バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

グッドラック  ジャム&チイ

昨日金曜日、ジャム&チイ兄妹が新しいお家に
旅立っていった。
容姿も性格も可愛い子たちだったな。
きっと可愛がってもらえるだろう。


子猫を見送った時の寂しさは変わらないけれど、
今回はぽちの時のような胸塞がれる辛さはなかった。
多分2頭一緒、ということが大きいんだと思う。
仲良し2頭なら、環境に馴れるのも早いし
わが家のことなんてすぐ忘れてくれるだろう。
楽しいひと時をありがとうね。

もう一つ、そんなにダメージがなかったのは、
「やれやれ」という安ど感のほうが強かったせいかもしれない。
仔猫も子犬も大好きだけど、一緒に生活していくのに
ちょっと身体的に厳しいタイムスケジュールだった。
彼らの身体的、精神的充足を第一に生活をするとなると、
けっこう大変なのだ。
早朝(5時~)サムを外に出してトイレ、
庭で少し遊ばせてご飯、
2階に抱いていってコングなど齧らせておいて
仔猫ズをケージから出してやり、トイレ・ケージの掃除、
ご飯、点眼や顔・耳など身体を拭いてやり、遊ぶ;
双方が大人しくなったら大人猫たちの世話と家事;
バタバタとシャワーをざっと浴びて、ホッとしたら
もうそろそろ昼、そして起き出してきたキッズの世話が
また始まる・・・それが1日4サイクルくらい繰り返される
・・・と愚痴みたいだけど、こんなどっぷり生活の中で
彼らに学んだことは数知れない、仔猫も子犬も
皆同じ、だけれど皆違う、だから新鮮な思いで
彼らに魅了され続けてしまう。
ジャム、チイちゃん、元気でね。

メナの世話はって?
メナは空気のような存在、いつもさりげなく
自分で考えて動いてくれる。
サムのトイレの時は一緒についてきてトイレを
するし、庭で遊び、サムの朝ごはんのお相伴にあずかり
(以前は朝食はなしだったのに)
仔猫の食べ残しをじっと傍で待って片付け(?)、
サムの子守をちゃんとしてくれる。
メナがほとんど吠えない犬なのも、
サムの教育上良い影響を与えてくれるし。

おまえがいてくれて本当に助かるワ、
この借りはきっと返すからね、メナ。
近いうちに、2人だけでどこか遊びに行こう。

子守の合間に死んだように眠るメナ
2012 7月7日メナ

メナは隙間やバリケンなど、洞穴形態の寝場所を
好むのに対して、サムはどこでも寝てしまう。
2012 7月7日サム

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2012/07/07(土) 18:24:38|
  2. ジャム&ゴマ預かり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新顔

今日は子猫ズのお見合いだった、
兄妹3頭の中から2頭が新しいお家に行くことになった。
ゴマちゃんは残念でした、ということで、
今日から新しい預かり先で新しいご縁を探すことに。
わが家には譲渡の決まったチイちゃんとジャムが残る。

ゴマちゃんも引き続きわが家で預かりたかったけれど、
ジャムとチイちゃんがもらわれていくまで1週間のあいだに
仲良くなってもらいたいので、チイちゃんとトレードに
なった。ゴマちゃんは見た目が地味だけど、
とっても人に懐くので、きっと素敵なお家に
行けると信じている。
ベテランの素敵な預かり先で、もうすかり寛いで
ご飯を食べて大人しい先住にゃんこを追っかけているという
お知らせがあった。

サムはというと、お見合いにいらしたご家族の男の子と
庭でおもちゃで遊んでもらった。
猫しか飼ったことがないということだが、
犬の扱いも上手な子だった。よかったね、サム。
  1. 2012/07/01(日) 22:23:31|
  2. ジャム&ゴマ預かり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャムとゴマ

当分サムのためほとんど家にいるので、
木曜日から、ついでに保護子猫姉妹を預かった。
とりあえずジャム(三毛)とゴマ(トラ)。
2頭ともまずまずヒト馴れはしてる、
ただ風邪のためか眼がやられていて
治療を続けていたとのことで、
引き続き治療が必要。
ゴマちゃん 好奇心旺盛な女の子
2012 6月22日ゴマ1
ジャムちゃん おしとやか(今の所)な三毛
2012 6月22日ジャム1
2012 6月22日ジャム2

子犬と子猫、前に一緒に預かった時は
月齢も大きさもほぼ同じだったので
乱暴にも一緒に育ててしまった。
お互いに兄弟のように遊んで寝て
育ってくれたけど、
今回はなにしろ大きさが違いすぎる。
2012 6月22日参考

サムに悪気はなくても、あまりの体格差は
怪我のリスクが大きい。
同じ大きさの時も、パグやシーズーなど
目が飛び出している小犬だったら
仔猫と一緒にはしない。

ということで、仔猫を遊ばせる時は
まずサムと遊び、彼が疲れて休んでいる間に、
部屋を隔離して仔猫姉妹を自由にした。
2012 6月22日サム1

ポッチよりちょっと用心深いけれど、
ヒトに馴れていて大人しく抱っこされる。
良い家庭猫になるだろう。
まだ700g、いっぱい食べて遊んでどんどん大きくなってね。

前にも書いたけれど、ネコはペットとして最高だと思う。
赤ちゃんの時からヒトに慣らしておきさえすれば、
後はほとんどしつけがいらない。
散歩がいらない(私見ではあったほうがいいと思うが)、
鳴き声がうるさくない
トイレトレの必要がない・・・etc

これも以前書いたが「ぎりぎり、犬をなんとか飼える」
といった生活環境の人はどうか猫を考えてほしいと願う。
  「適正飼育について」2009.5.19ブログ
“時間をやりくりすれば朝晩ちょっとは散歩できる”
その時間で猫には十分なスキンシップができる。
猫は外面がよくないけれど、犬と同じくらい
とても愛情深くて甘えん坊、芸もできる。
慰めてくれるし、一緒に寝てくれる、
犬より匂わないし清潔好きだ。

なのにどうして処分(殺される)子猫の数が
多いのか、それは犬に比べてまだまだ避妊去勢が
普及していないからだ。
地域猫の活動は、とりあえず不幸な猫を
これ以上増やさないという
啓蒙活動の現場最前線じゃないかと思う。

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2012/06/23(土) 03:09:01|
  2. ジャム&ゴマ預かり
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0