バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

春~♪


4月も後半になって、どうやら本格的に春~
何度も言うけれど、私は夏が好き。
歳をとると穏やかな春秋が好きになると聞いたことがあるが
その気持ちも少しわかるようになってきた。
私の独断だけれど、つまり
夏が好きなんだが、7月8月はもう夏そのもので、それこそあっという間に
秋になってしまう哀しみがある:
4月5月というのは「これからまだまだ夏に向かってゆく楽しみが一杯ある」
という意味で好きになるんじゃないの?ちがうか。


2017-4-19多摩川5 


とにかく草原の緑は勢いを増し、草いきれがむんむん。
サムの大好きなタンポポがあちこちで可愛い元気な花を咲かせている
タンポポイーターサムがむさぼり喰うのを
なんでもマネするアリー、さすがにあきれたような顔で見ている。

2017-4-19多摩川9 2017-4-19多摩川8

2017-4-19多摩川1 2017-4-19多摩川2 2017-4-19多摩川3チャーリー 2017-4-19多摩川4 2017-4-19多摩川6
犬たちが川で火照った身体を冷やす 季節ももうすぐだ
レトたちは1年じゅう関係ないけど
2017-4-19多摩川7アラシ 
しおらしく「おやつくだしゃい」ポーズしてるJR君も
実は水泳大好きっこ(おかしな泳ぎ方をするあの子です)


  1. 2017/04/21(金) 18:30:48|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更新③ こいのこいの季節?

16日早朝

2017-4-16多摩川1 2017-4-16多摩川2



川の水位が下がって中洲に渡りやすくなってきた。

5月に入ると水鳥の繁殖期になるので、2か月くらい
中洲に入るのを自粛している、
今朝はちょっと渡ってみるか・・・と思ったら
水面がざわついていて、あちこちで水しぶきがあがっている!

2017-4-16多摩川6 2017-4-16多摩川4



ああ、そうか、こいのこいの季節なのね、
つまり、コイの恋の季節、繁殖期。
1匹のメスに追いすがるオスの群れ、
ごく近くに犬や人がいようと、そんなの関係ねぇっというくらい
彼らは必死だ。
2017-4-16多摩川32017-4-16多摩川5

コイの邪魔はしたくないので川を渡るのは断念。

2017-4-16多摩川7 2017-4-16多摩川8  


17日早朝

2017-4-17多摩川2 2017-4-17多摩川6

この日もコイの産卵はピーク


コイの恋路を邪魔するアリー
やめなさいってば!

2017-4-17多摩川3 2017-4-17多摩川4 2017-4-17多摩川5


全身ずぶ濡れになったアリー
野生児みたい、精悍(女の子なのに)


2017-4-17多摩川72017-4-17多摩川8

  コイの産卵期はほんの数日でおさまって、川はまた静かになりました
  1. 2017/04/21(金) 18:11:57|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更新②

この間の火事で、もう類焼は免れないか?という時、
犬猫をどうしよう!と慌てた。
犬たちはリードをつけて連れ出せるが、
4頭のネコをキャリーに入れるのに時間がかかる
(逃げ回るから)。
キューちゃんは地元出身の野生児なので
外に出してあげれば適当な避難場所に逃げて
あとから戻ってくるだろう、
のび太も家周りは把握しているからこれも多分
外に逃がしてやったほうが早い。
ハッピーとトムをなんとかキャリーに押し込めないと、
なんてことが一瞬のうちに頭を駆け巡った。

今回は何事もなく済んだが、来る来るといわれている大地震に備えて
預かり猫トムも、外の世界を少しは経験しておいたほうがいいかも、
ということで、リードをつけての庭散歩を初体験。

冬の間は庭散歩は禁止だったので
キューはもちろん、ノビタもハッピーも大喜び。

2017-4-14猫散歩1ハッピー 2017-4-14猫散歩3のび太 2017-4-14猫散歩2ハッピー




だがトムは案の定、おろされた場所で固まってしまった。
2017-4-14猫散歩8トム

室内で飼われていた猫を捨てることがどんなに残酷なことか、
と、あのやんちゃなトムがすくんでいる姿を見ると
今更ながら憤りを覚える。

それでも数分もするとすぐに落ち着いて周囲を探索しだした。
2017-4-14猫散歩4トム 2017-4-14猫散歩5トム 2017-4-14猫散歩6トム 2017-4-14猫散歩7トム




14日早朝
2017-4-14多摩川1 2017-4-14多摩川2 2017-4-14多摩川3

2017-4-14多摩川4 
2017-4-14多摩川5 2017-4-14多摩川6 2017-4-14多摩川7 2017-4-14多摩川8 2017-4-14多摩川9

 2017-4-14多摩川10
 
日の出時刻の変化と共に、散歩時間もサマータイムに。
朝起きるのは辛いけれど、それでも続くのは
早朝の川辺の美しさ、そしてサムたちの楽しむ姿が見たいから。

で、帰ってきてご飯の後は日向ぼっこちう

2017-4-14アリー1 
眠くなってきてる顔
2017-4-14アリー2
  1. 2017/04/21(金) 17:50:24|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更新①


火事からあっという間に1週間たってしまった。

その間の日々をバタバタとまとめて更新。


6日のネコズ
2017-4-4トム1

 2017-4-4トム2 2017-4-4トム3 2017-4-4トム4 2017-4-4のび太1 2017-4-4キュー1 2017-4-13トム2 2017-4-13トム1

トムは可愛い♡
バカだけど、KYだけど。
おまえの将来を考えると悩ましい
20年生きてくれたとしたら、私のほうが
トムの最期を看取ってあげられるだろうか?
なんとか素晴らしい、トムにぴったりのお家を
見つけてあげたいのだけれど。




10日早朝
2017-4-10多摩川1 2017-4-10多摩川2
 
2017-4-10多摩川3 

2017-4-10多摩川4 2017-4-10多摩川5

12日雨の翌朝

2017-4-12多摩川1 2017-4-12多摩川2
テリア×2
2017-4-12多摩川6 2017-4-12多摩川7

 2017-4-12多摩川8


若いのは泥んこまみれ
2017-4-12多摩川32017-4-12多摩川4

  2017-4-12多摩川5


13日早朝
2017-4-13多摩川1 2017-4-13多摩川2
絢爛たる桜
2017-4-13多摩川4
  1. 2017/04/16(日) 19:50:36|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬の間合いで


昨日は明け方の火災のあと、1日じゅう慌ただしく過ごした。
昔 祖父母、親の頃お付き合いがあったご近所さんが
心配して来てくださったり、
消防署、警察が巡回、確認にきたり、
神奈川新聞や地方TVの記者、カメラがきたり、
身内からの電話が次々とかかってきたり。
叔母夫妻が心配して訪ねてきたのにはびっくり!
私よりずっとフットワークが軽いわ。

若いころだったら掃除もしていない散らかったままの家を
見せるのが恥ずかしい、化粧もしてないし・・・
という自意識が先にたったけれど、
今では『今度いつ会えるかわからない』という気持ちのほうが
強くなってくる。
歳を経るということは良い意味で「いいかげん」
になってくるっていうことかも?

我が家で2階にお客様をお通しする事はあまりない、
たいていは1階の小部屋で応対するので、
2階に人が来ると、猫ズは寝室に避難してしまう。
サムはもう誰であろうとお客様大歓迎でしつこくつきまとう。
メナはいったん家の中に招き入れた人間には吠えない。
問題はアリー。

居間に入ってきてもずっと警戒吠えをする。
叱責すると少しトーンダウンするけれど、
お客様が動くとまた吠える。 
外に繋がれていた犬だったので、まだ室内でのマナーを
身に着けていないのだ。
ただアリーは怖がっている、というほどではなく不安を
感じている程度なので、こういう時はおやつが役に立つ。
幾つか手からもらって、匂いを嗅いで、あとはかまわずに話していたら
落ち着いて匂いを嗅ぎ出した。

同じく 犬の間合いについて
6日早朝のアリー
散策の終わりに、主人が友人と待ち合わせていたのだが
リードで係留されていたアリーは例のごとく友人に吠え続けた。
リードの長さは犬のパーソナルスペース確保には
全く不足しているのだ。
リードを外してあげると

一旦逃げ出して充分な距離をとる:
2017-4-6多摩川4アリー

サムたちの反応、大好きな主人の態度を見て
自分から段々近づいてくる:
2017-4-6多摩川5アリー

アリーを無視してゆったりしていると、匂いを嗅ぎ出す:
 2017-4-6多摩川6アリー 2017-4-6多摩川7アリー

サムのような、誰でもウエルカム、という子もいれば
犬として当たり前の警戒心を持っている子もいる。
それは個性なので、あとは良い経験、少なくとも何も起きないという経験を
上手にさせていくことで、過剰な警戒吠えは減らしていける。

*「恐怖」という感情を持ってしまった犬へのアプローチは
 もう少し慎重になる
*リードつきのイヌを待たせて長時間立ち話ばかりしていると
 犬は、他人=退屈な嫌な待ち時間 という関連づけをして
 追い払おうと人に吠えるようになることがある。
 これは「嫌な経験を繰り返すことで吠える犬を作ってしまった」という逆パターン


5日早朝
2017-4-5多摩川1

 2017-4-5多摩川2 2017-4-5多摩川3 2017-4-5多摩川4 2017-4-5多摩川5



6日早朝
2017-4-6多摩川1 2017-4-6多摩川2 2017-4-6多摩川3













  1. 2017/04/09(日) 15:49:53|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ