も同様にいずれ異動してしまうのだ。

心愛ちゃんはどの救いの網にもひっかからなかった。
すべての網が穴だらけの安物だったから。
もし生まれ変わりがあるのなら、今度は
愛情に満ちた親から生まれておいでね。

飼い犬を蹴り上げる飼い主の動画拡散から
レスキューの為にすべてが迅速に動いた事件、
もしかしたらだけど、心愛ちゃんの事件の衝撃が
ほんの少し影響したんじゃないかと思っている。
警察が「たかが犬一匹のために」これほどのスピードで
動いた例を知らないが、これもたまたま上司が
動物に同情的な人間だったからかもしれない。
だが、レスキューされて「めでたしめでたし」ではないこと、
問題はこれからだということを一体どれほどのヒトが
理解しているだろう。
日本では子供でさえ親の『所有物』と思われている。
ましてや動物は「物」としての価値しか認められていないので、
どんな虐待事件であれ、飼い主が返還を求めれば
だいたいは飼い主のいいなりになる。
雨の中公園に捨てられていた犬を保護したケースでも、
捨てておいて・・・新しい恋人が動物嫌いだから捨てたが
別れたから、可愛がっていたから返せ、ということが
平気で起きているし、実際返還命令がだされたと聞く。
今回もそのバカ女は「可愛がっていたから返せ」と
言っている、「叩きのめす相手がいないと寂しいから返せ」
だと思うけれど、なんとしても法律だけでも変えないと、
そして変えるために普通のヒトができることは簡単にある。
法改正の署名をせっせとすることだ。


3日のスタッフミーティングにはジャミラも乱入。
社会化のためにも、と放っておいたが、来るスタッフごとに
吠え掛かってご迷惑かけまくり。
それでも一通りチェックを終えると、おやつをもらえて
態度をコロリと変え、今度は嬉れション!
2019-2-3ミーティングジャミラ1 2019-2-3ミーティングジャミラ2
2019-2-3ミーティングジャミラ3 2019-2-3ミーティングジャミラ4
嬉しくておしっこしちゃうなんて初めて。
ミーティングが終わるまでにタイルカーペット10枚近くに粗相しまくってくれたわ。

2019-2-3ミーティングジャミラ6 2019-2-3ミーティングジャミラ7

粗相するたびに「犬を蹴り上げて」いたら、ジャミラなんかとっくに
死んでるわ。 それより来客を少しでも怖がらなくなってくれたら嬉しいな。
  1. 2019/02/13(水) 00:35:41|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

顛末


我が家はいたるところに猫ベッドやクッションが置いてある、猫仕様。
冬になると、日替わりで色々な場所、いろんな組み合わせで猫たちが寝てる
2018-12-23チャーシュー&ハニー1 2018-12-23チャーシュー&ハニーハテナ1 2018-12-23チャーシュー&ポポ1

たまには一人で寝たいよね
2018-12-23ポポ1 

珍しい組み合わせ。 キューとポポ
2018-12-26キュー&ポポ 2018-12-23のび太1
安定のコンビ、でも狭くないかい?
2018-12-26チャーシュー&ポポ 2018-12-26ハテナ&ハニー1

1週間前くらいからちょっと体調不良気味だったポポ、
病院に連れていくには、また捕獲騒動か、と気が重くて
日延ばししていたら、なんか完全復活してくれた。
変なものを食べたのか、でも一昨日『いいウンチ』してくれたので
一安心、こういう時洗面台でしてくれると
じっくり観察できるから助かるわ~
ネコと暮らすにはあきらめが肝心、洗面台トイレ、結構じゃないの


2018-12-27ポポウンチ1



27日、MRIの結果を聞きに行ったが、
脳の血管の一部に動脈瘤と疑われるものがあるとのこと、
予想外の話に目の前が真っ暗に。
詳しい検査は専門医院で血管造影の必要があるといわれ、
念のため翌日非常勤の脳外科医が来るというので
再予約したが、
1日じゅう、もしもの時は猫たちをどうしたらいいか、とか
悪いほうにばかり考えて悶々と過ごす。
だがネットで色々調べてみると、動脈瘤も
小さいものなら経過観察することも多く、
破裂しないままのことが多いということで少し気が楽に。

ということで、翌日の脳外科の先生の診断は
・・・「まぁ、多分血管の重なりがそう見えただけでしょう」
とのこと♡
小柄で痩せた若い関西訛りの先生がすごく魅力的に見えたこと!
念のため3か月後に再度MRIを撮ることになり、
それで終わり・・お騒がせしました。

でも、腕と指先の痺れはまだそのまま、結局原因はわからず終い。
年越しても治らなければ、今度は整形外科にでも行こう。
  1. 2018/12/29(土) 22:49:04|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ