FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

猫も社会的動物

チャシュとポポがいなくなって
我が家のネコ社会は少々殺伐とした空気になってきた。
ハテナとハニーがちょっとぐれて不良少年化(?)、
落ち着きなく、ハッピーとのび太を追いかけまわしたり、
せわしなく動き回っては色々な物を落としてまわってる。
のび太とキューの10年越しの諍いもまた頻繁になってきた。
(猫の相性ってホント難しい)

思うに、チャシュとポポはハテナハニーたちの子守りをし、
成長と共に過激化する遊びにもつきあってくれてた。
そして、チャシュはさらに
のび太とキューのにらみ合いの場に
さりげなく登場して間を横切っていたのを何度も目撃した、
これは犬の世界ではよく知られた社会的行動。
集団内の無駄な争いは群れの崩壊を起こしかねないので
狼でも犬でも、それを避けようと他の個体が
なだめ行動することが多いらしい。

ネコ科の動物はほとんどが単独行動をとるため
社会的行動が犬よりは少ない、と言われているけれど
どうもそうともいいきれないんじゃないかと思う。

ただし、犬も猫も、充分に社会化された個体、
つまり、成長期に親、他の兄弟、望むべくは他の大人たちと
接触して健全な環境で育った個体に限る。
つまり、
・糞尿まみれの檻の中で無理やり繁殖をさせられる母親から
生まれて、3週令くらいで箱詰めされて競りにかけられ、
ガラスケースに隔離されて育ったペットショップの個体
・1頭だけで育てられて他の猫(犬)と接触したことのない個体
・劣悪な環境、たとえば狭い家での多頭飼育など
  (ネコも犬と同じ、充分なパーソナルスペースが必要だ)

などにはそういった行動の引き出しがないんだろうと思う。
我が家ではのび太が「一人っ子」育ちだ。
だから、キューをうまくあしらえないまま関係が悪化して
しまったんじゃないだろうか。

チャシュは6頭兄弟で育てられたので、そういった
社会的行動力があったのかな。
そしてポポも5か月令くらいまで外で、ネコ社会で
もまれて生きてきた子だし。

ふたりとも、いい奴だったわ~
グッドラック ナイスガイ!(古っ)
2018-12-26チャーシュー&ポポ 
荒ぶる不良少年
2018-12-26ハテナ&ハニー1

おまけ:ソフィ(アリー)以来 久しぶりの保護ワン
    ガリガリだね
2019-1-9ジャミラ1 
2019-1-9ジャミラ2 
2019-1-9ジャミラ3  
この子のことはまた改めて
  1. 2019/01/13(日) 18:09:38|
  2. 猫について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫仕様の家を建てる際のちっさいアドバイス


我が家の虚弱野生児キューは
かなり知能が高いんじゃないか?
彼の外の世界への希求はハンパなく、
そのための努力や研究心からみてそう思うのだ。
前の家ではロック機能のついていなかった窓のカギは
開けてしまうし、引き戸の玄関もロックを下げて
力任せに開けて外出していた。

2016-9-6ドアロック6 
「俺って頭いいってこと」・・褒めてない!

今の家は、窓も玄関ドアも、そして網戸も
ロック機能がついていて、さすがのキューでも
開けるのは無理なのだが、
もうひとつキューは「立ち入り禁止」の空間があることに
我慢できない性分で、1階の教室の引き戸も開閉ドアも
とうとう開けることができるようになってしまった。

元々家の中に犬猫たち入り禁止の部屋はないのだが、
それでもセミナー開催や譲渡会開催の前日だけは
せっかくきれいに準備した教室と相談室に
入ってほしくないのだが・・・
と悩んでいたら、こんなのがあると知って早速注文。

2016-9-6ドアロック1

鍵のないドアや引き戸を愛猫にあけられて困っているヒトって
結構多いのね。
使ってみたら、本当にロックできた!

2016-9-6ドアロック2 2016-9-6ドアロック3

ただ、柔らかい素材なので、使っているうちに摩耗しやすいかも。
これから家を建てようという愛猫家の方は
最初からすべてのドアにロック機能をつけたほうがいいです。
でも、これはあくまでも、畳の部屋とか仏間とかの限定部屋、
はたまたお客様が泊まられた時など非常時だけ、利用してください。
猫を一部屋に閉じ込めて飼い続ける、などということは
精神的虐待だと思っているので。


ついでに家を建てる予定の愛猫家に経験者からの
(あまり役に立たない)アドバイスを♪

・いつでも猫オープンな部屋には猫扉をつけておく
 (前の家ではすべてのドアを半開きにしていたが、
 冬は寒く、夏は冷房の効きが悪かった)
・すべての壁に腰板を貼る(安いのでいい、いずれ汚れて張り替えるんだから)
  貼らないといつ爪とぎをし出すかわからないヨ
・トイレのペーパーホルダーの位置は
 猫の届かない、かなり高いところに設置しよう
  (退屈すると、ペーパー巻き取り作業に精を出すコが多い)
2016-9-6ドアロック5


最後に、子供たちが巣立って、家を改築しようとお考えの
犬猫飼いの熟年家庭に;
他をある程度犠牲にしてでも、階段は蹴あげ(高さ)を低くし、
踏面を広くとるようにしよう
我が家の実寸は蹴あげ17cm、踏面30cm、
これでも私の考えていたものより高すぎるくらい。

2016-9-6ドアロック4

工務店や設計士はどういうわけか、なんとかして
「普通の階段」にさせようと抵抗するが、妥協しないように。
犬も猫も、そしてヒトも歳をとってゆく。
最後の日まで、みんなができるだけ普通どおりの生活が
できるように、そのために階段は重要だ。
  
  1. 2016/09/07(水) 08:52:35|
  2. 猫について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドキドキ、『猫バンバン』

今朝は昨夜半の雨の名残で
曇り空、今にもまた降りだしそうだったが
天気予報を信じて多摩川へ;

2016-2-21多摩川1

2016-2-21多摩川2


晴れ男がついてるから心配していなかったが、
案の定みるみる晴れていく。

2016-2-21多摩川7

2016-2-21多摩川3

2016-2-21多摩川4

2016-2-21多摩川5

2016-2-21多摩川6





日産のキャンペーン『猫バンバン』が話題だが、
私はこれを見て以来、車を運転しながら
ドキドキしてしまうようになった。
運転歴ン十年、猫大好きだが、迂闊にも今まで
こんな心配(猫が車のいたるところに入り込む危険)
してこなかった。
車って、密閉された四角い箱だとばかり
思い込んでいたのだが、
こんなに隙間だらけの物体だったのね!
以来、ちょっとエンジン音が変だったり
小石が車にぶつかって音がしたりするたびに
「わっ!猫が入り込んだんじゃ??」と
ビクビクしてしまう。
空前の猫ブームに乗っかった商戦かもしれないが
日産さん、いい仕事したね。
誰が考え付いたのか知らないけど、
その社員、多分猫好きなヒトだと思う。
皆さんもぜひ、乗る前に「猫バンバン」+
タイヤ周りもチェックしてください。

猫はみんな隙間好き
2015-10-17ハッピー2

  1. 2016/02/21(日) 18:30:32|
  2. 猫について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネコのバカッ!

今朝は昨日の名残の暖かさが残って
過ごしやすかった。
だが昼過ぎからどんどん気温が下がり、
最高温度が早朝、という変な1日に。
こう寒暖差があると、体調を崩す人が続出するだろう。

2016-2-15多摩川1

2016-2-15多摩川2

2016-2-15多摩川3

2016-2-15多摩川4

2016-2-15多摩川6

2016-2-15多摩川5





多摩川からの帰途、車で信号待ちしていると
猫が歩道から道路に出て来た。
そしてなんと対向車線で停止中のバスの下に
潜り込んでいくてはないか!
ときおり見かける白地に黒いしっぽの
だいぶくたびれた感じの猫で、
そのあたりでご飯をもらっているのか
放し飼いなのか、あまり車の往来がない道とはいえ
結構頻繁に道路を悠々と渡る姿を
度々見てはいたのだが、
なんでわざわざ信号待ち中の車の下に
入るんだっ!
信号が変わったら即ひき殺されてしまうじゃないか~💦
こちらは突然のことに、信号が変わっても
動きだすこともできず、目の前の惨事を
予想して凍り付いた。
・・・のだが、数秒たっても対向のバスは動かない。
その間に、いったんバスの下に入り込んだ老猫は
前輪の後ろからまた姿を現し、
ゆうゆうと横断歩道を渡っていった。
ほっとして体じゅうの力が抜けたが、
改めて動かないままのバスを見やると、
運転手さん、可哀想に席から立ち上がって
バスの前方をしきりに覗いている。
どうやら猫がバスの下に入り込むのを見たのだろう、
だが、猫が出て行ったところは、死角だったらしく
見えなかったらしい。
猫が好きでなくても、ふつうの感覚のヒトだったら
けして生き物を轢きたくはないだろう、
だけど私はこの運転手さん、きっと猫好きなんだろうと思った。
車を発進させながら、バスの運転手さんに
にっこりと微笑みかけながら、
「バカ猫っ!!」とつぶやいた。
猫って時々、ホント何考えてるんだかわからないことがあるよ。

我が家のおバカ猫
2015-12-26のび太1
  1. 2016/02/15(月) 21:42:26|
  2. 猫について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫は何故虐待されるのか?

世の中は残虐な行為で溢れている
・・・もちろん、ほとんどのヒトが
ごく常識的な生活をしているのだが
その陰に隠れて、異常な精神の輩が
どれほど多くいるのか、思うと吐き気がする。

このところまたも、猫への虐待、虐殺が
相次いでいる、具体的に話したくもないが、
何故特に猫が標的にされるのか。
それは明白なことに思われる。

ねずみでは話題にならないからだ。
そして犬は簡単に手に入らない、
インパクトがあり、その辺で簡単に手にはいるのが
猫なのだと思う。
飼い猫や、元飼い猫は、簡単に捕まえられる、
ヒトを信頼しているのだから。

愛護法違反で調査中、と毎度警察は言っているが
本当に真面目に捜査しているとは思えない。
現行犯や通報以外で、捜査で捕まえたことがあっただろうか。

だが、もしも動物虐殺事件を真面目に捜査していたなら
防げたはずの殺人事件はかなりあっただろうと
私には思える。
異常犯罪者は、止めなければエスカレートしていく、
猫では満足できなくなって、子供や高齢者へと
対象を移す可能性は常にあるのだ。
異常犯罪者でなくても、猫を虐待することで
憂さをはらすような人間は、DV加害者など
暴力沙汰をおこしやすい、激昂しやすいタイプが多い。

こういった事件は連鎖しやすい、
バカで自分というものがない、影響されやすい人間が
マネをするからだ。
どうか、たかが猫、と思わず、必ず犯人を暴いてほしいと願う。




3日4日の多摩川

2015-10-3多摩川1

2015-10-3多摩川2

2015-10-3多摩川3

2015-10-3多摩川6

2015-10-3多摩川4



  1. 2015/10/05(月) 18:26:37|
  2. 猫について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ