FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ピースワンコ、そして日本犬8週令規制除外の魑魅魍魎

①広島のピースワンコの残酷な内情が取りざたされて
ずいぶん時間がたっている。
『日本の保護犬猫の未来を考えるネットワーク』から進行状況が送られてきた。
この団体がどうなのかはわからないし、全面的に信頼できるかも不明だけれど
ピースワンコの中で殺されていっている犬たちを思うと
やはり賛同しなければ、と思うので、掲載する。
賛同してくださる方は署名をお願いします。
ただ、この中の「施設内部の写真」は私は見ない、ショックを受けるのがわかっているので。


『ネットワークとして、これまで5年以上にも渡り、
譲渡動物に対する不妊手術の徹底及びこれ以上の犬の引き出しを止めるよう、
広島県とピースワンコに訴え続けてきましたが、
双方とも、殺処分ゼロの維持こそが動物愛護であると信じて疑わず、
肝心の犬たちの飼育環境が益々悪化していくことについては黙殺し続けています。
今回の告発は、現在ピースワンコ施設にいる犬たちの環境改善を求めると同時に、
これ以上広島県からピースワンコに犬を移動させない為のやむを得ない手段であり、
同団体に限らず、保護活動と称して過密収容や未手術譲渡を行うことが、
いかに現場にいる動物を苦しめ、社会的に間違った動物愛護の流れを作っているかを問うものでもあります。
今後、この件は検察に委ねられ、最終的に起訴か否かが決定されますが、
前回もお伝えしたように、動物愛護法と司法現場の乖離は甚だしく、
これまでの事例を考えると厳しい結果も予想されます。
今後益々増えていく多頭飼育崩壊や動物愛護団体の在り方に警鐘をならすためにも、
ぜひ以下の嘆願書にご署名いただき、皆様の声を検察に届けてくださるよう心よりお願い申し上げます。
*告発状および嘆願書に書かれている虐待事実は、
すべて内部告発者の証言や証拠写真などに基づくものであり、陳述書で明らかにされています。
●嘆願書はこちら(PDF署名用紙ダウンロード)
https://static.wixstatic.com/ugd/c6567d_7e96426b38ba4802b27b30cba845a3c6.pdf
<嘆願書郵送先>  広島地方検察庁福山支部・福山区検察庁
〒720-0031 広島県福山市三吉町1丁目7番2号 福山法務合同庁舎3階
●ピースワンコ施設の内部写真はこちら
*注意:こちらに掲載された写真は、被害状況を示す衝撃的な画像を含む為、
十分ご注意の上ご覧ください。
https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj/photo
●告発状はこちら(公開範囲を広げました)
https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj/criminalcomplaint
●東京新聞への抗議文はこちら
https://inunekonet.wixsite.com/openletter-pwj/tokyoshinbun

※SNS等での情報拡散につきましても、ご協力よろしくお願い申し上げます。
日本の保護犬猫の未来を考えるネットワーク』


②今回、愛犬家、動物愛護家の署名運動の広がりから、
流れそうだったペットショップでの8週令規制が奇跡的に実現(本格始動はまだ先だが)したが、
なんだかわからないうちに『日本犬は天然記念物だから規制除外』という
但し書きがくっついた不思議。

いかに動物愛護法が日本では軽んじられているかがわかるニュースだ。
重大な問題という認識があれば、科学的根拠や世界の情勢を
充分検討しなければ法律改正などできないはずで、
それを優秀な公務員がしていたなら、こんな出鱈目な但し書きなど
つけられなかったはず。
ここからは私の個人的な考え;
日本犬の世界は元々から堅気(かたぎ)ではない人たちの集まりだった。
明治ごろから段々と牛馬の売り買いが減っていき、それを生業としていた
博労たちが、今度は地方の日本犬を買い、町の富裕層に売りさばくようになった。
現代でも、殺人事件があったり、それ以外にも
たまたま犬の保護で関わりを持った数少ない経験では
その筋のひと、あるいはその周辺の人が日本犬の世界では多いと感じている。
堅気じゃないけど、ヤ〇ザでもない、正体不明の老人は
日本犬の上のほうから、不要になった犬を押し付けられても
断ることができないのだ、と多頭崩壊の言い訳をしていた。
東京にいた時、いつも散歩していた公園のすぐ脇で柴犬の繁殖をしていた
男性も、そういう印象だった、その繁殖のやり方というのは、
シーズンを迎えた雌犬を杭につないで、オス犬を何頭もかけさせていた。
つまり、誰が父親かなんてどうでもよくて、あらかじめ血統書に記入する
オスは決めている(賞を取った犬)ということだろう。

そんな世界の人間と関わりになりたくはない、けれど犬に罪はないので
できれば、こんな酷い付帯条件に「ノー」という一票を
お願いします。

【緊急署名】日本犬6種だけを8週齢規制の対象外とする
  動物愛護法改正案に反対します
 
    http://chng.it/h4nqhkcFKc

③ついでに、そうか、こんな手があったのか!と感心した
 動物虐待愛好野郎どもへの抗議にも一票を

大矢誠元被告が作成した動画により心的外傷後ストレス障害(PTSD)の
被害を受けた方々が存在する。
大矢誠を煽動した動物虐待愛好家の刑事責任を問う署名。

   http://chng.it/y5pDRvDCJg
  1. 2019/06/05(水) 02:46:40|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動物虐殺犯への抗議を!

緊急:会のツイッター担当がリツイートした記事です!
動物虐殺愉快犯がまた同じネコの虐待をしているという情報が
流れています。
電話するのは躊躇われる方も多いでしょうが、
インターネットホットラインで匿名で通報できます。
以下情報:


【緊急猫虐待のタカシ、黒ムツを再度通報してください】
https://twitter.com/ruineko19

 警視庁サイバー課 03-5805-1731
警視庁代表電話 03-3581-4321
タカシことがアカウントを復活させました。虐
待動画は全て転送ですと記載があり
鍵をかけてますが今までのツイート、皆様がタカシとやり取りした
DM、LINEはスクショで残してる方もツイートされてる方もおり、
今さら転送画像だと言っても遅いです。
もし仮に転送だとしても今までのことがありましたから
悪ふざけにしては悪質すぎます。
タカシ、ササキネコってワードを聞くだけで気分を悪くされる方も沢山いらっしゃいます
アカウントを復活させたってことは
今後も猫の虐待するって意味だと私は捉えます。
再度皆様には貴重なお時間を割いていただくことになってしまいますが
警視庁への通報、そしてこのツイートの拡散をお願いします。
動物虐待でも画像と動画の拾い物だとしても犯罪者、愉快犯は許せません。

皆さま、ご協力願います。
下記URLに匿名でも通報できます
インターネットホットライン:
通報時コピペ用 ツイッターID:
sasakineko14 TikTokID:sasakineko19(末尾の数字をを変えてアカウント作成を繰り返しています)
内容:猫や金魚を残忍な方法で虐待している動画を投稿



私も遅まきながらホットラインに通報した。
このタカシという男のツイッター(犯行動画)は
精神的苦痛で見ることができなかったので
電話で説明をと言われても困るが、
とりあえず今虐待をされている猫だけでも
助けられるかもしれないので。








  1. 2019/02/14(木) 19:08:11|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピースワンコ!

インフルエンザで寝込んでるのに何やってるんだ、と
言われるかもしれないけど、やっぱり酷すぎるので
こちらに賛同することにした。

『日本の保護犬猫の未来を考えるネットワーク』


ピースウィンズ・ジャパン(ピースワンコ)の惨状が
明らかになってきて、もう傍観はしていられない状況。
このネットワークがどういう団体かはわからない、
それでも、現実をとらえた証拠画像があちこちに掲載され、
まともな回答をしないまま、さらに宣伝や寄付募集を
続けるピースワンコの姿勢に、本当に動物を大切に
思っている人間の姿が見えてこない。
TNRという最終手段が許されない犬の命をすべて守ろうとすれば
多少の無理があるかも、などと静観していたけれど、
どうみてもお金の使い道がおかしすぎる。
せめて早急に不妊手術の実践、収容施設の整備、人員の補充
(それらは本来資金を投入すべき最初の課題のはずだった)
を実行してくれたら・・などと淡い期待をしていたが、
一向に改善されないままだ。

また熱があがってきた・・・
やらなきゃいけないことだらけだのに (# ゚Д゚)

2016-3-19アン3 







  1. 2018/12/05(水) 22:48:12|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北九州市長への手紙


緊急:
「北九州門司市の砂防ダムに迷い込んで死にかけている猪を市は放置」


市長の部屋⇒市長への手紙

『鳥獣保護法に抵触するので手を出せない、という見解ですが、
・人工建造物に入り込んだ野生動物を排除する義務があるはず
・治療をせよ、というのではない、「排除」して
 せめて山で死なせてやってほしい
・衆人環視の中、飢えて死んでゆく動物を見せられる人間の
 心的外傷を考慮してほしい
・児童の、倫理観、情緒発育、動物愛護の精神に良い影響を与えるか
 ダメージを与えるかは市長の決断にかかっています
・一部の動物虐待愛好家、異常性癖者(動物だけでなく子供、弱いものを
 いたぶることに快感を覚える)を喜ばせ、助長させることになりかねない
以上の点から、至急猪を生きたまま「排除」(逃がす)していただけるよう
お願いいたします。』

今朝、メールを送りました。
ダメ元ですが、それでも何もしなかったら後悔する気がしたのです。
(実名、アドレス記入が必要です)


2018-10-22チャーシュー2
  1. 2018/10/25(木) 08:51:55|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知ることと疑うこと

・7日は神奈川県動物愛護協会主宰の
動物愛護法改正を考えるシンポジウムに行ってきた。
殺処分0の抱える問題、
ペットショップの現状など
各分野の識者からの話は興味深く、また
知らなかった裏側なども覗くことができてよかった。
愛護法改正の、ペットのQOL向上に関係したものは
遅々として進まないのに、なぜマイクロチップの普及に
関しては、充分な審議もなく話がどんどん進んでいるのか、
その裏側は・・・なんて、なるほどねぇ~。
興味がある人は自分で調べてみてください。
子犬子猫の時にチップを埋めた場合に
チップが体内を移動してしまう、なんて事例も
「聞いてなかった」し。

それにしても200名入る会場の半分強しか埋まっていない、
宣伝の下手な会だな~、勿体ないな~。

・11日は動物取扱業の研修セミナーに出席、
これは動物を扱う仕事をしている者は出なくては
いけないので、磯子まで出かける。
毎回苦痛だったのは、ペットショップや繁殖業者、
希少動物の輸入販売業者もいっしょくたに集められること、
呉越同舟、撲滅したい相手と同席しなくてはならない不条理が
ストレスだった。
でも、今回、同区内のリストをちょっと覗いてみたら
ほとんどがトリマー、獣医、ペットシッターなどだったので
少し気が楽になった。
でも、質疑応答時、猛禽類の繁殖販売をしている女性が手を挙げた。
猛禽類をなぜペットにしなくてはならないのか、
ハリネズミやフクロウ、希少野生動物をペットにするのは
なぜなのか、私にはわからない。
半世紀前にコンラートローレンツ博士がいみじくも述べている;
これらの動物はペットとして飼いやすいのではない、
彼らの理想的な生活環境を素人が整えるのは難しく、
飼い始めた時からゆっくりと死んでゆくのだと。

今回のテーマは人畜共通感染症について
というか、動物からヒトに移る病気のあれこれについて。
とてもわかりやすく、また沢山の事例を挙げていて
興味深かったけど、なんかちょっと片手落ちじゃないの?
という気が。
お母さん向けの小冊子「子供にうつる動物の病気」なんて
神経質な母親や姑が見たら、すぐペットを捨ててしまいそう、
動物はばい菌だらけ、触ったら必ず消毒しなくっちゃ、みたいな
のって、不公平。
ヒトから動物に移る病気については研究する学者はいないのかしら?
ヒトが動物に与える重度のストレスについては
誰も子供に教えないし。



どんな情報も、テレビで流すから、有名人が、専門家が、学者が
言っているから正しいとは限らない。
人間だから生活のために、お金のために、圧力のために、
或いは名誉がほしくて、正確ではない情報を
私たちに流していることがたくさんある。
ペットについての情報も、まずは疑ってみよう、
そして調べてみよう。
「有名な訓練士」がテレビで言っていることを
そのまま受け入れないように。
わからないときは、最低限、「それはフェアなやり方か」
「自分がそうされたらどうか」というフィルターを通してみよう。

ところで先日、興味のわくままに買ってしまった本が
昨日届いた。

2018-10-9死の所有本 

一ノ瀬正樹氏の『死の所有』
前書きに愛犬の死に触れている所があり、
すごく共感。
だが、もの1冊を読み終えるのにずいぶん時間がかかりそうだ。
まして理解するまでには何年かかることやら。

宗教も道徳も敬遠されがちな現代の教育で
哲学を導入してはどうだろう。
他人ばかりを気にする「インスタ映え」とは対極にある、
自分を律する美学、それを子供に教えるのに
哲学を授業科目にする、なんていかがですか?



6ブラザーズのトラちゃんのお家から近況お便りと画像が届いた!
実は、私のほうから勇気を出してお電話し、近況画像を
送っていただくようお願いしていたのだ。
トラちゃんは1年前に譲渡してから一切連絡がなくて
ずっと心に引っかかっていた。
まさか虐待されているとは思わないが、捨てられたりして
いないだろうか・・・なんて。
譲渡誓約には折々に近況をお知らせいただくことになっては
いるが、これがなかなか言えなかったりする。
でも、すぐに元気な姿と近況を送っていただいた。
これで安心、刺さっていた棘が抜けたような気持ち。


2018-10-7トラ(ふう)近況1 2018-10-7トラ(ふう)近況2 2018-10-7トラ(ふう)近況3


こんなだったのにねぇ
2017-7-28トラ1 2017-7-28シックスブラザーズ3
クロとトラに挟まれた左から3頭目がチャーシューだよ♡

こちらはいつも画像を送ってくださるピノママから
トリミング前のピノ
2018-10-4ピノ1

トリミング直後のピノ♡
 2018-10-4ピノ3
  1. 2018/10/13(土) 01:04:16|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ