バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

「金メダル確実」って言うな!

そうそう、SMAP報道からこっち
私の中で最低評価になったマスコミだけれど
オリンピック報道でも相変わらずやらかしてくれてる。
メダル圏外の競技には一切触れず、
メダル可能な選手には「金メダル確実!」という
貧相な語彙だけしか使わないで追い詰めているけれど
そうじゃないでしょ、と思う。

そんな確実な戦いなんてあるはずない、
私たちが望むのは彼らが思い通りの力を発揮できるように、
ということ、金メダル確実、なんて無責任な言葉で
逆にプレッシャーかけてどうするんだ。

どうか本当にこういう言い方はやめてあげてほしい。

 2018-2-12ノビタ1


  1. 2018/02/16(金) 22:03:49|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早期対応がどうしてできないんだろう?

寝屋川監禁死事件はあまりにおぞましすぎて
私の中でまだ触れることができないままでいる。

それに比べれば小さな記事だが心に引っかかっているのが
小2児童による傷害事件、以下のニュースだ。 


兵庫県内の児童館で今年5月、
小学2年の男児が施設に勤務する20代女性の首を
突然バットで殴って負傷させる事件があり、
兵庫県警が傷害の非行内容で、男児を児童相談所に通告していたことが
18日、関係者などへの取材で分かった。
女性は右耳がほとんど聞こえなくなるなどの後遺症が出ており、現在も治療中。
この男児は、事件の数日前にも別の児童に暴力を振るっていたという。

『~ だが、それ以上に女性を苦しめたのは、周囲の反応だった。
10月、教育関係者が集まる交流会に出席すると、
事件を「単なる事故」と切り捨てられ、
「児童が感情をむき出しにするのはむしろ良いこと」
「小学生をなぜそこまで追い詰めるのか」と、
被害届を出したことを逆に非難されたという。


 文部科学省が行った平成28年度の問題行動・不登校調査によると、
全国の小学校で児童の暴力行為は約2万3千件発生。
うち「対教師暴力」は3628件にのぼる。
これに対し、警察や児童相談所などが何らかの措置をした児童は
219人と、暴力行為全体の約1%にとどまっている。~』

「教育関係者」の認識のズレにびっくりする、
小学生のしたことだから目をつぶるべき、という
バカな見識が、異常者の犯罪をはびこらせる一因になっているのだ。
異常犯罪者の多くが幼いころからなんらかの信号を
発信していたはずなのに、それを見て見ぬふりをしたせいで
人への犯罪を犯すまでに沢山の命が無残に殺されてしまうのだ。
いきなり激高する、突然暴力的になり手がつけられなくなる、
生き物への虐待の兆候が見られる、などといった事実を
もっと丁寧に拾い、早期治療をすべきであるのに、
放置することは責任逃れでしかない。
しかるべき治療を続けることで本人も救うことができるはずだ。

外来種生物の問題もしかり。
安易な輸入承認をしておいて在来種が姿を消しかけて
環境保護活動が盛んになって慌てて
外来種の駆除に税金を使うことになる。


今の警察、公務員の「今を無難に波風たてずやり過ごすことがすべて」
という無記名無責任を改善するには、
問題発生時看過した当時の責任者の名前を公表する制度にしたなら
少しは「予防策」への真剣な取り組みが見られるようになるのでは?


ピノちゃんちから可愛いツーショット

2018-1-4ピノ近況2 2018-1-4ピノ近況4


年賀状から失礼して転写したトム
寄り目の愛しい子、まだ心がちょっと痛むけど
可愛がってもらってるみたいでよかった
2018-1-8トム 

関係ないけど、ついにスチームクリーナー買ってしまった
2018-1-7スチーム掃除機 
大掃除で使おうと思ったのに、買ったことで満足してしまい
未だ手付かずのまま
  1. 2018/01/10(水) 01:26:23|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八百長相撲やめるか、土俵を変えるか?

昨年末からずっとマスゴミの餌食になっている感のある
貴乃花親方と相撲協会の確執。

日馬富士が貴ノ岩に暴行したことが発覚してからの
貴乃花親方の行動が理事として
問題がある、ということで、ついに理事解任となった、のだが、
なんだかなぁ・・・
貴乃花の頑なさもわかる気がするのだ、
ひと昔前問題となった「常習的な八百長相撲」の中心的な
役割をした力士が大きな顔をしている理事会、
たとえば仲介役としてほぼクロと言われていた逆鉾が
大した功績もないのに重要ポストをぐるぐる回ったりと
あきらかに「八百長やむなし」派が主流の相撲協会に
ガチンコ相撲の代表とされる貴乃花が
反発する気持ちは元からあっただろうし、
今までも幾度となく不祥事をうやむやに葬ってきただろう
協会の在り方に不信感を持つのも当たりまえのことだ。

ただ、以前は八百長相撲の力士に対して
嫌悪感しかなかったのだが、最近は
もしかしたらかなり昔からの慣習として八百長は存在してきたのでは
ないか、と思えてきた。
ケガで廃業した力士の未来は暗い、
できればケガをしないように、ある程度の出来レースで
現役を少しでも長く続けたい、というのが
八百長の起源だろう。
要するに必要悪だったのかもしれない。

だからといって八百長相撲を楽しもう、という気にまでは
なれない、そこで思うのだけれど、
土俵ってなんであの高さなのかな?
多分神聖な意味があったんだろうが、
大きなけがのほとんどがあの高さからの転落時に
起きているのなら、
八百長を絶対禁止にする代わりに
土俵の高さをなくせないんだろうか?
平坦な場所に土俵を作れば
かなりのケガが防げると思う。
これって本気で考えているんだけれど・・・


サムは目下自宅安静。
多摩川にはメナと二人で。
哀しい顔をするサムのために主人は
サムと留守番。
いつになったらサム、川辺に行けるかね・・


年末のメナ

二人で歩いている時はしっぽが下がって少し警戒気味。
遠くに何かを見つけて立ち止まったメナ、
段々としっぽが上がってゆく、何か嬉しいものを見つけた?

2017-12-27多摩川1 2017-12-27多摩川2
2017-12-27多摩川3 2017-12-27多摩川4
走り出す
2017-12-27多摩川5 
2017-12-27多摩川6 2017-12-27多摩川7
 
そう、メナの好きな犬仲間、ルークとパティを見つけたんだった!
しっぽと耳だけでも気持ちがわかるもの

1月8日早朝

2018-1-8多摩川メナ1 2018-1-8多摩川メナ2

やっぱり今ひとつ冴えない表情
2018-1-8多摩川メナ3 2018-1-8多摩川メナ4 2018-1-8多摩川メナ5
 
それでも顔なじみの犬に会ったら少し元気になった。

2018-1-8多摩川メナ6 2018-1-8多摩川メナ7

  1. 2018/01/09(火) 15:33:55|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自業自得・駆け抜けた3日間

歳と共に記憶力が劇的に低下している、
普段はそれでもまぁ、固有名詞が出てこないくらいしか
困ってはいないが、たまぁにそのせいで
のっぴきならないはめに陥ることがある。
今回はスケジュールの勘違いから
旅行とイベントが重なってしまった。
金土が旅行だと勘違いして日曜日にイベントを受けたら
旅行が土日だったのだ。
そのイベントがクリスマスイベントだったので
金曜日からその準備に追われ、土曜朝から熱海へ、
大騒ぎして楽しんだ翌日みんながまだ寝ているうちに
一人帰宅して準備、昼からイベントという
日ごろ怠惰な生活をしている人間としては
まさに全力疾走の3日間を過ごした。
これも記憶力が衰えているくせにちゃんとスケジュールを
確認しない自分のせい、自業自得だ。

金曜日、クリスマスの準備、できるとこまで

2017-12-3鳥セミナークリスマス1 

土曜日、友人たちと熱海へ♡

翌朝早くに帰る私のために、早めに集合してくれた、感謝。
昼は何度か来ている定食屋さん。
汚いし、トイレをず~っと直してないし、おかみさんは愛想ないけど
なんといっても安くて美味しいんです。
2017-12-2熱海1
隣家の猫さん 美人
 2017-12-2熱海2

熱海城
コンクリでできたお城もどき。
春画や秘宝館、なんとも昭和の匂いの強い
ちょっと場末感の漂う熱海城でこれだけ長時間遊べる私たちって
大人だ・・・
2017-12-2熱海7 
美味しいもの食べて、くだらない話で盛り上がって夜中3時ころまで・・
2017-12-2熱海3 2017-12-2熱海4 2017-12-2熱海5 2017-12-2熱海6

そして早朝6時にひとり温泉に入って(前日結局入らずじまい)
朝食、爆睡するみんなを後に帰宅。
そして鳥さんのセミナーのクリスマス会、間に合った~
2017-12-3鳥セミナークリスマス2 
寝不足だけど、とても楽しいひと時でした

そして今朝は6時からメナと多摩川、帰宅後
サムとリハビリ散策・・・その後コタツで爆睡しました。
  1. 2017/12/04(月) 17:33:05|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相変わらず恥をかく💦


幾つになっても老成とは程遠い人生・・

電気製品が同時期に壊れる、という話は聞いていたが、
我が家の3台の掃除機も続けて故障、
近くの大型電気店に3台とも持ち込んでみてもらった。
充電式のはもう買い換えたほうが安いということであきらめたが
ルンバは無料で修理してくれた!さすがね。
ところで一番使うダイソンの掃除機は、
修理代が高いので、その場で買い替えようということになった。
付いてくれた女性の店員さんは
日本製の最新掃除機を勧めてきたけれど、
やっぱりダイソンが一番っ、と決めていたので
「今まで使っていたダイソンのと同じものはないの?」
「やっぱりパワーの点でダイソンがいいんだけど」
なんて言って探してもらったら・・・
持参した我が家の「ダイソン」を確認に行った店員さんが、
無表情で戻ってきてこう言った
「すみません、お持ちいただいた掃除機は
ダイソンではないようです。
同じメーカーのものはあいにく当店には置いていないのですが」

・・・え~~っ??
今までダイソンだとばかり思って使ってたのが
偽物だったということ?
慌ててかすかな記憶をたどってみる、
ネットで探したんだっけ・・・確か「ダイソン」という文句が
載っていたはず・・・もしかしたら「ダイソン風」とか
「ダイソンなみの」だったのか?
しかも大型店に置いてないような
メーカーのバッタもんだったということか?

もうその後は店員さんのおすすめなさるまま
本物のダイソンを大人しく購入しました。
後で笑ってただろうなぁ、と思うと
ホントに幾つになってもな自分が情けない。

今度こそ本物のダイソン
本物にはDYSONってネームが入ってるんですってさ
2017-8-21掃除機 



アリー改めソフィのお見合いの時も
今となっては恥ずかしくて「穴があったら入りたい」
くらい偉そうなことを言ってしまってた。

先方の先住犬がボーダーコリーだと知った私は
アリーとの相性が心配で、優しいご夫妻に
かなり細かく質問攻めにした。
アリーが苛められるのではないか、
と思ったのだ。
私のボーダーへの印象は、いつもせかせか落ち着かず
ストレスがかかっていて、社会性がない、
作業犬としては優秀だが、一般家庭で飼うには
向いていない犬種だったのだ。

((だが、よく考えてみたら、私の会ったボーダーは
「専門家」が飼っていて何等かの競技で優勝するような
特殊な犬か、問題行動で困って教室に来る子ばかり。
ごく普通の穏やかな家庭で育った
何の問題もないボーダーには会ったことがなかった。
川辺にもあいにくボーダーはいなかったし。))

ところで実際にアリーが譲渡になり、
幸せな毎日の様子がインスタで拝見できるようになって
覗いてみると・・・
アリー改めソフィは相変わらずのお転婆娘で
気のいいボーダーのアレン君はもっぱら日々ソフィに
振り回されているではないか!
譲渡時に「アレンがソフィを追い回さないように」
とか散々注文をつけた自分が恥ずかしい💦
一昨日の「お留守番ができなくてブローチを破壊したソフィ」
とか、毎日のソフィの行状を目にするたびに
吹き出しながら、同時に恥ずかしさにいたたまれない
実家の母なのだった。



インスタ  kobumikan55  より借用した画像

この後ソフィがアレン君に飛びかかり、取っ組み合いが始まります(-_-;)

2017-11-10ソフィ1 2017-11-10ソフィ2


  1. 2017/11/13(月) 18:30:55|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ