バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

カーナビとの闘い

古いカーナビに苦労している方限定で
わかってもらえるかもしれないお話。

我が家のカーナビはかなり古くて、その上車自体もかなり年数の経った代物のため
ときおりカーナビが途中で消えてしまうなんてことも。
その為遠出する時は前日にPCでルート検索を念入りにして
プリントして予習して出かけるのだが、
いざカーナビで検索してみると、前日検索したルートと全然違うのが
出てきたりすることがある。
今日もそう、検索したルートは確かに
ちょっと遠回りかな?とは思ったのだが
カーナビが示したルートはいつも渋滞で悪名高い幹線道路だったので無視した。
ふつうは途中でカーナビがあきらめて、予め検索しておいたルートに
変更してくれるのに、今日はとにかく頑固で、何度も何度も何度も
幹線道路に誘導しようとするのだ。
その道路が大渋滞で有名なのは、昔何度か使ったことがあったので
懲りていたからなんとしても避けたい。
そんな状態でカーナビに抗いながら運転、途中で間違えたりして
行きも1時間20分表示のところを2時間以上かかってたどり着いた。
問題は帰りだった。
12時50分に訪問先を出て、カーナビと闘いながら運転していたら
決定的なところで右左折を間違え、知らない道に出てしまった。
1時間くらいうろうろした挙句、初心に戻ろう!ということで
訪問先近くまで戻って再スタートしたり、
途中でスタンドに寄って聞いたり、運よく親切なお巡りさんに
巡りあって教えてもらったりしながら
(途中であまりに渋滞幹線道路をごり押ししてくるカーナビにブチ切れて
ナビをオフにした!)家に着いたのが5時半!!

永遠にたどり着けないんじゃないかと泣きそうになりながらの4時間半だった。
良かったことは、いつものお届けなら
帰り道は感傷的になったりするのが、ナビとの闘いに夢中になって
アリーのこと、一瞬も想い出さなかった点ね。
だけどよくよく考えてみたら、ナビに従って渋滞幹線道路を走っていたら
とっくに着いてたんだった。
方向音痴のくせにナビに歯向かうのはやめたほうがいい、ということでしょうね。

そういうことで、アリー、トライアルに入りました。
2週間,息をひそめて過ごしたいと思います。
今朝のアリー
2017-7-16アリートライアル1
  1. 2017/07/16(日) 18:31:31|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

負けるな 村田諒太

昨夜の村田諒太の試合があんまり悔しかったので:

私はボクシングに興味ないのだけれど
主人が好きできのうの試合を一緒に見ていた。
誰がどう見たって村田の勝ちでしょう!?
相手のほうが手数が多かった、なんて
インチキ判定の言い訳にならない。
有効打では村田のほうが圧倒していたし
相手はフラフラに近かった。
ジャッジが発表された時の村田の表情が忘れられない。
あんな酷いジャッジでよくあれだけ自制したコメントができたね、
偉いぞ(T_T) おばさん、悔し涙だよ。
年齢的に遅い出発だったから、彼には時間がないのに。
負けるな村田! おばさんこれから応援するからね。
(なんの慰めにもならないか)


「手数だけのジャッジだったらボクだって勝てるニャ」
2017-2-7トム3
  1. 2017/05/21(日) 07:25:02|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら芝生!雑草庭を楽しもう♪続き

我が家の庭の今 続きます


母の残した野草のひとつ
間違えてすべて抜いてしまったはずなのだが、今でもこの片隅に毎年花を咲かせてくれる

2017-5-6庭の雑草13 2017-5-6庭の雑草12


これも、小さな小さな紫の花が咲いている
2017-5-6庭の雑草14 




これは数年前、島忠で買ってきたもの、名前忘れた。
冬には枯れたかと思うのだが毎春、息を吹き返してくれる
2017-5-6庭の雑草16 

困った時の園芸初心者の味方「玉竜」
いっこうに増えもしないが枯れない、我慢強いおしんみたいな植物
冬場にぬかるみになりやすい場所のカバーなどにお勧め
広く植えるにはちょっと高めだけど、その生命力は
宇宙からやってきたとしか思えない強さ。
2017-5-6庭の雑草15 

紹介した以外にも沢山の種々雑多な草が狭い庭に生えている。
個人的に好きになれない、または全体の調和を乱す草は抜いていく。


山アジサイ? 虫がびっしりつくのと、あっというまにはびこるので
好きになれない。 ひところしつこく庭を占拠しようとしていたが
何年もかけて抜いている。それでもまだこうして顔を出す。抜く。
2017-5-6庭の雑草17 

西洋タンポポも、根が深く張って、大量に発生するので
見つけ次第抜く。
2017-5-6庭の雑草18

ドクダミも好きじゃないので抜く!
 2017-5-6庭の雑草19 

野草で作られる庭は、永遠に完成しない、年々変化し続ける。
自然と人の手とで作っていく面白さ、手入れの簡単さがお勧めだ。




そんな庭の片隅に作った、犬のトイレ用の砂場。
だが一度としてここでオシッコしてくれたことがない。
私の勝手な思い込みによる失敗例
2017-5-6庭の雑草20 



~そんな庭で散歩中の猫ズ~
塀の上で犬猿の仲のにらみ合い
だが家の中とは違って、お互いに目をそらしあい、
キューが譲って道を開けた。
2017-5-6猫散歩2 2017-5-6猫散歩3 2017-5-6猫散歩4 2017-5-6猫散歩5

どや顔ののび太
 2017-5-6猫散歩6 

2017-5-6猫散歩7 2017-5-6猫散歩8

ハッピーの毛質は3頭よりオイリーで下毛が密なので、春先は大量に毛が抜ける
 2017-5-6猫散歩9 2017-5-6猫散歩11 2017-5-6猫散歩10 
老猫は短い散歩を終えると、玄関で待機「開けれ!」


  1. 2017/05/10(水) 16:28:19|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら芝生!雑草庭を楽しもう♪

今、我が家の庭は様々な雑草が春を謳歌している。
思えば過去10年近く、芝生との闘いに明け暮れた日々だった。
経験から言わせてもらうなら、芝生って大変!

・まず日当たりが1年じゅうかなり良い庭でないかぎり、
 冬場は枯れて見るも無残なことになる。
・殺虫剤を使わないで手入れをしようとすると(子供やペットのためにね)、
 毎週、朝早いうちにビンと箸で葉先に登ってきた
 (多分)茶毒蛾の幼虫など害虫を1匹1匹つまみとる作業に追われる。
 ・・・・ビン詰めされた幼虫の気持ち悪さに耐えられるだろうか
・犬がオシッコをしたらただちに大量の水をかけ流さないと
 翌日には丸く黄色く変色➡枯れてしまう 
・絶えず生えてくる雑草取りに追われる
・1週間に一度は芝刈り機をかけないと育ちが悪くなるし見栄えも悪くなる。
・遊び盛りの子供が走り回り、スパイクつきの靴で野球やゴルフの練習なんか
 しようものなら、芝生は剥がれ、傷だらけになる
 犬が興奮してダッシュで走っても同様の結果に。
・冬場の手入れも色々必要、専用穴あけ具で全体に穴を開けて
 追肥、追土をするなど。

見かけがとても美しい芝生の庭だが、本当に日本の風土に
合っているのだろうかと疑問に思えてきた。
四季があり、湿度も高い日本で「美しい芝生庭」を維持するには
思っていた以上にかなりの労力が必要になるのだ。


そこで、特に犬を飼っている家庭に提案です。
『幸せな家庭の象徴』?見栄えだけの芝生はさよならして、
雑草を楽しんでみませんか?
(・・・雑草という言い方は先の昭和天皇もあまり好まれなかったそうで
ちゃんと固有の名前があるのだが、あいにく植物に詳しくないので
とりあえずひとまとめに「雑草」と呼ばせていただきます)

まず、愛犬が散歩で毛先につけてきた種を庭で落としておけば
春先には様々な草が自然と生えてきます。
我が家は川辺で秋~冬場、ものすごい量と種類の種をつけてくるので
自然と多種多様な「雑草」が生えてきます。
亡くなった母が丹精こめて植えていた侘び寂びの野草も
まだ残っていて庭の片隅にひょっこり顔を出しているのも楽しい。

そして、生えてきた中で気に入ったものは残し、
好きになれないものは抜いていけば、ある程度秩序のある、
「世界でひとつだけ」の庭が
できあがってゆく楽しさがあります。
鉢植えの花をそこここに置いたり、庭の片隅に花や野菜のコーナーを
作ってもOK。
真冬だけはちょっと寂しいですが、その間だけ、小さなスミレとか
寒さに強い草花を買い求めて庭を飾ってもいい。

殺虫剤や枯葉剤など使う必要がないので環境にもペットにもいい
・・・芝生を完ぺきに維持しようと執着すると、いずれは
 殺虫剤などに手を出すはめになりがちなんです。

野草は本当に数えきれない種類が、その季節ごとに姿を見せてくれて
つきない興味が湧いてきます。
ほとんど同じようにしか見えない草なのに、犬猫に大人気のものと、
見向きもされないのがある、とかも知りました。

雑草の庭作りに興味を持たれた方は、まずは
愛犬と山野をぶらり散策して、大量の種を仕入れてくることから
スタートしてみてください。


我が家の庭

2017-5-6庭の雑草1ぺんぺん草 2017-5-6庭の雑草2ぺんぺん草
昔は「ぺんぺん草」と呼んでたもの、今の時期、びっしりと濃密度で庭に生え、まるで絨毯。
丈も低くて手入れいらずの芝生みたい。重宝している。
ーーーーーーーーーーーーーー

犬猫は主に単子葉植物(イネ科とか)を好むようだ。
この草は葉も食べるし、実(花か?)は猫じゃらしになる。
2017-5-6庭の雑草3ねこじゃらし 2017-5-6猫散歩1 

ーーーーーーーーーー

上の草と同じにしか私には見えないのだけど、こちらはほんの少し葉が広い
こっちは誰も食べないけど、ネコたちにはちょっとしたジャングルみたいでおおむね好評
 2017-5-6庭の雑草4

ーーーーーーーーーーーーーーーー
かなり細い葉、きれいだから残しておく        
2017-5-6庭の雑草5

なんて名前だったか忘れてしまったが、多分母が残したもので
毎年あちこちに育って紫の花を大量に咲かせている
 2017-5-6庭の雑草6

私には同じ「クローバー」にしか見えないのだけど
花は全然違う、それぞれ可愛い黄色とピンクの花。
これも丈が低くて密集して生え、可憐な花で庭を彩ってくれる
 2017-5-6庭の雑草7 2017-5-6庭の雑草8
何年前か地植えしたマーガレットの残党が今年も勝手に咲いてくれた
2017-5-6庭の雑草9
これも大量に群生して小さな紫の花をつける
 2017-5-6庭の雑草10
なんとなく気に入って残してる草
2017-5-6庭の雑草11 

続く
  1. 2017/05/10(水) 15:43:22|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤っ恥洗濯機騒動


先日、脱水音が煩くて業者さんに見てもらったドラム式洗濯乾燥機、
どんどん音が酷くなってきて、ついにあきらめて
修理を頼んだ。
エンジン?だかを交換して3万いくら、
空まわしをしてみて音がしなくなったのを確認したのに、
実際に洗濯してみると、やはり音がすごい!直ってないじゃないの!?

ということで再度電話、どうなってるんですか的な感じで
再修理を依頼した。
今度は3人がかりで修理に来たのだが・・・
結論は、毛づまりだった。
3か所のフィルターは毎回ちゃんと掃除していたのだが
「槽洗浄」というのを月に1度くらいはしないといけなかったらしい。
説明書をちゃんと読まないからそんなこと知らなかった。
そして、ウチの毛づまりのレベルは、一般家庭というより
トリミングサロンとかの専門店レベルなのだそうで、
かなり頻繁にこの槽洗浄をする必要があるとのこと。
3人がかりで取り除いた毛がこれ↓
結構ずっしり重い。 汚れも酷かったらしい。
2017-4-24洗濯機毛づまり

恥ずかしい!汚れた下着を見られたような気持ちだ。

さらに後日談があって、実際に洗濯してみると、
脱水の段階でエラー表示が出て止まってしまう。
これ以上恥をかきたくないので、かなり減りくだった態度で電話、
4回も同じウチに続けてくることになった修理のヒトも大変だ。
原因は単純ミス、洗濯槽を固定するバネの接続忘れだった。
お互いに「すみません」「いえいえこちらこそすみません」と
恐縮しあった。

みんな槽洗浄って知ってました?





お口直し画像
2017-4-25アリー&ハッピー1 2016-6-7トム5





  1. 2017/05/06(土) 18:09:15|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ